SEOに関する実験やデータ分析などを公開します

SEOの疑問を実験で解明しブログ配信【SEOラボ】

  • 運営情報

SEO外部対策とは?重要な理由や効果的な施策など徹底解説!

SEO

SEO外部対策とは、被リンクを獲得するために外部サービス(外部サイト)を通じて行うSEOの施策のことです。
このSEO外部対策とともにSEO内部対策がよく取り上げられます。
外部対策の衰退が囁かれますが適切に行えば、SEOの良い効果が期待できます。

一方、外部対策を誤れば、Googleに評価されづらくなります。
具体的には、質の低いディレクトリサイトやブックマークサイトに登録したり、コメントスパムなどします。
そうすれば、リンクスパムとしてGoogleのスパムに関するポリシーに違反するので、ペナルティを受ける可能性が高まります。
結果、検索順位が上がりづらかったり、インデックスされづらくなるでしょう。

こうした良くない状況を回避する為に、SEO外部対策の基礎を抑えて、適切な施策をしましょう。

この点踏まえて今回は、SEO外部対策の定義や効果的な施策、SEO外部対策と内部対策の違いなど中心に、初心者にもわかりやすくポイントをまとめて解説したいと思います。

SEO外部対策とは?効果的な施策や内部対策との違いなど徹底解説!

SEO外部対策とは?

SEO外部対策とは、被リンクを獲得するために外部サービス(外部サイト)を通じて行うSEOの施策のことです。

例えば、検索意図を考慮してコンテンツを作成します。
作成したコンテンツ内にSNSボタンを設置したり、作成したコンテンツをURL付きでTwitterやFacebookなどのSNSに投稿します。
そうすれば、検索順位が上がって検索エンジンから流入するユーザーがコンテンツをシェアしてくれます。
また、SNSから流入するユーザーがコンテンツをシェアしてくれます。
シェアによってコンテンツが他のサイトで参照されやすくなるので被リンクの獲得に繋がります。
このように被リンクを獲得する施策が、外部対策というわけです。

SEO外部対策が重要な理由

SEO外部対策が重要な理由は、直接的な良いSEO効果が期待できるからです。

例えば、Googleのデュイ氏が昔よりも被リンクの重要性が低下してることを言及してます。

この言及などによって、外部対策をして獲得した被リンクの良いSEO効果が期待できないという懸念が広がります。
この懸念の広がりが、外部対策の衰退や重要性の低下に繋がってます。

一方、Google公式のガイドラインでは被リンクの重要性を明示してます。

4. ウェブ上の民主主義は機能する。
Google 検索が機能するのは、どのサイトのコンテンツが重要かを判断するうえで、膨大なユーザーがウェブサイトに張ったリンクを基準としているからです。Google では、200 以上の要素と、PageRank™ アルゴリズムをはじめとするさまざまな技術を使用して、各ウェブページの重要性を評価しています。PageRank のアルゴリズムでは、ページ間のリンクを「投票」と解釈し、どのサイトが他のページから最高の情報源として投票されているかを分析します。この手法なら、新しいサイトが増えるたびに情報源と投票数が増えるため、ウェブが拡大するにつれて効果も高まります。また Google では、多くのプログラマーの力の結集によって技術革新が進むオープンソース ソフトウェア開発にも力を入れています。

※引用元:Google について|Google が掲げる 10 の事実 – About Google

このことから、昔よりも効力は衰退してるかもしれませんが依然として外部対策をして獲得した被リンクの良いSEO効果が期待できます。
つまり、直接的な良いSEO効果が期待できます。
直接的な良いSEO効果によって、検索順位が上がりやすくなるでしょう。

このように、直接的な良いSEO効果が期待できるので、SEO外部対策が重要というわけです。

SEO外部対策と内部対策の違い

SEOの外部対策と内部対策の違いは、施策内容です。

例えば、外部対策は、被リンクを獲得するために外部サービス(外部サイト)を通じて行うSEOの施策のことです。
一方、内部対策は、Webサイトを構成するHTMLや制御するファイルなどのサイトの内部構造に対して行うSEOの施策のことです。

このように、施策内容が、SEO外部対策と内部対策で大きく違います。

SEO外部対策の重要指標

SEOの外部対策の重要指標は、被リンクの量と質です。

例えば、Aページが異なる3つのドメインから参照されてるとします。
この場合、Aページの被リンクのドメイン数は「3」で総数は「3」です。
一方、Bページが同じドメイン内の3ページから参照されてるとします。
この場合、Bページの被リンクのドメイン数は「1」で総数は「3」です。
被リンクの総数(量)は同じですが、被リンクのドメイン数はAページの方が多いです。
つまり、あらゆるドメインから参照されてるAページの方が被リンクの質が高いので、Googleに評価されやすいというわけです。

このように、被リンクの量と質が、SEO外部対策の重要指標です。

ちなみに、被リンクの質は、ドメイン数だけでなく参照元サイトの品質や参照元サイトのテーマとの関連性、参照元サイトのアンカーテキストとの関連性、参照元サイトのアンカーテキストまわりの文脈との関連性なども考慮されるでしょう。

