SEOに関する実験やデータ分析などを公開します

SEOの疑問を実験で解明しブログ配信【SEOラボ】

  • 運営情報

コンテンツSEOとは?メリットや具体的な手順など事例とともに徹底解説!

SEO

コンテンツSEOとは、ユーザーの検索意図に沿った良質なコンテンツを継続的に発信して、自然検索から集客の増加を目指すSEOの手法のことです。
このコンテンツSEOをうまく行えば、SEOの良い効果が期待できます。

一方、コンテンツSEOを疎かにすれば、検索流入が増えません。
具体的には、ユーザーの検索意図を無視して自己満足のコンテンツばかりを公開しても、検索順位が上がらなかったり、検索での露出が増えません。
そうなれば、検索ユーザーに触れる機会が減るので、検索流入が増えません。
結果、Web集客が滞って見込み客が増えないので、コンバージョンも増えず売り上げが停滞するというわけです。

こうした良くない状況を回避する為に、コンテンツSEOの基礎を理解して、戦略的なサイト運用をしましょう。

この点踏まえて今回は、コンテンツSEOの定義やメリット、具体的な手順など中心に、初心者にもわかりやすくポイントをまとめて解説したいと思います。

コンテンツSEOとは?メリットや具体的な手順など事例とともに徹底解説!

コンテンツSEOとは?

コンテンツSEOとは、ユーザーの検索意図に沿った良質なコンテンツを継続的に発信して、自然検索から集客の増加を目指すSEOの手法のことです。
このコンテンツSEOは、コンテンツマーケティング、コンテンツ、WEBライティング、内部対策とも言われることがあり、各用語自体の定義がはっきりと確立してません。
コンテンツSEOの「コンテンツ」について、以下のように用語の定義されてます。

コンテンツ(英: media content)とは、「中身」のこと。英語の関連語彙としては、コンテナ(wiktionary:container)の中身がコンテントcontentである。

いわゆる「メディア」の中身の、文字列・音・動画などのこと

※引用元:コンテンツ – Wikipedia

このことから文章(情報)の中身・内容のことが「コンテンツ」を意味します。
検索ユーザーが関心や興味あるような役に立つコンテンツを発信して、検索結果でサイトの露出を増やしてく方法が「コンテンツSEO」と言えます。

一方、作成したコンテンツの検索順位が上がらなかったり、トラフィックが増えないこともあります。
この場合、検索ユーザーの関心や興味(検索意図)がズレてる可能性があるので、コンテンツの追記、書換え(リライト)を行う必要があります。
こうして適宜メンテナンスしてコンテンツの質を高めながら、継続的に自然検索からの集客増加を目指す方法がコンテンツSEOです。

コンテンツSEOとコンテンツマーケティングとの違い

コンテンツSEOとコンテンツマーケティングは、厳密に言えば意味合いが、違います。

コンテンツマーケティングとは、ユーザーに価値あるコンテンツを作成・提供し、見込み顧客のニーズを育成、購買を経て、最終的にはファンとして定着させることを目指す一連のマーケティング手法です。
つまり、集客したユーザーにさらなるコンテンツを提供して育成し、コンバージョンからリピーターへ導くまでの対策がコンテンツマーケティングとなります。
最終的にファン化させ、リピーターとして取り込むことを目指します。

このコンテンツマーケティングの手法の1つとして、コンテンツSEOがあります。

例えば、新規でドメインを取得して、新たにブログサイトを立ち上げて、ユーザーに価値のあるコンテンツ内容を綴ったブログ記事を投稿します。
そうすれば、検索結果にインデックスされたブログ記事から検索ユーザーを自身のサイトに集客することができます。
これが、コンテンツSEOとなります。
このコンテンツSEOによって、良質な検索ユーザーを引き込むことができれば、コンテンツマーケティングの促進につながるでしょう。

このように、目的に大きな違いがあり、コンテンツSEOは「集客」、コンテンツマーケティングは「集客からコンバージョン、リピーター化」を重視した枠組みとなる点が、大きな違いとなります。
なので、混同せずに切り分けて、それぞれ考える必要があります。

