SEOに関する実験やデータ分析などを公開します

SEOの疑問を実験で解明しブログ配信【SEOラボ】

ブログのリライトとは?ブログをリライトする方法について

2018/09/03 2018/10/04

ブログのリライトによって、SEO効果が見込めるので、最終的にサイトのパフォーマンスを向上させることができます。
ちなみにブログのリライトとは、ユーザーの利便性を考慮したうえで、既存のブログ記事の内容を新たに書き換えることです。

コンテンツが重要視されてる中、このブログのリライトを主要な対策の1つとして取り入れていくことが、SEOにおいて重要となります。
結果的に、検索上位化によるホームページの集客力アップ(検索アクセス数の増加)やコンバージョン拡大も見込めるので、Webマーケティングの成功率を上げるためにブログをリライトする重要度は高いと言えます。

このような点踏まえて、今回は、ブログをリライトする方法について中心に初心者にもわかるようポイントをまとめて解説したいと思います。

ブログのリライトとは?ブログをリライトする方法について

ブログのリライトとは?

ブログ記事のテキスト文章や画像などのコンテンツ内容を 新たに書き換えること

そもそもリライトとは、記事や論文などの文章を編集し、あたらな内容に書き換えて刷新するため編集するテクニックのことです。

これをブログで行うことが「ブログのリライト」となります。
つまり、ブログ記事のテキスト文章や画像を編集し、あたらなコンテンツ内容に書き換えて刷新するためのWebページを編集するテクニックが「ブログのリライト」です。

このブログのリライトを行ってSEO効果を高め、検索アクセス数(PV)の拡大などのサイトパフォーマンスを向上させることで、最終的にはビジネスの成長も見込めます。

リライトによるSEO効果

ブログ記事をリライトすることで、検索順位の上昇が期待できる

ブログ記事をリライトすることで、以下のようなSEO効果が考えられます。

  • 検索順位が上がる
    リライトした記事がGoogleに評価されて検索順位が上がり、良いSEO効果を得られる。
  • 検索順位が下がる
    リライトした記事がGoogleから低評価を受けて検索順位が下がり、悪いSEO効果となる。
  • 検索順位が変わらない
    リライトした記事がGoogleから書き換え前と同じ評価を受けて、検索順位が停滞し、良くも悪くもSEO効果がない。

このように、リライトした記事をGoogleは再評価してランク付けすることで、SEO効果が表れます。

特に、良いSEO効果を得るには、ユーザーの利便性を考慮してリライトし、より質の高い記事に書き換えることが重要となります。

良いSEO効果が出ない場合、再度競合上位の評価されてるページやサジェストなど見直して必要なコンテンツを追加・不要なコンテンツを削除したり、ヒートマップを使って見られてないコンテンツを削除するなどしながら、繰り返し記事をリライトすることが大切となります。

また、サーチコンソールの「Fetch as Google」機能を使うことで、リライトした記事をクロール⇒評価⇒インデックスの過程を促進し、SEO効果を早める効果が期待できます。

.

リライトが失敗するケース

検索順位の下落により、リライトが失敗したと判断できる

リライトの失敗は、検索順位の下落によって判断することができます。
例えば、これから紹介するような点が、検索順位下落の可能性を高めて記事リライトに失敗するケース(理由)となります。

  • 検索クエリとの整合性が低くなる
    検索クエリと記事タイトルの文言やコンテンツ内容との整合性が低くなるような内容にリライトしてしまい、検索ユーザーの利便性を損ねるブログ記事となったため、検索順位が下がり、失敗する。
  • 文脈がわかりずらくなる
    誤字や脱字、理解しずらい言い回しや文脈にリライトしてしまい、検索ユーザーの利便性を損ねたブログ記事となったため、検索順位が下がり、失敗する。
  • ガイドライン違反内容を盛り込んでしまう
    キーワードの乱用や内容の薄いコンテンツなどGoogleガイドライン違反となるような内容にリライトしてしまい、検索ユーザーの利便性を損ねたブログ記事となったため、検索順位が下がり、失敗する。

このような失敗を避け、検索ユーザーの利便性を考慮したリライト文章を投稿しながら、良質なブログ記事を提供することが重要です。

ブログをリライトする前に意識すること

ユーザーファーストを考慮したうえで、ブログをリライトする

ブログのリライトでは、「ユーザーファースト」を考慮してコンテンツのテキスト内容や画像を書き換えることがポイントとなります。
ちなみにユーザーファーストは、Googleが公式に言及してることで、Webページが評価されるための重要な要素となります。

