SEOに関する実験やデータ分析などを公開します

SEOの疑問を実験で解明しブログ配信【SEOラボ】

Googleサジェストとは?検索での意味や活用方法、抽出ツールなど徹底紹介!

サジェストとは、Googleなどの検索エンジンの検索窓にキーワードを入力した際に、一緒に検索されやすいキーワードが自動的に提案(表示)される機能のことです。
このサジェスト機能をうまく活用すれば、コンテンツの品質を高めることができます。

一方、サジェスト(suggest)を無視すれば、ユーザーがどんな関連キーワードで検索してるか?がわかりません。
そうなれば、ユーザーの検索意図が把握できません。
結果、ユーザーの検索意図に沿ったコンテンツ作成が促進できないので、コンテンツの品質が上がりずらい可能性があるというわけです。

こうした良くない状況を回避する為に、サジェストを活かして、コンテンツの品質を高めましょう。

この点踏まえて、今回は、サジェストの意味や活用方法、抽出ツールなど中心に、初心者にもわかりやすくポイントをまとめて解説したいと思います。

Googleサジェストとは?検索での意味や活用方法、抽出ツールなど徹底紹介!

サジェストとは?

サジェストとは、Googleなどの検索エンジンの検索窓にキーワードを入力した際に、一緒に検索されやすいキーワードが自動的に提案(表示)される機能のことです。

例えば、Googleの検索エンジンの検索窓に「seo」というキーワードを入力します。
入力後に、「seo対策とは」「seoとは わかりやすく」「seoとは 簡単に」などの一緒に検索されやすいキーワードが自動的に表示されます。

サジェストの例

これらの一緒に検索されやすいキーワードが自動的に表示される機能が、サジェスト(サジェスト機能)というわけです。

サジェストのキーワードが表示される仕組み

サジェストのキーワードは、主に3つの要因が絡んで表示される仕組みです。

検索ボリュームの多さ

サジェストのキーワードは、検索ボリュームの多さによって表示される仕組みです。

例えば、検索窓で「seo対策」というキーワードを入力したとします。
このキーワードと一緒に「seo対策 やり方」や「seo対策 費用」などのキーワードが表示されます。
これらのキーワードは、ユーザーによく検索されてることになります。
つまり、検索ボリュームの多いものが優先的にサジェストのキーワードで表示されるというわけです。

このように、検索ボリュームの多さによってサジェストのキーワードが表示される仕組みです。

ちなみに、似た仕組みとして、急上昇ワード検索があります。この検索オプション「話題の検索キーワードに基づくオートコンプリート」を調整することもできます。

ユーザーが検索した場所

サジェストのキーワードは、ユーザーが検索した場所によって表示される仕組みです。

例えば、あるユーザーが日本の北海道札幌市で「スープカレー」というキーワードで検索したとします。
この場合、「スープカレー 札幌」や「スープカレー サムライ」などのキーワードが表示されます。
これらのキーワードは、検索した地域名や検索した地域付近の店名です。
つまり、ユーザーが検索した場所の周辺情報をもとにサジェストのキーワードが表示されるというわけです。

このように、ユーザーが検索した場所によって、サジェストのキーワードが表示される仕組みです。

ユーザーの過去の検索

サジェストのキーワードは、ユーザーの過去の検索によって表示される仕組みです。

例えば、Googleアカウントにログインして、パーソナライズ検索結果のオプションを有効にしてるとします。
この場合、自分が過去に検索したキーワードに基づいてカスタマイズされた予測やおすすめが表示されます。
つまり、ユーザーの過去の検索履歴をもとにサジェストのキーワードが表示されるというわけです。

このように、ユーザーの過去の検索によって、サジェストのキーワードが表示される仕組みです。

上位表示させるための基本的対策をご紹介しています。

関連記事

【SEOとは?】SEO対策の基本知識や上位表示方法など解説

検索順位に悩んでいませんか?狙ったキーワードで上位表示させるためには基本的な対策に加え、検索意図に合致したコンテンツが必要となります。これらは…

続きを見る

サジェストの活用方法

サジェストの活用方法がいくつかあります。

キーワード選定

サジェストは、キーワード選定に活かすことができます。

例えば、サジェストのキーワードが洗い出せるラッコキーワードというツールを使います。
このツールの検索窓に、「被リンク」というキーワードを入力して検索します。
検索結果として、「被リンクとは」「被リンクチェック」「被リンク 調べ方」「被リンク数」などの被リンクの関連キーワードが表示されます。
これらのキーワードを検索意図ごとにまとめます。(例えば、「被リンクチェック」「被リンク 調べ方」のキーワードは検索意図が同じ。なのでまとめる)
そうすれば、キーワードが分類できます。
キーワードが分類できた、検索数(分類したキーワードが実際にユーザーに検索されてるか否か?)も考慮しましょう。
結果、重要なキーワードが絞られるので、キーワード選定できるというわけです。

