SEOの実験やデータ分析など公開

SEOの疑問を実験で解明しブログ配信【SEOラボ】

  • 運営情報
【2024年6月20日まで!先着3名】記事作成付きSEOコンサル【76%割引】キャンペーン中!SEO無料調査を申し込む⇒

ドメイン年齢とは?チェック方法やSEOへの影響など徹底解説!

SEO

ドメイン年齢とは、ドメインがGoogleのクローラーに発見(認識)されたときを起点に経過した期間(年数)のことです。別名「ドメインエイジ」とも呼ばれます。
このドメイン年齢が高ければ、SEOへの良い影響が期待できます。

\申し込みは簡単!今なら、調査結果資料無料配布中!SEO無料調査を申し込む
\DLは簡単!今なら、SEOの基本丸わかり資料無料GET!イチから学ぶ「SEOの教科書」を無料ダウンロードする

一方、ドメイン年齢が低ければ、インデックスされづらいです。
具体的には、ドメインを取得してから1ヶ月しか経ってないホームページはクローラビリティや信頼性(価値)が低いので、検索エンジンにインデックスされづらいです。
結果、検索順位が上がらなかったり、認識される検索クエリが少ないので、検索流入が増えないというわけです。

こうした良くない状況を回避する為に、ドメイン年齢を考慮して、良質なホームページを長く運用しましょう。

この点踏まて今回は、ドメイン年齢の定義やチェック方法、SEOへの影響など中心に、初心者にもわかりやすくポイントをまとめて解説したいと思います。

ドメイン年齢とは?チェック方法やSEOへの影響など徹底解説!

ドメイン年齢とは?

ドメイン年齢とは、ドメインがGoogleのクローラーに発見(認識)されたときを起点に経過した期間(年数)のことです。別名「ドメインエイジ」とも呼ばれます。

例えば、新しく名前を決めたドメインを取得して、そのドメインを割り当てたホームページを運用し始めたとします。
運用してるドメインがクローラーに認識されてから3ヶ月が経過しました。
この場合、ドメイン年齢が3ヶ月というわけです。
また、運用してるドメインがクローラーに認識されてから5年が経過しました。
この場合、ドメイン年齢が5年というわけです。

\申し込みは簡単!今なら、調査結果資料無料配布中!SEO無料調査を申し込む
\DLは簡単!今なら、SEOの基本丸わかり資料無料GET!イチから学ぶ「SEOの教科書」を無料ダウンロードする

ドメイン年齢のチェック方法(調べる・調査・調べ方・検索方法)

ドメイン年齢は、ツールを活用した以下のようなチェック方法(調べる・調査・調べ方・検索方法)があります。

①「IP分散及びドメイン年齢チェックツール」にアクセス後、サイトURLを入力し、「Check!」ボタンをクリックします。

ドメイン年齢のチェック方法(調べる・調査・調べ方・検索方法) イメージ①

②以下のよう、ドメイン年齢を確認することが可能です。

ドメイン年齢のチェック方法(調べる・調査・調べ方・検索方法) イメージ②
\申し込みは簡単!今なら、調査結果資料無料配布中!SEO無料調査を申し込む
\DLは簡単!今なら、SEOの基本丸わかり資料無料GET!イチから学ぶ「SEOの教科書」を無料ダウンロードする

ドメイン年齢のSEOへの影響

ドメイン年齢によって、SEOへの影響が懸念されます。

例えば、ドメイン年齢が高いとインデックスされやすいです。
ドメイン年齢が5年の中古ドメイン(オールドドメイン)を購入したとします。
この中古ドメインはGoogleのクローラーに既に発見されてる状態なので、サイト内の各コンテンツ内容が認識されやすいです。
そうなれば、新しく公開したWebページも認識されやすいので、検索エンジンに表示(インデックス)されやすいです。
つまり、SEOへ良い効果があるというわけです。

一方、ドメイン年齢が低いとインデックスされづらいです。
具体的には、ドメイン年齢が1ヶ月程度ならドメインがGoogleのクローラーに発見されてない可能性が高いです。
この場合、サイト内の各コンテンツ内容も認識されないので検索エンジンに表示(インデックス)されづらいです。
ですがドメイン年齢が低くても被リンクが多ければ、SEOへの良い効果があります。
例えば、ドメイン年齢1年のサイトとドメイン年齢3年のサイトがあるとします。
ドメイン年齢1年のサイトは、品質の高いページが多いので被リンクも多いです。
ドメイン年齢3年のサイトは、品質の低いページが多いので被リンクが少ないです。
この場合、ドメイン年齢1年のサイトの方がGoogleに評価されやすいです。
つまり、ドメイン年齢が低くてもインデックスされやすく検索順位が上がりやすいというわけです。

このように、ドメイン年齢だけでなくコンテンツの品質や被リンクの数によって、SEOへの影響が変化します。

これについてGoogleも言及してます。

オールドドメインに固執することはなくて、質の高いコンテンツを提供して、結果としてリンクを得ることがランキングを決める評価要因になるね。
※引用元:ドメインエイジはどのように決まるのか? – 海外SEO情報ブログ

ちなみに、基本的には、ドメイン年齢が1ヶ月だったり、3年だったり、10年という数字だけによって検索順位が上がることはありません。

\申し込みは簡単!今なら、調査結果資料無料配布中!SEO無料調査を申し込む
\DLは簡単!今なら、SEOの基本丸わかり資料無料GET!イチから学ぶ「SEOの教科書」を無料ダウンロードする

サブドメインの場合

サブドメインは、ルートドメインと同じドメイン年齢を引き継ぎます。

例えば、「FC2」や「excite」「seesaa」などのサブドメインタイプでブログ運用したとします。
この場合、「FC2」や「excite」「seesaa」のルートドメインのドメイン年齢の引き継ぎによるSEO効果が期待できるというわけです。

\申し込みは簡単!今なら、調査結果資料無料配布中!SEO無料調査を申し込む
\DLは簡単!今なら、SEOの基本丸わかり資料無料GET!イチから学ぶ「SEOの教科書」を無料ダウンロードする

まとめ:ドメイン年齢を考慮して、良質なホームページを長く運用しよう

ドメイン年齢を考慮して、良質なホームページを長く運用しましょう。
良いサイトを長く運用すれば、Googleに評価されやすくなります。

一方、質の低いページが多いサイトをずっと運用しても、インデックスされづらいです。
もう少し言えば、Googleは低品質なページのクロール頻度を下げるので、検索結果に表示されづらいです。
結果、検索順位が上がらないというわけです。

こうした悪い状況を回避する為に、ドメイン年齢を考慮して、良質なホームページを長く運用しましょう。

SEO対策しても検索順位が上がらない…なぜ?

検索順位の推移

SEO対策しても検索順位が上がらない…なぜ?

検索順位が上がらない理由は、SEO対策の質が低いからです。

例えば、ユーザーの検索意図を無視したり、関連性の低いコンテンツを増やす、内部リンクの最適化など疎かにします。
この場合、SEO対策の質が下がります。
そうなれば、ページやサイト自体の品質が上がらないので、Googleに評価されづらくなります。
結果、検索順位が上がらないというわけです。

こうした悪い状況を回避する為に、サイトの欠点を調査して上位化に必要な対策をご案内します(無料)。

検索順位を上げたり、検索流入を増やすにはSEOが重要!

SEOラボのおすすめ記事がLINEに届く「SEOラボを友だち追加」