SEOに関する実験やデータ分析などを公開します

SEOの疑問を実験で解明しブログ配信【SEOラボ】

SEO文字数(テキスト量)評価チェックツール

文字数(テキスト量)評価チェックツールは、Webサイトのコンテンツの「文字数」「総単語数」「ユニーク単語数」を上位10位平均と比較し、評価する無料SEOツールです。

上位10位平均より、文字数が 多いか? 少ないか? ○×で判定し、表示される簡易コメントを参考に、対策ページの文字数(テキスト量)を最適化しましょう。

まずは、対策ページのURLとキーワードを以下入力してみましょう。

SEO文字数(テキスト量)評価チェックツール
対策ページ(URL)
対策キーワード

文字数、総単語数、ユニーク単語数のカウントについて

SEO文字数(テキスト量)評価チェックツールでは、文字数、総単語数、ユニーク単語数を以下のようにカウントします。

例:「SEOの疑問を実験で解き明かすSEOブログ」

  • 文字数:21文字
    半角も全角も1文字としてカウントするので、「SEOの疑問を実験で解き明かすSEOブログ」は、文字数21文字となります。
  • 総単語数:6個
    「SEO」「疑問」「実験」「解き明かす」「SEO」「ブログ」に分解し、総単語数6個とカウントします。
  • ユニーク単語数:5個
    「SEO」「疑問」「実験」「解き明かす」「SEO」「ブログ」の6単語に分解され、ユニークなので「SEO」を1単語でカウントし、ユニーク単語数5個となります。

検索上位化に必要な文字数は?

検索上位化には、どの程度文字数(テキスト量)が必要なのか?キーワード別に上位10サイト(検索順位1位~10位)の文字数を分析し、以下調査しました。

キーワード別に上位10サイト分析 文字数割合

※参考:SEO文字数(テキスト量)評価チェックツール使用データ

上記より、上位サイトの50%が4000文字以上であり、上位化を目指すために、コンテンツのテキスト量を4000文字以上にすることが目安と言えそうです。

以下、キーワード別に上位10サイト(検索順位1位~10位)の文字数を分析した詳細データです。

詳細データから、さらに以下のような傾向がわかります。

  • 文字数が増えることで総単語数も増える
  • 文字数が増えることでユニーク単語数も増える
  • キーワードにより、上位化に必要な文字数が違う

タイトルタグの文字数

検索結果画面に表示されるタイトルタグの文字数は、PCが「30~35文字程度」スマホが「36~41文字程度」です。
そのため、SEOキーワードを入れた魅力的な文言を前方に入れ、簡潔な内容にする必要があります。

仮に文字数がオーバーしてしまうと、「…」で省略されるので、文字数に注意しながらタイトルを作成しましょう。

メタディスクリプションの文字数

検索結果画面に表示されるメタディスクリプションの文字数は、PCが「156~252文字程度」スマホが「83~92文字程度」です。
サイトの概要を簡潔に伝え、SEOキーワードを含めながら、魅力的な内容にすることがポイントです。

タイトルと同様、文字数がオーバーすれば、「…」で省略されので、伝えたい内容を前方に記述することが大切です。

まとめ

文字数を増やすことは、コンテンツの質を高める方法の一つです。
キーワードにより必要な文字数が違うため、競合上位のテキスト量を調査しながら、コンテンツを最適化しましょう。

重要なものはできるたけテキストで記述し、画像とテキストのバランスを考えながら、コンテンツを充実させることが大切です。

SEOラボのおすすめ記事がLINEに届く!「SEOラボを友だち追加する」
SEO対策無料ご提案はこちら