SEOに関する実験やデータ分析などを公開します

SEOの疑問を実験で解明しブログ配信【SEOラボ】

【SEOキーワード選定方法】無料ツールでキーワード選定するためのコツについて

SEOでは、キーワード選定する際に、主に無料から使えるツールを活用します。
例えば、キーワードプランナーやキーワードファインダーといったツールを活用して、サイトのテーマと関連性のあるキーワードや、そのキーワードの検索数や競合性まで加味してキーワードを選定します。
そうすれば、効果的なキーワードが選定できます。
結果的に、選定した効果的なキーワードで良質なコンテンツ(ブログ記事)を作成すれば、Googleに評価されやすくなるというわけです。

一方、ツールを活用しなければ、効果的なキーワードが選定できません。
もう少し言えば、ツールを使わなければ、関連性や検索数、競合性まで加味出来ないので、効果的なキーワードが選定できません。
そうなれば、ポテンシャルの低いキーワードを選定して、そのキーワードでコンテンツ作成することになるので、結果的にGoogleに評価されづらくなります。

こうした状況を回避するためにも、ツールを活用して、効果的なキーワードを選定しながら、SEO対策を進めることがポイントとなります。

この点踏まえて、今回は、SEOキーワード選定方法(無料ツールでキーワード選定するためのコツ)ついて中心に、初心者にもわかりやすくポイントをまとめて解説したいと思います。

【SEOキーワード選定方法】無料ツールでキーワード選定するためのコツについて

キーワード選定とは?

インターネット検索結果で、 上位表示したいキーワード(SEOキーワード)を選ぶことを 「キーワード選定」と言う!

キーワード選定とは、インターネット検索結果で上位表示したいキーワード(SEOキーワード)を選ぶことです。
例えば、キーワードプランナーなどの専用ツールを活用して、自身のビジネスやサイトのテーマ、商品に関連する語句を入力して調査します。
そうすれば、入力した語句に関連するキーワードが調査結果として表示されるので、そこから上位表示したいキーワード(SEOキーワード)を選びます。
これが、「キーワード選定」となります。

このキーワード選定は、検索ユーザーのことを考慮する必要があります。
もう少し言うと、検索ユーザーが求めてるコンテンツを提供するために、そのコンテンツのテーマに合致したユーザーの需要があるキーワード(検索されてるキーワード)を1つ選定することがSEOにおいて重要となります。

ユーザーがコンテンツを探すときに検索しそうなキーワードを考えてみましょう。
※引用元:検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド – Search Console ヘルプ 「読者が求めているものを把握して提供する」

また、キーワード選定では、検索ユーザーの需要だけでなく、競合性や関連性も重要となります。
一方、こうした要素を加味してキーワード選定しなければ、効果的なコンテンツ作成に繋がらないので、Googleに評価されづらくなります。
結果的に、検索流入が増えづらいので、サイトのアクセス数が上がりません。
そうなれば、申し込みや問い合わせといったCV(コンバージョン)が促進されずに、Webからの売り上げ向上に繋がらないでしょう。

こうした状況を回避するためにも、ツールを活用して、効果的なキーワードを選定しながらSEO対策を進めましょう。

キーワード選定方法(ツールでキーワード選定するためのコツについて)

専用ツールを活用して、 効果的なキーワードを洗い出して選びながら、 キーワード選定しよう!

キーワード選定するには、基本的に無料ツールを活用します。
例えば、キーワードプランナーなどの無料から使える専用ツールにアクセスして、検索窓にサイトのテーマや商品を示す語句を入力して、調査します。
そうすれば、入力した語句の検索数や競合性、その語句に関連するキーワードなどの情報が把握できます。
そうした情報がわかれば、検索ユーザーに需要のあるキーワードや上位化しやすいキーワード、関連性のあるキーワードが洗い出せるので、効果的なキーワードが選定できます。
結果的に、効果的なキーワードでコンテンツ作成できるので、Googleに評価されやすくなるというわけです。

こうして、専用ツールを活用し、効果的なキーワードを洗い出して選ぶことが、キーワード選定するためのコツ(ポイント)となります。

検索数のあるキーワードを選ぶ

あらかじめツールで検索数を調べて、 検索ユーザーの需要があるキーワードを選びながら、 キーワード選定しよう!

