SEOの実験やデータ分析など公開

SEOの疑問を実験で解明しブログ配信【SEOラボ】

  • 運営情報
【2024年6月20日まで!先着3名】記事作成付きSEOコンサル【76%割引】キャンペーン中!SEO無料調査を申し込む⇒

SEOとコンテンツマーケティングの違いとは?

SEO

SEOとコンテンツマーケティングは混同されがちで、とくにSEOの施策の1つである「コンテンツSEO」と「コンテンツマーケティング」が似ていますが、それぞれ意味や目的などが違います。
これらの違いを知れば、うまく使い分けたりどっちも併用して相乗効果が期待できます。

\申し込みは簡単!今なら、調査結果資料無料配布中!SEO無料調査を申し込む
\DLは簡単!今なら、SEOの基本丸わかり資料無料GET!イチから学ぶ「SEOの教科書」を無料ダウンロードする

一方、SEOとコンテンツマーケティングの違いがわからないと、混同するリスクが高まります。
具体的には、SEOとコンテンツマーケティングのそれぞれの対策するコンテンツや対策方法、ターゲット層などがわからないと、施策が入り混じります。
そうなれば、検索順位が上がらなかったり、コンバージョン数が増えません。
結果、Web集客が滞るので申し込みや問い合わせが増えずに売り上げ向上が期待できないでしょう。

こうした良くない状況を回避する為に、SEOとコンテンツマーケティングの基礎を理解して、上手に取り入れましょう。

この点踏まえて、今回は、SEOとコンテンツマーケティングの違いなど中心に、初心者にもわかりやすくポイントをまとめて解説したいと思います。

SEOとコンテンツマーケティングの違いとは?

SEOとコンテンツマーケティングの違い

SEOとコンテンツマーケティングの違いがいくつかあります。

  SEO コンテンツマーケティング
意味 検索エンジン最適化 プラットフォームを用いるマーケティング活動
目的 検索上位の獲得 コンバージョンの促進
対策するコンテンツ テキスト ブログ/SNS/メルマガ/プレスリリース
ホワイトペーパー/LP/動画
対策の方法 検索意図を満たすコンテンツの作成と提供 ターゲットユーザーへ有益なコンテンツの作成と提供
ターゲット層 潜在層 潜在層と顕在層
チャネル(流入経路) 自然検索 自然検索/有料検索/SNS/メルマガなど
\申し込みは簡単!今なら、調査結果資料無料配布中!SEO無料調査を申し込む
\DLは簡単!今なら、SEOの基本丸わかり資料無料GET!イチから学ぶ「SEOの教科書」を無料ダウンロードする

意味

SEOとコンテンツマーケティングの違いは、意味です。

例えば、SEOとは、Search Engine Optimization(サーチ・エンジン・オプティマイゼーション)の略で、「検索エンジン最適化」を意味します。「SEO対策」とも呼ばれ、具体的にはGoogleなどの検索エンジンのオーガニック検索結果(自然検索結果)で、特定のWebサイトをインデックスさせたり上位表示させるためにそのWebサイトを改善することです。
一方、コンテンツマーケティングとは、プラットフォームを用いてユーザーに有益なコンテンツを提供し、自社商品やサービスに対するユーザーの関心や興味、購買行動を促す(見込み顧客を獲得する)手法のことです。

このように、意味がSEOとコンテンツマーケティングで違います。

目的

SEOとコンテンツマーケティングの違いは、目的です。

例えば、SEOでは、作成したブログ記事などのテキストコンテンツを特定のキーワードで検索したときに上位表示させることが目標です。
つまり、目的が検索上位の獲得です。
一方、コンテンツマーケティングでは、ブログやSNS、メルマガなどのコンテンツプラットフォームを活用してユーザーの興味関心を引き、自社商品やサービスの購買行動を促すことが目標です。
つまり、目的がコンバージョンの促進です。

このように、目的がSEOとコンテンツマーケティングで違います。

対策するコンテンツ

SEOとコンテンツマーケティングの違いは、対策するコンテンツです。

例えば、SEOでは、検索ユーザーに有益な情報を発信するために、ブログ記事を主にテキストで作成します。そして、そのテキストを定期的にリライトします。
つまり、対策するコンテンツがテキストです。
一方、コンテンツマーケティングでは、ターゲットユーザーに有益な情報を発信するためにブログやSNSアカウント、メルマガ、プレスリリース、ホワイトペーパー、LP、動画を作成します。そして、それらを運用します。
つまり、対策するコンテンツがプラットフォームです。

このように、対策するコンテンツがSEOとコンテンツマーケティングで違います。

対策の方法

SEOとコンテンツマーケティングの違いは、対策の方法です。

例えば、SEOでは、主にユーザーの検索意図を満たすコンテンツを増やしてWebサイト全体の品質を高めながら対策します。
一方、コンテンツマーケティングは、見込み客や顕在顧客、潜在顧客に有益な情報(コンテンツ)を発信して、自社商品やサービスの購買行動を促進しながら対策します。

このように、対策の方法がSEOとコンテンツマーケティングで違います。

ターゲット層

SEOとコンテンツマーケティングの違いは、ターゲット層です。

例えば、SEOは、特定のキーワードだけでなく、特定のキーワードに関連するキーワードでページを増やしてサイト自体の品質を高めるように対策します。
この対策によって自然検索で様々なキーワードでインデックスされたり上位表示されるので、興味関心の低い検索ユーザーにより多くアプローチできます。
つまり、ターゲット層が潜在層です。
一方、コンテンツマーケティングは、ブログやSNS、メルマガなどでユーザーに有益なコンテンツ(情報)を発信しながら対策します。
この対策によって、自社商品やサービスの存在を知らない人と知ってる人に宣伝できるので、潜在顧客だけでなく顕在顧客にアプローチできます。
つまり、ターゲット層が潜在層と顕在層です。

