SEOに関する実験やデータ分析などを公開します

SEOの疑問を実験で解明しブログ配信【SEOラボ】

SEO対策費用/料金/価格相場【要点8つ!費用対効果の参考に】

SEO対策の費用は、対策内容によって相場が大きく違います。
とくに、SEOコンサルは高額です。
さらに、別途初期費用が発生すれば、相場にプラスアルファの費用がかさみます。

このようにSEO対策に費用をかけて外注する必要があるか?、慎重に検討しましょう。
なぜかというと、費用をかけても、必ず成果が出る保証はないからです。
例えば、SEO対策会社に費用をかけて依頼したが、検索順位が下落して、アクセスが減ったとします。
こうした良くない状況を回避するためにも、できるだけ実績のあるSEO対策会社を選びましょう。

ちなみに、SEO対策以外にもいくつかWebマーケティング施策があります。
なので、それらの施策も考慮しながら、SEO対策に費用をかけることを検討しましょう。

この点踏まえて、今回は、SEO対策の費用相場について中心に、初心者にもわかりやすくポイントをまとめて解説したいと思います。

SEO対策費用/料金/価格相場【要点8つ!費用対効果の参考に】

SEO対策の費用相場

SEO対策の費用は、サービス内容によって相場が決まります。
そして、そのサービス内容ごとに料金(価格)が大きく違ってきます。

このように、主に、SEOのサービス内容が4パターンに分かれます。
そして、サービス内容によって、料金体系も異なります。

サービス内容

SEOのサービス内容は、主に「SEOコンサルティング」「コンテンツSEO」「内部SEO対策」「外部SEO対策」の4パターンです。

  1. SEOコンサルティング
  2. コンテンツSEO
  3. 内部SEO対策
  4. 外部SEO対策

SEOコンサルティング

SEOコンサルティングは、主に、総合的にSEO対策をアドバイスをします。
例えば、サイトのアクセス状況が減少傾向であれば、その原因を調査します。
その原因がサイト構造であれば、サイト構造を改善するために必要な内部対策をWeb担当者にアドバイスします。
さらに、具体的なコンテンツSEOや外部対策(主にSNSを活用した被リンク獲得)などもWeb担当者にアドバイスします。
こうした対策をWeb担当者が愚直に実行すれば、サイトの品質が高まって、Googleに評価されやすくなるというわけです。

このように、サイトのアクセス状況から必要なSEO対策を導き出して、的確にアドバイスするのがSEOコンサルティングとなります。

また、大規模サイトは小規模サイトに比べて、ページ数も多くサイト構造が複雑になりがちです。
こうしたサイトのアクセス数が減少傾向であれば、見直す手間がかかります。
この場合、SEO対策の費用もかさみやすいでしょう。

ちなみに、昨今のSEOコンサルティングでは、サイトのキーワード選定や順位やアクセス状況が網羅できるツールが付帯したサービスが多いです。

コンテンツSEO

コンテンツSEOは、主に、ブログ記事(ページ)の原稿作成を行います。「SEOライティング」とも言います。
例えば、依頼されたサイトのテーマが「不動産」の場合、まずその「不動産」に関するキーワードを選定します。
そして、選定したキーワードをもとに原稿を書きます。
そうすれば、検索意図が考慮されて品質が担保された原稿が完成します。
その原稿を、Web担当者がサイトに落とし込めば、サイトの品質が高まるので、Googleに評価されやすくなるというわけです。

このように、依頼主のサイトのテーマに沿って品質を考慮した記事原稿を作成して納品することが、コンテンツSEOのサービス内容となります。

また、1記事だけでなく、複数の記事を依頼することもできます。
この場合は、依頼した記事の数だけ、SEO対策の費用がかさみます。
ですが、昨今Googleはサイト自体の品質の高さをより評価する傾向です。
つまり、低品質ページの多いサイトなら、1記事だけ依頼してもサイト自体の品質が高まらないので、良いSEO効果があまり期待できないということです。
なので、SEO対策の費用はかさみますが、複数記事を依頼して、品質の高いページを増やすことを検討しましょう。

