SEOに関する実験やデータ分析などを公開します

SEOの疑問を実験で解明しブログ配信【SEOラボ】

CMSとは?意味や導入メリット・事例など徹底解説【初心者向け】

CMSとは、Content Management System(コンテンツマネジメントシステム)の略で、ホームページのコンテンツ作成・更新・運営ができる管理システムのことです。
もう少し言うと、HTMLなどのWeb専門知識が無い人でも、Webサイト構築が簡単にできるシステムのことがCMSです。
このCMSはいくつかタイプがあり、導入することで機能面やビジネス面におけるメリットがあります。
とくに、WordPressなどの高機能なCMSを導入すれば、テーマやプラグインをインストールしてSEOが強化できます。

一方、CMSについて無知であれば、導入に至りません。
そうなれば、ホームページの作成・更新・運営の手間が省けません。
結果、重要なコンテンツの中身を作成することに時間をさけないので、サイトの質が上がりずらいです。
つまり、集客やコンバージョンに寄与するコンテンツ作りが疎かになって、Webからの売り上げ向上が滞るというわけです。
こうした良くない状況を回避する為に、CMSの基礎を理解して、Webマーケティングに活かしましょう。

この点踏まえて、今回は、CMSの意味や導入メリット・事例など中心に、初心者にもわかりやすくポイントをまとめて解説したいと思います。

CMSとは?意味や導入メリット・事例など徹底解説【初心者向け】

CMSとは?

CMSとは、Content Management System(コンテンツマネジメントシステム)の略で、ホームページのコンテンツ作成・更新・運営ができる管理システムのことです。

例えば、社内にHTML知識を持った人がいないので、制作会社に外注してホームページの作成や更新など全て任せてるとします。
この外注先の制作会社にWordPressを導入してもらいます。
WordPressを導入すれば、HTML知識の乏しい人でもホームページ作成や更新ができます。
そうなれば、自分や社内でホームページの作成・更新・運用ができます。つまり、ホームページ管理が内製化できるシステムです。
こうした専用のシステムがCMSというわけです。

CMSの種類

CMSの種類がいくつかあります。

オープンソース型

CMSの種類に、オープンソース型があります。

例えば、オープンソース型で最も有名なCMSに「WordPress」があります。
このWordPressは、プログラムのソースコードが無償で(一般に)公開されてます。
また、商用・非商用問わずに、誰でも利用や修正(改変[カスタマイズ])、配布できます。
こうしたタイプのCMSが、オープンソース型というわけです。

ちなみに、WordPress以外に、Drupal(ドルーパル)やJoomla(ジュームラ)などもオープンソース型のCMSです。

独自開発型

CMSの種類に、独自開発型があります。
この独自開発型は、有料で提供されているものがほとんどで、「オンプレミス型」と「クラウド型」の大きく2つのタイプに分かれます。

  • オンプレミス型
  • クラウド型

オンプレミス型

独自開発型CMSには、オンプレミスタイプがあります。

例えば、オンプレスミス型で最も有名なCMSに「Movable Type」があります。
このMovable Typeは、シックス・アパート株式会社(ベンダー)が独自に開発してます。
シックス・アパート株式会社が定めてるライセンス料金(費用)を支払うことで、Movable Typeがインストールできます。
インストールしたMovable Typeを、自分(ユーザー側)で用意したサーバーにアップロードします。
そうすれば、Movable Typeが導入できます。

こうしたタイプのCMSが、オンプレミス型というわけです。

ちなみに、Movable Type以外に、SITEMANAGEやRCMSなどもオンプレスミス型のCMSです。

クラウド型

独自開発型CMSには、クラウドタイプがあります。

例えば、クラウド型で最も有名なCMSに「Wix」があります。
このWixは、イスラエルに本社を置くWix社(ベンダー)が独自に開発してます。
Wix社が定めてるライセンス料金(費用)を支払うことで、Wixが利用できます。
Wixはベンダー側が管理するサーバーに保管されてます。なので、ベンダー側から提供される専用URLにアクセスして専用のアカウントでログインすれば、Wixが利用できます。(インストール不要)
こうしたタイプのCMSが、クラウド型というわけです。

