SEOに関する実験やデータ分析などを公開します

SEOの疑問を実験で解明しブログ配信【SEOラボ】

検索意図とは?調べる方法と重要視される理由について

最近の検索上位表示に必須となる“検索意図”をしっかりと調査していますか?
この検索意図とは、検索ユーザーがどういった理由・目的でそのキーワードを検索したのか?といった意味で、この検索クエリに対する答えをしっかりとコンテンツ化させなければ上位表示はできません。

というのも、本来Googleは“検索”といったプラットフォームを数多くのユーザーに利用してもらわなければ検索結果ページから得る広告利益を伸ばすことができません。そのため常に検索ユーザーの利便性や情報の正確性などを考慮した上で検索結果の質をアップデートし続けています。

つまりユーザーが求めているもの(検索キーワード)に対する答え(コンテンツ)が合致していなければユーザーの満足度も下がるのは明白であって、これを解消するためには何を目的・理由として検索しているのか?その意図を探ることが最も重要となり、いきなり記事を書きはじめるのではなく十分な調査が必要となります。

ただし、検索意図には顕在化しているものもあれば、まだ潜在的要素のコンテンツも含まれているため、実際に上位表示されているページの傾向や関連キーワード、サジェストキーワードなどを活用するだけでなく、場合によっては各種SNSなども併せて調べることで検索ユーザーが何を求めているか?といった検索意図を先回りすることが可能です。

では今回は、検索結果に上位表示させるために必須となるユーザーニーズを満たす“検索意図”について意味や探し方など詳しくご説明していきたいと思います。

検索意図とは?調べる方法と重要視される理由について

検索意図とは

まず、検索意図とは…何を知りたいがためにそのキーワードで検索したのか?といった検索する理由・目的のことを意味し、そのキーワードの意味であったり解決方法、まだユーザー自身も気付いていない潜在的要素となるコンテンツなど様々な内容が含まれます。

そのため、単純に言葉の意味だけを詳しく説明したところで検索意図を満たすことにはなりませんし、その先にある知りたい内容がなければユーザーは検索結果ページへ戻り、また新たなページを探していくと思われます。

これはキーワードの強弱にも大きく影響し、比較的検索意図がはっきりしているケースの場合だと検索する目的が明白ということもあって、1ページ目に表示されているコンテンツで事足りてしまい、2ページ目移行はなかなか閲覧してもらうことができません。(こういった場合は競合よりも深く詳しくコンテンツを掘り下げて説明する必要があります。)

逆に検索クエリに対する検索意図が複雑な場合、検索ユーザーを満足させるだけのコンテンツ内容にすることが難しく、2ページ目移行に表示されてあっても比較的流入しているケースが見受けられます。

この辺りに関してはサーチコンソールで実際に流入しているキーワードと検索順位を見てみるとわかるように、検索順位が低いのにもかかわらず意外と流入があるキーワードは需要がある(検索意図に含まれる)と思われるコンテンツですので、検索順位を上げるためにも詳しく充足する必要があるというわけです。

また、思うように検索順位が付かない・上昇しないといった場合にも同じことが言え、サーチコンソールを参考に意図していないキーワードで流入していれば、それは検索意図またはターゲットキーワードの見直しが必要となり、これからのコンテンツマーケティングを行うには必要不可欠な要素となりますので、しっかりと理解しておきましょう。

なぜ検索意図が重要なのか

例えば、検索意図をチェックせずに記事を書きはじめるとすると…それはターゲットキーワードに対して恐らくユーザーが求めている情報はこれだろう、といった憶測だけでコンテンツを作ることになりますので、合致しているものもあれば検討違いの内容も一部含まれている可能性も十分考えられます。

そういった記事をGoogleは検索ユーザーに対して適切なコンテンツとして上位表示させることはありません。順位が付いたとしても流入が見込めないため、改善が必要となるわけです。

つまりターゲットキーワードで上位表示させたいのであれば、検索意図の調査なしで記事は書けないと考えるべきで、これからのSEOはコンテンツ主体のユーザーニーズをしっかりと満たさなければそもそもユーザーにとって役立つコンテンツとは言えませんし、検索エンジンにとっても適切な答えがコンテンツ化されているとして評価されることもないでしょう。

要はユーザーが何を知りたいのかを正しくチェックすることが重要で、そこを重点に深く掘り下げた専門性の高い詳しい内容が高く評価され、ユーザーもその辺にある情報だと満足できません。本当に欲しい情報とは…より詳しく、より突っ込んだ内容であって誰もが知っているようなコンテンツでは競合との差別化も図れません。

そのため、記事を書く作業のかなりの割合をこの“検索意図”を調査する時間に割くべきで、当然公開した後も流入キーワードをチェックして検索意図が合致しているかどうかの確認も必要となります。