検索数のあるキーワードを選ぶには、検索数が調査できる専用のツールを活用します。
例えば、aramakijakeやUbersuggestといったツールを使います。
これらのいずれかのツールにアクセス後、サイトのテーマや商品、サービスを示すキーワードを入力して、調査します。
そうすれば、調査結果として、入力したキーワードの検索数が表示されて検索ボリュームがわかるので、検索数のあるキーワードを選定することができます。

一方、検索数が「0」のようなキーワードは、検索ユーザーにとって需要の無いキーワードとなります。
そのようなキーワードを選定してページを作成し、上位化したとしても、基本的に検索流入がほぼ見込めないでしょう。
かといって、検索数が「1万以上」のビッグキーワードを選定してページを作成しても、競合性が高いので上位化が難しいです。
なので、とくにSEOの初期段階であれば、検索数が「10~100」「100~1000」「1000~1万」程度のキーワード(スモールキーワード、もしくはミドルキーワード)を選定するようにしましょう。
そうすれば、比較的に競合性も低い(上位化しやすい)ので、その分検索流入も期待できるようになります。

こうして、あらかじめツールで検索数を調べて、検索ユーザーの需要があるキーワードを選ぶことが、キーワード選定するためのポイントとなります。

ちなみに、キーワードプランナーやキーワードファインダーを活用することでも、検索数が表示されて検索ボリュームがわかるので、検索数のあるキーワードを選定するのに役立ちます。

aramakijake

aramakijakeの「検索予測ツール」にアクセス後、検索窓にサイトのテーマや商品(サービス)にまつわるキーワードを入力し、「Check!」ボタンをクリックします。

aramakijakeで検索数のあるキーワードを選定する手順①

すると、入力したキーワードの「月間推定検索数」「検索順位別の月間検索アクセス予測数」が表示されて、検索ボリュームがわかるので、検索数のあるキーワードを選定することができます。
※ちなみに、月間推定検索数は、1ヶ月間で見込めそうな検索数のことです。
検索順位別の月間検索アクセス予測数は、順位ごとの1ヶ月間で見込めそうなアクセス数のことです。

aramakijakeで検索数のあるキーワードを選定する手順②

Ubersuggest

Ubersuggest(ウーバーサジェスト)にアクセス後、検索窓にサイトのテーマや商品(サービス)にまつわるキーワードを入力して、「検索」ボタンをクリックします。

Ubersuggestで検索数のあるキーワードを選定する手順①

すると、入力したキーワードの検索ボリュームが表示されて、検索ボリュームがわかるので、検索数のあるキーワードを選定することができます。

Ubersuggestで検索数のあるキーワードを選定する手順②

キーワードプランナー

Google広告にログイン後、キーワードプランナーに遷移して、「新しいキーワードを見つける」をクリックします。

キーワードプランナーで検索数のあるキーワードを選定する手順①

そして、「キーワードから開始」でビジネスに密接に関連している商品やサービス(キーワード)を入力し、言語「日本語」、地域「日本」を選択して、「結果を表示」をクリックします。

キーワードプランナーで検索数のあるキーワードを選定する手順②

すると、入力したキーワードの検索数が表示されて検索ボリュームがわかるので、検索数のあるキーワードを選定することができます。

キーワードプランナーで検索数のあるキーワードを選定する手順③

キーワードファインダー

キーワードファインダーのサイトにアクセス後、無料デモ登録します。
そして、発行されるアカウントでキーワードファインダーのツール管理画面にログイン後、初期設定を済ませたら、サイトのテーマや商品(サービス)にまつわるキーワードを入力して追加しましょう。

キーワードファインダーで検索数のあるキーワードを選定する手順①

すると、追加したキーワードの月間検索数が実数に近い形で表示されて、検索ボリュームがわかるので、検索数のあるキーワードを選定することができます。

キーワードファインダーで検索数のあるキーワードを選定する手順②

競合性の低いキーワードを選ぶ

ツールで競合性を調べて、 競合性の低い(上位化の狙いやすい)キーワードを選びながら、 キーワード選定しよう!