ちなみに、Wix以外に、Jimdo(ジンドゥー)ペライチなどもクラウド型のCMSです。

CMS導入のメリット

CMS導入のメリットについて、機能面とビジネス面から紹介したいと思います。

機能面

CMS導入のメリットが、機能面においていくつかあります。

  • コンテンツ作成や更新作業が容易になる
  • マルチデバイスへの対応が容易になる
  • レイアウトやデザインが統一しやすい
  • タイマー予約でコンテンツ情報の公開・非公開を自動化できる
  • 編集権限の振り分けができる
  • SEO対策に対応できる
  • SNSと連携しやすい

コンテンツ作成や更新作業が容易になる

CMS導入のメリットは、コンテンツ作成や更新作業が容易になることです。

例えば、WordPressをインストールしてブログサイトを運営したとします。
サイトでは、一般的にヘッダーやフッター、カテゴリー一覧や詳細ページ(ブログ記事ページ)などのデザインは同じです。
同じデザインの部分は、WordPressの場合テンプレート化されます。
つまり、WordPressでは各ページの共通部分のコーディングが基本的に不要です。
そうなれば、Webページ作成や更新の手間が減ります。
結果、コンテンツ作成や更新作業が容易になるというわけです。

こうして、コンテンツ作成や更新作業が容易になる点が、CMS導入のメリットです。

マルチデバイスへの対応が容易になる

CMS導入のメリットは、マルチデバイスへの対応が容易になることです。

例えば、WordPressをインストールして、ブログサイトを運営したとします。
このときに、レスポンシブ対応のWordPressテーマを選びます。
そのテーマを選ぶだけで、PCやスマホ、タブレット向けに対応したWebページになります。
つまり、マルチデバイスへの対応が容易になるというわけです。

こうして、マルチデバイスへの対応が容易になる点が、CMS導入のメリットです。

レイアウトやデザインが統一しやすい

CMS導入のメリットは、レイアウトやデザインが統一しやすいことです。

例えば、WordPressをインストールして、ブログサイトを運営したとします。
このときに、あらかじめ無料で用意されてるWordPressのテーマを適用します。(※WordPressにログイン後、メニューの「外観」>「テーマ」から選択したり、新規追加するなどして有効化する)
そうすれば、ヘッダーやフッター、カラムなどの共通部分のサイトレイアウトやデザインが適用されます。
つまり、あらかじめ用意されてるテーマを選んで有効化するだけで、サイト全体のレイアウトやデザインが統一できるというわけです。

こうして、レイアウトやデザインが統一しやすい点が、CMS導入のメリットです。

タイマー予約でコンテンツ情報の公開・非公開を自動化できる

CMS導入のメリットは、タイマー予約でコンテンツ情報の公開・非公開を自動化できることです。

例えば、WordPressをインストールして、ブログサイトを運営したとします。
そして、ブログ記事の原稿を書き上げて、その記事を新規追加して公開したいとします。
このときに、メニューの「投稿」>「新規追加 >「公開」の「すぐに公開する」をクリックして、明日の朝9時に日時をセットします。
つまり、今日が2021年6月10日なら、明日の6月11日朝9時にセットします。

CMS「WordPress」でタイマー予約でコンテンツ情報の公開・非公開を自動化できる

そうすれば、2021年6月11日朝9時に記事が自動的に公開されます。
結果、タイマー予約した日時にブログ記事を公開できるというわけです。

こうして、タイマー予約でコンテンツ情報の公開・非公開を自動化できる点が、CMS導入のメリットです。

編集権限の振り分けができる

CMS導入のメリットは、編集権限の振り分けができることです。

例えば、WordPressをインストールして、ブログサイトを運営したとします。
ブログサイトの運営は社内のいくつかの部署で行っており、それぞれの部署で作業内容を分けたいとします。
この場合、 メニューの「ユーザー」から、ある部署の担当ユーザーを新規登録します。新規登録の際に、権限グループの項目で「投稿者」を選択して保存します。そうすれば、そのユーザーは「記事の投稿や編集、公開が可能」の権限だけ付与できます。
さらに別部署の担当ユーザーを新規登録する際に、権限グループの項目で「購読者」を選択して保存します。そうすれば、そのユーザーは「閲覧のみ可能」の権限だけ付与できます。

