SEOに関する実験やデータ分析などを公開します

SEOの疑問を実験で解明しブログ配信【SEOラボ】

meta description(メタディスクリプション)とは?SEOに効果的な文字数から書き方まで解説!

meta description(メタディスクリプション)とは、Webページの概要(要約)を示すテキスト情報のことです。
別名「スニペット」とも呼ばれます。

このmeta descriptionは、HTMLファイルのheadタグ内にマークアップします。
マークアップしたHTMLファイルをインデックスさせれば、meta descriptionがGoogle等の検索エンジンの検索結果に表示されます。

検索結果に表示されるmeta descriptionが効果的な内容であれば、検索でのクリック率が高まって(クリック数が増えて)自身のWebサイトに流入するユーザーが増えるので、最終的に間接的なSEO効果が期待できます。

一方、meta descriptionの文字数や書き方を考慮せずに低品質な文言内容を提供すれば、検索ユーザーのレスポンスが上がらないので、その分間接的なSEO効果が見込めないでしょう。

この点踏まえて、今回は、meta description(メタディスクリプション)の定義とSEOに効果的な文字数から書き方まで中心に、初心者にもわかりやすくポイントをまとめて解説したいと思います。

meta description(メタディスクリプション)とは?SEOに効果的な文字数から書き方まで解説!

meta descriptionとは?

Webページの概要を示すためのテキスト情報のことを、 meta description(メタディスクリプション)と呼ぶ!

meta descriptionとは、Webページのコンテンツ内容の概要(要約)を示すテキスト情報のことで、別名「スニペット」とも呼ばれてます。

このmeta descriptionは、メタデータの1つで、サイトの本体情報ではなく、サイトについて紹介するための付帯情報(説明文)となります。
もう少し言うと、HTMLファイルのheadタグの中でmetaタグのname属性とcontent属性を使って、Webページ(ブログ記事など)の概要となるテキスト情報(meta description)を記述します。

こうしてマークアップしたHTMLファイルをインデックスさせることで、検索結果にmeta descriptionが表示されます。

検索結果で表示されたmeta description

ちなみに、meta descriptionを記述(設定)しなくても、Googleが自動的に検索クエリと関連性の高い文言(文章)を検出して表示してくれます。
なら、meta descriptionは不要と思うかもしれませんが、場合によっては、パフォーマンスの低い文言が自動的に採用される可能性があります。
なので、そういったケースに備えるためにも、あらかじめmeta descriptionを設定しておく方がSEOにおいて無難かもしれません。

有効なmeta descriptionにすれば、間接的なSEO効果が見込める

有効なmeta descriptionにしてクリックが促進されれば、 検索流入が拡大する。そうなれば、 ユーザーエンゲージメントが増加してSEO効果が期待できる!

有効なmeta descriptionにしても直接的なSEO効果は見込めませんが、間接的なSEO効果が見込めます。

例えば、タイトル名とコンテンツ内容との整合性をとって、検索結果に表示される文字数以内に収めた文言内容を記述します。
また、文言内容に適度にSEOキーワードを含めます。
そうして、検索クエリと関連性があり、かつ、簡潔で明快なmeta descriptionにすれば、検索ユーザーにクリックされやすくなります。(検索でのクリック数が増える)
検索でのクリック率が高まって(クリック数が増えて)、自身のサイトへ流入するユーザーが多くなれば、その分共有も促進されるので、被リンクやサイテーションといったユーザーエンゲージメントの獲得による外部要因の強化に繋がります。
そうなれば、結果的に、有効なmeta descriptionによる間接的なSEO効果が見込めるというわけです。

また、TwitterやFacebook等のSNSで共有されるときにもmeta descriptionが利用される場合があります。
こういった検索以外のユーザーのレスポンスが上がれば、間接的なSEO効果がより見込めます。

一方、meta descriptionに配慮しなければ、その分検索ユーザーのレスポンスが上がらないので、間接的なSEO効果もその分見込めないということになります。

SEOに効果的なmeta descriptionの文字数について

SEOに効果的なmeta descriptionの文字数は、約90文字です。
この約90文字以内に、ページの概要が明確に伝わるmeta descriptionを記述すれば、SEO効果が期待できるというわけです。

