SEOに関する実験やデータ分析などを公開します

SEOの疑問を実験で解明しブログ配信【SEOラボ】

キーワードマップを使ってSEO対策するためのポイントについて

キーワードマップとは、特定のキーワードにおける関連語をマインドマップのように視覚的に見やすくした図のことです。
このキーワードマップは専用のツールを使うことで作成できます。

また、作成したキーワードマップから関連語(関連キーワード)がわかるので、SEOのキーワード選定に役立ちます。
選定した関連語を元に良質なページ(ブログ記事)を増やせば、さらにSEO効果を引き出すことができます。
つまり、キーワードマップから選定した関連語で良質なページを増やせば、専門知識が拡充されてサイトの専門性が高まるので、Googleに評価されやすくなるというわけです。

一方、関連性の低いキーワードでページを増やしても、サイトの専門性が上がらないので、SEO効果をさらに引き出すことができません。
こうした状況を回避するためにも、キーワードマップを活用してSEO対策を進めることがポイントとなります。

この点踏まえて、今回は、キーワードマップを使ってSEO対策するためのポイントについて中心に、初心者にもわかりやすく論点をまとめて解説したいと思います。

キーワードマップを使ってSEO対策するためのポイントについて

キーワードマップとは?

特定のキーワードにおける関連語(関連キーワード)を マインドマップのように視覚的に見やすくした図のことを 「キーワードマップ」と言う!

キーワードマップとは、特定のキーワードにおける関連語(関連キーワード)をマインドマップのように視覚的に見やすくした図のことです。
このキーワードマップは、専用のツールで作成することができます。
例えば、keysearch Betaというツールにアクセス後、検索窓にサイトのテーマを示すキーワードを入力して、検索します。
そうすれば、入力したキーワードの関連語を網羅的に抽出したマップが表示されます。
これが、「キーワードマップ」となります。

ちなみに、関連キーワード取得ツールやサジェストツールでも、特定のキーワードにおける関連語が抽出できます。
こうしたツールで抽出できる関連語を、視覚的に見やすくしたものが「キーワードマップ」となります。

さらにキーワードマップは、SEO対策にも役立ちます。
もう少し言うと、キーワードマップからわかる関連キーワードを選定して、そのキーワードもとに良質なWebページを増やせば、サイトの専門性が高まります。
サイトの専門性が高まれば、Googleに評価されやすくなるので、検索での上位表示や露出増加が見込めます。
結果的に、検索流入の増加につながるので、SEO対策に役立つというわけです。

無料から使えるキーワードマップツール

キーワードマップツールは、基本的に無料から使えるものばかりです。
ですが、関連語の抽出だけでなく、関連語の検索数(検索ボリューム)や難易度(競合性)などの複数の機能が備わったキーワードマップがあります。
こうしたより有用なキーワードマップの利用は限定的なものになるので、さらに使うためには有料版の検討が必要となります。

keysearch Beta

keysearch Beta

https://kitsune-room.com/tools/keysearch/
keysearchは、主に、Googleサジェストを自動で取得して、キーワードマップが作成できるツールです。
また、作成したキーワードマップから関連語だけを抽出して、CSVやSVG形式で保存することも可能です。
ちなみに、ツールは無料から使えるうえ、即座にキーワードマップが作成できます。

OMUSUBI(おむすび)

OMUSUBI

http://omusubisuggest.appspot.com/
OMUSUBIは、入力したキーワードにおける関連語を取得して、キーワードマップが作成できる最も有名なツールです。
また、Google、Youtube、Amazon、Bing検索などのサジェストを自動取得して、それぞれの検索エンジンに沿ったキーワードマップが作成できます。
ちなみに、無料で利用できますが、他のツールと比べて、キーワードマップの作成に時間を要するケースが多く見られます。

keywordmap

keywordmap

https://keywordmap.jp/
keywordmapは、ユーザーの検索ニーズや興味関心事を可視化するキーワードマップ機能を含めて、コンテンツマーケティングやSEO、インターネット広告の競合調査、自社コンテンツの改善分析まで視野に入れたツールです。
このツールは、無料で利用できる機能が限定的なので、本格的に利用できる有料版(価格[料金]については資料請求)が用意されてます。

