SEO対策とは?SEOの対策ポイントについて | SEOラボ

SEOに関する実験やデータ分析などを公開します

SEOラボ

SEO対策とは?SEOの対策ポイントについて

2018/05/18 2018/07/26

SEO対策とは、検索結果でWebページを上位表示させるための対策のことです。
つまり、上位表示するために、SEO対策が必要となります。

とくにSEO対策を始める初心者の方やWeb担当者の方は、これから紹介する概要とポイントを押さえて上位表示を目指してほしいと思います。

SEO対策とは?SEOの対策ポイントについて

SEO対策とは、「検索エンジン対策 = 検索エンジン最適化 = SEO」を意味する

SEO対策とは、「検索エンジン最適化」を意味し、別名「検索エンジン対策」「SEO(Search Engine Optimizationの略)」とも呼ばれます。

つまり、「ホームページを最適化してインターネット検索結果(自然検索)で露出を増やしながら、Webから集客する対策のこと」をSEO(SEO対策)と言います。

ホームページを最適化して露出を増やし、検索ユーザーを集める

インターネット検索結果は、主にGoogle検索結果を指します。
Google検索結果で上位表示するためにSEO対策(SEO施策)を行い、その結果としてホームページに多くの検索ユーザーが集まります。

また、SEOは、リスティング広告やSNS対策と同様にWeb集客の手段であり、Webマーケティングの1種となります。
さらに言うと、ホームページやブログ(WordPressなどのCMS)といったWebコンテンツを活用して集客するSEO手法である「コンテンツSEO」が、コンテンツマーケティングの1つとして位置づけられます。

なぜSEO対策が必要か?

費用対効果の高い安定的な集客が見込める

SEO対策が必要な理由は、費用対効果の高い安定的な集客が見込めるからです。

昨今どのビジネスにおいても、ECサイトなどのホームページから売り上げを立てるためにWebマーケティングが欠かせない状況となってます。
ビジネスは売り上げと支出のバランスです。
そこで、Webマーケティングの集客において最もコストパフォーマンスが高いSEO対策が選ばれるわけです。

SEO対策は運用も必要ですが、PPC広告のように常に一定の費用が発生するわけではありません。
SEO対策は知識があれば無料でできるうえにサイトが上位化できれば、極端に言うとほぼ放置状態で安定的な検索流入が見込めるので、アクセス数が増加してサイト集客の成功につながります。

このように、サイトから利益を上げるための集客部分において、費用対効果の高いSEO対策が必要となります。

SEOのメリット・デメリット

SEOには長所・短所があります。
SEOの良さを把握して、SEO対策による効果的なWeb集客を加速させましょう。

このように、SEO対策が確実にサイトパフォーマンスの向上に寄与するわけではありませんが、適切に行うことで低コストで大きな集客だけでなく、コンバージョン数の増加などの相乗効果にもつながるのでとてもメリットが大きいと言えます。

SEO会社、SEO業者、SEOサービス(SEO対策サービス)、リスティング広告(検索連動型広告)などを利用してホームページ集客するのも1つの方法です。
しかし、できるだけSEOの知識を深めて自分でSEO対策出来る部分を増やすことで、利用する広告費(料金)を抑えて費用対効果を上げることができます。

つまり、集客コストを抑えて大きな効果(成果)を得れる点がSEO対策の最大のメリットとなります。

SEO対策は、基本的にGoogleの検索エンジンに対して行う

簡単に言うと、SEO対策は、Google対策である

SEO対策は、簡単に言うと、「ユーザーに役立つWebページ」を提供するための対策です。これにはGoogleの理念が含まれます。

例えば、SEO知識が何もないままページ作成(ホームページ制作・コンテンツ制作)すると、ユーザー目線の点が欠落します。結果として、ホームページの集客が伸び悩む根本的な原因となります。
なので、検索エンジンに評価されるようにページを最適化する、つまり「SEO対策」が必要となるわけです。

SEO対策は、もっとも利用ユーザーが多い検索サイト「Googleの検索エンジン」に対して行うことが基本(基礎)となります。

Googleの検索エンジンは独自の検索アルゴリズムを持っており、この検索アルゴリズムがYahooの検索エンジンにも採用されてます。

Googleの検索アルゴリズムは、200以上の要素があると言われてますが、最も念頭におくべきなのが「ユーザーファースト」です。
ユーザーファーストは、Googleが掲げる重要な方針(理念)です。

Googleが好きなのはユーザーのことを1番に考えるサイト

この理念は、本やSEOセミナーで主に学ぶような技術的なことではなく、数多くのWebサイトの中から自分のサイトを選んで訪問してくれたお客様(ユーザー)をより満足させるという思いをコンテンツに落とし込むことが大切になります。

つまりGoogleは、ユーザーをより満足させるWebサイトを評価します。

Googleは、ユーザーをより満足させるWebサイトを評価

このように、Google検索エンジンの仕組みを理解したうえで、評価されやすいユーザーファーストを意識したWebサイトを作ることがSEO対策で重要であり、上位表示のポイントとなります。

関連記事 GoogleのSEOって何やればいいの?

