SEOに関する実験やデータ分析などを公開します

SEOの疑問を実験で解明しブログ配信【SEOラボ】

関連キーワード取得ツール(Google/Yahoo)を使ってSEO対策するためのポイントについて

関連キーワード取得ツール(Google/Yahoo)を使って選定した関連ワードでコンテンツ作成(ブログ記事作成)すれば、SEO効果を引き出すことができます。
もう少し言うと、検索されてる関連キーワードを選定して、そのキーワードに特化した良質なページを作ります。
そうしたページを増やして、専門知識を増やせば、サイトの専門性が確保されるので、結果的にGoogleに評価されやすくなるというわけです。

一方、関連キーワードで良質なページを増やさなければ、サイトの専門性含めた品質が確保できないので、その分SEO効果が見込めません。

こうした状況を回避するためにも、関連キーワード取得ツールを活用して、SEO対策を進めることがポイントとなります。

この点踏まえて、今回は、関連キーワード取得ツールを使ってSEO対策をするためのポイントについて中心に、初心者にもわかりやすく論点をまとめて解説したいと思います。

関連キーワード取得ツール(Google/Yahoo)を使ってSEO対策するためのポイントについて

関連キーワードとは?

主に、特定のキーワードを含む複合語のことを 「関連キーワード」と言う!

関連キーワードとは、主に、特定のキーワードを含む複合語のことです。

例えば、特定のキーワードが「seo対策」だとします。
この場合、「seo対策」を含む複合語は、「seo対策 基本」「seo対策 無料」「wordpress seo対策」「seo対策 費用 相場」などがあります。
これらの複合語が、関連キーワードとなります。

こうした関連キーワードは、Google検索エンジンの「オートコンプリート(サジェスト機能)」や「検索結果下の関連する検索キーワード」で確認できます。
また、関連キーワード取得ツール(仮名・β版)などの専用ツールでも抽出できます。

関連キーワードを表示する仕組みについて

検索機能やツールによって、 関連キーワードを表示する仕組みが異なる!

関連キーワードは、検索機能やツールによって表示する仕組みがそれぞれ異なります。

Google検索のオートコンプリート(サジェスト機能)

Google検索のオートコンプリート(サジェスト機能)は、「入力した検索キーワード」「過去に行った関連する検索(ウェブとアプリのアクティビティ有効の場合)」「他のユーザーが検索しているキーワード(Googleトレンドの急上昇ワード検索を含む)」がベースとなってます。
こうしたキーワードや関連検索の頻度(人気度や類似性などの複数要因)に基づいたアルゴリズムによって、関連キーワード含む検索候補が自動生成されて、Google検索のオートコンプリート(サジェスト機能)に表示される仕組みです。

Google検索のオートコンプリート(サジェスト機能)

このように、例えば、Googleの検索窓で「seo」と入力すると、「seo google」「seo ブログ」「seoとは わかりやすく」などの「seo」という語句を含む検索候補が表示されます。

ちなみに、このオートコンプリートには、オートコンプリートポリシーに違反するような語句が含まれることがあります。
さらには、オートコンプリートにネガティブな関連キーワードが含まれるように、操作されることがあります。(サジェスト汚染)
これらの場合は、不適切な検索候補としてGoogleに報告したり、オートコンプリートに表示された関連キーワードを削除するように、Googleに申請依頼することが可能です。

付け加えると、オートコンプリートに検索候補が表示されない場合があります。
これは、「検索キーワードが一般的ではない」「検索キーワードが新しい」「不適切な検索候補、ポリシー違反」といったことが、主な原因となります。

Google検索の関連する検索キーワード

Google検索の関連する検索キーワードは、先述したオートコンプリートとほぼ同様の仕組みですが、少し違いがあります。
例えば、オートコンプリートの方は、基本的に、入力した検索キーワード含む検索候補(語句)を表示します。
一方、関連する検索キーワードは、入力した検索キーワードの同義語や類義語まで含めた検索候補を表示する仕組みです。