競合性の低いキーワードを選ぶには、競合性がわかる専用ツールを活用します。
例えば、Ubersuggestやキーワード難易度ツールといったツールを使います。
これらのいずれかのツールにアクセス後、検索窓でサイトのテーマや商品、サービスを示すキーワードを入力して、調査します。
すると、調査結果として、入力したキーワードのSEO難易度が表示されます。
そのSEO難易度をもとに「競合性」がわかるので、競合性の低いキーワードを選定することができます。

一方、競合性の高いキーワードを選定して、そのキーワードでページ作成しても、基本的に上位化しづらいです。
なので、検索流入も思うように見込めません。
こうした状況を回避するためにも、まずはツールで競合性を調べて、競合性の低い(上位化の狙いやすい)キーワードを選ぶことが、キーワード選定するためのポイントとなります。

ちなみに、キーワードプランナーやキーワードファインダー、Ahrefs SEOツールバーを活用することでも、SEO難易度やDRやDAといったドメインの強さを示す数値がわかります。
その数値をもとに競合性が把握できるので、競合性の低いキーワードを選定するのに役立ちます。

上位表示させるための基本的対策をご紹介しています。

関連記事

【SEOとは?】SEO対策で上位表示する方法について

検索順位に悩んでいませんか?狙ったキーワードで上位表示させるためには基本的な対策に加え、検索意図に合致したコンテンツが必要となります。これらは…

続きを見る

Ubersuggest

Ubersuggest(ウーバーサジェスト)にアクセス後、検索窓にサイトのテーマや商品(サービス)にまつわるキーワードを入力して、「検索」ボタンをクリックします。

Ubersuggestで競合性の低いキーワードを選定する手順①

すると、入力したキーワードのSEO難易度が「0~100」の数値で表示されます。
このSEO難易度の数値が低ければ競合性が低い、高ければ競合性が高いということがわかるので、競合性の低いキーワードを選定することができます。

Ubersuggestで競合性の低いキーワードを選定する手順②

また、SEO難易度をクリックすると、競合上位10サイトの「DS(ドメインスコア)」と「DSの平均値」が数値で表示されます。
とくに、「DSの平均値」が低ければ競合性が低い、高ければ競合性が高いということが判断できます。
なので、「SEO難易度」だけでなく、「DSの平均値」を参考にすることでも、競合性の低いキーワードを選定することができます。

Ubersuggestで競合性の低いキーワードを選定する手順③

SEOキーワード難易度チェックツール

SEOキーワード難易度チェックツールにアクセス後、サイトのテーマや商品(サービス)にまつわるキーワードを入力して、「難易度をチェックする」をクリックします。

SEOキーワード難易度チェックツールで競合性の低いキーワードを選定する手順①

すると、入力したキーワードのSEO難易度が0~100の数値で表示されます。
このSEO難易度の数値が低ければ競合性が低い、高ければ競合性が高いということがわかるので、競合性の低いキーワードを選定することができます。

SEOキーワード難易度チェックツールで競合性の低いキーワードを選定する手順②

キーワードプランナー

Google広告にログイン後、キーワードプランナーに遷移して、「新しいキーワードを見つける」をクリックします。

キーワードプランナーで競合性の低いキーワードを選定する手順①

そして、「キーワードから開始」でビジネスに密接に関連している商品やサービス(キーワード)を入力し、言語「日本語」、地域「日本」を選択して、「結果を表示」をクリックします。

キーワードプランナーで競合性の低いキーワードを選定する手順②

すると、入力したキーワードの競合性が表示されて「低」「中」「高」の指標がわかるので、競合性の低いキーワードを選定することができます。

キーワードプランナーで競合性の低いキーワードを選定する手順③

キーワードファインダー

キーワードファインダーのサイトにアクセス後、無料デモ登録します。
そして、発行されるアカウントでキーワードファインダーのツール管理画面にログイン後、初期設定を済ませたら、サイトのテーマや商品(サービス)にまつわるキーワードを入力して追加しましょう。

