SEOに関する実験やデータ分析などを公開します

SEOの疑問を実験で解明しブログ配信【SEOラボ】

SEOに効果的な画像にするためのポイントについて

SEOに効果的な画像にするためには、テキストとの関連性を考慮します。
例えば、「SEO対策によってサイトが上位表示しやすくなる」というテキストの文言内容に沿って作成した良質な画像を、そのテキストの直後に挿入します。
そうすれば、テキストの文字情報だけでなく、テキストに関連する視覚的な情報も認識できるので、ユーザーがコンテンツ(ブログ記事の内容)をより理解しやすくなります。
結果的に、ユーザーの利便性が高まって、Google(検索エンジン)に評価されやすくなるので、その分順位上昇も期待できるというわけです。

一方、低品質な画像を挿入すれば、ユーザーの利便性が低下するので、その分Googleから低評価を下される可能性があります。
こうした状況を回避するためにも、まずは、ユーザーの検索意図やユーザーが求める情報の量(網羅性)、手に入れやすさ(簡便性)、独自性、信憑性を考慮したWebページを作成しましょう。
そうした上で、良質な画像を含めてより品質の高いページとなるようにSEO対策を進めることが、上位表示(検索順位の上昇)を目指すためのポイントとなります。

この点踏まえて、今回は、SEOに効果的な画像にするためのポイントについて中心に、初心者にもわかりやすくポイントをまとめて解説したいと思います。

SEOに効果的な画像にするためのポイントについて

SEOに効果的な画像にするためのポイントについて

見やすく、わかりやすくして ユーザビリティやクローラビリティを加味した画像にしよう!

SEOに効果的な画像にするためには、テキストとの関連性を考慮します。
例えば、「ユーザーの利便性を考慮してSEO対策を進める」という文言内容がテキストで綴られてるとします。
その綴られてる文言内容に沿って作成した良質な画像を、テキストの直下に挿入します。
そうすれば、文字情報だけでなく、視覚的に情報も認識できるので、ユーザーがよりコンテンツを理解しやすくなります。

一方、低品質な画像を提供すれば、ユーザーの利便性が低下するので、Googleから低評価を受けやすくなります。
こうした状況を回避するためにも、「オリジナリティ」「代替テキストの設定」「簡潔なファイル名」「ファイルサイズ」「画質」「ファイル形式」「画像サイトマップの活用」「モバイルフレンドリー」も考慮して、より品質の高い画像を挿入して認識させましょう。

こうして、見やすく、わかりやすくして、ユーザビリティやクローラビリティを加味した画像にすることが、最大限SEO効果を引き出すためのポイントとなります。

テキストとの関連性を高める

画像でテキスト文章の補足をして、 コンテンツのわかりやすさをより向上させよう!

テキストとの関連性を高めるには、関連するテキストの近く(周辺)に画像を挿入します。
例えば、「専門性を考慮してサイト設計する」というテキストの文言内容に合わせて作成した画像を、そのテキストの直下に挿入します。
そうすれば、テキスト情報だけでなく、関連する視覚的な情報も認識できるので、ユーザーのコンテンツ理解度がより高まります。
結果的に、ユーザーの利便性が向上するので、Googleに評価されやすくなります。

こうして、テキスト文章の補足をして、コンテンツのわかりやすさをより向上させる画像にすることが、SEOに効果的な画像にするためのポイントとなります。

一方、関連性の低い画像を挿入すれば、その分わかりずらいコンテンツとなって、ユーザーの利便性が低下するので、SEO効果が低減する可能性があるでしょう。

オリジナリティを出す

他サイトとなるべく被らない画像にして多様性を加味し、 ユーザーの利便性を向上させよう!

オリジナリティを出すには、競合で使われてないテイストを考慮します。
例えば、イラストレーターなどの専用ソフトを使って、前後のテキスト内容に合わせたイラスト画像を自分なりに作成します。
そうすれば、独自性の高い画像(オリジナル画像)に仕上がります。
その画像をコンテンツに挿入すれば、オリジナリティが考慮されたWebページに仕上がるので、Googleに評価されやすくなります。

こうして、他のサイトとなるべく被らないように多様性を加味して、ユーザーの利便性を向上させる画像にすることが、SEOに効果的な画像にするためのポイントとなります。

一方、競合サイトと同じような画像を使用すれば、ユーザーエンゲージメントの低下につながって、その分SEO効果が見込めないでしょう。
もう少し言うと、例えば、よくあるのが、競合ページで使われてるフリー素材の画像と同じ画像が自身のページにあるとします。
この場合、ユーザーが競合ページの次に自身のページを訪問して同じ画像を目にすれば、自身のページの画像に見飽きて、離脱が早まったり、滞在時間が短くなる可能性があります。
そうなれば、ユーザーエンゲージメントが低下するので、その分SEO効果も期待できなくなるというわけです。
こうした状況を回避するためにも、出来るだけ他サイトと異なったオリジナリティのある画像(写真)を使用するようにSEO対策を進めることがポイントとなります。

ちなみに、オリジナリティを出すには、自分なりに画像を作成する以外に、有料画像を活用する方法もあります。
有料画像でも他のサイトと被ることはありますが、フリー画像より活用される機会が少ないので、その分オリジナリティーが確保しやすいでしょう。

代替テキスト(alt属性)を設定する

画像の情報をalt属性に記述して、ユーザビリティを考慮しよう!