Googleは何を評価するのか?

GoogleがWebページの何を評価して検索順位を決定するのかSEO対策するうえで把握しておくことが大切です。

Googleは、独自の検索アルゴリズムによってWebページを評価してランク付け(インデックス)しており、上位表示に関わる最も重要な要素が「コンテンツ」と「被リンク」になります。

関連記事 検索ランキングの重要な要素がGoogle公式発表から明らかに!

SEO対策で上位表示させるには、「利便性が高いコンテンツ」 + 「被リンク」が必要

もう少し言うと、「コンテンツ」は、ユーザーがより満足するコンテンツ内容となってるか?、被リンクは、質の良い被リンクがどれだけあるか?が評価のポイントとなり、より満たしてるサイトがより検索上位に表示されます。

このように、「コンテンツ」と「リンク」が上位表示と関わりが深いので、この点を抑えながらSEO対策を進めることがポイントとなります。

SEO対策の前に必ず意識すること

SEO対策を行う前に検索意図(検索ニーズ・ユーザーニーズ)を確認して、ユーザーの欲しい情報を提供するための下準備が重要となります。
なので、以下の点をSEO対策の前に必ず意識しましょう。

  1. 1ページ1キーワードでSEO対策する
  2. ページのテーマとなるキーワードを選定する
  3. 競合上位ページの傾向を把握する

1ページ1キーワードでSEO対策する

1ページ1キーワードでSEO対策する

1ページ1キーワードとは、1キーワードに特化してページを作成することです。

SEO対策ではページ作成する前に、キーワード選定で1キーワードを決めます。
このときに決めた1キーワードに特化して、1ページを作成することで、狙ったキーワードで上位化(順位アップ)しやすくなります。

1ページ2キーワード(複数キーワード)でページ作成すると、テーマ性が薄まりSEO効果を最大限引き出せないため、狙ったキーワードで検索順位が上がりづらくなります。
これは、Googleが何について書かれたページなのか理解しづらくなるためです。

なので、TOPページ(トップページ)や下層ページのいずれも上位表示するために、1ページ1キーワードでSEO対策することが重要となります。

関連記事 SEOするキーワード数は、1ページあたり何個がいいのか?

ページのテーマとなるキーワードを選定する

ページのテーマとなるキーワードを選定する

ページのテーマを文章として起こすことが出来ますが、SEO対策ではそれをキーワードで示すことが必要となります。
つまりは、タイトルやコンテンツに含める軸となるSEO対策キーワードを選定します。

そのためにキーワードプランナーを使って、ページのテーマに近しい需要のあるキーワード(検索数[月間検索数]/検索ボリュームが多いキーワード)を1つ選びます。
需要のあるキーワードを選ぶことで上位表示したときに、Webページへのユーザー訪問が期待できます。
基本的には、需要のあるキーワードを考慮しますが、競合性(上位表示しやすいか?[SEO難易度])も加味しながら、キーワード選定を行うことも適宜必要です。

関連記事 Googleキーワードプランナーの使い方について【2018年版】

このように、上位表示してオーガニック検索流入を増やすために、SEO対策では需要のある対策キーワードを選定することが重要となります。

また、「Googleトレンド」でも、対策キーワードの需要をざっくりと把握することが可能です。

競合上位のページの傾向を把握する

例えば、「SEO対策」で検索して検索結果の競合上位ページの傾向を見る

選定したキーワードで実際に検索して表示される競合上位ページの傾向(ユーザーの検索意図)を把握しておくことが大切です。
理由は、上位ページは実際にGoogleに評価されてるタイトルやコンテンツを持ってるからです。

つまり、「検索ユーザーの求める情報」が存在する上位ページのタイトルやコンテンツ内容の傾向を採用して、SEO対策を進めることが上位表示のポイントとなります。

また、選定したキーワード自体(検索クエリ)がどんなタイプか?「Doクエリ」「Knowクエリ」「Goクエリ」という傾向から、ユーザーの検索意図を把握する方法もあります。