例えば、当ブログ「SEOラボ」のTOPページをPC(デスクトップ)で検索すると、123文字のmeta descriptionが表示されます。

PC(デスクトップ)で検索したときに表示されるmeta descriptionの文字数(SEOラボの場合)

また、スマホ(モバイル)で検索すると、69文字のmeta descriptionが表示されます。

スマホ(モバイル)で検索したときに表示されるmeta descriptionの文字数(SEOラボの場合)

さらに、いくつか他のサイトのmeta descriptionを見ると、多くてもPC検索では137文字、スマホ検索では87文字でした。

このことから、基本的にPC検索で表示されるmeta descriptionの文字数は「140文字程度」、スマホ検索で表示されるmeta descriptionの文字数は「90文字程度」となります。
なので、あらかじめスマホ検索で表示される90文字程度を考慮したmeta descriptionにすれば、「…」で省略されずにいずれのデバイスにも対応してページの概要を明確に伝えることができます。
そうすれば、よりユーザーの利便性が高まるので、その分SEO効果も期待できるでしょう。

SEOに効果的なmeta descriptionの書き方について

検索でのクリック数とユーザー満足度が向上するように meta descriptionを書こう!

SEOに効果的なmeta descriptionを書くには、Webページの内容と整合性をとることを考慮します。

例えば、まず、Webページのコンテンツ内容に何が書かれてるか?をしっかり理解します。
そして、しっかり理解した内容を簡潔かつ明快にまとめた概要を書けば、Webページの内容と整合性のあるmeta descriptionに仕上がります。

また、スマホで検索したときに表示される文字数を意識する、他ページと重複しないユニークな文言にする、ユーザーの検索意図を考慮するといった点を加味してmeta descriptionを書きます。

こうして、ユーザーのレスポンスやコンテンツ内容との調和、検索クエリとの関連性を高めて、検索でのクリック数とユーザー満足度が向上するようにmeta descriptionを書くことが、最大限SEO効果を引き出すためのポイントとなります。

Webページの内容と整合性をとって書く

あらかじめコンテンツ内容についてしっかり理解して、 Webページの内容と調和のとれた meta descriptionを書こう!

Webページの内容と整合性をとって書くには、まず、「どんな内容について書いてるWebページなのか?」、Webページの内容を自分なりにしっかりと理解しておく必要があります。

例えば、自身でタイトル名やコンテンツ内容を考えてWebページを作成すれば、その分そのWebページの内容に対してより理解が深まります。
そうした理解が深まれば、内容を簡潔にまとめて概要を記述することも容易くなるので、結果的にWebページの内容と整合性をとってmeta descriptionを書くことができます。

こうして、あらかじめWebページの内容の理解度がより高まるように取り組んで、そのページ内容としっかり調和がとれた概要となるようにmeta descriptionを書くことが、SEO効果を引き出すためのポイントとなります。

一方、前もってページの内容をしっかり理解していないと、誇張表現や説明不足が生じてWebページの内容とずれたmeta descriptionを書いてしまいます。
そうなれば、そのmeta descriptionを見てランディングしたユーザーは、その分の満足度をランディングページ上で得るに至らないので、そのページの低評価に繋がり、その分SEO効果が期待できないでしょう。

Webページごとにユニークな内容を書く

ユニークなページの内容に沿って オリジナリティを考慮したmeta descriptionを書こう!

Webページごとにユニークな内容を書くには、そもそもユニークなテーマを扱ったページを作成する必要があります。

例えば、サイト内の他ページで扱ってないSEOキーワードを選定して、そのSEOキーワードに特化したWebページを作成します。
そうすれば、重複せずに、サイト内で唯一のテーマを扱ったWebページに仕上がります。
そうして仕上げたWebページの内容に沿って概要を記述すれば、自ずとユニークなmeta descriptionにすることができます。

こうして、サイト内で唯一のテーマを扱ったページを作成して、そのページ内容に沿ったオリジナリティのあるmeta descriptionを書くことが、SEO効果を引き出すためのポイントとなります。

一方、同じテーマでページを増やせば、重複したmeta descriptionを書いてしまう可能性が高くなります。
こうした重複は、ユーザーの利便性の低下を招いて、Googleから低評価を下されるので、結果的にその分のSEO効果が見込めなくなります。
この状況を回避するためにも、ページごと(1URLごと)に1キーワードを選定して、サイト内のすべてのページのテーマ(キーワード)を明確化するようにSEO対策を進めましょう。

スマホ(モバイル)検索結果の文字数を意識して書く

スマホ検索結果で表示される90文字以内を意識して モバイルユーザーの利便性を考慮した meta descriptionを書こう!