代替テキストを設定するには、HTMLタグのimg要素でalt属性を記述します。
例えば、猫がジャンプしてる画像があれば、その画像を表示するためのHTMLタグであるimg要素のalt属性に「猫が床からテーブルの上に飛び乗る」といった文言を記述します。
そうすれば、代替テキストを設定することができます。
代替テキストが設定されたWebページは、画像の情報もテキストで抽出できるようになるので、その分ユーザーの利便性が高まってGoogleに評価されやすくなります。

こうして、代替テキストを記述して、ユーザビリティを考慮した画像にすることが、SEOに効果的な画像にするためのポイントとなります。

一方、alt属性を記述しなければ、スクリーンリーダーなどのテキストを読み上げるブラウザ(音声ブラウザ)に対応できないので、アクセシビリティが低下します。
そうなれば、ユーザの利便性が低下して、その分SEO効果も見込めなくなるでしょう。

ちなみに、SEOキーワードを詰め込んだ代替テキストにすれば、スパムとみなされてペナルティを受ける可能性が高まります。

簡潔なファイル名にする

簡潔なファイル名を付けて、 文字列から画像の内容が判別できるようにしよう!

簡潔なファイル名にするには、画像の内容をわかりやすく示す文字列を考慮します。
例えば、猫が寝てる画像があるとすれば、その画像ファイル名は「cat-sleeping.jpg」にします。
そうすれば、ファイル名から画像内容が認識しやすくなってクローラビリティやユーザビリティが高まるので、その分Googleに評価されやすくなります。

こうして、簡潔なファイル名を付けて、文字列から内容が判別できる画像にすることが、SEOに効果的な画像にするためのポイントとなります。

一方、数字だけ羅列されたファイル名や「picture.jpg」といったテーマ性の無いファイル名は、そのファイル名から画像の内容が推測できません。
そうなれば、ユーザーやクローラーが認識しづらい画像となるので、その分SEO効果も見込めないでしょう。

早く読み込めるようにする

画像以外のアセットで表現する部分を増やして、 Webページ自体のダウンロード容量を減らすようにしよう!

早く読み込めるようにするには、不要なリソースを軽減します。
例えば、CSS3エフェクトやWebフォントなどのHTML、CSS、JavaScriptといった画像以外のアセットで、出来るだけコンテンツを表現します。
そうすれば、画像加工が減るので、その分画像のファイルリソースが軽減されます。
結果的に、読み込みが早くなるので、ユーザーの利便性の向上に繋がって、Googleに評価されやすくなります。

こうして、他のアセットで表現する部分を増やして、Webページ自体のダウンロード容量を減らすような画像にすることが、SEOに効果的な画像にするためのポイントとなります。

また、レスポンシブ画像技術やAMPを利用したり、編集時の画質設定や保存時の画像形式を変更することでも、画像のファイルリソースが軽減できます。

一方、テキストの埋め込み、グラデーションやシャドウなどの加工を施した画像にすれば、画像の容量が膨らみます。
こうした画像が増えれば、Webページのダウンロード容量も増大して読み込み速度の遅延につながるので、SEO効果が低減する可能性が高まるでしょう。

ちなみに、PageSpeed InsightsTest my siteを使えば、読み込み速度の数値とともに早く読み込めるようにするための提案が確認できます。

高画質で提供する

高品質な画像を採用して、 コンテンツの質を高めるようにしよう!

高画質で提供するには、高画質の画像を扱ってる専門サイトを活用します。
例えば、高画質画像を扱ってる最も有名な専門サイト「Pixabay」で、気になる写真をダウンロードします。
そのダウンロードした写真を自身のコンテンツの一部として埋め込めば、高画質の画像を提供することができます。
結果的に、高画質の画像が埋め込まれたコンテンツは、ユーザーを惹きつけるので、その分ユーザーエンゲージメントが高まってGoogleに評価されやすくなります。

こうして、高品質なものを採用して、コンテンツの質を高めるような画像にすることが、SEOに効果的な画像にするためのポイントとなります。

一方、ぼやけて不明瞭な低品質画像は、ユーザーを最大限に惹きつけることができないので、その分離脱率が高まったり、滞在時間が短くなってユーザーエンゲージメントの低下につながり、SEO効果も見込めないでしょう。

ちなみに、Pixabayは、独自の基準で画質ガイドラインを設定して、そのガイドラインに準拠してる画像だけを選定して採用してます。
なので、公開されてるすべての画像は基本的に高品質と言えます。
Pixabayに限らず、独自に画像のガイドラインを設けてる専門サイトがあれば、高画質の写真を数多く扱ってる可能性が高いでしょう。

付け加えれば、自身で質の良いレンズが搭載されたカメラを使って写真を撮れば、いつでも高画質の画像が確保できます。

汎用的なファイル形式にする

よく使われてる一般的なファイル形式にして、 多くのブラウザが認知できる画像にしよう!