なので仮に、ただ自分の書きたいことだけ書いたユーザーの利便性をを考慮してない薄っぺらい内容のコンテンツは、Googleに評価されません。
このようなコンテンツは、SEO効果を最大限引き出すことができないため、サイトのパフォーマンスを向上させることが難しく、Webマーケティングの成功も見込めなくなります。

このことから、ユーザーファーストを考慮したWebページを提供することが重要であり、ブログのリライトを行う前に意識しておくこととなります。

ブログ記事をリライトする方法(※過去記事をリライトするコツとテクニック)

ブログをリライトするときの具体的な方法は?

先述でも触れましたが、ブログをリライトするうえで、ユーザーファーストを念頭にコンテンツ内容を刷新することが重要です。
なので、この点踏まえて、ブログ記事をリライトする方法について、ブログ初心者にもわかりやすいように以下のような手順を追って解説します。

  1. 上位化してない記事を選定する
  2. 上位化してない記事をリライトする

上位化してない記事を選定する

①まず、サーチコンソールにログイン後、検索パフォーマンス機能から、以下のように掲載順位が上位化してない検索クエリ(キーワード)をクリックします。

上位化してない記事を選定する①

②「ページ」タブに切り替えて検索クエリに該当するページのURLを特定することで、以下のように上位化してない記事を選定することができます。

上位化してない記事を選定する②

このように、上位化してない記事をリライトすることが基本路線ですが、中には、とくに知識を要するなどの手直しの難しいリライトしづらい記事もあると思います。
そのような記事は後回しにして、自分がリライトしやすくサイト内で重要度の高い記事(収益化に結びつきやすい記事)から優先的にリライトしていくことがおすすめです。

このような点から言うと、自分の得意なジャンルでブログ記事を書く(ブログを作成する)ことが、リライトのしやすさにもつながり、パフォーマンスを高めるためのポイントとも言えます。

上位化してない記事をリライトする

上位化してない記事を、以下のようなポイントに沿ってリライトします。

競合上位ページの傾向を見てリライトする

自然検索で表示される競合上位ページのタイトルやコンテンツ内容の傾向を、以下のように見ます。

例、キーワード「見出しタグ」で検索した場合

キーワード「見出しタグ」で検索した場合の競合上位ページの傾向

このように、見出しタグの「使い方」や「使い分け」をテーマとした上位ページが多い傾向であることがわかります。

また、実際にタイトル名のリンクをクリックして、どんなコンテンツ内容がどのような順番で記載されてるかなど上位化してる競合ページの中身も合わせて確認しておきましょう。

上記の傾向から、以下のようなタイトル名にリライトしました。

リライト前:

リライト後:

つまり、上位化してるページの傾向(ユーザーの検索意図)に合わせて、評価されてる利便性の高いテーマを採用しながら、タイトルの文言をリライトすることが重要です。

また、記事のタイトル名を実際に変更した際は、サイト内の内部リンクのアンカーテキストの文言もその変更したタイトルの文言内容に更新して、リンク先との整合性を取っておきましょう。

サジェストや関連するキーワードの傾向を見てリライトする

自然検索で表示される「Googleサジェスト」や「●●に関連するキーワード」の傾向を、以下のように見ます。
※Googleサジェストの傾向は、専用のサジェストツールを使って把握すると便利です。

例、キーワード「見出しタグ」で検索した場合

キーワード「見出しタグ」で検索した場合の「Googleサジェスト」と「関連するキーワード」

このように、見出しタグと合わせて「デザイン」「html」「画像」などの語句が検索されやすいことがわかります。

これらの検索されやすい語句を盛り込みながら、以下のようにコンテンツをリライトしました。
※ここではコンテンツのもととなる目次をご紹介します。

リライト前:

リライト後:

このように、タイトル名に合わせた内容を序盤にし、合わせて検索されやすい語句を内容に含めて利便性の高いコンテンツにしながら、記事をリライトすることが重要です。

著作権違反に気を付けてブログ記事をリライトする

ブログ記事をリライトする際に、以下のような著作権に関するポイントに常にアンテナを張っておく必要があります。

  • 「無断転載禁止」に法的効力はない
  • 引用の条件
  • 「リライト」の許容範囲
  • 著作権ロンダリング
  • スクリーンショットの扱い

※参考:キュレーションメディアの著作権問題、どこから権利侵害? 弁護士に聞く | HRナビ by リクルート

このようなポイントを抑え、法的に定められてる範囲で適切にリライトしながら、ユーザーの利便性を考慮したブログ記事を公開することが重要です。

検索結果上の日付を更新してレスポンスを高める

ブログ記事をリライトして検索結果上の日付を以下のような方法で更新することが出来ます。
※実際に検索結果上の日付が更新されるのは、Googleアルゴリズムのタイミングによります。