ちなみに、コンテンツSEO以外に、自社媒体内に馴染む広告コンテンツ(ネイティブ広告)を設置したり、面白コンテンツを提供するなどの手法を併用すれば、コンバージョン、リピーター化の促進繋がります。ます。
これらの手法を併用していくことが、コンテンツマーケティングの精度を高めるうえで重要となります。

コンテンツSEOの目的

コンテンツSEOを行う主な目的は、Webからの売り上げを向上させるためです。

例えば、コンテンツSEOをしなければ、キーワードに基づいた有用なコンテンツが増えません。
この場合、関連コンテンツが増えなかったり、内部リンクがうまく最適化できない、被リンクが増えない可能性が高まります。
そうなれば、Googleから評価されづらいので検索での露出が増えません。
結果、検索ユーザーとの接触機会が増えずサイトに誘導できる見込み客が増えないので、申込や問い合わせといったコンバージョンが増えません。
つまり、Webからの売り上げ向上が期待できないというわけです。

こうした悪い状況を回避して、Webからの売り上げを向上させることがコンテンツSEOの目的です。

コンテンツSEOが必要になった背景

コンテンツSEOが必要になった理由は、Googleの技術が向上し、コンテンツ(文章)の内容を理解できるようになったためです。

コンテンツSEOが必要になった背景として以下のような点があります。

  • Word2vecというコンテンツの内容を解析する技術をGoogleが利用し始めた
  • うまい文章、味がある文章はまだ判断していないと思いますが、コンテンツ(文章)の内容を数的に理解し、処理できるようになってきている)
  • Googleクロール技術が進歩し、ページのインデックススピードが向上している
  • (Googleは否定しているが)検索ユーザーの反応(レスポンス)を評価できるようになってきている

コンテンツSEOでは、良質なコンテンツが大切

良質なコンテンツは評価されやすく、検索順位上昇の恩恵を受けることができます。

人を引きつける有益なコンテンツを作成すれば、このガイドで取り上げている他のどの要因よりもウェブサイトに影響を与える可能性があります。ユーザーは閲覧したときに良いコンテンツだと感じると、他のユーザーに知らせたいと思うものです。その際、ブログ投稿、ソーシャル メディア サービス、メール、フォーラムなどの手段が使われます。

自然なクチコミの評判は、ユーザーと Google の両方でサイトの評判を高めるのに役立ちますが、質の高いコンテンツがなければ生まれません。
※引用元:検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド – Search Console ヘルプ「興味深く有益なサイトにする」

質の高いコンテンツにするために、重要なコンテンツをテキストで記述することが大切であり、Google公式に以下のように言及してます。

重要な名前、コンテンツ、リンクを表示するときは、画像ではなくテキストを使用します。

※引用元:ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン) 訪問者がページを利用しやすいよう手助けする

このことから言えば、コンテンツSEOを実施する際は、テキストコンテンツを中心としたページを増やしてくことが基本路線と言えます。

また、コンテンツSEOでは、低品質なコンテンツがあれば適宜メンテナンスし、良質なコンテンツに改善する必要があります。
Google公式にも以下のように言及してます。

低品質なページを削除したり、内容の薄いページをまとめて役に立つコンテンツに改善したり、もしくは低品質なコンテンツを他のドメインに移動させたりすることが、最終的に良質なコンテンツの掲載順位を改善することにつながります。

※引用元:Google ウェブマスター向け公式ブログ: 良質なサイトを作るためのアドバイス

コンテンツSEOのメリット

コンテンツSEOのメリットがいくつかあります。

  • 検索流入が増えやすい
  • 見込み客にアプローチできる
  • サイトが資産になる
  • ブランディングになる

検索流入が増えやすい

コンテンツSEOのメリットは、検索流入が増えやすいことです。

例えば、特定のトピックに関連するキーワードをいくつか選定します。
選定したキーワードごとにそれぞれブログ記事を投稿します。内部リンクでつなぎます。
この場合、関連性のある記事だけが投稿できるので内部リンクがつなぎやすいです。
そうすれば、専門的なブログサイトになります。
結果、E-A-Tが高まってGoogleに評価されやすくなるので、検索順位が上がったり、検索流入が増えやすくなるというわけです。