ーワードファインダーで競合性の低いキーワードを選定する手順①

すると、追加したキーワードのSEO難易度が「0~100」の数値で表示されます。
このSEO難易度の数値が低ければ競合性が低い、高ければ競合性が高いということがわかるので、競合性の低いキーワードを選定することができます。

ーワードファインダーで競合性の低いキーワードを選定する手順②

Ahrefs SEOツールバー

Ahrefs SEOツールバー」のアドオン(拡張機能)をインストール後、ブラウザ上に表示されるアイコンをアクティブにします。
そして、サイトのテーマや商品(サービス)にまつわるキーワードを入力して、検索します。

Ahrefs SEOツールバーで競合性の低いキーワードを選定する手順①

すると、入力したキーワードに対する検索結果が表示されるともに、競合サイトごとのDR(ドメインレーティング)が「0~100」の数値で表示されます。
DRの数値が低いサイトが多ければ競合性が低い、高いサイトが多ければ競合性が高いということがわかるので、競合性の低いキーワードを選定することができます。

Ahrefs SEOツールバーで競合性の低いキーワードを選定する手順②

また、MozBarのアドオンをインストールすることでも、Ahrefs SEOツールバーの「DR」と同様に、「DA(ドメインオーソリティ)」呼ばれる指標で、競合性が把握できます。
※ちなみに、こうした専用のアドオンは、基本的に期間限定での無料利用となります。
なので、使い続けるには、AhrefsやMozのそれぞれのサービスで有料会員になる必要があります。

関連性のあるキーワードを選ぶ

専用機能やツールで関連性を調べて、 関連するキーワードを選びながら、 キーワード選定しよう!

関連性のあるキーワードを選ぶには、関連キーワードがわかる専用機能やツールを活用します。
例えば、Google検索の「サジェスト」や「関連する検索キーワード」といった機能、関連キーワード取得ツールを活用します。
「サジェスト機能」では、Google検索の検索窓にサイトのテーマや商品(サービス)にまつわるキーワードを入力したタイミングで、そのキーワードを含む語句が表示されます。
また、「関連する検索キーワード」では、Google検索の検索窓にサイトのテーマや商品(サービス)にまつわるキーワードを入力して検索した結果画面の下部に、そのキーワードに関連する語句が表示されます。
これらの機能で表示される語句の数は限定的ですが、関連キーワード取得ツールを使えば、より多くの関連する語句が表示できます。

こうした専用機能やツールから関連キーワード(ロングテールキーワード)がわかるので、関連性のあるキーワードを選定することができます。

一方、関連性の無いキーワードを選定すれば、関連コンテンツを作成して増やすこと(ロングテールSEO)ができないので、サイトの専門性が上がりません。
そうなれば、Googleから評価されづらくなります。
こうした状況を回避するためにも、まず、専用機能やツールで関連性を調べて、関連するキーワードを選ぶことが、キーワード選定するためのポイントとなります。

ちなみに、ただ関連キーワードを選定しても検索流入が見込めません。
なので、先述したように、検索数や競合性まで考慮して関連キーワードを選定しましょう。
検索数や競合性まで加味した関連キーワードは、とくに、キーワードプランナーやキーワードファインダー、Ubersuggestといった専用ツールを使うことで、効率的に選定できます。

Google検索の「サジェスト機能」

Google検索エンジンの検索窓に、サイトのテーマや商品(サービス)にまつわるキーワードを入力したタイミングで、サジェスト機能(オートコンプリート)が働きます。
サジェスト機能が働くと、入力したキーワードを含む語句(関連語)が表示されるので、関連性のあるキーワードを選定することができます。

