SEOに関する実験やデータ分析などを公開します

SEOの疑問を実験で解明しブログ配信【SEOラボ】

CMSでSEO効果を引き出すためのポイントについて

CMSを導入すれば、基本的にトップ、カテゴリ、エントリーページ(ブログ記事)同士が内部リンクされて、自然とリンク構造が強化できます。
また、HTML構造が最適化されたテンプレートが使えるので、簡単に内部の強化もできます。
このように、端からクローラビリティやユーザビリティが高いWebサイト(ブログ)を運用できることから、CMSがSEOに強い(有利)というわけです。

ですが、半面、不要なリンクやページが生成されるので、ユーザーにとって役立たないコンテンツも構築されます。
なので、こうした不要な部分を取り除いたり、必要な部分を補って利便性を高めるようにCMSを活用することがSEO効果を引き出すためのポイントとなります。

この点踏まえて、今回は、CMSでSEO効果を引き出すためのポイントについて中心に、初心者にもわかりやすく論点をまとめて解説したいと思います。

CMSでSEO効果を引き出すためのポイントについて

CMSでSEO効果を引き出すためのポイントについて

不要な部分を取り除いたり、必要な部分を補って 利便性を確保しながら、CMSでSEO効果を引き出そう!

CMSを導入するだけで、基本的に内部リンクやHTML構造が最適化されるので、SEO効果が期待できます。
WordPress」「Movable Type」「Joomla」「Drupal」などの有名なCMSがありますが、中でもとくに、Googleが推奨するWordPressを利用すれば効率よくSEO効果を上げることが出来るでしょう。

一方、WordPress等のCMSをデフォルトのまま利用すれば、不要なリンクやページも構築されるので、ユーザーにとって役立たないコンテンツが表示されることになります。
なので、そういった不要な部分を取り除いたり、必要な部分を補って利便性を確保しながら、CMSを活用することがSEO効果を最大限引き出すためのポイントとなります。

ここでは、WordPressを例に取り上げて、CMSのSEO効果を引き出すためのポイントについて触れていきたいと思います。

XMLサイトマップを設置する

専用のプラグインを活用して、 サイト内のクローラビリティを高めながら CMSでSEO効果を引き出そう!

XMLサイトマップを設置するには、Google XML Sitemaps」プラグインを活用します。
例えば、まず、WordPress内のメニューから「プラグイン」をクリック後、新規追加から「Google XML Sitemaps」を探してインストールし、有効化します。
そして、有効化した「Google XML Sitemaps」の設定から「your sitemap」のリンクをクリックすれば、XMLサイトマップが作成されると同時に、サーバー上に設置されます。

WordPressでの「Google XML Sitemaps」プラグインの設定

最後に、サーバー上に設置したXMLサイトマップのURL(例:https://seolaboratory.jp/sitemap.xml)をサーチコンソールから送信しましょう。
そうすれば、XMLサイトマップを通じてサイト内のクロールが促進されるので、Googleに評価されやすくなります。

こうして、専用のプラグインを活用して、サイト内のクローラビリティを高めることが、CMSでSEO効果を引き出すためのポイントとなります。

一方、XMLサイトマップを設置しなければ、クローラビリティが上がらないので、その分SEO効果も期待できません。
例えば、リンク階層が深い大規模サイトであれば、ランディングページから少ないクリック数でサイト内の全ページに到達できないので、クローラビリティが低下します。
クローラビリティが低下することによってインデックスが抑制されるので、その分SEO効果が見込めないというわけです。
なので、そのクローラビリティを補填するために、XMLサイトマップを設置することがCMSでSEO効果を引き出す上で重要となります。

簡潔なURLにする

シンプルな文字列にして、 ユーザーやクローラが認識しやすいURLにしながら CMSでSEO効果を引き出そう!