このように検索クエリ自体や競合上位サイト(ライバルサイト)の傾向からユーザーの検索意図を読み取ることで、Webページのタイトルやコンテンツ作成に活かことができます。

関連記事 キーワードの検索意図を把握する簡単な方法

SEOの対策ポイントについて(上位表示する方法について)

下準備を終えたら、以下SEOの対策ポイント(やり方)を抑えながら上位表示を目指しましょう。

「内部対策」「外部対策」の2つの基本的なSEO対策をする

「内部対策」「外部対策」の2つの基本的なSEO対策をする

SEO対策は、「内部対策(内部施策)」「外部対策(外部施策)」の2つが基本的に重要となります。それぞれポイントを抑えておきましょう。

内部対策のポイント

内部対策は、HTMLファイル周りを最適化する

内部対策は、HTMLを調整してGoogleや検索ユーザーにWebページの内容をわかりやすく伝えるための対策になります。

  • ページごとに選定したキーワードを含めたタイトル文言、コンテンツ内容にする
  • ページタイトルの文言を魅力的にしてクリック率(CTR)を改善する
  • ページ概要をわかりやすくメタディスクリプション(metaタグ/meta discription)に記述する
  • 画像の情報をalt属性に記述する
  • 話題ごとに見出しつけて、見出しタグを用いる
  • サイト内の関連する話題「関連ページ」へ内部リンクを設置する(ブログ記事の途中や下部に関連リンクを入れるなど)
  • 重要なページに向けて内部リンク数を増やす(対策ページの重要性を上げる)
  • パンくずリストを設置してサイト内構造をわかりやすくする
  • URLを正規化して、重複をなくしサイトの評価を統一する(canonicalや301リダイレクトを活用)
  • リンク先ページにアクセスできるか?リンク切れを定期的に確認する(発リンクの最適化)
  • アンカーテキストの文言とリンク先のタイトル内容との整合性をとる(発リンクの最適化)
  • タイトルタグ、メタデータ(description)の重複エラーを無くす(ページごとにユニークな文言にする)※サーチコンソールの「HTML改善」機能で確認できる
  • W3Cが定める決められた用途に沿ってHTMLマークアップする(段落ならPタグ、見出しならHタグ、リスト項目ならUL/LIタグなど)

このようなポイントを抑えてWebページの内容をよりわかりやすく検索エンジンや検索ユーザーに伝えることが重要となります。

仮に、SEO対策の知識がないままただ単にページを作成すると、上記の重要な要素が最適化されてないことが多く見られます。
結果的にGoogleやユーザーにわかりずらいページとなるため、評価されずらく上位化の期待が薄まります。

また、以前内部対策の1つだったメタキーワード(meta keywords)やキーワード出現数/キーワード出現率(キーワード出現頻度/キーワード出現比率)の重要性は下がり、Googleの評価項目となってないため、基本的に最適化する必要はありません。
そして、リンクジュース(ページが持つパワー)の受け渡しを防ぐためのnofollowの設置も現在においてはそこまで重要な対策ではありません。

内部対策については以下も併せてご参照ください。

関連記事 SEO内部対策とは?効果的な対策について

外部対策のポイント

外部対策は、自然な被リンク(ナチュラルリンク)が集まるようにすることが重要

外部対策は、Webページを宣伝して被リンク(バックリンク[Backlink])を獲得するための対策「リンク対策」となります。

関連記事被リンクとは?用語の意味やSEO効果について解説!

  • FacebookやTwitterなどの有名なSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)で専用アカウントを作って集めたフォロワーに向けてブログ記事を投稿し、宣伝・拡散効果を狙う
  • Webページに「いいね!」や「ツイート」「はてなブックマーク」などのソーシャルボタンを設置して、サイト訪問したユーザーに共有(シェア)してもらう(※OGPの設定してソーシャルメディアを活用)
  • メルマガを配信する
  • 低品質なリンク(リンク元)を削除する(※相互リンクなど)
  • 高品質なサテライトサイトを利用する(※自作自演リンクの設置)

主にSNSを使って宣伝し、Webページの参照を増やすことで自然な被リンク(ナチュラルリンク)の獲得を目指すのが効果的です。

被リンクは、Webサイトの価値を高めて上位化に一番寄与する重要な要素となります。
なので、Webサイトを宣伝して広く認知させながら、積極的に被リンクの獲得を狙いましょう。