Google検索の「サジェスト機能」で関連性のあるキーワードを選定する手順①

Google検索の「関連する検索キーワード」

Google検索エンジンの検索窓に、サイトのテーマや商品(サービス)にまつわるキーワードを入力して、検索します。

Google検索の「関連する検索キーワード」で関連性のあるキーワードを選定する手順①

すると、検索結果の下部に関連する検索キーワードが表示されるので、関連性のあるキーワードを選定することができます。

Google検索の「関連する検索キーワード」で関連性のあるキーワードを選定する手順②

関連キーワード取得ツール

関連キーワード取得ツールにアクセス後、検索窓にサイトのテーマや商品(サービス)にまつわるキーワードを入力して、「取得開始」をクリックします。

関連キーワード取得ツールで関連性のあるキーワードを選定する手順①

すると、入力したキーワードを含む複合語/複合キーワード(関連語)が表示されるので、関連性のあるキーワードを選定することができます。

関連キーワード取得ツールで関連性のあるキーワードを選定する手順②

キーワードプランナー

Google広告にログイン後、キーワードプランナーに遷移して、「新しいキーワードを見つける」をクリックします。

キーワードプランナーで関連性のあるキーワードを選定する手順①

そして、「キーワードから開始」でビジネスに密接に関連している商品やサービス(キーワード)を入力し、言語「日本語」、地域「日本」を選択して、「結果を表示」をクリックします。

キーワードプランナーで関連性のあるキーワードを選定する手順②

すると、入力したキーワードと関連性の高いキーワードが表示されるので、関連性のあるキーワードを選定することができます。

キーワードプランナーで関連性のあるキーワードを選定する手順③

キーワードファインダー

キーワードファインダーのサイトにアクセス後、無料デモ登録します。
そして、発行されるアカウントでキーワードファインダーのツール管理画面にログイン後、初期設定を済ませたら、サイトのテーマや商品(サービス)にまつわるキーワードを入力して追加しましょう。

キーワードファインダーで関連性のあるキーワードを選定する手順①

すると、追加したキーワードの関連度が「0~100」の数値で表示されます。
この関連度の数値が低ければ関連性が低い、高ければ関連性が高いということがわかるので、関連性のあるキーワードを選定することができます。

キーワードファインダーで関連性のあるキーワードを選定する手順②

ちなみに、キーワードファインダーに搭載のキーワードマップを活用することでも、関連キーワードが表示されます。
表示された関連キーワードから関連性のあるキーワードを選定することができます。

Ubersuggest

Ubersuggest(ウーバーサジェスト)にアクセス後、検索窓にサイトのテーマや商品(サービス)にまつわるキーワードを入力して、「検索」ボタンをクリックします。

Ubersuggestで関連性のあるキーワードを選定する手順①

すると、キーワード候補に、入力したキーワードを含むキーワード候補(複合語)が表示されるので、関連性のあるキーワードを選定することができます。
ちなみに、「キーワード候補をすべて見る」をクリックすれば、さらに関連キーワードが表示されるので、より多くの関連性のあるキーワードが選定できます。

Ubersuggestで関連性のあるキーワードを選定する手順①

キーワードの入れ方(設定方法)

SEOキーワードをページの以下要素に設定していきます。

タイトル

SEOキーワードをページのタイトル(titleタグ)の前方に設定します。

SEOキーワードが「SEO対策」の場合

HTML記述例:

検索結果表示例:

ページのタイトル(titleタグ)の前方にSEOキーワードを設定

このようにSEOキーワードを前方に含めて簡潔な内容にしながら、検索クエリとの関連性を強調しましょう。

ディスクリプション

SEOキーワードをディスクリプション(meta descriptionタグ)の前方に設定します。

SEOキーワードが「SEO対策」の場合

HTML記述例:

検索結果表示例:

ディスクリプション(meta descriptionタグ)の前方にキーワードを設定

このようにタイトルと同様、SEOキーワードを前方に含めて簡潔な内容にしながら、検索クエリとの関連性を強調しましょう。

見出し

SEOキーワードをページの見出し(hタグ)に設定します。

例、SEOキーワードが「SEO対策」の場合

HTML記述例:

デザイン例:

