SEOに関する実験やデータ分析などを公開します

SEOの疑問を実験で解明しブログ配信【SEOラボ】

ドメイン年齢とは?チェック方法やSEO効果など徹底解説!

ドメイン年齢をチェックし、サイト運営期間が長ければ、SEO効果が期待できます。

今回は、ドメイン年齢のチェック方法、ドメイン年齢のSEO効果、サブドメインのドメイン年齢について中心に解説したいと思います。

ドメイン年齢とは?チェック方法やSEO効果など徹底解説!

ドメイン年齢とは?

ドメイン年齢とは、ホームページに割り当てるドメインを取得し、検索エンジンにインデックスされてから経過した期間(年数)のことです。

ドメイン年齢は、サイトの価値を高める間接的なSEO要因とも言われてます。

ドメイン年齢は、別名「ドメインエイジ」「ドメイン年数」とも呼ばれてます。

ドメイン年齢は、ドメインを最初に発見したとき・ドメインへのリンクを発見したときを始まりにしています。
つまり、ドメインを取得した日ではなく、クロールされ最初に検索エンジンにインデックスされた日となります。

ドメイン年齢のチェック方法(調べる・調査・調べ方・検索方法)

ドメイン年齢は、ツールを活用した以下のようなチェック方法(調べる・調査・調べ方・検索方法)があります。

①「IP分散及びドメイン年齢チェックツール」にアクセス後、サイトURLを入力し、「Check!」ボタンをクリックします。

ドメイン年齢のチェック方法(調べる・調査・調べ方・検索方法) イメージ①

②以下のよう、ドメイン年齢を確認することが可能です。

ドメイン年齢のチェック方法(調べる・調査・調べ方・検索方法) イメージ②

ドメイン年齢のSEO効果

ドメイン年齢は、古ければ古いドメイン(オールドドメイン)ほど検索エンジンからの評価が高い傾向で、SEO効果があると言われてます。

ドメイン年齢のSEO効果について、「アメリカのSEOエキスパート、Aaron Wall氏」が以下のような言及があります。
※参考:海外SEO情報ブログ「Google SEO対策Video講座 – ドメインエイジ編

・豊富なナチュラルリンクを得ている
ドメイン年齢が古いサイトは、同じコンテンツを提供していてもその分野の第一人者である場合が多く、豊富なナチュラルリンクを得ているため、SEO効果が高まりやすい

・ドメインが信頼されるには「2年」
2年以上サイト運営することで、ドメイン年齢が信頼されやすくなり、SEO効果が高まりやすい

・301リダイレクトを使う
ドメイン年齢が古いドメイン(オールドドメイン)から新ドメインへ301リダイレクトし、リンクなどのサイト評価を引き継ぐことで、SEO効果が高まりやすい

サブドメインのドメイン年齢について

サブドメインは、ルートドメインと同じドメイン年齢を引き継ぎます。

サブドメインでの新たなサイト運用は、ルートドメインのドメイン年齢を引き継ぐため、SEO効果が期待できます。

例えば、「FC2」や「excite」「seesaa」などのサブドメインタイプでブログ運用し、ルートドメインのドメイン年齢の引き継ぎによるSEO効果が期待できるというわけです。

ドメイン年齢とオールドドメイン(期限切れドメイン)

ドメイン年齢が高い期限切れドメインの再取得でのサイト運用には、以下のようなメリット・デメリットがあります。

メリット

・オーソリティを引き継げる
ドメイン年齢が高いオーソリティサイトからのリンク評価が引き継げ、評価されやすい状態でサイト運用できる

デメリット

・Googleペナルティのリスクがある
ドメイン年齢が高いが過去のSEOスパムや低品質リンクといった負の遺産を引き継ぎ、Googleペナルティのリスクを抱えた状態で、サイト運用することになる。

ドメイン年齢の価値

ドメイン年齢の価値として、「ドメイン年齢のチェック方法(調べる・調査・調べ方・検索方法)」でドメインの運用歴を見る方法があります。

先述したように、ドメイン年齢が古いことで、サイトの価値が高まりやすい傾向があると言及されてます。

ドメイン年齢と検索順位

ドメイン年齢が高いと、サイト評価が高まりやすく、検索順位の恩恵も受けやすくなります。

検索順位を上げるために、SEO対策しながらホームページを長く運用することが大切です。

ドメイン年齢とページランク

今は無きページランクは、主にサイトの被リンク評価を対象とした指標で、ドメイン年齢を対象としたものではありません。

ムームードメインでドメイン年齢を確認する

ムームードメインの「期限切れを迎えたJPドメインの取得予約ができるドメインバックオーダーサービス」では、ドメイン作成日項目を目安に、ドメイン年齢を確認しながらドメイン取得が可能です。

まとめ

ホームページを長く運用し、ドメイン年齢を高めましょう。

オールドドメインによるペナルティリスクを回避し、品質に関するガイドラインに準拠したサイトにしながら、順位上昇を目指すことが重要です。

SEO対策しても検索順位が上がらない…なぜ?

検索順位の推移

SEO対策しても検索順位が上がらない…なぜ?

検索順位が上がらない理由は、SEO対策の質が低いからです。

例えば、ユーザーの検索意図を無視したり、関連性の低いコンテンツを増やす、内部リンクの最適化など疎かにします。
この場合、SEO対策の質が下がります。
そうなれば、ページやサイト自体の品質が上がらないので、Googleに評価されづらくなります。
結果、検索順位が上がらないというわけです。

こうした悪い状況を回避する為に、サイトの欠点を調査して上位化に必要な対策をご案内します(無料)。

検索順位を上げたり、検索流入を増やすにはSEOが重要!

SEO対策無料ご提案はこちら