SEOに関する実験やデータ分析などを公開します

SEOの疑問を実験で解明しブログ配信【SEOラボ】

  • 運営情報

リンク否認ツールとは?低品質なサイトからの被リンクを拒否する方法など徹底解説!

SEO

リンク否認とは、低品質なサイトからの被リンク(自身のサイトへの不自然なリンク)を拒否することです。
このリンク否認(Disavow Links)は、サーチコンソールの「リンクの否認ツール」を使います。
ツールで適切にリンク否認できれば、SEOの良い効果が期待できます。

一方、リンク否認を誤れば、Googleに評価されづらくなります。
具体的には、良質な被リンクのドメインやURLを記述した否認リスト(テキストファイル)を否認ツールでアップロードします。
そうすれば、良いSEO効果が無効になるので、その分Googleからの評価が下がります。
結果、検索順位の下落につながるでしょう。

こうした良くない状況を回避する為に、リンク否認の基礎を理解して、適切に行いましょう。

この点踏まえて今回は、リンク否認の定義やリンク否認ツールで低品質なサイトからの被リンクを拒否する方法など中心に、初心者にもわかりやすくポイントをまとめて解説したいと思います。

リンク否認ツールとは?低品質なサイトからの被リンクを拒否する方法など徹底解説!

リンク否認とは?

リンク否認とは、低品質なサイトからの被リンク(自身のサイトへの不自然なリンク)を拒否することです。

例えば、「サイトへの不自然な人為的、偽装、または不正なリンクのパターンが検出されました。」というアナウンスが、サーチコンソールの手動による対策レポートやメッセージセンターに届いたとします。
この場合、該当サイトの被リンクから洗い出した低品質なリンクのドメインやURLをテキストファイルに記載して否認リスト作成します。
作成した否認リストを「リンクの否認ツール」からアップロードします。
つまり、Googleに、低品質なサイトからの被リンク(自身のサイトへの不自然なリンク)を拒否(無効化)してもらうように申請をします。
この申請がリンク否認というわけです。

リンク否認の効果

リンク否認は、直接的なSEO効果があります。

例えば、サーチコンソールやahrefsなどの専用ツールで被リンクを確認したときに、低品質なリンク(スパム性のリンクや品質の低いリンクなど)が数多くついてるとします。
これらのリンクのドメインやURLを含めた否認リストをリンクの否認ツールでアップロードします。
そうすれば、低品質なリンクを無効化して評価対象外にできます。
結果、低品質なリンクがカウントされないのでGoogleに評価されやすくなります。
つまり、検索順位が上がりやすくなるので、直接的な良いSEO効果が期待できるというわけです。

一方、低品質なリンク(スパム性のリンクや品質の低いリンクなど)は、基本的にGoogleアルゴリズムによって無視されるので評価の対象外となります。
ですが、Googleアルゴリズムも完璧ではないので、場合によっては低品質なリンクが評価対象になることもあります。
評価対象になって低品質なリンクがカウントされれば、Googleから評価されづらくなります。
結果、検索順位の下落に繋がるので、直接的な悪いSEO効果を招くというわけです。

このように、検索順位の下落や上昇するといった直接的なSEO効果があることが、リンク否認の効果です。

リンク否認すべきスパムリンクの種類

リンク否認すべきスパムリンクの種類がいくつかあります。

  • 過剰な相互リンク
  • ランキングクレジットを転送するリンク
  • 質の低いディレクトリやブックマークサイトのリンク
  • ウィジェットリンク
  • さまざまなサイトのフッターやテンプレートに埋め込まれて広く配布されるリンク
  • フォーラムの投稿や署名の中に含まれる作為的なリンク

※参考:Google ウェブ検索のスパムに関するポリシー | Google 検索セントラル | ドキュメント | Google Developers「リンクスパム」

これらのリンクは、Google検索の検索結果ランキングを操作することを目的としたリンクと見なされる場合があります。
見なされれば、Googleのスパムに関するポリシーに違反してペナルティに繋がるリンクです。
つまり、スパムリンクです。
このようなリンクが、リンク否認すべきスパムリンクの種類です。

リンク否認ツールの使い方

リンク否認ツールの使い方を手順を追って紹介します。

  1. 被リンクを確認する
  2. 被リンクを精査して否認するリンクを洗い出す
  3. 否認リストを作成する
  4. 否認リストをアップロードする

被リンクを確認する

リンク否認ツールを使うには、まず被リンクを確認します。

例えば、サーチコンソールにログイン後、メニューの「リンク」をクリックして「上位のリンク元サイト」の「詳細」をクリックします。

リンク否認ツールの使い方「被リンクを確認する①」

すると、「上位のリンク元サイト」に最大1000件のドメインが表示されます。
表示される各ドメインをクリック後、「上位のターゲットページ」でターゲットページのURLをクリックすれば、「上位のリンク元ページ」でリンクしているページ(リンク元のページURL)が表示されます。
表示されるリンク元サイトのドメインやページURLは、上部の「エクスポート」をクリックしてダウンロードできるファイル(Googleスプレッドシート/Excel/CSV)で確認することもできます。
つまり、該当のサイトについてる被リンクを確認します。

リンク否認ツールの使い方「被リンクを確認する②」

このように、被リンクを確認することが、リンク否認ツールを使うためのポイントです。

ちなみに、1000件以上の被リンクを確認したい場合は、ahrefsやSearch Analytics for Sheetsというスプレッドシートのアドオン(拡張機能)を活用しましょう。