CMS「WordPress」で編集権限の振り分けができ

結果、部署ごとに作業内容を分けることができます。
つまり、編集権限の振り分けができるというわけです。

こうして、編集権限の振り分けができる点が、CMS導入のメリットです。

ちなみに、WordPressで専用のプラグインを使えば、より細かく編集権限の振り分けができます。

SEO対策に対応できる

CMS導入のメリットは、SEO対策に対応できることです。

例えば、WordPressをインストールして、ブログサイトを運営したとします。
このときに、All in One SEO(旧名:All in One SEO Pack)やYoast SEOなどの専用プラグインを導入します。
そうすれば、ディスクリプションやcanonical、noindexなどのmetaタグやサイトマップ、構造化データなど設定できます。
つまり、SEO対策ができるとうわけです。

こうして、SEO対策に対応できる点が、CMS導入のメリットです。

SNSと連携しやすい

CMS導入のメリットは、SNSと連携しやすいことです。

例えば、WordPressをインストールして、ブログサイトを運営したとします。
このときに、All in One SEO(旧名:All in One SEO Pack)やYoast SEOなどの専用プラグインを導入すれば、SNSと連携するために必須のOGP設定ができます。
そして、AddToAny Share ButtonsWordPress Share Buttons Plugin – AddThisなどの専用プラグインを導入すれば、TwitterやFacebook、はてなブックマーク、LINE、PocketなどのSNSシェアボタンが表示できます。
表示されたSNSボタンがユーザーにクリックされれば、ブログ記事のURLがSNS上に共有されます。
つまり、専用のプラグインを導入すれば、簡単にSNSと連携できるというわけです。

こうして、SNSと連携しやすい点が、CMS導入のメリットです。

ちなみに、SNSと連携する際は、TwitterやFacebookなどソーシャルメディアのアカウントをあらかじめ作成しておく必要があります。

ビジネス面

CMS導入のメリットが、ビジネス面においていくつかあります。

  • 外注費用が削減できる
  • 複数人でサイト運用できる
  • 作業を引き継ぎやすい
  • 集客やコンバージョンが促進できる
  • 本来の業務や経営に集中できる

外注費用が削減できる

CMS導入のメリットは、外注費用が削減できることです。

例えば、WordPressをインストールして導入します。
この場合、自分でコンテンツ作成や更新作業などして、サイト運営できます。
つまり、コンテンツ作成や更新作業などのサイト運営に必要な業務を、社内や自分で内製化できます。
そうなれば、制作会社などの専門業者にお金を払って依頼する作業が減ります。
結果、外注費用が削減できるというわけです。

こうして、外注費用が削減できる点が、CMS導入のメリットです。

複数人でサイト運用できる

CMS導入のメリットは、複数人でサイト運用できることです。

例えば、WordPressを導入してサイト運営します。
この場合、編集権限の振り分けができます。
そうなれば、新規記事の作成や編集・投稿する人、既存記事を編集して更新する人、記事を閲覧して内容をチェック(校閲)する人、WordPressのすべてを管理する人など担当を分けることができます。
結果、複数人でサイト運用できるというわけです。

こうして、複数人でサイト運用できる点が、CMS導入のメリットです。

作業を引き継ぎやすい

CMS導入のメリットは、作業を引き継ぎやすいことです。

例えば、WordPressを導入してサイト運営してるとします。
この場合、HTMLなどのWeb専門知識がない人でもホームページが編集できます。
そうなれば、Web専門知識がない人にホームページの編集作業を任せることもできます。
つまり、サイトの更新作業や投稿作業、ページ作成などやったことない人に、少しやり方を教えるだけでその人が簡単にホームページを編集することができます。
結果、作業を引き継ぎやすいというわけです。

