SEOに関する実験やデータ分析などを公開します

SEOの疑問を実験で解明しブログ配信【SEOラボ】

SEOに欠かせない「キーワードファインダー」とは?

2018/09/27 2018/10/30

コンテンツマーケティングが注目を集めるようになってから、お客様から「毎回、記事のキーワード選定に時間がすごくかかって困っている。どうにかならないか?」というご相談が多くなりました。

このように、キーワード選定に割く時間が短縮できれば、効率的にSEO(SEO対策)を進めることが可能<です。

この効率的かつ、効果的なキーワード選定ができるSEO対策ツールが、当ブログ「SEOラボ」を運営するSEO専門会社ディーボ提供の「キーワードファインダー」です。
このキーワードファインダーによって、キーワード選定の悩みを解決できるので、SEOの成功率を高めることにつながり、結果的にWebマーケティングの成功によるビジネス成長も見込むことができます。

この点踏まえて、今回は、累計3,000ユーザー以上の利用実績を有し、効果的なキーワードを自動取得してキーワード選定を大幅に効率化するSEOツール「キーワードファインダー」についてご紹介します。

SEOに欠かせない「キーワードファインダー」とは?

キーワードファインダーとは?

キーワードファインダーとは?

キーワードファインダーとは、SEOの過程で重要となるキーワード選定を支援するツールで、当ブログ「SEOラボ」を運営する弊社(株式会社ディーボ)が提供しています。
毎日自動取得する新しいキーワード、勝ち組キーワード、お宝キーワードなどジャンル別に確認しながら、効果的なキーワード選定に活かすことができます。

効果的なキーワードを自動取得するので、キーワード選定が効率化

また、取得したキーワードの検索数、難易度、関連度もわかり今までの作業を減らして、キーワード選定を効率化します。

無料デモ体験」から気軽に利用でき、本格的に導入したい方には有料版(料金:月額5万円から)もご用意してます。

参考キーワード選定ツール|キーワードファインダー – KEYWORD FINDER

キーワードファインダーの1番の魅力

効率的なキーワード選定を行うためにあらゆる視点から効果的なキーワードをチョイスできるのがキーワードファインダーの一番の魅力です。

あらゆる視点から効果的なキーワードを選定

つまり、自分では気付かないキーワードや上位表示しやすいキーワード、真新しいキーワード含む効果的なキーワードが自動でわかるので、手間をかけずにSEOの質を上げることが出来ます。

そして、それらのキーワードを軸にコンテンツ作成、順位管理といったSEOに欠かせないサイト運用の機能も充実しており、一貫したSEO対策ができる点も魅力となります。

キーワードファインダーの特徴

キーワードファインダーは、ただキーワードを自動取得するだけではありません。
自動取得により選定したキーワードの順位管理まで行い、サイト運用という視点でSEOには欠かせない大きな特徴を持ってます。

検索順位の管理まで行えるので、サイト運用に対応

主な特徴

  • 効果的なキーワードが自動取得・分類されるので、すぐSEOに活かせる
  • キーワードの順位も管理できるので、サイト運用に活かせる
  • ページ単位でSEO対策の出来が採点できる(簡易SEOチェック「SEOスコア」機能)
  • 「not provided」もわかり、的確な流入キーワードや流入数が把握できるのでSEOの強化・加速につながる

これらの特徴のように、キーワードを軸として対策を進めることがSEOの基本となります。

つまり、効果的なキーワードをしっかり選定したうえで、ユーザーファーストのコンテンツを提供しながらSEO対策を進めることが重要となります。

そして、キーワードファインダーを利用しながら、それが実現可能となります。

注目のキーワードマップも兼ね備えてる

キーワードファインダーは、昨今注目度が高い「キーワードマップ」も兼ね備えてます。

選定したキーワードの関連語がわかるので、 コンテンツ作成に迷わない!

1つのキーワードから派生する関連語がわかるので、ユーザーの検索意図に沿ったコンテンツ作成に役立ち、上位化を目指すSEO対策に欠かせないツールとなります。

マップなので視覚的な要素はもちろん、関連語の検索数もわかるので、ユーザーが良く検索する語句をコンテンツに入れてより検索意図にマッチしたユーザーファーストのページ作成に役立ちます。

関連記事「キーワードマップ」をSEOに活かすには?

キーワードプランナーとの違いは?

キーワード選定ツールと言えば、まずGoogleが無料提供するキーワードプランナーが思い浮かぶことでしょう。

この有名かつ信頼性の高いツール「キーワードプランナー」と、弊社が提供する「キーワードファインダー」には大きな違いが2つあります。

  1. キーワードプランナーが1つのキーワードから取得できる候補キーワードが「1000件程度」であるのに対して、キーワードファインダーでは、「数万件」の候補キーワードを取得することもできます。
  2. キーワードプランナーの月間検索数が「数値のみ」であるのに対して、キーワードファインダーでは「数値+10段階のゲージ表示」でより見やすく設計しています。
    キーワードファインダーの月間検索数は、「数値+10段階のゲージ表示」

このように、最も利用されるキーワードプランナーとの差別化を少しでも図るように設計したのがキーワードファインダーとなります。

キーワードファインダーでは、とくにより多くの候補キーワードが取得できるので、その中から数多くのSEOに効果的なキーワードが見出せる点がキーワードファインダーの特段の強みです。

関連サイト他社ツールとの比較|キーワードファインダー – KEYWORD FINDER

関連記事Googleキーワードプランナーの使い方について【2018年版】

SEOの成功には「効果的なキーワード選定が重要」

キーワードファインダーがSEOの成功率を上げる

キーワード選定がSEOの成功を大きく左右します。

軽く基本に触れると、1ページ1キーワードを選定して、その選定したキーワードに沿ってコンテンツを作りこむことで、Webページが上位表示されやすくなります。
なので、まずページのテーマを1つのキーワードに置き換えるために、キーワード選定がSEOにおいて重要となります。

また、関連するテーマのもとキーワードを選定してページを増やすことでサイト自体の専門性が高まるので、Googleに評価されやすいサイトとなり、より上位表示しやすくなります。

このようにして良質なサイトを運用するためには、効果的なキーワードをより多く見つけて、それらのキーワードでWebページを増やしていくことがポイントとなります。

そこで、効果的なキーワードを効率よく見つけられるのが、キーワード選定ツール「キーワードファインダー」となります。
キーワードファインダーを活用してより多くの効果的なキーワードを選定して、ユーザーファーストのコンテンツを増やしてくことが上位表示につながるので、結果的にSEOの失敗を減らして、SEOの成功が期待できるようになります。

関連記事SEOに失敗する原因について

まとめ

キーワードファインダーで、SEOの成功を加速させましょう。
SEOが成功すれば、Web集客が軌道に乗るので、Webマーケティングによるビジネス成長も大いに期待できます。

重要なのは、選定した効果的なキーワードをもとにコンテンツを増やし、サイトの質を上げながら、上位表示を目指すことがポイントとなります。

SEOラボのおすすめ記事がLINEに届く!「SEOラボを友だち追加する」

カテゴリから記事を探す

SEO対策無料ご提案はこちら