ちなみに、依頼主の方であらかじめキーワード選定することもできます。(選定したキーワードで記事の原稿作成を依頼する)
この場合は、業者は記事作成だけ対応する形になります。
こうして、業者の手間を省くように依頼すれば、SEO対策の費用の軽減につながるかもしれません。

内部SEO対策

内部SEO対策は、主に、サイト構造を最適化します。
例えば、ページのタイトルにSEOキーワードが無かったとします。
この場合、そのページのタイトルタグを調整して、SEOキーワードを含めたタイトル名に変更するように、Web担当者に指南します。
さらに、正規化やXMLサイトマップの設置、robots.txtなどのクローラビリティや、速度(コアウェブバイタル)、モバイル対応、HTTPS、インタースティシャル広告などページエクスペリエンスもチェックして問題があれば、Web担当者に指南します。

そうすれば、よりユーザーの利便性が高まって、検索エンジンが認識しやすいサイトになるので、Googleに評価されやすくなるというわけです。

このように、サイト構造をチェックして問題点を指摘することが、内部SEO対策のサービス内容となります。

また、サイトの規模によって内部対策の費用が変わります。
例えば、サイトの規模が大きければ、ページ数も多くなります。
この場合、チェックするページが増えて、業者が対応する手間が増えます。
結果的に、内部SEO対策の費用もかさむでしょう。

ちなみに、内部SEO対策は、コンテンツSEOとサービス内容が混同されがちです。
基本的には、記事の原稿作成(コンテンツSEO)は、内部SEO対策に含まれません。

外部SEO対策

外部SEO対策は、主に、被リンクを設定します。
例えば、外部SEO対策をサービスにしてる業者は、リンクネットワーク(被リンク設定用のサイト群)を確保してます。
そのサイト群から、関連性のあるサイトに被リンクを設定します。
また、アンカーテキストや1日1本ずつ貼ることなども考慮して被リンクを設定します。
そうすれば、品質が考慮された被リンクが増えるので、Googleに評価されやすくなるというわけです。

このように、被リンクを設定することが、外部SEO対策のサービス内容となります。

一方、こうしたサービスが提供する被リンクは、効果的な反面、リスクを伴います。
具体的には、短期間で上昇するなど飛躍的なSEO効果に寄与しますが、作為的な被リンクと判断されてGoogleガイドラインに抵触し、ペナルティを受ける可能性があります。
なので、基本的には最も重要なコンテンツ対策に注力しつつ、副次的かつ状況(短期的な施策を打つときなど)に応じて被リンクサービスの利用を検討しましょう。

ちなみに、被リンクを設定する本数が多ければ、その分、外部SEO対策の費用がかさみます。

上位表示させるための基本的対策をご紹介しています。

関連記事

【SEOとは?】SEO対策の基本知識や上位表示方法など解説

検索順位に悩んでいませんか?狙ったキーワードで上位表示させるためには基本的な対策に加え、検索意図に合致したコンテンツが必要となります。これらは…

続きを見る

料金体系

SEOサービスの料金体系は、主に「成果報酬型」「固定費型」「スポット型」の3パターンです。

  1. 成果報酬型(上位表示で費用発生)
  2. 固定費型(月額固定型/年額固定型)
  3. スポット型(1回だけ)

成果報酬型(上位表示で費用発生)

成果報酬型は、検索で上位表示されたときに費用を支払う料金体系です。
例えば、業者のSEO対策によって、対策キーワードが10位にランクインしたとします。
この場合、上位表示したことになるので、SEO対策の費用が発生するというわけです。
また、上位表示が20位以内に設定されることもあるので、契約時にしっかり確認しましょう。

費用は、上位表示した日から算出します。
ちなみに、上位表示した順位によっても費用が変わり、5位、3位、1位などさらに上位化すれば、その順位に応じて費用が高くなります。

一方、上位表示されない間は、基本的に費用が発生しません。

この成果報酬型の料金体系は、外部SEO対策のサービスで良く採用されてます。

固定費型(月額固定型/年額固定型)