Google検索の関連する検索キーワード

このように、例えば、Googleの検索窓で「https seo」と入力すると、「https seo 効果」「https seolaboratory.jp 89274」「https seo 影響」などの「https seo」という語句を含む検索候補がオートコンプリートに表示されます。
そして、その検索結果の下部には、「https seo」に関連する検索キーワードがリンクで表示されます。
その関連する検索キーワードには、「ssl seo 下がる」「ssl 化 メリット seo」「ssl 検索順位 下がった」「https http 変換」といった「https seo」の同義語や類義語まで含めた検索候補が表示されます。

こうした関連する検索キーワードは、オートコンプリートに表示される検索候補と同様に、人気度や類似性などのアルゴリズム要因に基づいて都度変化します。

Yahoo!検索のキーワード入力補助

Yahoo!検索のキーワード入力補助は、Yahoo検索の検索窓にキーワードを一部入力すると、そのキーワードの候補(関連検索ワード含む)が自動的に表示される仕組みです。
関連検索ワードの組み合わせや順番などは、Yahoo!検索のキーワード入力補助機能の特有のアルゴリズムによって自動的に変化します。
もう少し言うと、Yahoo!検索を利用するユーザーの動向(検索するタイミングや検索回数の変化)をもとにしたアルゴリズムによって、機械的に収集・処理されて、関連検索ワードの組み合わせや順番が自動的に変化する仕組みです。

Yahoo!検索のキーワード入力補助

このように、例えば、Yahooの検索窓で「seo」と入力すると、「セオリー」「セオリーリュクス」「seo とは」などの「seo」や「seoを変換した日本語」で始まる検索キーワードの候補(関連検索ワード)が表示されます。

また、こうした関連検索ワードの候補には、不適切な用語や操作によって特定のキーワードが表示される場合があります。
この場合は、それらの用語やキーワードを非表示したり、なんらかの措置が実施される可能性があります。

ちなみに、Yahoo!検索のキーワード入力補助は、Google検索の「オートコンプリート」と機能が似ています。

Yahoo!検索の関連検索ワード

Yahoo!検索の関連検索ワードは、先述した「キーワード入力補助」とほぼ同じ仕組みですが、再検索に特化した機能です。
例えば、キーワード補助入力は、検索窓に一部のキーワードを入力することで、そのキーワードの候補(関連キーワード含む)を検索窓に表示します。
一方、関連検索ワードは、検索窓に入力したキーワードに関連するワードを、検索結果の上部と下部にリンクで表示するので、再検索の補助に特化した仕組みというわけです。

Yahoo!検索の関連検索ワード

このように、例えば、Yahooの検索窓で「seo」と入力して検索すると、「seo とは」「seo チェキ」「seo tools」などの「seo」に関連する検索キーワードが検索結果の上部と下部にリンクで表示されます。

こうした関連する検索キーワードは、キーワード補助入力で表示される検索候補と同様に、Yahoo!検索を利用するユーザーの動向をもとにしたアルゴリズム要因に基づいて都度変化します。

専用ツールの関連キーワード

「関連キーワード取得ツール(仮名・β版)」や「goodkeyword」などの、関連キーワードが独自に確認できる専用ツールがあります。
こうした専用ツールは、主にGoogleやYahoo、Bingなどで提供されてるAPIをもとにしたフレームワークによって、関連キーワードを表示する仕組みです。

「関連キーワード取得ツール(仮名・β版)」や「goodkeyword」などの専用ツールで確認できる関連キーワード

このように、例えば、検索窓に「seo」と入力して検索すると、GoogleサジェストやBingサジェスト、Yahoo!知恵袋教えて!Gooなどのサービスから、「seo」に関連する検索キーワードやタイトル名を抽出して表示します。

おすすめの関連キーワード取得ツール

Google検索やYahoo検索以外のサービスでも、独自に提供してる専用ツールを使うことで関連キーワードが取得できます。
ここでは、定期的にメンテナンスされていて、しっかり活用することができるおすすめの関連キーワード取得ツールを、厳選していくつかご紹介したいと思います。

