SEOに関する実験やデータ分析などを公開します

SEOの疑問を実験で解明しブログ配信【SEOラボ】

  • 運営情報

LP(ランディングページ)のSEO!種類別の相性や対策など徹底紹介

SEO

LPは、主に1ページ完結型(行動喚起型)とサイト一体型(情報提供型)の2種類に大きく分かれます。
とくにサイト一体型LPのSEOがうまくいけば、良いSEOの効果が期待できます。

一方、1ページ完結型LPでSEO対策をしても、Googleから評価されづらいです。
具体的には、商品サービスの値段や期間、画像、フォームが中心となるキャンペーンページでSEO対策しても、検索意図やページ数などが補えません(弱いです)。
結果、Googleから評価されづらいので検索順位が上がりづらいでしょう。

こうした良くない状況を回避するために、LPごとのSEOの必要性を把握して、LPを使い分けましょう。

この点踏まえて今回は、SEOで意識すべきLPの種類や種類別の相性や対策など中心に、初心者にもわかりやすくポイントをまとめて解説したいと思います。

LP(ランディングページ)のSEO!種類別の相性や対策など徹底紹介

SEOで意識すべきLPの種類

SEOで意識すべきLPの種類がいくつかあります。

  • 1ページ完結型
  • サイト一体型

1ページ完結型

SEOで意識すべきLPの種類に、1ページ完結型(行動喚起型)があります。

例えば、コンテンツにストーリ性を持たせたり、他ページへのリンク導線の排除やフォーム、会社概要など設置してるページがあります。
このページは、コンバージョンに向けてユーザーの行動喚起を促すタイプです。
つまり、1ページ完結型です。
この1ページ完結型は、テキスト量やページ数が少なかったり、検索意図が欠けやすいのでSEOに不向きです。

このように、1ページ完結型がSEOで意識すべきLPの種類の1つです。

サイト一体型

SEOで意識すべきLPの種類に、サイト一体型(情報提供型)があります。

例えば、ブログサイトの記事ページやニュースサイトの記事ページ、ECサイトの商品ページがあります。
これらのページは、グローバルメニューやフッターメニュー、サイドカラムメニューなどのサイト内の別ページへのリンクを踏んで関連する情報を収集できるタイプです。
つまり、サイト一体型です。
このサイト一体型は、テキスト量やページ数が多かったり、検索意図の考慮やリンク構築しやすいのでSEOに向いてます。

このように、サイト一体型がSEOで意識すべきLPの種類の1つです。

1ページ完結型LPがSEOに不向きな理由

1ページ完結型LPがSEOに不向きな理由がいくつかあります。

  • テキスト量が少ないから
  • ページ数が少ないから
  • 検索意図が欠けやすいから

テキスト量が少ないから

1ページ完結型LPがSEOに不向きな理由は、テキスト量が少ないからです。

例えば、特定の期間だけ価格を割引したキャンペーン商品を紹介する1ページ完結型のLPを作成します。
このLPは、特定の期間だけ公開後すぐ削除するので、工数が削減できる画像のみでデザインして作成します。
つまり、重要な情報が主にグラフィックなのでテキスト量が少ないです。
結果、Googleが認識しづらいコンテンツなので検索順位が上がりづらいでしょう。

このように、テキスト量が少ないので、1ページ完結型LPがSEOに不向きというわけです。

ページ数が少ないから

1ページ完結型LPがSEOに不向きな理由は、ページ数が少ないからです。

例えば、リスティング広告経由で訪問したユーザーのコンバージョンを促すために1ページ完結型のLPを作成します。
このLPに訪問したユーザーを離脱させずにコンバージョンへ導くことが主目的なので、関連ページを作成してページ数を増やすことはしません。
つまり、ページ数が少ないです。
そうなれば、相互リンクによる専門性の向上が期待できないので、Googleから評価されづらいです。
結果、検索順位が上がりづらいでしょう。

このように、ページ数が少ないので、1ページ完結型LPがSEOに不向きというわけです。

検索意図が欠けやすいから

1ページ完結型LPがSEOに不向きな理由は、検索意図が欠けやすいからです。

例えば、特定の期間だけ価格を割引したキャンペーン商品を紹介する1ページ完結型のLPを作成します。
このLPは、キャンペーンの期間や商品サービスの内容、価格、メリット、フォームといった訪問したユーザーを離脱させずにコンバージョンへ導くようなコンテンツだけを盛り込みます。
つまり、検索ユーザーの考えてることを盛り込まないので、検索意図が欠けやすいです。
結果、Googleに評価されづらいので検索順位が上がりづらいでしょう。