SEO外部対策の方法

SEOの外部対策の方法がいくつかあります。

  • 検索意図を考慮したコンテンツを作る
  • SNSで拡散しやすいサイトを設計する

検索意図を考慮したコンテンツを作る

SEOの外部対策をするには、検索意図を考慮したコンテンツを作ります。

例えば、競合上位サイトのタイトル名やコンテンツ内容の傾向を盛り込んでコンテンツを作成します。
つまり、検索意図を考慮したコンテンツを作ります。
作ったコンテンツはGoogleに評価されやすいので検索順位が上がって検索ユーザーが流入しやすくなり、コンテンツがシェアされやすくなります。
また、作ったコンテンツをTwitterなどのSNSにページURL付きで投稿すれば、SNSユーザーにコンテンツがシェアされやすくなります。
結果、外部サービスを通じて参照される機会が増えるので、被リンクの獲得につながるというわけです。

こうして、検索意図を考慮したコンテンツを作ることが、SEO外部対策の方法です。

SNSで拡散しやすいサイトを設計する

SEOの外部対策をするには、SNSで拡散しやすいサイトを設計します。

例えば、ブログサイト専用のソーシャルアカウント(TwitterやFacebook、LINEなどのアカウント)を作成します。
作成したそれぞれのアカウントでブログサイトに関連するフォロワーを増やします。
また、作成したそれぞれのアカウントのマイページなどから取得できるSNSボタン表示用のコードをブログサイトのHTMLに貼り付けてSNSボタンを設置します。
つまり、SNSで拡散しやすいサイトを設計します。
そうすれば、作成したコンテンツをTwitterなどのSNSにページURL付きで投稿すれば、SNSユーザーにコンテンツがシェアされやすくなります。
また、作成したコンテンツに流入したユーザーのSNSボタンを押す機会が増えてシェアされやすくなります。
結果、外部サービスを通じて参照される機会が増えるので、被リンクの獲得につながるというわけです。

こうして、SNSで拡散しやすいサイトを設計することが、SEO外部対策の方法です。

SEO外部対策の効果測定ツール

SEOの外部対策の効果測定ツールがいくつかあります。

  • サーチコンソール
  • Ahrefs

サーチコンソール

SEOの外部対策の効果測定ツールとして、サーチコンソールがあります。

例えば、サーチコンソールとは、Google検索でのWebサイトのパフォーマンスが分析できるツールのことです。
このツールを使えば、外部リンクの総数(被リンクの総数)やサイトの総数(被リンクドメイン数)、リンクされてるページのURL、リンク元サイトのURL、リンク元テキスト(アンカーテキスト)などが調査できます。
調査すれば被リンクの獲得状況がわかるので、外部サービス(外部サイト)を通じて行ったSEO施策による効果が確認できます。
つまり、外部対策の効果が測定できます。

このように、サーチコンソールがSEO外部対策の効果測定ツールです。

Ahrefs

SEOの外部対策の効果測定ツールとして、Ahrefsがあります。

例えば、Ahrefsとは、世界で60万人が導入しているSEO分析ツールです。
このツールを使えば、被リンクの量や質に基づいた「ウェブサイトの世界ランキング(AR: Ahrefs Rank)」やドメインの価値(DR: Domain Rating)、URLの価値(UR: URL Rating)が調査できます。
また、ドメイン単位やページ単位での被リンクの総数やターゲットURL、参照ページのDRとUR、参照ドメイン数(被リンクドメイン数)、アンカーテキストなどが調査できます。
調査すれば被リンクの獲得状況がわかるので、外部サービス(外部サイト)を通じて行ったSEO施策による効果が確認できます。
つまり、外部対策の効果が測定できます。

このように、AhrefsがSEO外部対策の効果測定ツールです。

まとめ:SEO外部対策の基礎を抑えて、適切な施策をしよう

SEO外部対策の基礎を抑えて、適切な施策をしましょう。

一方、外部対策を誤ったり疎かにすれば、Googleに評価されづらくなります。
具体的には、質の低いディレクトリサイトやブックマークサイトに登録したり、コメントスパムなどします。
また、TwitterなどのSNSを使った宣伝活動を怠ります。
そうなれば、リンクスパムとしてGoogleのスパムに関するポリシーに違反するのでペナルティを受ける可能性が高まったり、被リンクが増えないので直接的なSEO効果が期待できません。
結果、インデックス削除されたり、検索順位が上がりづらくなるでしょう。

こうした悪い状況を回避する為に、SEO外部対策の基礎を抑えて、適切な施策をしましょう。

SEO対策しても検索順位が上がらない…なぜ?

検索順位の推移

SEO対策しても検索順位が上がらない…なぜ?

検索順位が上がらない理由は、SEO対策の質が低いからです。

例えば、ユーザーの検索意図を無視したり、関連性の低いコンテンツを増やす、内部リンクの最適化など疎かにします。
この場合、SEO対策の質が下がります。
そうなれば、ページやサイト自体の品質が上がらないので、Googleに評価されづらくなります。
結果、検索順位が上がらないというわけです。

こうした悪い状況を回避する為に、サイトの欠点を調査して上位化に必要な対策をご案内します(無料)。

検索順位を上げたり、検索流入を増やすにはSEOが重要!