簡潔なURLにするには、文字列を減らします。
例えば、「/search-engine-optimization/」であれば「/seo/」のように略して文字列を減らし、コンテンツ内容を示す短いURLにします。
また、当ブログSEOラボのように「https://seolaboratory.jp/91744/」といったシンプルなURLにします。
こうしたURLは、WordPressであれば「Custom Permalinks」プラグインを活用したり、パーマリンク設定で「投稿ID(/%post_id%/)」をURLとして設定すれば実装出来ます。

WordPressでの「パーマリンク設定」カスタム構造の場合

そうすれば、文字列が認識しやすくなり、かつ参照しやすいURLとなります。
結果的に、ユーザビリティやクローラビリティが高まり、かつ共有や被リンク(外部リンク)獲得が促進されるので、Googleに評価されやすくなります。

こうして、シンプルな文字列にして、ユーザーやクローラが認識しやすいURLにすることが、CMSでSEO効果を引き出すためのポイントとなります。

その他に、「パラメータの削除」「英語やハイフンの使用」「短いディレクトリ名」を考慮して、簡潔なURL名にしましょう。

一方、複雑なURLとなれば、ユーザビリティやクローラビリティが低下するので、その分SEO効果が見込めないでしょう。
例えば、パラメータを含む冗長で難解なURLであれば、投稿に文字数制限のあるTwitterで共有されづらくなったり、クローラが認識しづらくなります。
そうなれば、参照される機会が減ってサイテーションや被リンク獲得が促せなかったり、インデックスされない可能性が高まるので、その分SEO効果が期待できないというわけです。
なので、こうした状況を回避するために、出来るだけ簡潔なURLにすることが、CMSでSEO効果を引き出すためのポイントとなります。

パンくずリストを設置する

パンくずリストを設置して、 ユーザーやクローラーにサイト構造の認識を促しながら CMSでSEO効果を引き出そう!

パンくずリストを設置するには、Breadcrumb NavXT」プラグインを活用します。
例えば、まず、WordPressのメニューの「プラグイン」から「新規追加」をクリック後、「Breadcrumb NavXT」を探してインストールし、有効化します。

WordPressで「Breadcrumb NavXT」をインストール

そして、「外観」から「テーマ編集」をクリック後、テーマファイルからパンくずリストを表示したいファイル(header.php等)をクリックして、そのファイル内に専用のコードを挿入します。

専用のコード

※参考:How to Implement Schema.org BreadcrumbList with Breadcrumb NavXT | mtekk's Crib

そうすれば、パンくずリストが表示できるので、サイト内におけるページの属性(ページの位置やトピック)がわかるようになります。
結果的に、ユーザビリティやクローラビリティが向上するので、Googleに評価されやすくなるでしょう。

こうして、パンくずリストを設置して、ユーザーやクローラーにサイト構造の認識を促すことが、CMSでSEO効果を引き出すためのポイントとなります。

ちなみに、パンくずリストを設置しなければ、サイト構造が認識しづらくなるので、その分SEO効果も期待できません。
もう少し言えば、パンくずリストが無ければ、ランディングページの属性がわからないので、サイト内における位置やトピックが把握できません。
そうなれば、ユーザーの利便性の向上やクロール促進に繋がらないので、SEO効果が見込めないというわけです。
こうした状況を回避するためにも、パンくずリストを設置して、サイト構造をわかりやすくしておくことが、CMSでSEO効果を引き出すためのポイントとなります。

URLを正規化する

重複コンテンツや被リンクの分散を回避して、 1つのURLに評価を統一しながら CMSでSEO効果を引き出そう!

URLを正規化するには、301リダイレクトを活用します。
例えば、「https://www.seolaboratory.jp」と「https://seolaboratory.jp」のwww有無どちらのURLにもアクセスできる場合があります。
この場合、WordPressであれば、WordPressをインストールしたディレクトリもしくはルートディレクトリにある.htaccessファイルに、「www.seolaboratory.jp」から「seolaboratory.jp」にリダイレクトするための専用コードを追記して、そのファイルをサーバー上に再アップロードします。

サーバー上にある.htaccessファイル

そうすれば、301リダイレクトによってwww無しの「https://seolaboratory.jp」だけにアクセスを集めることができ、かつ検索エンジンにそのURLだけを認識させることができます。
結果的に、リンクやコンテンツ評価が1つのURLに統一されるのでGoogleに評価されやすくなるというわけです。

