SEOに関する実験やデータ分析などを公開します

SEOの疑問を実験で解明しブログ配信【SEOラボ】

ブログの目次とは?作り方について

ブログに目次を入れれば、ユーザーの利便性が高まるので、SEO効果が期待できます。
例えば、文字数が多くて、幾度もスクロールが必要な長いブログ記事があるとします。
こうしたブログ記事の上部に目次を設置しておけば、ユーザーが目的のコンテンツに辿り着きやすくなります。
結果的に、ユーザーの利便性が高まるので、Googleに評価されやすくなるというわけです。

一方、冗長なコンテンツに目次がなければ、ユーザーが目的のコンテンツに辿り着きづらくなります。
そうなれば、ユーザーの利便性が上がらないので、その分Googleから評価されないでしょう。

こうした状況を回避するためにも、目次を設置したブログ記事を公開するようにSEO対策することが重要となります。

この点踏まえて、今回は、ブログの目次の作り方について中心に、初心者にもわかりやすくポイントをまとめて解説したいと思います。

ブログの目次とは?作り方について

ブログの目次とは?

そもそも目次とは、本(書籍)に書かれてる内容の各見出しを、ページの冒頭でリスト化したものです。

これを、ブログに置き換えたものが「ブログの目次」となります。
つまり、コンテンツ内容の各見出しをブログ記事の冒頭でリスト化して、表示したものが「ブログの目次」となります。

ブログの目次では、各見出しへのページ内リンクを設定します。

ブログの目次の必要性

ブログ記事に、目次を入れることが一般化してます。
なぜかというと、目次を入れることで、ユーザーの利便性が高まりやすいからです。
また、目次と見出しを適切なHTMLタグでマークアップすれば、Google検索結果のスニペットにページ内リンクを表示させることができます。
これによって、検索結果での露出やクリック数が増やす効果が期待できます。

こうしたことから、ブログに目次を設置する必要性があるというわけです。

一方、ブログの目次が不要(いらない)と悩む方もいるでしょう。
もし、目次を設置しなければ、ユーザーの利便性が低下しやすくなります。

上位表示させるための基本的対策をご紹介しています。

関連記事

【SEOとは?】SEO対策で上位表示する方法について

検索順位に悩んでいませんか?狙ったキーワードで上位表示させるためには基本的な対策に加え、検索意図に合致したコンテンツが必要となります。これらは…

続きを見る

ユーザーの利便性が高まる

ブログに目次があれば、ユーザーの利便性が高まります。
例えば、ブログ記事の冒頭に目次を設置して、コンテンツの各見出しへページ内リンクでジャンプできるようにします。
そうすれば、ユーザーが本当に求めてる目的のコンテンツへスムーズに辿り着けます。
結果的に、ユーザーの利便性が高まるので、Googleに評価されやすくなるというわけです。

こうしたことから、ブログの目次の必要性が高いと言えます。

一方、ブログに目次がなければ、ユーザーの利便性が下がりやすくなります。
とくに、冗長なコンテンツであれば、ユーザーが幾度もスクロールして目的のコンテンツに辿り着くことになります。
この場合、ストレスによってブログから離脱しやすくなるので、その分Googleに評価されづらくなるでしょう。

検索結果での露出やクリック数が増える

目次と、その目次とリンクする見出しタグを適切なHTMLタグでマークアップすることで、最終的に検索結果での露出やクリック数を増やすことができます。
例えば、目次をリストタグ(ul/liタグ)とアンカータグ(aタグ)のhref属性でページ内リンク指定(#)をHTMLマークアップします。
そして、その目次のリンク先となる見出しをhタグと、spanタグのid属性でマークアップします。

そうすれば、検索結果のスニペットに「~に移動リンク」や「セクションへのリンク」といったページ内リンクが表示されます。(※コンテンツ自体の品質が高いことが前提)
結果的に、検索結果でのリンクの数が増えるので、検索結果での露出やクリック数が増えるというわけです。

こうしたことから、ブログに目次の必要性が高いと言えるでしょう。

一方、適切なHTMLタグでマークアップした目次と見出しがブログ記事になければ、Google検索結果のスニペットにページ内リンクを表示させることができないので、その分検索流入の獲得が抑制されます。