このように、ターゲット層がSEOとコンテンツマーケティングで違います。

チャネル(流入経路)

SEOとコンテンツマーケティングの違いは、チャネル(流入経路)です。

例えば、SEOによってWebページがインデックスされたり自然検索結果で上位表示されれば、検索エンジンから自身のサイトにユーザーが訪問します。
つまり、検索エンジンからユーザーが流入するので、チャネルが検索流入です。
一方、コンテンツマーケティングによって自社商品・サービスに関連するブログ記事を書いてインデックスしたり、上位表示させます。
また、自社商品・サービスをTwitterやLINE、Facebook、Instagramなどで宣伝したり、リスティング広告やディスプレイ広告で宣伝します。
さらに、自社商品・サービスをメールマガジンで紹介したり、クロスセルやアップセルなどします。
これらによって、自然検索や有料検索、SNS、メルマガからユーザーが流入します。
つまり、チャネルが自然検索/有料検索/SNS/メルマガです。

このように、チャネル(流入経路)がSEOとコンテンツマーケティングで違います。

\申し込みは簡単!今なら、調査結果資料無料配布中!SEO無料調査を申し込む
\DLは簡単!今なら、SEOの基本丸わかり資料無料GET!イチから学ぶ「SEOの教科書」を無料ダウンロードする

コンテンツマーケティングでSEOが重要な理由

コンテンツマーケティングでSEOが重要な理由は、継続的な集客が見込めるからです。

例えば、ユーザーの検索意図を考慮して作成したテキストベースの高品質な記事コンテンツがあります。
このコンテンツはGoogleから評価されやすいので検索順位が上がりやすいです。
検索順位が上がれば、検索流入が期待できます。
検索流入が期待できる高品質な記事コンテンツを増やせば、サイト自体の品質も高まって検索流入の安定的な積み上がりが見込めます。
つまり、継続的な集客が見込めます。
継続的な集客によって増える潜在顧客を顕在化すれば、申し込みや問い合わせといったコンバージョンにつながる可能性が高まります。
結果、売り上げ向上が期待できるでしょう。

このように、継続的な集客が見込めるので、コンテンツマーケティングでSEOが重要というわけです。

\申し込みは簡単!今なら、調査結果資料無料配布中!SEO無料調査を申し込む
\DLは簡単!今なら、SEOの基本丸わかり資料無料GET!イチから学ぶ「SEOの教科書」を無料ダウンロードする

SEOとコンテンツマーケティングを混同するリスク

SEOとコンテンツマーケティングを混同するリスクがいくつかあります。

  • 検索順位が上がらない
  • コンバージョン数が増えない

検索順位が上がらない

SEOとコンテンツマーケティングを混同するリスクは、検索順位が上がらないことです。

例えば、1ページ完結型のLPやホワイトペーパー、動画をたくさん作成してコンテンツマーケティングをすれば、良いSEO効果が出ると思い込んでるとします。
この場合、ユーザーの検索意図を考慮したテキストベースのWebページが公開されておらず、かつ増えてません。
そうなれば、WebページやWebサイトの品質が上がらないので、良いSEO効果が期待できません。
つまり、検索順位が上がりません。

このように、検索順位が上がらないことがSEOとコンテンツマーケティングを混同するリスクです。

コンバージョン数が増えない

SEOとコンテンツマーケティングを混同するリスクは、コンバージョン数が増えないことです。

えば、ユーザーの検索意図を考慮したWebページを作成してSEOだけをすれば、コンテンツマーケティングが成功すると思い込んでるとします。
この場合、SEOによる検索流入が増えても、LPやバナーの改善、ホワイトペーパーの作成などのコンバージョン回りの対策が疎かです。
そうなれば、申し込みや問い合わせといったリードが増えづらいです。
つまり、コンバージョン数が増えないです。

このように、コンバージョン数が増えないことがSEOとコンテンツマーケティングを混同するリスクです。

\申し込みは簡単!今なら、調査結果資料無料配布中!SEO無料調査を申し込む
\DLは簡単!今なら、SEOの基本丸わかり資料無料GET!イチから学ぶ「SEOの教科書」を無料ダウンロードする

まとめ:SEOとコンテンツマーケティングの基礎を理解して、上手に取り入れよう

SEOとコンテンツマーケティングの基礎を理解して、上手に取り入れましょう。

一方、SEOとコンテンツマーケティングの違いがわからないと、混同するリスクが高まります。
具体的には、SEOとコンテンツマーケティングのそれぞれの対策するコンテンツや対策方法、ターゲット層などがわからないと、施策が入り混じります。
そうなれば、検索順位が上がらなかったり、コンバージョン数が増えません。
結果、Web集客が滞るので申し込みや問い合わせが増えずに売り上げ向上が期待できないでしょう。

こうした悪い状況を回避する為に、SEOとコンテンツマーケティングの基礎を理解して、上手に取り入れましょう。

SEO対策しても検索順位が上がらない…なぜ?

検索順位の推移

SEO対策しても検索順位が上がらない…なぜ?

検索順位が上がらない理由は、SEO対策の質が低いからです。

例えば、ユーザーの検索意図を無視したり、関連性の低いコンテンツを増やす、内部リンクの最適化など疎かにします。
この場合、SEO対策の質が下がります。
そうなれば、ページやサイト自体の品質が上がらないので、Googleに評価されづらくなります。
結果、検索順位が上がらないというわけです。

こうした悪い状況を回避する為に、サイトの欠点を調査して上位化に必要な対策をご案内します(無料)。

検索順位を上げたり、検索流入を増やすにはSEOが重要!

SEOラボのおすすめ記事がLINEに届く「SEOラボを友だち追加」