関連キーワード取得ツール(仮名・β版)

関連キーワード取得ツール(仮名・β版)

https://www.related-keywords.com/
関連キーワード取得ツール(仮名・β版)は、「Googleサジェスト」「Yahoo!知恵袋」「教えて!goo」といった機能やサイトから関連キーワードや関連タイトルを一括取得して表示するツールです。
また、このツールはすべて無料で使うことができるうえ、即座に関連キーワードが取得できます。

goodkeyword

goodkeyword

https://goodkeyword.net/
goodkeywordは、Google.co.jp、Bing、Yahoo! JAPANで検索されてる関連キーワード、複合キーワード、サジェストキーワードを調査して表示するキーワードツールです。
また、このツールはすべて無料で使うことができるうえ、即座に関連キーワードが取得できます。

Ubersuggest

Ubersuggest(ウーバーサジェスト)

https://neilpatel.com/jp/ubersuggest/
Ubersuggest(ウーバーサジェスト)は、マーケティング戦略やコンテンツ作成に欠かせないキーワード候補を無料で提案するツールです。
もう少し言うと、Googleの検索窓に入力される単語やフレーズを基に、効果的で適切なキーワード候補(関連キーワードなど)を提供するツールです。
ちなみに、ツールは無料で使うことができます。
また、一部限定的な機能がありますが、Googleアカウントでログインすれば全ての機能が使えます。

キーワードプランナー

キーワードプランナー

https://ads.google.com/intl/ja_jp/home/tools/keyword-planner/
キーワードプランナーは、商品やサービスに関連するキーワード候補が取得できるGoogle広告のツールです。
このツールは、無料で利用できます。(Googleアカウントでログインが必要)
また、一部機能に制限があり、例えば、キーワードの検索ボリュームが「1万~10万」などの大雑把な数値でしか確認できません。
ですが、Google広告に入金することでより実数に近い検索ボリュームが確認できるようになります。

キーワードファインダー

キーワードファインダー

https://keywordfinder.jp/
キーワードファインダー(KEYWORD FINDER)は、SEOキーワード選定までの作業を自動化するツールです。
もう少し言うと、関連キーワードの取得、キーワードの「検索数」や「難易度」を別々にしてキーワード選定していた作業をひとまとめにした自動化ツールが、キーワードファインダーです。
このツールは、無料デモ体験から利用できます。
ちなみに、本格的に利用したい場合は、有料プランも検討できます。

Keyword Tool

Keyword Tool

https://keywordtool.io/jp/google
Keyword Toolは、Googleサジェストから750以上(関連性100%)のロングテールキーワードを瞬時に手に入れたり、BingサジェストやYouTube、TwitterなどのSNS検索における関連キーワードまで取得して表示するキーワードツールです。
また、取得したキーワードごとの検索ボリュームやトレンド、CPC、競合性まで見れますが、限定的な機能です。
こうした機能まで使い込むための、有料プランも用意されてます。

グーグルサジェスト キーワード一括DLツール

グーグルサジェスト キーワード一括DLツール

https://www.gskw.net/
グーグルサジェストキーワード一括DLツールは、グーグルのサジェスト機能を使用し、関連キーワードを取得して表示するツールです。
また、取得した関連キーワードは、CSVでキーワードリストにしてダウンロードすることができます。
ちなみに、ツールは無料で使えますが、他のツールと比べると、関連キーワードが取得できるまで少し時間がかかるケースがあります。

Kouho

Kouho

https://kouho.jp/
Kouho(候補.jp)は、GoogleサジェストやBingサジェスト、Amazonサジェスト、楽天サジェスト、はてな連想語、Twitter共起語といったキーワード候補を取得して表示するツールです。
また、ツールは無料で利用できるうえ、即座にキーワード候補が取得できます。