こうして、検索流入が増えやすい点が、コンテンツSEOのメリットです。

見込み客にアプローチできる

コンテンツSEOのメリットは、見込み客にアプローチできることです。

例えば、「SEO対策 費用」「SEO対策 安い」といったキーワードでコンテンツを作成してインデックスさせます。
この場合、SEO対策を依頼したらどの程度料金がかかるか?、費用対効果の高いSEO対策サービスはどこか?などの悩みを抱えた検索ユーザーと接触できます。
そうなれば、自身のサイトに引き込んだ検索ユーザーの悩み解決を促進して、購入や問い合わせに誘導できます。
つまり、見込み客にアプローチできるというわけです。

こうして、見込み客にアプローチできる点が、コンテンツSEOのメリットです。

サイトが資産になる

コンテンツSEOのメリットは、サイトが資産になることです。

例えば、特定のトピックに関連するキーワードを選定して、そのキーワードでコンテンツを作成します。
作成したコンテンツは、自ら削除したり、ドメインやサーバーの契約更新を怠らなければ残り続けます。
つまり、サイトが資産になるというわけです。

こうして、サイトが資産になる点が、コンテンツSEOのメリットです。

ブランディングになる

コンテンツSEOのメリットは、ブランディングになることです。

例えば、特定のトピックに関連するキーワードを選定して、そのキーワードでコンテンツを作成します。
これを繰り返して、継続的に特定のトピックに関連するページを増やします。
この場合、多くの検索クエリでインデックスされて検索での露出が増えます。
そうなれば、検索ユーザーの目に触れる機会が増えるので自社ブランド(自社サイト)の認知拡大に繋がります。
つまり、ブランディングになるというわけです。

こうして、ブランディングになる点が、コンテンツSEOのメリットです。

コンテンツSEOのデメリット

コンテンツSEOのデメリットがいくつかあります。

  • 効果が出るまで時間がかかる
  • コンテンツのメンテナンスが必要になる
  • コンテンツ作成に時間がかかる

効果が出るまで時間がかかる

コンテンツSEOのデメリットは、効果が出るまで時間がかかることです。

例えば、特定のトピックに関連するキーワードを選定します。
選定したキーワードの検索意図を考慮したり、増やした関連コンテンツ同士を内部リンクでつなぐなどして各ページの品質がより高まるようにSEO対策をします。
この場合、SEO対策したページのキーワード順位が当初100位圏外でも、1ヶ月…2か月と月日が経つにつれて順位が上がりやすくなります。
数か月後には20位や10位以内まで上位化して、検索流入が期待できます。
つまり、効果が出るまで時間がかかるというわけです。

こうして、効果が出るまで時間がかかる点が、コンテンツSEOのデメリットです。

コンテンツのメンテナンスが必要になる

コンテンツSEOのデメリットは、コンテンツのメンテナンスが必要になることです。

例えば、作成したコンテンツのキーワード順位が低いとします。
この場合、Googleから評価されてない可能性があります。
なので、リライトしたり、関連するコンテンツを増やしてSEO対策をしなければなりません。
つまり、コンテンツのメンテンナンスが必要になるというわけです。

こうして、コンテンツのメンテンナンスが必要になる点が、コンテンツSEOのデメリットです。

コンテンツ作成に時間がかかる

コンテンツSEOのデメリットは、コンテンツ作成に時間がかかることです。

例えば、有用なコンテンツを作るためにまずキーワードを選定します。
次に選定したキーワードの検索意図を考慮する為に、競合上位サイトのタイトル名やコンテンツ内容の傾向を確認します。
その傾向からタイトル名を決めたり、見出しを構成してその見出しに沿って文章を書きます。
文章がすべて書けたら、誤字脱字や言い回しなど確認して校閲構成します。
そうすれば、コンテンツが完成するのでブログ記事であれば投稿できるレベルになります。
つまり、検索ユーザーの満足度をより高めるために必要な手順を踏むので、基本的にコンテンツ作成に時間がかかるというわけです。

こうして、コンテンツ作成に時間がかかる点が、コンテンツSEOのデメリットです。

コンテンツSEOの成功事例

コンテンツSEOの成果は、検索トラフィックが伸びてるか否かが1つの判断基準となります。
検索トラフィックが伸びてるコンテンツSEOの成功事例として、以下弊社運営の2つのサイトを紹介したいと思います。

①SEOラボ(seolaboratory.jp)の自然検索トラフィック(2014年6月~2016年6月)