また、複数の大手会社が導入してる実績もあります。

キーワードファインダーのキーワードマップ

キーワードファインダーのキーワードマップ

https://keywordfinder.jp/product/new35
キーワードファインダー(KEYWORD FINDER)のキーワードマップは、登録したキーワードのサジェストを自動取得してマップ化できるツールです。
このキーワードマップは、キーワードファインダーの一部の機能として搭載されおり、無料デモ体験から利用できます。
また、無料デモ体験は使える機能が限定的なので、本格的に利用できる有料版(価格[料金]:50,000円/月から)を検討することもできます。

ちなみに、複数の大手会社が導入してる実績もあります。

キーワードマップを作成する方法について

キーワードマップを作成するには、先述したような無料から使えるキーワードマップツールを活用します。
それらのツールの中から、ここでは「keysearch Beta」を使ってキーワードマップを作成する方法を解説したいと思います。

では早速、「keysearch Beta」にアクセス後、検索窓にサイトのテーマを示すキーワードを入力して、「検索」をクリックします。
ここでは、例えば、当ブログ「SEOラボ」のテーマを示すキーワードが「seo対策」なので、「seo対策」と入力してみます。

キーワードマップを作成する手順①

すると、入力したキーワードに関連する語句がマインドマップのように表示されるので、キーワードマップを作成することができます。

キーワードマップを作成する手順②

この「keysearch Beta」は、ログインや登録なしで利用できるうえ、迅速にキーワードマップが作成できるとくに有用なツールです。
なので、このツールを使えば、誰でも簡単にキーワードマップを作成することができます。

キーワードマップを使ってSEO対策するためのポイントについて

キーワードマップで選定した関連キーワードで 良質なページを増やして、 より信頼できるサイトにしながら、SEO対策を進めよう!

キーワードマップを使ってSEO対策するには、まず関連キーワードを選定します。
そして、選定した関連キーワードの検索意図を考慮して、良質なページを作成します。
最後に、そうしたページを増やせば、専門性を加味したより信頼できるサイトとなるので、Googleに評価されやすくなるというわけです。

こうして、選定した関連キーワードで良質なページを増やして、専門知識が豊富なより信頼できるサイトにすることが、キーワードマップを使ってSEO対策するためのポイントとなります。

  1. 関連キーワードを選定する
  2. 関連キーワードで良質なページを増やす

関連キーワードを選定する

キーワードマップで選定した関連キーワードをもとに サイト設計して、専門的なサイト構造につなげながら、 SEO対策を進めよう!

関連キーワードを選定するには、専用ツールを活用します。
例えば、「keysearch Beta」で、サイトのテーマを示すキーワードを入力して(当ブログ「SEOラボ」であれば、サイトのテーマを示すキーワードとして「seo対策」を入力して)検索します。
そうすれば、入力したキーワードを含んだ複合キーワード(入力したキーワードが「seo対策」なら、「seo対策 会社」「seo対策 方法」「seo対策 google」「seo対策 本」など)が抽出されて表示されるので、そこから関連キーワードが選定できます。
※ツールを活用するには、先述した「キーワードマップを作成する方法について」もご参考ください。
結果的に、専門的なサイト設計ができて、専門知識が豊富なサイト構築につながるので、Googleに評価されやすくなるというわけです。

こうして、関連キーワードをもとにサイト設計して、専門的なサイト構造につなげることが、キーワードマップを使ってSEO対策するためのポイントとなります。

一方、関連性の低いキーワードを選定すれば、Googleに評価されづらくなります。
もう少し言えば、関連性の低いキーワードを選定すれば、サイトの専門性が上がらないので、その分SEO効果が見込めないというわけです。