関連キーワードを調べる方法について

関連キーワードを調べるには、先述したようなおすすめの関連キーワード取得ツールを活用することになります。
それらのツールの中から、ここでは「関連キーワード取得ツール(仮名・β版)」を使って、関連キーワードを調べる方法を解説したいと思います。

では早速、関連キーワード取得ツール(仮名・β版)にアクセス後、サイトのテーマを示すキーワードを入力して、「取得開始」をクリックします。

ここでは、例えば、当ブログ「SEOラボ」のテーマを示すキーワードが「seo対策」なので、「seo対策」と入力してみます。

関連キーワード取得ツール(仮名・β版)で関連キーワードを調べる方法①

すると、入力したキーワード「seo対策」を含んだ複合キーワードが一覧で抽出されるので、関連キーワードを調べることができます。

関連キーワード取得ツール(仮名・β版)で関連キーワードを調べる方法②

この「関連キーワード取得ツール(仮名・β版)」は、ログインや登録なしで利用できるうえ、迅速に関連キーワードが取得できるとくに有用なツールです。
なので、このツールを使えば、誰でも簡単に関連キーワードを調べることができます。

関連キーワード取得ツールを使ってSEO対策するためのポイントについて

ツールで選定した関連キーワードで良質なページを増やして、 専門性を考慮しながらSEO対策を進めよう!

関連キーワード取得ツールを使ってSEO対策するには、まず、関連キーワードを選定します。
そして、選定したキーワードにおけるユーザーの検索意図を考慮して、良質なページを作成します。
最後に、そうした良質なページを増やせば、より信頼できるサイトとなるので、Googleに評価されやすくなるというわけです。

こうして、サイトのテーマに関連するキーワードで良質なページを増やして、専門性を考慮したより信頼できるサイトにすることが、関連キーワード取得ツールを使ってSEO対策するためのポイントとなります。

  1. 関連キーワードを選定する
  2. 関連キーワードで良質なページを増やす

関連キーワードを選定する

関連キーワードをもとにサイト設計して、 専門的なサイト構造となるようにSEO対策を進めよう!

関連キーワードを選定するには、ツールを活用します。
例えば、goodkeywordで、サイトのテーマを示すキーワードを入力して(当ブログ「SEOラボ」であれば、サイトのテーマを示すキーワードとして「seo」を入力して)検索します。
そうすれば、入力したキーワードを含んだ複合キーワード(入力したキーワードが「seo」なら、「seo 対策」「seo google」「seo ツール」など)が抽出されて表示されるので、そこから関連キーワードが選定できます。
※ツールを活用するには、先述した「関連キーワードを調べる方法について」もご参考ください。
結果的に、専門的なサイト設計ができて、専門性のあるサイト構築につながるので、Googleに評価されやすくなるというわけです。

こうして、関連キーワードをもとにサイト設計して、専門的なサイト構造につなげることが、関連キーワード取得ツールを使ってSEO対策するためのポイントとなります。

一方、関連キーワードを選定しなければ、その分Googleに評価されません。
もう少し言うと、サイトのテーマと関連性の低いキーワードを選定すれば、専門的なサイト設計につながりません。
そうなれば、専門性のあるサイト構築につながらないので、その分SEO効果が見込めないというわけです。

ちなみに、関連キーワードの検索数(検索ボリューム)があれば、その分、評価されて上位化したときにより検索流入が見込めます。
例えば、aramakijakeを使って、選定したある関連キーワードの検索数を調べます。
そのある関連キーワードの月間検索数が「1000」であれば、ユーザーにある程度検索されてることになるので、上位化したときに少なからず検索流入が見込めるというわけです。

ですが、選定した関連キーワードの検索数が「0」と全くなければ、上位化しても検索流入がほぼ見込めません。
つまり、評価されても、検索流入が少ないので思ったようにサイト全体のアクセス数が増えないというわけです。
こうした状況を回避するためにも、出来るだけ検索数のある関連キーワードを選定することが、SEO対策を進めるうえで重要となります。

