SEOに関する実験やデータ分析などを公開します

SEOの疑問を実験で解明しブログ配信【SEOラボ】

【SEOライティングの基礎】SEOのライティングポイントについて

SEOライティングとは、検索エンジンのユーザー向けにコンテンツ(ブログ記事)のテキスト文章を書くテクニックのことで、Webライティングの一種です。 このテクニックをうまく使えば、SEOに良い影響が期待できます。(Googleに評価されやすくなります)

一方、ユーザーファースト(ユーザーの検索意図)を考慮しなければ、Googleに評価されません。
結果、検索順位が上がらなかったり、検索流入が増えないというわけです。

こうした良くない状況を回避する為に、SEOライティングの基礎を抑えて、良質なコンテンツに仕上げましょう。

この点を踏まえて、今回は、SEOライティングの基礎について中心に、初心者にもわかりやすくポイントをまとめて解説したいと思います。

【SEOライティングの基礎】SEOのライティングポイントについて

SEOライティングとは?

SEOライティングとは?

SEOライティングとは、簡単に言うと、SEO対策を意識してWebページのテキスト文章を書くことです。またの名「Webライティング」とも言われます。

具体的には、ユーザーファーストを考慮したテキスト文章を記載して、「読者(人・読み手)に響くコンテンツ」かつ、「検索エンジン Google に評価されやすい(上位表示されやすい)コンテンツ」にするためのライティングテクニックのことです。

このように、SEOにおいて重要度が最も高いコンテンツの大元となるテキスト文章の質を上げるべく、SEOライティングが欠かせないということになります。

また、SEOライティングは、Webマーケティング・コンテンツマーケティングの一貫でもあり、その中の「コンテンツSEO」という枠組みで重要な対策の1つとなります。

SEOライティングの前に意識すること

「ユーザーファースト」と「ページテーマの明確化」を意識しよう

SEOライティングの前にとくに2点を意識して準備する必要があります。

検索順位を上げたり、検索流入を増やすにはSEOが重要!

関連記事

【2021年版】SEOとは?基本や重要な対策など初心者にわかりやすく解説!

SEOの基本を押さえて対策しよう。とくにユーザーの利便性を考慮することが重要で、これを無視すればGoogleに評価されない(検索順位や検索流入が向上しない)…

続きを見る

ユーザーファーストを考慮する

ユーザーファーストを考慮してSEOライティングしよう

SEOライティングを行う前に、Googleの概念となる「ユーザーファースト」を念頭に置きましょう。

Google は、当初からユーザーの利便性を第一に考えています。
※引用元:Google が掲げる 10 の事実

ユーザーファーストは、Googleがサイトを評価する際に最も重要視する点です。
なので、ユーザーがより満足するコンテンツ(文字の多さ[文字数]とかではなくユーザーにとって必要な情報を含む満足度の高いコンテンツ)を作るために、SEOライティングのテクニックを使ってテキスト文章の質を上げることが重要となります。

ページのテーマをキーワードで示す

SEOライティングの前にページのテーマをキーワードで示す

WordPressなどのブログ記事(Webページ)は、タイトルがあり、それに沿ったコンテンツで基本的に構成されてます。
このタイトルを、1つのキーワードを軸に文言を作成して、そのキーワードを盛り込んだタイトル内容に沿ってコンテンツ作成しながらWebページを完成させることが重要です。
※1つのキーワードを見出すには、キーワード選定を行いましょう。

つまり、これから説明する検索クエリと関連性を高める」ことに繋がり、SEOライティングにおいて肝となる部分です。

ページのテーマを1つのキーワードで示し、内容を絞った明確なコンテンツ内容にすることを意識して、SEOライティングを行いましょう。

SEOライティングのポイントについて(※上位表示に必要な文章・記事の書き方(コツ・テクニック))

SEOライティングで上位表示を目指すには?