こうして、作業を引き継ぎやすい点が、CMS導入のメリットです。

集客やコンバージョンが促進できる

CMS導入のメリットは、集客やコンバージョンが促進できることです。

例えば、WordPressを導入してサイト運営します。
この場合、サイトデザインがテンプレート化されてるので、コンテンツ作成に注力できます。
また、プラグインを導入してSEO対策やSNS対策を促進したり、CTA作成などできます。
そうすれば、良質なトラフィックが増えて、コンバージョン率の向上が期待できます。
結果、集客やコンバージョンが促進できるというわけです。

こうして、集客やコンバージョンが促進できる点が、CMS導入のメリットです。

本来の業務や経営に集中できる

CMS導入のメリットは、本来の業務や経営に集中できることです。

例えば、WordPressを導入してサイト運営します。
この場合、HTMLなどのWeb専門知識がない人でもホームページが編集できます。
そうなれば、Web関係の専門知識を勉強したり、1からHTMLコーディングしてWebページを作成する時間が減ります。
つまり、時間コストが削減できます。
結果、本来の業務や経営に集中できるというわけです。

こうして、本来の業務や経営に集中できる点が、CMS導入のメリットです。

CMSを活用してる企業事例

ここでは、クラウド型のCMSを活用してる企業事例を紹介します。

マネックスグループ株式会社

CMSを導入したマネックスグループ株式会社のホームページ

マネックスグループ株式会社

マネックスグループ株式会社は、クラウド型のCMS「ShareWith」を導入してます。
CMS導入前は、サイト管理してるグループ会社に都度サイト更新を依頼する体制で、細かなコンテンツ修正にもやり取りが発生してました。
つまり、サイト更新のやり取りによる負担が問題でした。
この問題を解決するために、CMS「ShareWith」を導入しました。
結果、サイト全体をShareWithで管理して運営負担を軽減することができたというわけです。

このように、マネックスグループ株式会社は、CMSを活用してる企業事例となります。

ホーユー株式会社

CMSを導入したホーユー株式会社のホームページ

ホーユー株式会社

ホーユー株式会社は、クラウド型のCMS「Blue Monkey」を導入してます。
CMS導入前は、Web制作は完全外注だったので、都度修正の内容を資料にまとめたり、文字ひとつ修正するにも費用がかかっていました。
つまり、サイト更新にかかる手間とコストが問題でした。 この問題を解決するために、CMS「Blue Monkey」を導入しました。
結果、1ページあたりの制作コストや更新にかかる時間や工数を大幅に削減できたというわけです。

このように、ホーユー株式会社は、CMSを活用してる企業事例となります。

まとめ:CMSの基礎を理解して、Webマーケティングに活かそう

CMSの基礎を理解して、Webマーケティングに活かしましょう。
そのためには、メリットなどの特徴を知っておくことが重要です。

一方、基礎を知らなければ、CMSがどのようなものか?わかりません。
そうなれば、CMSの導入に至りません。
結果、Webサイトを運用する手間や費用が掛かり続けます。
つまり、重要なコンテンツ作成や業務に注力できなかったり、コスト削減できません。
こうした悪い状況を回避する為に、CMSの基礎を理解して、Webマーケティングに活かしましょう。

SEO対策しても検索順位が上がらない…なぜ?

検索順位の推移

SEO対策しても検索順位が上がらない…なぜ?

検索順位が上がらない理由は、SEO対策の質が低いからです。

例えば、ユーザーの検索意図を無視したり、関連性の低いコンテンツを増やす、内部リンクの最適化など疎かにします。
この場合、SEO対策の質が下がります。
そうなれば、ページやサイト自体の品質が上がらないので、Googleに評価されづらくなります。
結果、検索順位が上がらないというわけです。

こうした悪い状況を回避する為に、サイトの欠点を調査して上位化に必要な対策をご案内します(無料)。

検索順位を上げたり、検索流入を増やすにはSEOが重要!

SEO対策無料ご提案はこちら