また、canonicalタグを併用したり、内部リンクのURLやサイトマップ内のURLの記述を統一して、indexやスラッシュ有無含めたURLの正規化を促進しましょう。
canonicalタグは「All in One SEO Pack」などのプラグインを導入すれば、WordPress内から設定できます。

こうして、重複コンテンツや被リンクの分散を回避して、1つのURLに評価を統一することが、CMSでSEO効果を引き出すためのポイントとなります。

一方、URLを正規化しなければ、重複コンテンツや被リンクが分散するので、Googleから評価されづらくなります。
もう少し言えば、URLを正規化しないことで、サイト内に同じコンテンツを持つURLが複数存在することになるので、ユーザーにとって利便性が低下します。
また、クロール時に同じコンテンツを巡回して無駄なリソースを使うことになるので、他の重要なページへのクロールを妨げる可能性が高まります。
そうなれば、ユーザビリティやクローラビリティの低下によって、その分SEO効果も見込めなくなるでしょう。
こうした状況を回避するためにも、URLを正規化してユニークなコンテンツを提供することが、CMSでSEO効果を引き出すためのポイントとなります。

検索意図を考慮したページを作る

検索クエリとの関連性を高めて、 かつ独自性を考慮したページを作成しながら CMSでSEO効果を引き出そう!

検索意図を考慮したページを作るには、まず、競合上位サイトの傾向を見ます。
例えば、上位表示したいキーワード(SEOキーワード)で実際に検索して表示される、競合上位サイトのタイトル名やコンテンツ内容の傾向を採用して、自身のページを作成(更新)します。
もう少し言うと、SEOキーワードが「SEO対策」の場合、そのキーワードで検索して表示される競合上位サイトのタイトル名には「SEO対策で上位表示する方法」に関する内容が多く表示されます。
なので、「SEO対策で上位表示する方法」という内容を盛り込んで自身のページのタイトル名を作成するといった具合です。
また、コンテンツ内容は、作成したタイトル名との整合性を考慮して、かつ情報の網羅性、手に入れやすさ(簡便性)、信憑性(正確性)を加味しましょう。

WordPressでの投稿機能における「タイトル名」と「コンテンツ内容」

そうすれば、ユーザーの検索意図を考慮したページに仕上がるので、Googleに評価されやすくなります。
ちなみに注意点として、競合上位サイトのコンテンツをそのままコピペすること止めましょう。
あくまでも傾向を採用して、自身の知識や考え(体験や経験)といった言い回しを盛り込んだオリジナリティを盛り込むことがSEOにおいて重要です。

こうして、検索クエリとの関連性を高めて、かつ独自性を考慮したページを作成することが、CMSでSEO効果を引き出すためのポイントとなります。

一方、検索意図を考慮しなければ、検索ユーザーの求める情報が含まれないページに仕上がるので、その分Googleから評価されづらくなります。
もう少し言えば、SEOキーワードがタイトル名に設定されてなかったり、SEOキーワードや共起語がコンテンツ内容に含まれていなければ、検索意図を考慮したページとして認識されづらくなります。
結果的に、検索クエリと関連性が低いページとしてGoogleに判断されて、SEO効果が見込めないでしょう。
こうした状況を回避するためにも、ユーザーの検索意図を考慮してページ作成することが、CMSでSEO効果を引き出すためのポイントとなります。

関連リンクを挿入する

文脈に関連するリンクを挿入して、 ユーザビリティの向上や専門性を確保しながら CMSでSEO効果を引き出そう!