ちなみに、Google検索結果のスニペットに「ページ内リンク」でなく、「サイト内リンク(サイト内の各ページへのリンク)」が表示されるケースがあります。
これは、Google検索アルゴリズムの調整によるものです。
もう少し言うと、このケースでのサイト内リンクの表示は、目次や見出しを特定のHTMLでの記述することが不要です。
一方、ページ内リンクの表示は、特定のHTMLタグで目次や見出しをマークアップしておく必要があります。
いずれのリンクも、基本的には、サイト評価(ドメイン力)が高く、かつ、検索順位5位以内にランクインすることで表示されやすくなります。

ブログの目次の作り方

ブログの目次を設置するには、特定のHTMLタグでマークアップする必要があります。
一方、特定のHTMLタグでマークアップしなくても、目次のように表示することができるので、ページにランディングしたユーザーの利便性は確保できます。
ですが、この場合、Googleのクローラーに有効な目次として認識されないので、「~に移動リンク」や「セクションへのリンク」といったページ内リンクまで表示されません(Google検索結果のスニペットにリンクが表示されません)。
結果的に、Google検索結果での露出やクリック数をさらに増やすことができないというわけです。
こうした状況を回避するためにも、特定のHTMLタグでマークアップしましょう。

また、WordPressで構築したブログ記事であれば、専用のプラグインを導入することで、簡単にGoogleの検索エンジンに有効な目次を設置することができます。

WordPress(ワードプレス)のプラグイン「Table of Contents Plus」を導入する

WordPressプラグイン「Table of Contents Plus」を導入するには、まず、WordPressをインストールして、ログインしてることが前提です。

①WordPressにログイン後、左メニューの「プラグイン」>「新規追加」をクリックします。

WordPress(ワードプレス)のプラグイン「Table of Contents Plus」を導入する方法 イメージ①

②「Table of Contents Plus」で検索後、「今すぐインストール」ボタンをクリックし、「プラグインを有効化」リンクをクリックします。

WordPress(ワードプレス)のプラグイン「Table of Contents Plus」を導入する方法 イメージ②

③「プラグイン」>「インストール済みプラグイン」からTable of Contents Plusの「設定」リンクをクリックし、基本設定(表示する場所、表示条件、プレゼンテーション(デザイン)など)をお好みに調整できます。

WordPress(ワードプレス)のプラグイン「Table of Contents Plus」を導入する方法 イメージ③

④目次を表示させたい場所(主にページの上部)に、専用のショートコード(toc)をマークアップすれば、目次の作成と設置が完了です。

WordPress(ワードプレス)のプラグイン「Table of Contents Plus」を導入する方法 イメージ④

特定のHTMLタグでマークアップする

WordPressを使ってない場合は、特定のHTMLタグで直接マークアップすれば、ブログに目次が実装できます。

上記は、WordPressプラグイン「Table of Contents Plus」を導入してるブログの目次と見出しでマークアップしてる、特定のHTMLタグをそのまま活用してる例です。
肝は、見出しタグ内の「span id」のマークアップです。
「h2 id」としてマークアップして目次を設置したいところですが、これだとGoogle検索結果のスニペットで「~に移動リンク」しか表示されません。
つまり、「セクションへのリンク」が表示されないので、Google検索結果のスニペットでリンク数をさらに増やすことができず、露出やクリック数が最大限引き出せないというわけです。
なので、見出しは、spanタグの属性でid「span id」をマークアップして、ブログに目次を設置するようにしましょう。

まとめ

ブログに目次を設置して、ユーザーの利便性を高めましょう。
ユーザーの利便性が高まれば、Googleに評価されやすくなります。

ですが、ユーザーの利便性が高いだけでは、Googleに最大限評価されません。
Googleに最大限評価されるためには、クローラビリティを高めることも重要です。

なので、検索エンジンに認識されやすいユーザーファーストのコンテンツを作成して、提供することがSEO対策で上位表示を目指すためのポイントとなります。

検索順位が上がらない…と思っていませんか?

検索順位が上がらない…と思っていませんか?

思い通りの検索ワードで上位表示させるには、基本となる外部・内部の対策はもちろん、昨今の大きな変動・競合の強さも大きく影響するため、どういったキーワードで対策するのか?という点も重要となります。

ここを正しく理解しておかなければ上位表示させることは難しく、サイトを効果的に運用し、資産化することができません。

そこで、こちらでは上位表示に必要なSEOが正しく施されているかどうかを無料で調査し、問題点や改善点などのアドバイスを致します。

\ 効果的な改善方法を明確にしませんか? / サイト調査を依頼する

カテゴリから記事を探す

SEO対策無料ご提案はこちら