また、被リンクが増えると同時に増える低品質なリンクを削除するのも外部対策の1つとなります。

なので、検索順位が思わしくない場合は、Ahrefs(エイチレフス)などの専用ツールで低品質なリンクの有無を確認しながらリンク否認や削除を検討してましょう。

外部対策について以下記事も併せてご参考ください。

「コンテンツ」に力を入れて対策する

重要なコンテンツに注力してSEO対策を進める

コンテンツ対策はコンテンツマーケティングの一環であり、「コンテンツSEO」と言い換えることもできます。
このコンテンツ対策が、昔から重要なSEO対策として君臨する内部対策と外部対策と同様に重要度が非常に大きなものとなってます。

関連記事コンテンツ対策は何をやったらいいの?

適切にコンテンツを調整すれば、その他の要素が多少劣っていてもGoogleはそのWebページを評価して検索順位を上位に引き上げます。
そのため、何よりもコンテンツのテキスト文章に力を入れて、SEO対策すること(SEOライティング・Webライティング)がとても重要となります。

関連記事【SEOライティングの基礎】SEOのライティングポイントについて

「コンテンツ」に力を入れて対策するためにあらかじめ以下5つのポイントを押さえておきましょう。

  1. 検索クエリと関連性を高める
  2. オリジナリティを出す
  3. E-A-Tを高める
  4. ユーザー体験を高める
  5. コンテンツSEOでドメインパワーを上げる

検索クエリと関連性を高める

検索クエリとWebページの関連性を高める

検索ユーザーが検索窓に入力する語句と関連性の高いタイトルとコンテンツを持つWebページをGoogleは評価します。

つまり、検索ユーザーが求める情報のみが充実してるコンテンツが評価されるということです。
なので、文字数(文字量・情報量・コンテンツ量)が多い少ないとかではなく、検索クエリとの関連性が高いWebページが上位表示されます。

このようなWebページを作るには、「選定したキーワードの設定」と「選定したキーワードの検索意図」を盛り込みながらSEO対策を進めていくことが重要なポイントとなります。
もう少し言うと、類語や同義語、共起語、サジェスト機能でわかる関連語など含めて構成する単語数(ユニーク単語数)を増やしたり、Yahoo知恵袋などのQAサイトからユーザーの悩みを参考して、よりユーザーの検索意図にマッチしたコンテンツを提供することも可能です。

また、検索クエリと関連性の高さは、最終的に検索順位に結果として表れますが、Googleアナリティクスでわかる直帰率や滞在時間、ヒートマップでわかる読了率などのパフォーマンスも参考になります。

オリジナリティを出す

独自性の高いコンテンツ内容にする

自分が思うことや体験したこと、得た知識などを自分の語り口調で文章化してコンテンツ作成することでオリジナリティが生まれます。

オリジナリティの割合が高いコンテンツをGoogleは評価します。

なので、他のサイトで書かれてる内容をそのままコピペしたり(ミラーサイトの恐れ)、サイト内の他のページとまったく同じ内容となるコンテンツを作成することは控えましょう。
このようなコンテンツは類似・重複コンテンツとなり、ユーザーの利便性が低下するため、サイトの評価が落ちて(低品質なサイトと判断されて)検索順位の下落、最悪はインデックス削除(検索結果からサイトが削除)につながります。

つまり、他のサイトと差別化したオリジナリティ(独自性)の高いコンテンツだけを提供していくことがSEO対策で上位表示を目指すポイントとなります。

関連記事 オリジナルコンテンツとは?SEOに欠かせない独自コンテンツについて

E-A-T(専門性/信頼性/権威性)を高める

Webサイト・ページの専門性、信頼性、権威性を高める

Webサイト・ページの専門性・信頼性・権威性(E-A-T)を高めることで、Googleに評価されて検索順位が上がりやすくなります。
これはGoogleの検索品質評価ガイドラインで定義されてます。

  • 専門性は、1つの決めたテーマに集中した内容となってるかどうか?(テーマを絞ったサイト設計が必要)
  • 信頼性は、リンク先含めそのページの情報の信ぴょう性があるかどうか?
  • 権威性は、相対的に役立つコンテンツかどうか?(人気度考慮※被リンクなど関係)

基本的には、専門性を高めることが重要となります。そして、医療などの特定のサイト(YMYLサイト)においては信頼性が必須となります。
これらを考慮することで最終的に権威性が高まり、E-A-Tが高まるというわけです。
E-A-Tが高いサイトは、つまり、ユーザーファーストを考慮したサイトと言えます。