被リンクを精査して否認するリンクを洗い出す

リンク否認ツールを使うには、次に被リンクを精査して否認するリンクを洗い出します。

例えば、「上位のリンク元サイト」や「上位のリンク元ページ」の画面の上部にある「エクスポート」をクリックしてファイル(Googleスプレッドシート/Excel/CSVの形式のいずれか)をダウンロードします。

リンク否認ツールの使い方「被リンクを精査して否認するリンクを洗い出す①」

ダウンロードしたファイルを開いて表示されるドメインやページURLのリンク先を確認して、リンク先ページの品質の良し悪しを判断します。
このときに、赤色(危険なリンク)、黄色(微妙なリンク)、青色(問題ないと思われるリンク[nofollowリンクなど])、灰色(リンク切れ)のように各ドメインや各ページURLを色分けして慎重にリンク先の品質を判断して区別します。
つまり、被リンクを精査して否認するリンクを洗い出します。

リンク否認ツールの使い方「被リンクを精査して否認するリンクを洗い出す②」

このように、被リンクを精査して否認するリンクを洗い出すことが、リンク否認ツールを使うためのポイントです。

否認リストを作成する

リンク否認ツールを使うには、次に否認リストを作成します。

例えば、被リンクを精査して洗い出した否認するリンク(否認するドメインやページURL)のみをテキストファイル(例:disavowlinks.txt)に記述します。

リンク否認ツールの使い方「否認リストを作成する」
  • 1行につき1つのリンクを記述する
  • 特定のドメインからの被リンクを全て否認する場合は、「domain:example.com」「domain:www.example.com」のように記述する
  • 特定のサブドメインからの被リンクを全て否認するには、「domain:hoge.example.com」のように記述する
  • コロンは全角ではなく半角のコロン「:」を記述する

これらを考慮して、否認するリンクのみを記述しテキストファイルを作成します。
つまり、否認リストを作成します。

このように、否認リストを作成することが、リンク否認ツールを使うためのポイントです。

ちなみに、ルートドメインを否認するとサブドメインも否認の対象になります。
※引用元:ルートドメインのリンク否認はその配下のすべてのサブドメインのリンクも対象

否認リストをアップロードする

リンク否認ツールを使うには、最後に否認リストをアップロードします。

例えば、作成した否認リストをアップロードできる「リンクの否認ツール」のページにログイン後、「サイトへのリンクを否認する」で「プロパティの選択」をクリックして該当のプロパティ(対象のドメイン)を選びます。
そして、「否認リストをアップロード」のボタンをクリック後に表示されるポップアップで、テキストファイルで作成した否認リスト(例:disavowlinks.txt)を選択して「開く」をクリックします。
つまり、否認リストをアップロードします。

リンク否認ツールの使い方「否認リストをアップロードする①」

最後に「64ドメインと0URLが否認されています… DisavowLinks.txt が… アップロードされました」というようにアナウンスが表示されれば、無事にリンク否認が完了です。
「否認をキャンセル」したり、リンク否認後に「リストをダウンロード」して既存の否認リストを「置き換える」こともできます。

リンク否認ツールの使い方「否認リストをアップロードする②」

このように、否認リストをアップロードすることが、リンク否認ツールを使うためのポイントです。

リンク否認するときに避けたいこと

このように、質の低いリンクを否認し、危険なリンクを減らすことが重要ですが、実際に評価されているリンクを否認してしまうと逆効果となってしまい順位が下降してしまう恐れも考えられます。

そのため、リンクの精査は慎重に行うことが大切です。
理想としては、良質なリンクの割合を増やし、サイト全体のリンクの質を高めることが大切です。
質の高いリンク…すなわち権威あるサイトからリンクをもらうためには、しっかりと質の高いコンテンツを作り込むことが重要となってきます。

順位上昇のポイントとして、以下のような、質の低い被リンクを削除しましょう。

  • 昔SEO会社に頼んだリンク
  • 直接アンカーテキストのリンク
  • 相互リンク
  • 特定のアフィリエイトプログラムのリンク
  • ディレクトリ型登録のリンク
  • 無料ブログのリンク(ブログSEO)
  • 1サイトからの大量リンク(フッターリンク)
  • 自作自演リンク
  • ネガティブSEOのリンク etc…

まとめ

ということで、今回は質の低いリンクを否認する方法についてご説明してきましたが、サイトを運営してると低品質なリンクがどうしても増えやすくなります。

こういったリンクを定期的に確認して、必要があればリンクを精査してサイトの被リンクを管理して順位上昇を目指すことが重要です。

もしリンク管理についてご心配であれば、一度ご相談ください。
⇒「順位上がらない…リンク否認で上昇!リンク否認作業無料見積りはこちら

SEO対策しても検索順位が上がらない…なぜ?

検索順位の推移

SEO対策しても検索順位が上がらない…なぜ?

検索順位が上がらない理由は、SEO対策の質が低いからです。

例えば、ユーザーの検索意図を無視したり、関連性の低いコンテンツを増やす、内部リンクの最適化など疎かにします。
この場合、SEO対策の質が下がります。
そうなれば、ページやサイト自体の品質が上がらないので、Googleに評価されづらくなります。
結果、検索順位が上がらないというわけです。

こうした悪い状況を回避する為に、サイトの欠点を調査して上位化に必要な対策をご案内します(無料)。

検索順位を上げたり、検索流入を増やすにはSEOが重要!