また、ドメインパワーが低いうちは、検索数があっても少なめ「10~100」「100~1000」の関連キーワードを優先的に選定するようにしましょう。
そうしたキーワードの競合性は基本的に低くなるので、上位表示も狙いやすくなります。
結果的に、少なからず検索流入を確実に積み上げることができるので、効率的かつ効果的なSEO対策に結び付きます。(こうした対策をとくに、ロングテールSEOと呼びます。)

付け加えると、検索数のある関連キーワードは、「キーワードファインダー」「キーワードプランナー」「Ubersuggest」といった専用ツールを使えば、一貫して確認することが出来ます。
※これらのツールについては、「おすすめの関連キーワード取得ツール」でも先述して紹介してます。

関連キーワードで良質なページを増やす

関連するキーワードだけで良質なページを増やして、 専門的なサイトしながらSEO対策を進めよう!

関連キーワードで良質なページを増やすには、まず、競合上位サイトの傾向を考慮します。
例えば、選定した関連キーワード(SEOキーワード)で検索して表示される競合上位サイトのタイトル名やコンテンツ内容の傾向を採用して、自身のWebページを作成します。
そうすれば、ユーザーの求める情報が盛り込まれたWebページに仕上がります。
このときに、自身のWebページのタイトル名に、必ずSEOキーワードを含めるようにしましょう。
また、ユーザーの求める情報の量(網羅性/包括性)や手に入れやすさ(簡便性)まで考慮した良質なページに仕上げましょう。

こうした良質なWebページを、関連キーワードを元に作成して、そのWebページを増やせば、サイト内に専門知識を拡充することができます。 結果的に、サイトの専門性が高まるので、Googleに評価されやすくなるというわけです。

こうして、特定のテーマに関連するキーワードだけで良質なページを増やして、専門的なサイトにすることが、関連キーワード取得ツールを使ってSEO対策するためのポイントとなります。

付け加えると、情報の信憑性や独自性(オリジナリティ)を考慮することも、良質なページに仕上げるために重要です。

一方、良質なページが少なければ、その分Googleから評価されづらくなります。
もう少し言うと、サイト内に、ユーザーの検索意図を考慮した質の高いページよりも、ユーザーの検索意図を無視した質の低いページの方が割合的に多ければ、その分SEO効果が見込めません。

まとめ

関連キーワード取得ツールを活用して、SEO対策の効果を引き出しましょう。
そのためには、まず、サイトやカテゴリのテーマを明確にして、そのテーマを示すキーワードを1つ決めます。
そして、そのキーワードを元にツールを活用して、関連キーワードを選定します。
そうすれば、選定した関連キーワードをもとにページを増やすことができます。

ですが、ただ関連キーワードでページを増やしただけでは、Googleから最大限評価されません。
Googleから最大限評価されるためには、根本として、ユーザーの検索意図を考慮したページを作成する必要があります。
さらに、ユーザーの求める情報の量(網羅性/包括性)や手に入れやすさ(簡便性)、信憑性、独自性まで加味して良質なページに仕上げます。
こうした良質なページを増やして、専門性や権威性(E-A-T)、クローラビリティ、ユーザビリティを織り交ぜた、より信頼できるサイトにすることが、SEO対策で上位表示を目指すためのポイントとなります。

検索順位が上がらない…と思っていませんか?

検索順位が上がらない…と思っていませんか?

思い通りの検索ワードで上位表示させるためには、基本となる外部・内部の対策はもちろん、昨今の大きな変動・競合の強さも大きく影響するため、どういったキーワードで対策するのか?という点も重要となります。

ここを正しく理解しておかなければ上位表示させることは難しく、サイトを効果的に運用し、資産化することができません。

そこで、こちらでは上位表示に必要なSEOが正しく施されているかどうかを無料で調査し、問題点や改善点などのアドバイスを致します。

\ 効果的な改善方法を明確にしませんか? / サイト調査を依頼する

カテゴリから記事を探す