こうして、キーワード選定にサジェストが活用できます。

リライト作業

サジェストは、リライト作業に活かすことができます。

例えば、検索順位が下がったとします。
この場合、ユーザーの検索意図からずれたコンテンツ(ブログ記事)になってる可能性があります。
ユーザーの検索意図を満たすために、ラッコキーワードなどのツールを使って、サジェストのキーワードを改めて洗い出します。
洗い出した中に、検索意図を満たせる新しいキーワードが見つかれば、そのキーワードを含めてコンテンツをリライトするというわけです。

こうして、リライト作業にサジェストが活用できます。

サジェスト汚染に注意しよう

サジェストに、自社の会社名やサービス名などの「商標名」と「ネガティブなワード」が掛け合わされたキーワードが表示されることがあります。
こうしたキーワードが表示されてしまうことを「サジェスト汚染」と呼びます。

  • 株式会社○○ 迷惑
  • 株式会社○○ 事故
  • ○○〇ツール 使いづらい
  • ○○〇サービス 効果ない

これらのようなキーワードは、事実かそうでないかに関わらず、検索ボリュームなどが原因で汚染されてしまうことがあります。
なので、検索ユーザーの悪意がなくても、インターネット上での炎上や噂の真相を確かめたい検索が増えることで汚染される可能性があります。

サジェスト汚染の削除方法

サジェスト汚染の削除方法は主に2つあります。

  1. Googleからコンテンツを削除する(不適切な[違法であると思われる]コンテンツの削除を依頼する)
  2. 良いイメージを与えるサジェストキーワードの表示を増やす

これらを駆使してもサジェスト汚染の削除ができない可能性があります。
なので、サジェスト汚染が起こらないように常日頃から信頼性のあるサービスを提供することが一番の対応策と言えるでしょう。

サジェスト抽出ツール4選

サジェストを抽出できるツールがいくつかあります。

ラッコキーワード

ラッコキーワード

ラッコキーワード

ラッコキーワードは、一瞬でキーワードリサーチに必要な情報が収集できるコンテンツ制作者のためのツールです。
このツールは無料で利用できます。
また、ラッコキーワードを使えば、サジェストキーワード(Google/Bing/Youtube等)・関連Q&A・トレンド情報を一括で取得したり、コンテンツ制作における検索意図・コンテンツニーズの把握が効率的になります。

ちなみに以前は「関連キーワードツール( 仮名・β版 )」という名称で、リニューアルとともに「ラッコキーワード」の名称へ改名されました。

Ubersuggest(ウーバーサジェスト)

Ubersuggest(ウーバーサジェスト)

Ubersuggest

Ubersuggestは、ドメインかキーワードを入力するだけで、競合に勝てるSEO戦略を提供するツールです。
もう少し言うと、マーケティング戦略やコンテンツ作成に欠かせないキーワード候補を無料で提案するツールです。
このツールを使えば、競合他社よりも上位表示されるコンテンツ作りのヒントが無料で取得できます。
また、キーワード候補以外に、ドメイン概要やコンテンツアイデア、被リンクデータなども抽出できます。

Keyword Tool

Keyword Tool

Keyword Tool

Keyword Toolは、Googleキーワードプランナーおよび他のキーワード検索ツールの代わりに使用できるツールです。
このツールは、アカウントを作成しなくても完全無料で使用できます。
また、無料版では、すべての検索語句に対してロングテールキーワードの提案を最大750個まで生成したり、いつでも動作するため、非常に信頼できます。

キーワードファインダー

キーワードファインダー(KEYWORD FINDER)

キーワードファインダー

キーワードファインダー(KEYWORD FINDER)は、SEOキーワード選定までの作業を自動化するツールです。
このツールを使えば、「検索数」「難易度」「関連度」を考慮したサジェストのキーワードを自動的に抽出したり、抽出したキーワードを独自のカテゴリに分類して、SEO対策のキーワード選定に活かすことができます。
すぐに、無料デモ体験ができます。

まとめ:サジェストを活かして、コンテンツの品質を高めよう

サジェストを活かして、コンテンツの品質を高めましょう。
そのためには、まず便利なツールを把握しておくことが重要です。

一方、ツールを知らなければ、サジェストが抽出できません。
この場合、サジェストのキーワードからユーザーの求めてる情報をしっかり認識できません。
そうなれば、需要の無いキーワードをもとにコンテンツ内容を書いて、検索意図が欠如したページに仕上がります。
結果、Googleに評価されづらくなるというわけです。

こうした悪い状況を回避する為に、サジェストを活かして、コンテンツの品質を高めましょう。

検索順位が上がらない…と思っていませんか?

検索順位が上がらない…と思っていませんか?

思い通りの検索ワードで上位表示させるには、基本となる外部・内部の対策はもちろん、昨今の大きな変動・競合の強さも大きく影響するため、どういったキーワードで対策するのか?という点も重要となります。

ここを正しく理解しておかなければ上位表示させることは難しく、サイトを効果的に運用し、資産化することができません。

そこで、こちらでは上位表示に必要なSEOが正しく施されているかどうかを無料で調査し、問題点や改善点などのアドバイスを致します。

\ 効果的な改善方法を明確にしませんか? / サイト調査を依頼する
SEO対策無料ご提案はこちら