これまで少し触れたように、SEOライティングでは、ユーザーファーストを意識することがベースとなります。
なので、この概念を念頭に置きながら、テキスト文章を書いていくことが検索上位表示(順位を上げてアクセスの増加)に必要なポイントとなります。

これらの主要ポイントについて解説していきます。

検索クエリと関連性を高める

検索クエリとWebページの関連性を高める

検索ユーザーが検索窓に入力する語句(検索クエリ・検索キーワード)に沿ったタイトル・コンテンツを持つWebページを作成することが「検索クエリと関連性を高める」ことに繋がります。

なので、キーワード選定により前もって選んだ「ページのテーマを示す1つのキーワード」を含めてタイトルの文言を作成します。
また、選定したキーワードで実際に検索して表示される「競合上位ページの傾向」を採用してタイトル作成しましょう。これは検索ユーザーのニーズ(検索意図)を盛り込むために重要なポイントとなります。

そして、作成したタイトルに沿って目次(見出し)を決めて、その見出しごとにコンテンツ内容を記述していくことで、ページに統一性が生まれ一貫したWebページが完成します。

このようなページを作って、検索クエリとの関連性を高めることがSEOライティングにおいて重要であり、上位表示に必要なポイントとなります。

検索クエリと関連性を高めるためのその他のポイント

  • タイトルの最初の方にキーワードを含める
  • 最初のリード文や末尾の文章にキーワードを含める
  • 記事のURLにキーワードを含める(どんなコンテンツか?URLから認識しやすい)

また、1つの軸キーワードにおける類語や共起語を、ページテーマがぶれないように単語数を増やしながらSEOライティングするのも検索クエリと関連性を高めるうえで効果的です。

オリジナリティを高める

独自性を高めながらSEOライティングする

SEOにおいて、自分の体験や経験談を盛り込んでコンテンツの独自性(オリジナリティ)を高めることが重要となります。

そのためには、SEOライティングのテクニックを活かしながら、コンテンツの独自性を高める必要があります。

自分の体験談や経験を語る上で、ページのテーマからぶれないように検索クエリとの関連性を意識しながら、テキスト文章に落とし込んでくことが大切となります。

オリジナリティを高めすぎると、ユーザーのニーズとずれる可能性も高まります。
なので、一度記述して反応が悪い場合(検索順位が思わしくない、ヒートマップで読まれてない、直帰率が高い、滞在時間が低いなど)は、リライトを検討しましょう。

Googleはオリジナリティを重視していますが、もっとも重要な「検索クエリとの関連性」を軸にコンテンツを最適化することが上位表示のポイントです。
これらのバランスを考慮して、ユーザーがより満足するコンテンツが提供できるようにSEOライティングを進めることが重要となります。

専門性を高める

専門性を高めながらSEOライティングする

Webサイト・ページの専門性を高めることで、Googleに評価されます。

これは、検索品質評価ガイドラインにて公式に定義されてる項目であり、「E-A-T」の中に記載があります。
「E-A-T」は、専門性・信頼性・権威性を指し、その中の「専門性」を重視しながら、SEOライティングすることがポイントとなります。

専門性を高めるために、サイトのテーマ(カテゴリテーマ)に沿ったページを作成することが必要となります。
なので例えば、サイトのテーマが「SEO」であれば、「検索エンジン」や「SEO対策」「Googleアナリティクス」などの関連テーマでWebページを増やすとよいでしょう。

そして、「検索クエリとの関連性」を考慮したうえで、明確なテーマを持った(1つのキーワードに特化した)専門的なページ内容にすることがSEOライティングにおいて重要となります。

まとめ

今回紹介したSEOライティングのポイントを抑えて、評価されやすいブログ記事(Webページ)を作成しましょう。

最も重要となるテキスト文章に力を入れてコンテンツの質を高めながら、上位表示を目指すことがポイントです。

検索順位が上がらない…なぜ?

検索順位が上がらない…なぜ?

検索順位が上がらない理由は、SEO対策の質が低いからです。

例えば、ユーザーの検索意図を無視したり、関連性の低いコンテンツを増やして内部リンクの最適化を疎かにします。
この場合、SEO対策の質が下がります。
結果、検索順位が上がらないというわけです。

こうした悪い状況を回避する為に、サイトの欠点を調査して上位化に必要な対策を洗い出しましょう。

SEO対策無料ご提案はこちら