関連リンクを挿入するには、前後の文脈との関連性を考慮します。
例えば、「SEO対策を進めるうえで重要であり、上位表示を目指すためのポイントとなります。」という文脈の直後に、「SEO対策とは?SEO対策で上位表示するための方法について」というWebページに向けてリンクを貼ります。

文脈に関連したリンクの例

そうすれば、文脈や前後の文章内で使ってる語句やフレーズに関連したリンクが設置できるので、リンクのクリックが促進でき、ユーザーが補助情報得てコンテンツへの理解をより深めることができます。
結果的に、ユーザーの利便性が向上するので、Googleに評価されやすくなります。
また、リンク元ページとリンク先ページの関連性をクローラーに明示することができるので、専門性の担保にもつながり、その点でもGoogleに評価されやすくなるでしょう。

こうして、文脈に関連するリンクを挿入して、ユーザビリティの向上や専門性を確保することが、CMSでSEO効果を引き出すためのポイントとなります。

さらに言えば、メインコンテンツの下部やサイドカラムに、ページのテーマ(タイトル名)に関連するリンクを挿入することでも、それなりのSEO効果が見込めるでしょう。

一方、文脈と関連性が低いリンクを挿入しても、ユーザーの役に立たないので、クリックされないでしょう。
そうなれば、質の低いリンクとなり、そのリンクがあるページ自体の質を下げることに繋がるので、Googleに評価されづらくなります。
こうした状況を回避するためにも、前後の文脈と関連性の高いリンクを挿入することが、CMSでSEO効果を引き出すためのポイントとなります。

ちなみに、関連リンクを挿入する際は、リンク先ページ(ランディングページ)の質も考慮しましょう。
リンク先ページの質が高ければ、その分SEO効果も見込めるようになります。
リンク先ページには、サイト内のページ、サイト外のページの両方があるので、いずれも質の高いページを考慮してリンクしましょう。

目次リンクを入れる

目次リンクを活用して、 ユーザーの欲しい情報をより手に入れやすくしながら CMSでSEO効果を引き出そう!

目次リンクを入れるには、ページの上部に設置することを考慮します。
例えば、ページのテーマ(タイトル名)に沿って書いたコンテンツ内容が6つのセクションに分かれてるとします。
その6つのセクションごとの見出しをそれぞれhタグ(見出しタグ)でマークアップして、「id」を振っておきます。
そして、その見出しの文言をもとに作成した目次をページの上部に設置して、その目次から各見出しへページ内リンクを設定します。

目次リンクの例

そうすれば、目次リンクからコンテンツの各見出しへジャンプすることができるので、ユーザーは、より見たいコンテンツへ迅速に辿り着くことができ、かつ、どんなコンテンツ内容が書かれてるか?すぐ把握することができます。
結果的に、ユーザーの利便性が向上するので、その分Googleに評価されやすくなるというわけです。

ちなみに、WordPressであれば、「Easy Table of Contents」プラグインを使うことで、目次リンクが簡単に設定できます。

こうして、目次リンクを活用して、ユーザーの欲しい情報をより手に入れやすくすることが、CMSでSEO効果を引き出すためのポイントとなります。

一方、目次リンクを設置しなければ、とくに長いコンテンツだとユーザーの利便性が上がらないので、その分Googleに評価されづらくなるでしょう。
もう少し言えば、目次リンクが無いことで、目的のコンテンツへ辿り着くために何度もスクロールする手間が増えるので、ユーザーにストレスが加わります。
そうなれば、ユーザーの利便性が低下するので、SEO効果も見込めなくなります。
こうした状況を回避するためにも、目次リンクを設置して、ユーザーの欲しい情報がすぐ手に入るように簡便性を高めておくことが、CMSでSEO効果を引き出すためのポイントとなります。

ウェブ標準に準拠してマークアップする

W3Cの仕様に沿ったマークアップして、 クローラーやユーザーが認識しやすいページに仕上げながら CMSでSEO効果を引き出そう!

ウェブ標準に準拠してマークアップするには、W3Cが定義するHTMLタグを考慮します。
例えば、W3Cの定義を集約してるMDNのサイト「HTML: HyperText Markup Language」を参考に、見出しであれば「hタグ」、テキストの段落であれば「pタグ」、リストの項目であれば「ulタグ、olタグ、liタグ」などのあらかじめ定められたHTMLタグを使用して、テキスト、画像、その他のコンテンツをマークアップします。