ちなみに、関連キーワードの検索数(検索ボリューム)があれば、その分、評価されて上位化したときにより検索流入が見込めます。
例えば、「keywordmap」や「キーワードファインダーのキーワードマップ」といったツールであれば、検索数までわかるので、検索流入が見込める関連キーワードを選定することができます。
※これらのツールについては、「無料から使えるキーワードマップツール」でも先述して紹介してます。

仮に、選定した関連キーワードの検索数が「0」と全くなければ、上位化しても検索流入がほぼ見込めません。
つまり、Googleに評価されて上位化しても、ユーザーが検索しないキーワードなので、思ったように検索流入が得られないというわけです。
こうした状況を回避するためにも、出来るだけ検索数のある(ユーザーが検索する)関連キーワードを選定することが、キーワードマップを使ってSEO対策を進めるためのポイントとなります。

また、ドメインパワーが低いうちは、検索数があっても少なめ「10~100」「100~1000」の関連キーワードを優先的に選定するようにしましょう。
そうしたキーワードの競合性は基本的に低くなるので、上位表示も狙いやすくなります。
結果的に、少なからず検索流入を確実に積み上げることができるので、効率的かつ効果的なSEO対策に結び付くというわけです。(こうした対策をとくに、ロングテールSEOと呼びます。)

関連キーワードで良質なページを増やす

キーワードマップで選定した関連キーワードで 良質なページを増やして、専門性を加味した より信頼できるサイトにしながらSEO対策を進めよう!

関連キーワードで良質なページを増やすには、まず競合上位サイトの傾向を考慮します。
例えば、選定した関連キーワード(SEOキーワード)で検索して表示される、競合上位サイトのタイトル名やコンテンツ内容の傾向を採用して、自身のWebページを作成します。
また、このときに、タイトル名に必ずSEOキーワードを含めるようにしましょう。
そうすれば、ユーザーの求める情報(検索意図)が含まれたWebページに仕上がります。
さらに、ユーザーの求める情報の量(網羅性/包括性)や手に入れやすさ(簡便性)、信憑性、独自性まで加味して、より良質なページに仕上げましょう。
こうした良質なページを関連キーワードをもとに増やせば、サイトの専門性が高まるので、Googleに評価されやすくなるというわけです。

こうして、特定のテーマに関連する良質なページを増やして、専門知識が豊富なより信頼できるサイトにすることが、キーワードマップを使ってSEO対策するためのポイントとなります。

一方、低品質なページが増えると、Googleに評価されづらくなります。
もう少し言うと、良質なページよりも低品質なページの割合が多くなれば、サイト自体の品質が下がるので、その分SEO効果が見込めないというわけです。

ちなみに、競合上位サイトのページ内容をそのままコピペすれば重複コンテンツとなります。
なので、あくまでも競合上位サイトの傾向を採用して、独自の知識や考え、言い回しといった独自性を盛り込むようにすることが、良質なページを作るうえで重要です。

まとめ

キーワードマップを活用して、SEO効果を引き出しましょう。
そのためには、まず、サイトやカテゴリ単位でテーマを明確にして、そのテーマを示すキーワードを1つ決めます。
そして、そのキーワードを元にツールを活用して、関連キーワードを選定します。
そうすれば、選定した関連キーワードをもとにページを増やして、専門性を確保することができるので、Googleに評価されやすくなります。

ですが、ただ専門性を確保しただけでは、Googleから最大限評価されません。
Googleから最大限評価されるためには、根本として、ユーザーの検索意図を考慮したページを作成する必要があります。
さらに、ユーザーの求める情報の量(網羅性/包括性)や手に入れやすさ(簡便性)、信憑性、独自性まで加味して良質なページに仕上げます。
こうした良質なページを増やして、専門性や権威性(E-A-T)、クローラビリティ、ユーザビリティを織り交ぜた、より信頼できるサイトにすることが、SEO対策で上位表示を目指すためのポイントとなります。

SEOラボのおすすめ記事がLINEに届く!「SEOラボを友だち追加する」

カテゴリから記事を探す

SEO対策無料ご提案はこちら