汎用的なファイル形式にするには、多くのブラウザでサポートされてる画像ファイル形式を考慮します。
例えば、シェア率の高いGoogle Chromeブラウザやその他多くのブラウザでもサポートされてる「JPEG」のファイル形式で画像を提供します。
そうすれば、より多くのブラウザで画像が表示されて、その分ユーザーの利便性が確保できるので、その画像を埋め込んだコンテンツはGoogleに評価されやすくなります。

こうして、よく使われてる一般的なファイル形式を採用して、多くのブラウザが認知できる画像にすることが、SEOに効果的な画像にするためのポイントとなります。

また、「JPEG」以外に「GIF」や「PNG」も、多くのブラウザでサポートされてる画像ファイル形式です。

一方、「WebP」や「JPEG XR」の画像ファイル形式は、まだブラウザでのサポートが少ないです。
なので、それらのファイル形式がサポートされてないブラウザにおいては、Web上に画像が表示されないケースも出てくるでしょう。
なので、現時点では「WebP」や「JPEG XR」の画像を使ったコンテンツは、その分ユーザーの利便性が低下して、SEO効果が見込めない可能性が考えられます。

画像サイトマップを使う

画像サイトマップを使って、Googleに認識されやすくしよう!

画像サイトマップを使うには、専用のXMLタグでマークアップしたサイトマップを作成します。

※引用元:画像サイトマップ – Search Console ヘルプ

このように、まず、XML宣言のあとにXMLネームスペースを記述して、「image:image」や「image:loc」といった専用のXMLタグでマークアップした画像サイトマップを作成します。
そして、作成した画像サイトマップファイル(例:sitemap-image.xml)のURLをサーチコンソールから送信して、画像のクロールを促進します。
そうすれば、画像の情報が認識されやすくなるので、良質な画像が認識されれば、その良質な画像が埋め込まれたコンテンツはGoogleから評価されやすくなるでしょう。

こうして、専用のサイトマップを使って、Googleに認識されやすい画像にすることが、SEOに効果的な画像にするためのポイントとなります。

ちなみに、画像サイトマップを使わなくても、ある程度リンク構造がしっかりしてれば、画像は認識されます。
ですが、リンク構造が貧弱なサイトであれば、クローラビリティの低さによって、Webページが認識されづらい状況となります。
そうなれば、Webページに埋め込まれてる画像も認識されづらくなります。
こうした状況を回避するためにも、画像サイトマップを副次的に活用してSEO対策をすすめることがポイントとなります。

モバイルフレンドリーにする

モバイル向けに画像を調整して、多くの端末に適応させよう!

モバイルフレンドリーにするには、モバイルフレンドリーテストで不合格だった問題点を改善します。
例えば、「コンテンツの幅が画面の幅を超えています」という問題点が指摘されたときに、画像の横幅が原因の場合があります。
この場合、画像の横幅を調整して、モバイルブラウザの横幅に収まるようにします。
そして、再度モバイルフレンドリーテストを実施して合格すれば、モバイルフレンドリーなWebサイトとなります。
そうなれば、ユーザーの利便性が向上するので、Googleに評価されやすくなるでしょう。

こうして、モバイル向けに調整して、多くの端末に適応した画像にすることが、SEOに効果的な画像にするためのポイントとなります。

一方、モバイルブラウザで画像の横幅が大きくはみ出せば、画像の内容を全て把握することが困難となります。
そうなれば、ユーザーはその画像含むコンテンツにストレスを感じるため、ユーザビリティの低下に繋がって、その分SEO効果が見込めないでしょう。

ちなみに、レスポンシブデザインを採用して、画像含めたWebコンテンツをモバイルフレンドリー化することがおすすめです。

まとめ

質の高い画像を認識させて、さらにSEO効果を引き出しましょう。

そのためには、画像だけでなくテキスト文章含めてコンテンツを最適化することが重要です。
具体的には、まずユーザーの検索意図、ユーザーが求める情報の量(網羅性)、手に入れやすさ(簡便性)、信憑性、独自性を考慮した良質なコンテンツに仕上げます。
こうした良質なコンテンツを増やして、専門性や権威性、ユーザビリティ、クローラビリティを加味したより信頼できるサイトにしながらSEO対策を進めることが、上位表示を目指すためのポイントとなります。

SEOラボのおすすめ記事がLINEに届く!「SEOラボを友だち追加する」

カテゴリから記事を探す

SEO対策無料ご提案はこちら