W3Cの定義に基づいたHTMLマークアップ例

そうすれば、クローラーがソースコードを認識しやすくなり、かつ、多くのブラウザ環境で適切にWebサイトの情報を伝えることができるのでユーザーの利便性の向上につながります。
結果的に、クローラビリティやユーザビリティが向上するので、Googleに評価されやすくなるというわけです。

ちなみに、WordPressであれば、基本的にウェブ標準に準拠したテンプレートが用意されてます。
ですが、そのテンプレートを使って、さらに自らサイト構築する際は、W3Cの定義に沿ったHTMLマークアップをして、ウェブ標準に準拠する必要があります。

こうして、W3Cの仕様に沿ったマークアップして、クローラーやユーザーが認識しやすいページに仕上げることが、CMSでSEO効果を引き出すためのポイントとなります。

また、W3Cの仕様に沿ったHTML構造のチェックは「The W3C Markup Validation Service」の専用ツールを活用しましょう。

一方、ウェブ標準に準拠しないと、ユーザビリティやクローラビリティの低いページとなるので、その分Googleに評価されづらくなります。
もう少し言えば、テキスト文章のマークアップで閉じタグが抜けてたり、alt属性の記入漏れなどがあれば、クローラビリティが低下したり、ブラウザでユーザーが閲覧したときに適切なコンテンツ情報が表示されません。
そうなれば、ページ自体の質が低下するので、SEO効果も見込めなくなります。
こうした状況を回避するためにも、ウェブ標準に準拠したサイトに仕上げることが、CMSでSEO効果を引き出すためのポイントとなります。

不要なリソースを減らす

必要なリスースだけにして負荷を軽減し、 読み込み速度の早いページに仕上げながら CMSでSEO効果を引き出そう!

不要なリソースを減らすには、キャッシュを活用します。
例えば、WordPressであれば、「WP Fastest Cache」などのキャッシュ系プラグインをインストールして有効化します。

WordPressでの「WP Fastest Cache」プラグインのインストール

そうすれば、キャッシュによってWebページの情報を一時保存して、保存したデータから情報を取り出せるようになるので、Webページを表示する際のリソースが軽減できます。
結果的に、クローラビリティが高まり、かつ、ページの読み込み速度が上がってユーザビリティが向上するので、Googleに評価されやすくなるというわけです。

その他に、画像やソースコード、ファイルの最適化やPHPバージョンの改善、AMP対応などもリソースが軽減できる対策です。

こうして、不要なリソースを省いたり、必要なコンテンツだけ構築して、負荷が低く、読み込み速度の早いページに仕上げることが、CMSでSEO効果を引き出すためのポイントとなります。

一方、不要なリソースが多いと、サーバーに負荷がかかって読み込み速度が遅くなるので、その分Googleに評価されづらくなります。
もう少し言うと、サイズの大きい画像やJavascriptやCSSなどのファイルを数多く読み込めば、サーバーに対するリソースが過多になってページの情報を取得して表示するまで時間がかかりやすくなります。
そうなれば、クローラビリティやユーザビリティが低下するので、SEO効果も見込めなくなります。
こうした状況を回避するためにも、ファイルとサーバー側のリソースを考慮して、ユーザーとクローラーが認識しやすいサイトにすることが、CMSでSEO効果を引き出すためのポイントとなります。

ちなみに、ページの表示速度を計測するには「Test My Site」や「PageSpeed Insights」を活用しましょう。

まとめ

CMSの特徴を活かして、SEO効果を引き出しましょう。

しかし、CMSを導入しただけでは、SEO効果を最大限引き出すことはできません。
SEO効果を最大限引き出すためには、ユーザーの検索意図を考慮したコンテンツを作成します。
具体的には、ユーザーが求める情報の量(網羅性)や手に入れやすさ(簡便性)、信憑性(正確性)、独自性まで加味した良質なコンテンツに仕上げます。
そうした良質なコンテンツを増やして、専門性や権威性、ユーザビリティ、クローラビリティを加味したより信頼できるサイトにすることが、SEO対策で上位表示を目指すためのポイントとなります。

SEOラボのおすすめ記事がLINEに届く!「SEOラボを友だち追加する」

カテゴリから記事を探す

SEO対策無料ご提案はこちら