なので、SEO対策においてE-A-Tを高めることが、上位表示のポイントとなります。

ユーザー体験を高める

ユーザー満足度の高いサイトにする

ユーザー体験とは、ユーザーがランディングしたサイトでどんな体験・経験をしたか?のことで、簡単に言うと「ユーザーの満足度」「ユーザビリティ」などが当てはまります。

公式ではありませんが、ユーザー体験が順位決定要因の可能性もあり、Googleのユーザーファーストの概念に沿って重要性が増してきてるのが事実です。

ユーザー体験は、直帰率や滞在時間、離脱率、ページセッションなどの指標からわかりアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」によって確認できます。

つまり、これらの指標を改善するために対策を施して、ユーザー体験を向上させることが重要となります。

  • カテゴリー分類してサイト内にどんなWebページがあるか簡単にわかるようにする
  • テキスト文章で重要な文言を太字や下線、背景色を引いたり、文字色、文字サイズを変えるなどしてメリハリをつけて見やすく読みやすくする
  • ファーストビューや見出しごとに画像を配置してページ内容をわかりやすくする
  • モバイル検索ユーザーのためにスマホ対応する(モバイルファーストインデックスの対応)
  • CSSやjavascript、画像ファイルのサイズを縮小して負荷となるリソースを軽減したり、AMP対応するなどして、PC向け・モバイル向けページの読み込み速度(サイト速度・ページ速度)を改善する
    「PageSpeed Insights(ページスピードインサイト)」や「Test My Site(テストマイサイト)」などのツールで数値を確認可能

このような対策により、直帰率が「低い」、滞在時間が「長い」ページセッションが「多い」、ページ読み込み速度(表示速度)が「速い」という具合になれば、ユーザービリティが改善されてPC/モバイル検索ユーザーのパフォーマンスが向上するので、ユーザー満足度の高いサイトとしてGoogleに評価されやすくなるでしょう。

なので、ユーザーに関わる指標を最適化して、ユーザー体験を高めることがSEO対策において重要であり、上位表示のポイントとなります。

関連記事 SEOにおけるUX(ユーザーエクスペリエンス)の重要性

コンテンツSEOでドメインパワーを上げる

良質なページを増やして、サイトの質を上げる

コンテンツSEOとは、ページごとにコンテンツを最適化して検索順位を上げながら、Webサイト自体の質を上げるSEO手法のことです。

関連記事 コンテンツSEOとは何か?わかりやすく解説!

ただページ数(インデックス数・記事数)が多ければ良いというわけでなく、ページごとにコンテンツの質を上げてユーザーにとって利便性の高い良質なページを増やすことがコンテンツSEOのポイントとなります。なので、低品質なページが存在すれば、リライトだけでなくnoindexを活用して高品質なページの割合を増やしていきましょう。

また、サイトの運営期間が短かい(新規ドメイン)などによってドメインパワーが低い場合は、新規ページが上がりずらいのでロングテールSEOを実施しましょう。
サイトの力が弱い時は、ビッグキーワードより上位化しやすいスモールキーワード(ロングテールキーワード[2語以上の複合キーワード]やニッチキーワード[お宝キーワード])でコンテンツを作り、上位化しやすいキーワードで少しづつ検索トラフィックを積み上げながらコンテンツSEOを行います。

このようにコンテンツSEOを実施することで、サイトの質が上がるためドメインパワー(ドメインオーソリティ)も上がります。
ドメインパワーを上げるには、「被リンク」や「アクセス数」、「ドメイン年齢(サイトの運用期間)」といった要素をコンテンツSEOによって最適化してくことが重要となります。

こうしてドメインパワーが上がれば、Webサイト自体が評価されてあらゆるキーワードの順位が一気に上昇します。
なので、コンテンツSEOは、上位表示に不可欠なSEO対策となります。

また、コンテンツSEOを継続する中、季節性や時事ネタなどのトレンドキーワードを考慮してWebページを増やすのも効果的です。
このようなキーワードは短期間で大きな集客が期待できるので、ドメインパワーを上げるための「アクセス数」や「被リンク」要素を多く満たすことが期待できます。

裏技的ですが、中古ドメインを購入してドメインパワーを引き継いだうえでサイト運用する方法があります。
これはうまくいけば、順位が付きやすい状態でサイト運用ができるので、効率的にSEO対策ができます。