固定費型は、1か月や1年ごとに決まった固定費用を定期的に支払う料金体系です。
例えば、2020年12月に月額1万円プランで、SEO対策を契約したとします。
この場合、2020年1月、2020年2月、2020年3月という具合に1か月ごとに1万円のSEO対策費用を支払います。
年額100万円のプランの場合も同様で、2021年1月、2022年1月のように1年ごとに決まった費用を払います。

ちなみに、成果報酬型と異なり、固定費型では、検索順位は関係ありません。
つまり、固定費型では、検索順位の上昇や下落などの成果によるSEO対策費用の変動はないということです。

また、固定費型のプランは、基本的に最低1か月からの縛りがあります。
なので、途中解約すれば、解約金が発生する場合があります。

付け加えると、固定費型と成果報酬型が組み合わさったプランもあります。

こうした、固定費型をベースにした料金体系は、SEOコンサルティングのサービスで良く採用されてます。
そして、3か月や6か月、1年プランなどの最低契約期間を設けてる場合が多いです。
この契約期間の合計料金を、まとめて一括支払いすることも可能です。
これは、契約会社によって異なるので希望する場合は相談しましょう。

スポット型(1回だけ)

スポット型は、単発で費用を支払う料金体系です。
例えば、リソースが足りずに、3記事分だけ記事作成をSEO業者に依頼したとします。
この場合、その3記事だけの費用を1回だけ業者に支払う形になります。

このスポット型は、主にコンテンツSEO(SEOライティング)のサービスで良く採用されます。
ちなみに、昔であれば、内部SEO対策がスポット的に対応することの多いサービスでした。

SEO対策の費用は、初期費用や解約金など別途費用が発生する

SEO対策の費用は、基本料金に加えて初期費用が発生する場合があります。
例えば、月額3万円の基本料金で、SEOコンサルティングのサービスを契約したとします。
この場合、一番初めにキーワード調査が必要となります。
この調査は、手間のかかる業務でありSEO対策を始めるにあたって欠かせない調査です。
これが、基本料金に加えられてない場合に、初期費用として別途計上されるということです。

また、月額3万円で最低契約期間が6か月のプランだとします。
この場合、途中で解約すると解約金が発生することがあります。
これは、契約会社にもよりますが、解約金が発生すれば、基本料金に加えて別途SEO対策費用がかさむというわけです。

なので、基本料金に加えて、初期費用や解約金が発生するSEOサービスなのか否かを、契約前に必ず確認しておくことが重要です。

SEO対策のサービス内容と費用の関係性

先述したように、主に4つのSEOサービスがある中、とくにSEOコンサルティングが一番高額です。
一番高額な理由は、現在のGoogle検索アルゴリズムで重要な要素に対して網羅的に対策できるからです。
具体的には、品質の高い記事を作成するためのコンテンツ対策、クローラビリティやページエクスペリエンスを最適化するための内部SEO対策、SNSによる自然リンク獲得を促進するための外部対策がサービス内容に含まれます。

このように、総合的にアプローチするSEO対策で、サイトの品質を高めることができるので、SEOコンサルティングが最も高額なサービスになるというわけです。

そのSEOコンサルティングの内容が、分散された形で「コンテンツSEO」「内部SEO対策」「外部SEO対策」が位置づけられます。
なので、これらは部分的な対策となるので、その分費用も分散されて、価格がSEOコンサルティングよりも抑えられる形となります。

また、SEO対策の費用は、ページ数によって大きく左右されます。
大規模サイトのように数百から数千ページあれば、その分業者がチェックして見直す手間が増えるので、費用がかさみます。
一方、数十ページの小規模サイトであれば、業者が見直す手間が減るので、その分費用が抑制されます。

このような関係性が、SEO対策のサービス内容と費用との間にあります。

SEO対策に費用かけるタイミング(外注の必要性)

SEO対策に費用をかけるタイミングとして、SEO知識が無い場合です。
また、時間や人員のリソース不足で対策が促進できなかったり、SEO対策しても良い成果が出ないときがあります。
こうした場合にも、SEO対策に費用をかけることを検討しましょう。