スマホ(モバイル)検索結果の文字数を意識して書くには、約90文字以内にします。
※参考:SEOに効果的なmeta descriptionの文字数について

例えば、約90文字以内でWebページの概要が伝わるようなmeta descriptionを書きます。
そうすれば、PCだけでなく、スマホ含めた検索結果でも、明快なmeta descriptionが提示できます。

こうして、スマホからもしっかりページ概要が把握できるようにして、モバイルユーザーの利便性を考慮したmeta descriptionを書くことが、SEO効果を引き出すためのポイントとなります。

ちなみに、スマホでは約90文字、PCでは、約140文字までmeta descriptionが表示されます。
これらの文字数を超えると、「…」と表示されて文言が省略されやすくなります。
重要な文言が省略されれば、ユーザーのレスポンスが下がって、その分のSEO効果が見込めなくなる可能性もあるでしょう。

ユーザーの検索意図を考慮して書く

ユーザーの検索意図を考慮したページの内容に沿って 検索クエリと関連性のあるmeta descriptionを書こう!

ユーザーの検索意図を盛り込んで書くには、競合上位サイトの傾向を考慮します。

例えば、まず、上位表示したいキーワード(SEOキーワード)で検索して表示される競合上位サイトの傾向(タイトル名やコンテンツ内容)を盛り込んで、自身のWebページを作成します。
そうすれば、ユーザーが求める情報(ユーザーの検索意図)が盛り込まれたWebページに仕上がります。
そうして仕上がったWebページの内容に沿って概要を記述すれば、自然とユーザーの検索意図が考慮されたmeta descriptionになりやすいです。

また、このようなmeta descriptionには、SEOキーワードが盛り込まれやすいです。
SEOキーワードが先頭や文中にいくつか盛り込まれれば、検索クエリとの関連性が強調できるので、ユーザーの求める情報がより明示されたmeta descriptionとなります。

こうして、あらかじめユーザーの検索意図を考慮したWebページを作成して、ユーザーの求める情報が盛り込まれたクリックされやすいmeta descriptionを書くことが、SEO効果を引き出すためのポイントとなります。

一方、ユーザーの検索意図を考慮したWebページを作らなければ、meta descriptionの検索意図が考慮されずらい以前に、直接的なSEO効果が見込めません。
もう少し言うと、「meta descriptionに検索意図が盛り込まれてない」という問題ではなく、そもそもWebページのコンテンツ内容にユーザーの求める情報が存在しなければ、Googleに評価されないので、根本的に検索順位が上昇しづらいということです。
こうした状況を回避してSEO効果を引き出すためにも、まずはユーザーの検索意図を考慮したページを作成したうえで、そのページの内容に沿ったmeta descriptionを書いて明示するようにSEO対策を進めましょう。

ちなみに、meta descriptionにSEOキーワードの数を極端に増やして詰め込み過ぎると、スパムとしてGoogleペナルティを受ける可能性が高まるので、注意しましょう。

まとめ

meta descriptionの質を高めて、ページごとにパフォーマンスを向上させましょう。
そのためには、まず、ユーザーの検索意図、ユーザーの求める情報の量(網羅性)や手に入れやすさ(簡便性)、信憑性、独自性を考慮した良質なページを作成することが欠かせません。
そうした良質なページの内容に沿って、効果的な表現(SEOキーワードや言い回し)を使いながら、よりクリックされやすい魅力的なmeta descriptionに仕上げることが重要です。
そうすれば、ユーザーのレスポンスが上がり、かつユーザーの満足度も向上しやすくなるので、ページ単位で間接的なSEO効果が高まりやすくなります。

こうしてパフォーマンスが高い良質なページを増やして、専門性や権威性、クローラビリティやユーザビリティを加味したより信頼できるサイトにすることが、SEO対策で上位表示を目指すためのポイントとなります。

SEOラボのおすすめ記事がLINEに届く!「SEOラボを友だち追加する」

カテゴリから記事を探す

SEO対策無料ご提案はこちら