このように、検索意図が欠けやすいので、1ページ完結型LPがSEOに不向きというわけです。

サイト一体型LPがSEOに向いてる理由

サイト一体型LPがSEOに向いてる理由がいくつかあります。

  • テキスト量が多いから
  • ページ数が多いから
  • 検索意図が考慮しやすいから

テキスト量が多いから

サイト一体型LPがSEOに向いてる理由は、テキスト量が多いからです。

例えば、特定のキーワードで上位表示させたいとします。
このときに、その特定のキーワードで検索したときの競合上位サイトのタイトル名やコンテンツ内容の傾向を盛り込んで、ブログ記事(サイト一体型のLP)を作成します。
こうした記事は、主にテキスト文章の比率が多くなります。
つまり、テキスト量が多いです。
結果、Googleに認識されやすいコンテンツなので検索順位が上がりやすいでしょう。

このように、テキスト量が多いので、サイト一体型LPがSEOに向いてるというわけです。

ページ数が多いから

サイト一体型LPがSEOに向いてる理由は、ページ数が多いからです。

例えば、特定キーワードで上位表示させたいとします。
このときに、その特定キーワードで検索したときの競合上位サイトのタイトル名やコンテンツ内容の傾向を盛り込んで、ブログ記事(サイト一体型のLP)を作成します。
さらに、特定キーワードの関連ワードでブログ記事を作成して増やします。
つまり、ページ数が多いです。
そうなれば、作成した関連ページ同士を相互リンクしてリンク構築し、サイトの専門性を高めることができます。
結果、Googleから評価されやすくなるので検索順位が上がりやすいでしょう。

このように、ページ数が多いので、サイト一体型LPがSEOに向いてるというわけです。

検索意図が考慮しやすいから

サイト一体型LPがSEOに向いてる理由は、検索意図が考慮しやすいからです。

例えば、特定のキーワードで上位表示させたいとします。
このときに、その特定のキーワードで検索したときの競合上位サイトのタイトル名やコンテンツ内容の傾向を盛り込んで、ブログ記事(サイト一体型のLP)を作成します。
つまり、検索ユーザーが求めてる情報を盛り込むので、検索意図が考慮しやすいです。
結果、Googleから評価されやすくなるので検索順位が上がりやすいでしょう。

このように、検索意図が考慮しやすいので、サイト一体型LPがSEOに向いてるというわけです。

サイト一体型LPのSEO対策

サイト一体型LPのSEO対策は、主に内部施策、外部施策、コンテンツ制作、ページエクスペリエンス最適化をします。

  • ターゲットキーワードを決める【コンテンツ制作】
  • タイトルを設定する【内部施策】
  • 検索ニーズに合うページを作る【コンテンツ制作】
  • 内部リンク構造を最適化する【内部施策】
  • コンテンツの信頼性を明示する【コンテンツ制作】
  • 良い評判やリンクを獲得する【外部施策】
  • ページスピードを改善する【ページエクスペリエンス最適化】
  • スマホ対応する【ページエクスペリエンス最適化】

これらによって、コンテンツや被リンクの質が高まってGoogleに評価されやすくなるので、検索順位が上がりやすくなるでしょう。

こうして、主に内部施策、外部施策、コンテンツ制作、ページエクスペリエンス最適化をすることが、サイト一体型LPのSEO対策です。

サイト一体型LPのSEO対策で避けたいこと

サイト一体型LPのSEO対策で避けたいことは、スパムポリシーに違反することです。

例えば、Googleウェブ検索のスパムに関するポリシーに記載されてるクローキングや隠しテキストと隠しリンク、キーワードの乱用、リンクスパムなどします。
つまり、スパムポリシーに違反します。
そうなれば、Googleからペナルティを受ける可能性が高まります。
結果、検索順位が下がったり、インデックス削除されやすくなるでしょう。

こうして、スパムポリシーに違反することが、サイト一体型LPのSEO対策で避けたいことです。

まとめ:LPごとのSEOの必要性を把握して、LPを使い分けよう

LPごとのSEOの必要性を把握して、LPを使い分けましょう。
とくにサイト一体型LPのSEOがうまくいけば、良いSEOの効果が期待できます。

一方、1ページ完結型LPでSEO対策をしても、Googleから評価されづらいです。
具体的には、商品サービスの値段や期間、画像、フォームが中心となるキャンペーンページでSEO対策しても、検索意図やページ数などが補えません。
結果、Googleから評価されづらいので検索順位が上がりづらいでしょう。

こうした悪い状況を回避するために、LPごとのSEOの必要性を把握して、LPを使い分けましょう。

SEO対策しても検索順位が上がらない…なぜ?

検索順位の推移

SEO対策しても検索順位が上がらない…なぜ?

検索順位が上がらない理由は、SEO対策の質が低いからです。

例えば、ユーザーの検索意図を無視したり、関連性の低いコンテンツを増やす、内部リンクの最適化など疎かにします。
この場合、SEO対策の質が下がります。
そうなれば、ページやサイト自体の品質が上がらないので、Googleに評価されづらくなります。
結果、検索順位が上がらないというわけです。

こうした悪い状況を回避する為に、サイトの欠点を調査して上位化に必要な対策をご案内します(無料)。

\SEOスコアやコンテンツ状況がわかる!簡単登録、すぐ調査 SEO無料調査を申し込む

検索順位を上げたり、検索流入を増やすにはSEOが重要!