SEO知識が全く無い場合

SEO知識が全く無いので、サイトをうまく最適化できないことがあります。
この場合、Googleに評価されやすいサイト構築ができません。
そうなれば、良質な自然検索流入がうまく増えないので、見込みユーザーの獲得につながりません。
結果的に、サイトからの申し込みや問い合わせといったCVが増えないので、売り上げ向上が期待できないでしょう。

このような状況であれば、総合的なSEO対策が必要です。
なので、コンテンツSEOや内部対策、外部対策がまとまってる、SEOコンサルティングを中心としたサービスに費用をかけることを検討しましょう。

SEO知識はあるが、リソース不足で対策が促進できない場合

実績を残せるほどの十分なSEO知識はあるが、他の作業が立て込んで人員や時間などのリソース不足によって、SEO対策が促進できないないことがあります。
例えば、良質なコンテンツが1か月に1記事程度しか増やして積み上げることができないが、SNSを活用して宣伝し被リンク獲得の促進ができたとします。
この場合、部分的なSEO対策となってしまいます。
そうなれば、サイト自体の品質が上がらないので、Googleから評価されづらくなるでしょう。

このような状況であれば、部分的なSEO対策が必要です。
なので、外部対策が自身でできるのであれば、コンテンツSEOや内部対策を中心としたサービスだけに費用をかけることを検討しましょう。

SEO知識が少しあるので、対策しててみたものの良い成果が出ない場合

SEO知識が少しあるので、自分なりにSEO対策を行ってみたものの、なかなか成果が出ないことがあります。
例えば、ユーザーの検索意図を考慮したコンテンツを作成してページをたくさん増やしてるが、検索順位や検索流入が増えないとします。
この場合、競合上位サイトの傾向をただ参考にしてるだけで、類似コンテンツになってる可能性があります。
そして、こうしたコンテンツ状況にも関わらず、コンテンツ対策がある程度できてると勘違いして、内部対策や外部対策を積極的にやってしまいがちです。
そうなれば、サイト自体の品質が上がらないので、Googleから評価されづらくなるでしょう。

ちなみに、SEO知識が少しあれば、内部対策や外部対策の本質は理解してる人が多い傾向です。

このような状況であれば、コンテンツ対策が必要です。
なので、より有効なコンテンツSEOやSEOライティングのやり方を指南してくれるようなSEOコンサルティングのサービスに費用をかけることを検討しましょう。

付け加えて、SEO知識が少しあると思ってる場合は、とくにユーザーに役立つコンテンツにおける本質を理解してないことがよくあります。
重要なのが、まず競合上位サイトからわかるユーザーの検索意図(顕在ニーズと潜在ニーズ)を見分けることです。
そして、検索意図を考慮して、サイト内だけでなく競合と類似しないように独自性のあるコンテンツ作成を心がけましょう。

SEO対策に費用をかけても良い成果が出る保証はない

SEO対策に費用をかければ、SEO知識を豊富に有する人(プロ)に指南してもらったり、質の高いSEO対策が実行しやすくなります。
結果的に、今よりもサイトの質が上がりやすくなるので、Googleに評価されやすくなるでしょう。
ですが、これは基本的な考え方です。

一方、例えば、SEO業者に依頼して、SEOを初めて間もなく知識が浅い人や、SEOライターとしての実力が乏しい人が担当になったとします。
この場合、SEO対策を行っても、サイトの質が上がりずらくなります。
そうなれば、Googleに評価されづらいので、検索順位や検索流入の増加が見込めないでしょう。
結果的に、見込みユーザーのWeb集客が加速しないので、CV増加による売り上げ向上に結び付かないでしょう。