SEOラボ(seolaboratory.jp)の自然検索トラフィック(2014年6月~)事例

2014年6月のサイト立ち上げから、コンテンツSEOにより、オーガニック検索が36096(2016年6月時点)となり、増え続けてます。

②テキスト広告.jp(seoconsul.jp)の自然検索トラフィック(2016年4月~6月)

テキスト広告.jp(seoconsul.jp)の自然検索トラフィック(2016年4月~6月)事例

2016年4月からコンテンツSEOで、オーガニック検索が1341(2016年6月時点)と当初から3倍に増えています。

このように、検索ユーザー向けにコンテンツを提供するコンテンツSEOを実施することで徐々に評価され、検索順位が上昇し、自然検索トラフィックを伸ばすことが可能です。

コンテンツSEOのやり方

コンテンツSEOのやり方を、大きく以下4つの手順に分けて紹介します。

  1. TOPページのSEO対策を実施します【事前準備】
  2. 作成するコンテンツのテーマを考える
  3. 実際にコンテンツを作成する
  4. 作成したページの順位計測を行う

TOPページのSEO対策を実施します【事前準備】

事前準備として、どんなサイトを運営するのかテーマを明確にするため、TOPページのSEO対策を以下のポイントに沿って実施します。

  • SEOキーワードをTOPページに設定する
  • タイトルタグにSEOキーワードを入れる
  • TOPページ内に、SEOキーワードについて説明した十分な文章を入れる

TOPページに関しては、サイト名をSEOキーワードにして、ブランディングする方法もあります。
これによって、最終的に指名検索による検索流入の増加が期待できます。

作成するコンテンツのテーマを考える

TOPページに関連するコンテンツのテーマを作成するには、以下ポイントに沿って考えます。

  • TOPページのSEOキーワードに関連して、検索ユーザーが興味関心を持ちそうなキーワードにする
  • テーマとするキーワードの月間検索数が100~1000程度(ミドルやスモールキーワード)のものにする
  • TOPページのSEOキーワードのサジェストワード、関連キーワードに表示されるキーワードにする
  • 競合サイトがどんなコンテンツを下層ページに持っているかを参考にする(サイトのカテゴリ別け、ブログなど日々更新している情報、FAQ、用語集などが参考になるケースがあります)

TOPページに関連するコンテンツのテーマをポイントに沿って決めると、以下のような例になります。

例)TOPページのSEOキーワードが「ベット通販」の場合:

  • ベッドの種類について(ベッドフレーム、収納ベット、2段ベッド、ソファーベッド)
  • ベッドの素材について(無垢、オーク材、パイン)
  • マットレスについて
  • 寝具について
  • 睡眠や健康について

例)TOPページのSEOキーワードが「歯科 北区」の場合:

  • 各症状と対応方法について(インプラント、根幹、小児歯科、入れ歯、審美歯科、妊婦)
  • 予防歯科について

このように関連するテーマを探すときは、とくに、キーワードプランナーやキーワードファインダーを活用すると便利です。

実際にコンテンツを作成する

コンテンツ対策では、ユーザーファーストを重視してコンテンツを最適化することがポイントとなります。

コンテンツを最適化したと思っても、ユーザーにとって利便性の低い内容であればGoogleに評価されません。
なので、「検索クエリとの関連性」を上げて、よりユーザーが満足するコンテンツを提供することが評価されるために必要となります。

ユーザーファーストのコンテンツを提供するには、以下4つの対策ポイントを抑えましょう。

  • ユーザーの検索意図を盛り込む
  • 専門性を高める
  • ユーザー体験(UX)を向上させる
  • オリジナリティを出す

ユーザーの検索意図を盛り込む

検索クエリとの関連性を高める

ユーザーの検索意図を盛り込むには、競合上位サイトの傾向を考慮します。
例えば、SEOキーワードで検索して表示される競合上位サイトのタイトル名やコンテンツ内容の傾向を考慮して、自身のコンテンツを作成します。
また、タイトル名には必ずSEOキーワードを含めるようにします。
そうすれば、検索クエリと関連性が高まるので、Googleに評価されやすくなるというわけです。

専門性を高める

Webサイト・ページの専門性を高める

Webサイトの専門性を上げるために、サイトのテーマに沿ったページを増やすことが重要です。
もちろんページ単位でも、ページのテーマに沿った専門的なコンテンツ内容にすることが大切となります。