しかし、ドメイン自体が過去にペナルティを受けてるという恐れもあるので、十分調査したうえで中古ドメインを購入して運用を検討しましょう。

キーワードの検索順位と順位変動を把握する

「キーワードの検索順位と順位変動状況」が同時にわかるBULL

ページごとに何のキーワードで検索順位を上げるか明確にしておくことが大切です。
そのうえで、キーワードを検索順位が管理できるツールに登録し、日々順位の推移を確認しましょう。

検索順位を計測することで、順位が低いキーワードがわかり、該当するページに対して順位を上げるべくSEO対策することができます。
つまり、順位管理ツールを使って検索順位の推移を見ながらSEO対策の効果測定を行うことが重要となります。

また、キーワード順位は、日々のGoogle検索アルゴリズムの調整によって、順位変動します。SEO対策が失敗したときだけではありません。
ペンギンアップデートやパンダアップデートといった、とくに大きなアルゴリズム調整(コアアルゴリズムアップデート)があると、検索順位もそれに伴い大きく動きます。

このようにキーワードの順位がなぜ動いたのか?を読み解きながら、SEO対策を進めることが上位表示を目指すうえで重要となります。
そのために、順位変動が合わせて把握できるBULLのような順位管理ツールが特におすすめですが有料となります。

関連記事SEOに欠かせない検索順位チェックツール「BULL」とは?

無料のツールで別々に把握するのであれば、順位変動は「namaz」、検索順位は「サーチコンソール[Google Search Console](旧:ウェブマスターツール)」を利用するのがおすすめです。

クローラビリティを高める

サイトの質を高めてクロール頻度を上げる

サイトの質を上げることでクロール頻度を上げることができますが、公開したばかりのサイトはクローラーが回りずらい状況です。

そのため、以下のような方法でクローラビリティを高めましょう。

  • XMLサイトマップ「sitemap.xml」の設置(サイトマップ作成)
  • Fetch as Googleの活用してクローラーを呼び込む
  • 内部リンクの最適化(クロールされやすい良質なページにリンクを設置する)
  • URLを宣伝して参照リンク(被リンク)を増やす
  • robots.txtでクロール不要なページを拒否してリソースを抑える

このような対策でクローラーを呼び込んだり、クロールされやすいWebサイトに改善(修正)しましょう。

クローラビリティを高めるうえで、ベストプラクティスがサイトの質を上げることです。
つまり、質の低いページなど削除して良質なページのみをインデックスすることで、Googleは高品質なサイトと判断し、クロール頻度が自然と高まるわけです。

Googleは高品質なサイトに対してクロール頻度を上げます。

このようにクローラービリティを高めることが、SEO対策で上位表示を目指すために重要となります。

ホワイトハットSEOを行う

Googleガイドラインに準拠したホワイトハットSEOを行う

SEO対策で絶対やってはいけないことは、Googleガイドライン「ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)」に違反することです。俗に「ブラックハットSEO」とも呼ばれます。

Googleガイドラインに違反したサイトは、ペナルティを受けるので、Googleからサイトの評価を下げられ、「検索順位が急下落」「インデックス削除(検索結果からサイトを削除)」といった影響が及びます。
例えば、重要なページに誘導するためのリンク設置目的の低品質なページ(誘導ページ)や隠しテキスト・隠しリンク、過剰なキーワードの詰め込みなどがSEOスパムに該当し、Googleガイドライン違反となります。

つまり、SEO対策の効果がほぼ無効となり、今までの努力が水の泡と化します。

なので、Googleガイドラインに準拠してページ作成して、ペナルティのリスクを無くし、かつユーザーファーストを意識しながら上位表示を目指すことがSEO対策で重要となります。
このような適切なSEO対策(ホワイトハットSEO)を行いましょう。

適切なSEO対策の見分けについては、以下記事をご覧いただくとより理解が深まります。

関連記事 ブラックハットSEOとホワイトハットSEOの違いをわかりやすく解説

まとめ

上位表示のポイントをあらかじめ抑えて、効果的なSEO対策を行いましょう。

Googleに評価されるためには、ユーザーファーストを考慮したサイトにすることが重要です。

ユーザーがより満足するコンテンツを増やし、サイトの質を上げながらSEO対策を進めましょう。

関連記事SEO対策とは?SEOの対策ポイントについて

SEOラボのおすすめ記事がLINEに届く!「SEOラボを友だち追加する」

カテゴリから記事を探す

SEO対策無料ご提案はこちら