上位表示させるための基本的対策をご紹介しています。

関連記事

【SEOとは?】SEO対策で上位表示する方法について

検索順位に悩んでいませんか?狙ったキーワードで上位表示させるためには基本的な対策に加え、検索意図に合致したコンテンツが必要となります。これらは…

続きを見る

検索意図を調べる方法

では、このユーザーが求める検索意図をどのようにして調べるのかというと、まずはターゲットキーワードで実際に検索してみて、上位表示されているページのコンテンツ内容の傾向を見てみることが一番です。

これは、そもそも検索エンジンがその検索クエリで実際に評価している証拠でもありますので、ユーザーの検索意図を満たしていると判断して良いでしょう。ただし内容をそのままコピーするのではなく、競合にはない独自性なんかも必要となるため、コンテンツとしてのポイントを抑えた上で魅力的な内容を作り込むことが重要となります。

他にも関連キーワードやサジェストをチェックするといった方法もあり、これらは実際にユーザーが検索したキーワードを表示しているため、検索意図を探すひとつの指標となりますが、こちらはあくまで他にもこういったキーワードで検索している人がいるというだけであって、検索意図そのものが必ずしも合致しているとは限りません。

これがサジェストだけでコンテンツを書くと失敗するという理由のひとつですので、あくまで参考にして実際に検索結果を見た上でユーザーが求めている内容かどうかを判断すると良いでしょう。

上記の通り、検索意図を調べる方法は主に検索結果から調査するわけですが、他にも細かい顕在化していない先回りしたコンテンツを書くためには“Yahoo!知恵袋”や、場合によっては各種SNSなどもチェックして最新使用されているキーワードを深堀りし、さらに役立つ情報をコンテンツ化することによってユーザーの満足度も満たされることにも繋がるため、調査に時間をかけるのがいかに重要なのかがわかるかと思われます。

検索結果を参考にする

検索意図を調査するにはまず、上位表示させたいキーワードで現在どのようなページが評価されているのかをチェックします。
これは見出しを見るとおよそのコンテンツ内容・傾向が把握できるかと思いますので、それぞれのページに設置されている目次を参考に洗い出してみましょう。

そうすることによって検索クエリに対する適切な“答え”がどういった内容なのか?といったことがわかってきます。
これは特に検索意図が複雑なものであればあるほど必須とも言える調査方法のひとつで、他にも上位表示されているページの平均文字数なんかも念のためチェックしておくと良いかもしれません。

これは、文字数が多ければ良いというわけではなく、どういった内容でどれくらい詳しく説明しているのか?といったことを簡単に把握するためのものであって、ドメインの強さも検索順位に大きく影響しますので、文字数や単語数だけに重点を置くのではなく、検索意図を満たす適切な文字数なら問題ないでしょう。
※単語数やキーワード出現率が必ずしも重要ではありません。

もちろん検索意図を満たさなければ上位表示することはできませんので、文字数・単語数を水増ししただけの内容では全く効果がないことは周知の通りです。

ということは、およその検索意図を検索上位のページから読み取り、ユーザーが何を求めているのかを熟知した上で、競合よりもさらに詳しくわかりやすい内容にするべきであって、そういった意味で平均文字数を参考にするということです。

サジェストキーワードを確認する

サジェストキーワード

続いてユーザーが検索する際、検索窓に表示される“サジェスト”と呼ばれるキーワード候補も参考にしてみます。

こちらは検索エンジンがユーザーの利便性を考慮し、実際に検索されている頻度の高いキーワードをユーザーに候補としてプルダウン表示するものですので、検索意図となるキーワードが含まれている可能性が高いです。しかし頻繁に検索されているというだけであって全てのサジェストが検索意図に合致するとは言い切れません。

ただし、メインとなるキーワードと一緒に多く検索されていることは事実なので、こちらも「SuggestNavi 」や「goodkeyword(グッドキーワード) – Google/Bing関連キーワードツール」といったツールなど活用して一覧を取得し、検索意図として合致しているかどうかひとつずつ必要なキーワードかどうかを振り分ける必要があります。

こうした些細なキーワードをコンテンツ化することによって競合との差別化にもなりますし、顕在化していなかったユーザーへ先回りした役立つコンテンツを作ることも可能、もちろん検索順位にも良い影響を及ぼすと思われるため、記事を書く前にしっかりと調査することが大切です。

また、この検索意図に合致しているかどうかの確認は、実際にそのキーワードで検索してみて、その結果ページのコンテンツ内容をチェックしてみてください。そうすることで、テーマとなるキーワードに対して含めるべき内容なのかどうかがわかりますので、ひたすら検索して上位表示に必要な内容かどうかを確認してキーワードを振り分けていきます。

恐らくこれを繰り返していくうちに対策キーワードに合致した検索意図なのか?それとも別のキーワードで書くべき内容なのかがわかってきますので、闇雲に記事を量産することだけは注意が必要です。