例えば、サイトのテーマが「SEO対策」であれば、下層の各ページで「SEO対策 基本」「コンテンツ対策」「被リンク」などの関連するテーマを増やしてく形になります。
このように、専門的なページを増やしてサイトの専門性を高めます。

Googleは、専門性が高いWebサイト・ページを評価することを公言してます。

ユーザー体験(UX)を向上させる

ユーザー満足度の高いサイトにする

検索クエリと関連性を高めることも重要ですが、ページにランディングしたユーザー行動も重要と言われてます。俗に「ユーザー体験(UX)」とも言います。
例えば、直帰率や滞在時間、ページセッションなどのユーザー行動が評価に関わってるということです。

なので、これらを最適化して、「直帰率を下げる」「滞在時間を増やす」「ページセッションを増やす」ようにコンテンツ対策を進めることがポイントとなります。
実際にユーザー行動を最適化するには、Webページごとにデザインや文字量、言葉の言い回し、内部リンク、画像などに気を配って対策を施します。

このように対策することで、サイト自体のユーザー体験が向上するのでGoogleに評価されやすくなるでしょう。

オリジナリティを出す

独自性の高いコンテンツ内容にする

自分が思うことや体験したこと、得た知識などを自分の語り口調で文章化してコンテンツ作成することでオリジナリティが生まれます。

オリジナリティの割合が高いコンテンツをGoogleは評価します。
なので、他のサイトで書かれてる内容をそのままコピペしたり、サイト内の他のページとまったく同じ内容となるコンテンツを作成することは控えましょう。
このようなコンテンツは類似・重複コンテンツとなり、ユーザーの利便性が低下するため、サイトの評価が落ちて検索順位の下落、最悪はインデックス削除(検索結果からサイトが削除)につながります。
つまり、他のサイトと差別化したオリジナリティ(独自性)の高いコンテンツだけを提供していくことがSEO対策で上位表示を目指すポイントとなります。

一方、他のサイトから一部文章をそのまま借りてくる、言葉尻を少し変えただけなどの重複コンテンツを作為性したとします。 この場合、ユーザーにとって価値のないコンテンツを提供することになるので、結果的にGoogleペナルティを受ける可能性があります。

作成したページの順位計測を行う

作成したページ、コンテンツテーマのキーワードで順位計測を行います。
定期的に順位を確認し、順位が低い場合は、リライト(追記、書換え)を行います。

このように、コンテンツはメンテナンスが必要なので、「日々の検索順位の自動取得」と「施策のメモ」が同時にできる「検索順位チェックツール BULL」のようなSEOツールを活用すると便利です。

まとめ:コンテンツSEOの基礎を理解して、戦略的なサイト運用をしよう

コンテンツSEOは、今や重要なSEO対策の一つです。

関連ワード含むコンテンツを作り、ロングテールワードで細かいトラフィックを集めながらサイトの力を付けましょう。
※検索ランキング要素のRankBrain(ランクブレイン)が、ロングテールによく機能することをGoogleのゲイリー・イリーズ氏が以下のように言及してます。

今までになかったクエリや特にロングテールクエリで特にうまく機能する

※引用元:RankBrainはロングテールによく機能するランキング要因、Googleは著者情報を完全に使っていないなどSEO最新情報 from #SMX Advanced 2016

細かいトラフィックで基盤強化しながら、ビッグキーワード・ミドルキーワードといった検索数の多いワードで順位上昇を目指すことが重要です。

SEO対策しても検索順位が上がらない…なぜ?

検索順位の推移

SEO対策しても検索順位が上がらない…なぜ?

検索順位が上がらない理由は、SEO対策の質が低いからです。

例えば、ユーザーの検索意図を無視したり、関連性の低いコンテンツを増やす、内部リンクの最適化など疎かにします。
この場合、SEO対策の質が下がります。
そうなれば、ページやサイト自体の品質が上がらないので、Googleに評価されづらくなります。
結果、検索順位が上がらないというわけです。

こうした悪い状況を回避する為に、サイトの欠点を調査して上位化に必要な対策をご案内します(無料)。

検索順位を上げたり、検索流入を増やすにはSEOが重要!