WordPressの場合、公開日時を変更する

WordPressの投稿一覧から該当の記事を選択し、「投稿の編集」画面の右カラムにある「公開」メニューから、公開日時を変更して「更新」することで、検索結果上の日付が更新される。

WordPressの投稿編集の公開メニューから公開日時を変更して、検索結果上の日付を更新
HTMLタグのtime要素を使う

HTMLタグのtime要素のdatetime属性を使って、以下のように指定してマークアップし、都度、値を変更することで検索結果上の日付が更新される。

HTML記述例:

検索結果上:

HTMLタグのtime要素を使って、検索結果上の日付を更新

このように、最新の日付を公開することでコンテンツの新鮮さを強調でき、ユーザー(読者)のレスポンスが上がって流入が増え、サイトのパフォーマンス向上が期待できます。

パフォーマンスが向上すれば、サイトが評価されて順位上昇が期待できるので、検索結果上の日付を積極的に更新するのも対策の1つと言えるでしょう。

ただ検索結果上の日付を更新しても、コンテンツ内容が伴ってなければ意味がありません。
つまり、ユーザーの利便性を考慮したコンテンツ内容にリライトしたうえで、検索結果上の日付を更新することが重要と言えます。

リライトツールを使う

ブログ記事のリライトを支援するツールには、以下のようなものがあります。

人工知能 無料リライトツール 舞風
人工知能 無料リライトツール 舞風

http://gmtl.net/ai/memo_siso.html
「人工知能 無料リライトツール 舞風」は、人工無能会話ロボット 宮田古都の日本語解析エンジンを用いた人工知能型文章リライトツールで、人工無能が学習して頭が良くなるほど、リライトの精度・量も高まります。
「揺らぎ」「シャッフル」「文章挿入」といったオプションから度合いを選択して原稿を変換しながら、自動出力されるリライト文章を取得できます。

リライトブーン
リライト支援ツール「リライトブーン」

http://rwboon.com/
リライトブーンは、完全無料で利用できるリライト支援ツールです。
著作権など考慮した正しいリライトの指南があり、リライトにかかる負担を軽減する良心的なツールと言えるでしょう。

左枠に入力し原稿を読み込むことで、右枠にハイライト付きの原稿が出力されます。
このハイライトされた文言を右クリックして確認できるいずれかの変換候補の文言を採用しながら、リライト文章を完成させて参考にすることができます。

このようなツールで自動出力されるリライト文章は、文脈がわかりずらいケースが多く見られます。

つまり、自動出力された文章を見直してよりわかりやすい文脈に構成し直し、ユーザーの利便性を考慮したリライト文章に修正しながら、ブログ記事に採用する必要があるということです。

ポイント! Google検索結果を定期的に見直して変化するニーズのある語句や傾向(検索ユーザーが求めるコンテンツ[悩みを解決するコンテンツ])を採用(追記)し、より利便性の高いコンテンツを目指しながら、ブログ記事をリライトしましょう。
また、SEO対策のベースとなる以下のようなポイントを押さえたリライトを心がけましょう。
  • 検索クエリとの関連性を高めて、専門的な情報を提供する
  • 信憑性かつオリジナリティーのある情報を提供する
  • 豊富な情報を提供する
  • UX(ユーザーエクスペリエンス)を最適化する
※参考:SEO対策とは?SEOの対策ポイントについて

まとめ

ブログをリライトして、SEO効果を高めましょう。
そのためには、ユーザーの利便性を考慮した(検索ユーザーが求める情報を含む)コンテンツ内容に書き換えて、Googleに評価されやすいWebページを提供しながら、上位化を目指すことがポイントです。

そうすれば、検索トラフィックの向上だけでなく、申込や問合せといったコンバージョンの最適化にもつながり、最終的にWebマーケティングの成功やビジネス成長も期待できます。

SEOラボのおすすめ記事がLINEに届く!「SEOラボを友だち追加する」

カテゴリから記事を探す

SEO対策無料ご提案はこちら