このように、SEO対策に費用をかければ、必ずしもアクセス数が増えてCV増加に寄与するような成果が得れるわけではないということです。

こうした状況を回避するためにも、できるだけ実績のあるSEO対策会社を選ぶようにしましょう。

実績のあるSEO対策会社を選んで、費用対効果を考慮しよう

実績のあるSEO対策会社を選ぶには、SEO関連のキーワードでサイトがインデックスされてるか確認します。
例えば、SEOやSEO対策を含むキーワードは、SEO対策会社にとって集客に結びつきやすい関連キーワードです。
こうしたキーワードで、SEO対策会社はページを作成したくなります。
なので、そうしたキーワードで数多くインデックスしてれば、ある程度実績のあるSEO対策会社として見ることができるので、費用をかける価値が高まるというわけです。

  • SEO関連のキーワードでインデックスしてる
  • オウンドメディアでSEO成功事例がある
  • 複数ジャンルのサイトでSEO成功事例がある
  • 外部メディアで支持されてる
  • Googleのガイドラインを考慮してる

こうしたポイントも併せて考慮しながら、実績のあるSEO対策会社を選びましょう。

付け加えると、ただ関連キーワードで数多くインデックスされてるだけでなく、上位表示されてれば尚実績のあるSEO対策会社として期待が持てます。
こうした点も踏まえれば、よりSEO対策の費用対効果を高めることができるでしょう。

SEO対策以外に費用をかけるべきか?

SEO対策に費用をかけることで、オーガニック検索流入の増加が期待できます。
ですが、オーガニック検索流入が順調に増えないこともあります。
例えば、自身でコンテンツ対策を行ってるので、コンテンツ対策以外(内部対策や外部対策だけ)を業者に依頼して、部分的にSEO対策に費用をかけてるとします。
しかし、自身のコンテンツ対策の質が低いとします。
この場合、コアアップデートなどの定期的なGoogle検索アルゴリズムアップデートによって検索順位が下落し、オーガニック検索流入が減少する可能性が高いです。
そうなれば、良質な検索流入を失って、コンバージョンの低下につながります。
結果的に、売り上げ向上が見込めません。

こうした悪い状況になる可能性を考慮して、余力があればSEO以外の対策に費用をかけましょう。

ちなみに、SEO以外の対策として、有料広告(リスティング、ディスプレイ、SNS)やメルマガ配信があります。
とくに、ディスプレイ広告を出せば、サイトのコンテンツと関連性の高い広告が表示できるので、見込みユーザーの獲得につながりやすいです。

このように費用対効果を考慮しながら、SEO以外の対策に費用をかけるとよいでしょう。

まとめ:SEO対策の費用対効果を見ながら、Webマーケティングの成果向上を目指そう

SEO対策は、見込みユーザーを獲得するための重要な対策です。
この対策をおろそかにすれば、売り上げ向上が見込めない可能性が高まります。

こうした状況を回避するために、まずは、SEO対策に軸足を置きましょう。
もし、SEO対策の知識が無かったり、SEO対策をしてもうまく成果が出ない場合に、費用を投じて実績のあるSEO業者に依頼することを検討しましょう。

ですが、業者に頼ってSEO対策を行ってもなかなか成果が出ないことがあります。
こうした良くない状況を少しでも回避するために、有料広告の出稿など中心にSEO以外の対策に費用を投じることも検討しましょう。
有料広告の種類も多岐にわたるので、できるだけ費用対効果の高い広告に注力することをお勧めします。

こうして、SEO対策の費用対効果を考慮して、副次的な対策を検討しながら、Webマーケティングの成果向上を目指すことが重要となります。

検索順位が上がらない…と思っていませんか?

検索順位が上がらない…と思っていませんか?

思い通りの検索ワードで上位表示させるには、基本となる外部・内部の対策はもちろん、昨今の大きな変動・競合の強さも大きく影響するため、どういったキーワードで対策するのか?という点も重要となります。

ここを正しく理解しておかなければ上位表示させることは難しく、サイトを効果的に運用し、資産化することができません。

そこで、こちらでは上位表示に必要なSEOが正しく施されているかどうかを無料で調査し、問題点や改善点などのアドバイスを致します。

\ 効果的な改善方法を明確にしませんか? / サイト調査を依頼する

カテゴリから記事を探す

SEO対策無料ご提案はこちら