ページの見出し(hタグ)にSEOキーワードを設定

上記のように、SEOキーワードを含む見出しをhタグで囲んで、重要な文言を検索エンジンに伝えながら、かつ検索クエリとの関連性を高めましょう。

本文(コンテンツのテキスト文章内)

SEOキーワードをページの本文(コンテンツのテキスト文章内)に設定します。

例、SEOキーワードが「SEO対策」の場合

ページの本文(コンテンツのテキスト文章内)にSEOキーワードを設定

このように、冒頭や末尾中心にSEOキーワードを含めてセクションごとに文章をまとめながら、検索クエリとの関連性を高めましょう。

また、画像の場合、alt属性に画像の説明を簡潔に記述したうえで、必要に応じ文脈に合わせて適宜SEOキーワードを設定しましょう。

ポイント 適切にキーワードを含め、あくまでも自然な文言、文章を意識し、ユーザーが理解しやすい内容にすることが重要です。
数は決まってませんが、不自然な程の過剰なキーワード設定は、Googleウェブマスター向けガイドライン違反によりペナルティを課され、サイトの評価が落ち、検索順位の下落、インデックス削除を招きます。

SEOキーワードの数について

SEOでは、タイトル名やコンテンツにキーワードを適切な数だけ含めることが重要です。

一方、SEOキーワードを詰め込みすぎることで、Googleから評価されづらくなります。
例えば、「SEO対策」というキーワードで上位表示を狙いたいので、「【SEO対策】SEO対策とは?SEO対策の基本について」というタイトル名にします。
この場合、「SEO対策」というキーワードの数が多いので、キーワードの詰め込みでGoogleからペナルティを受ける可能性があるということです。

こうした状況を回避するためにも、選定したSEOキーワードをタイトル名やコンテンツに適切な数だけ含めるようにしましょう。

ちなみに、タイトル名であれば、SEOキーワードの数を2個以内に抑えるとよいでしょう。

SEOキーワードの重要性

SEOキーワードの重要性について、Google公式に以下のように言及してます。

ユーザーがサイトを検索するときに入力する可能性の高いキーワードを検討し、そのキーワードを実際にサイトに含めるようにします。

※引用元:ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン) – Search Console ヘルプ

このことから、SEOキーワードを含めて検索クエリと整合性の高いページを作る必要があることが読み取れます。

つまり、「検索クエリ」と「タイトル、コンテンツ内容」のマッチ度を高めて一貫性のあるページを作りながら、検索ユーザーが求める情報を提供することが重要と言えます。

まとめ

無料ツールを活用して、効果的なキーワードを選定しましょう。
もう少し言うと、専用の機能やツールで、サイトのテーマに関連するキーワードを選定して、そのキーワードの検索数や競合性まで加味しましょう。
そうして選定した関連キーワードで良質なコンテンツを増やせば、Googleに評価されやすくなります。

また、良質なコンテンツを作るには、ユーザーの検索意図を考慮することが重要です。
具体的には、ユーザーの求める情報の量(網羅性/包括性)や手に入れやすさ(簡便性)、信憑性、独自性まで加味した良質なコンテンツを作りましょう。
こうした良質なコンテンツを増やして、E-A-Tやユーザビリティ、クローラビリティまで織り交ぜたより信頼できるサイトにすることが、SEO対策で上位表示を目指すためのポイントとなります。

検索順位が上がらない…と思っていませんか?

検索順位が上がらない…と思っていませんか?

思い通りの検索ワードで上位表示させるには、基本となる外部・内部の対策はもちろん、昨今の大きな変動・競合の強さも大きく影響するため、どういったキーワードで対策するのか?という点も重要となります。

ここを正しく理解しておかなければ上位表示させることは難しく、サイトを効果的に運用し、資産化することができません。

そこで、こちらでは上位表示に必要なSEOが正しく施されているかどうかを無料で調査し、問題点や改善点などのアドバイスを致します。

\ 効果的な改善方法を明確にしませんか? / サイト調査を依頼する

カテゴリから記事を探す

SEO対策無料ご提案はこちら