関連キーワードを確認する

続いて、関連キーワードも同様にチェックしましょう。
これは上記の“サジェストキーワード”と合わせて一覧にまとめておき、ターゲットキーワードに対する適切で必要なコンテンツかどうかを判断します。

そして、この関連キーワードは先ほどもご説明した通りサジェストキーワードとかなり似通った意味合いを持ち、検索意図を調べるためには必須とも言える作業となりますので、それぞれの違いをしっかりと理解しておきましょう。

また、この関連キーワードを一括で収集するには、同じくツールを使うのがおすすめで、上記のサジェストキーワードとほぼ同等のツールで調べることが可能です。

これは「ラッコキーワード(旧:関連キーワード取得ツール(仮名・β版))」を使うと便利で、こちらでは、Googleサジェストだけでなく、“教えて!goo”や“Yahoo!知恵袋”からも関連キーワードを一括取得してくれるため、こちらで一気にサジェスト・関連キーワードを収取した方が早いかもしれません。

特に“教えて!goo”や“Yahoo!知恵袋”は悩みと解決方法といった検索クエリとそれに適した答えがそのまま反映されていますので、リアルな情報を得ることが可能です。(どういったキーワードを使用してわかりやすく質問者へ回答しているのかをチェックしましょう。)

ただしその情報も膨大な量となりますが、サジェストや関連キーワードの振り分けは上位表示に対して非常に重要な要素ですので、何度も検索してみてご自身のコンテンツに必要なのかどうかを見極める必要があり、公開した後でもサーチコンソールから流入キーワードをチェックするのはこのためです。

キーワードを分類する

上記の通り各種キーワードを収集した後は、それらを検索意図ごとに分類する必要があります。

例えば…「自動巻き 腕時計」を先ほどご紹介したサジェストツールなどで検索してみると、多くの検索意図としては“おすすめ”といった腕時計の選び方などのキーワードが多く並ぶ中、“ワインディングマシーン”といったキーワードも見つかります。

これは自動巻きの腕時計をしばらく使用しない場合や保管するためのもので、定期的に回転してゼンマイを巻き上げてくれる便利な商品です。

これを上位表示されているページと見比べて記事にコンテンツとして含めるか、それとも内部リンクとして別記事にするかどうかを判断します。
この場合要はメリット・デメリットのうちのひとつでもあるため、顕在化していないユーザーへの豆知識として軽く商品に関して触れておき、詳細は別でまとめてみても良いかもしれません。

つまりこの場合、「自動巻き腕時計の巻き方」を一緒のコンテンツにして良いのかどうか?といった分類をするわけです。

こういった情報は検索ユーザーにとって役立つコンテンツにもなり得ますので(知らなかった方には特に)、何も考えずに記事を書くよりもしっかりと検索意図を捉えた情報コンテンツとして盛り込みましょう。
※逆効果となってしまうケースも十分考えられますので、その辺りに関しては注意が必要です。

まとめ

今回は、検索で上位表示させるためには必須となる要素であり、ユーザーの検索クエリに対して適切な“答え”となる“検索意図”について意味や調べ方など詳しくご説明しました。

上記の通り検索ユーザーの求めるものは実際に検索結果をはじめ、サジェストや関連キーワードだけでも割と簡単に調べることはできても、それが本当にユーザーの求めている検索意図なのかどうかを判断することはできません。必ずどういった理由で検索したのか?何が知りたくて何を解決したいのか?といった内容をピンポイントでコンテンツ化する必要がありますので、しっかりと事前調査することが重要です。

そして文字数が足りないからと言って関連キーワードを含めたコンテンツではテーマがぼやけてしまいますので、専門性・質ともに高い内容を目指し、検索順位の推移をチェックしながら検索意図に合致していたのかどうかを判断し、場合によってはサーチコンソールから流入キーワードを確認して不足しているコンテンツがあれば充足して改善を繰り返します。

このように、サイト・ブログは新規記事ばかりに気を取られがちですが、現在公開しているページに関しても順位が悪ければ当然改善が必要で、検索意図が若干変化するケースも珍しくありませんので、適宜順位をチェックしながらリライトも重要視するようにしましょう。

検索順位が上がらない…と思っていませんか?

検索順位が上がらない…と思っていませんか?

思い通りの検索ワードで上位表示させるには、基本となる外部・内部の対策はもちろん、昨今の大きな変動・競合の強さも大きく影響するため、どういったキーワードで対策するのか?という点も重要となります。

ここを正しく理解しておかなければ上位表示させることは難しく、サイトを効果的に運用し、資産化することができません。

そこで、こちらでは上位表示に必要なSEOが正しく施されているかどうかを無料で調査し、問題点や改善点などのアドバイスを致します。

\ 効果的な改善方法を明確にしませんか? / サイト調査を依頼する

カテゴリから記事を探す

SEO対策無料ご提案はこちら