SEOに関する実験やデータ分析などを公開します

SEOの疑問を実験で解明しブログ配信【SEOラボ】

ブラックハットSEOとは?ホワイトハットSEOとの違いなど徹底解説!

ブラックハットSEOとは、ユーザーや検索エンジンを欺くようにWebサイトを調整して、検索結果で上位表示やより多くの露出を目指す行為のことです。
このブラックハットSEOをすれば、ウェブマスター向けガイドラインに違反する可能性が高いです。
結果的に、ペナルティを受けて、インデックス削除や検索順位の大幅下落につながりやすいです。

一方、ウェブマスター向けガイドラインに準拠してホワイトハットSEOをすれば、Googleに評価されやすいです。
こうした良い状況にするために、ブラックハットSEOを避けて、ユーザーに役立つサイト作りに注力しましょう。

この点踏まえて、今回は、ブラックハットSEOの定義や、ブラックハットSEOとホワイトハットSEOの違いなど中心に、初心者にもわかりやすくポイントをまとめて解説したいと思います。

ブラックハットSEOとは?ホワイトハットSEOとの違いなど徹底解説!

ブラックハットSEOとは?

ブラックハットSEOとは、ユーザーや検索エンジンを欺くようにWebサイトを調整して、検索結果で上位表示やより多くの露出を目指す行為のことです。

例えば、ユーザーがあるWebページを見てるとします。
そのWebページにユーザーには見えないようにCSSで制御してる(画面上から飛ばして表示する、背景色と同じテキスト色にするなどの)コンテンツがあるとします。
この場合、隠しコンテンツとなります。
隠しコンテンツは、ユーザーは見えませんが、検索エンジンは検出できます。

このように、ユーザーを欺くようにコンテンツを調整する行為が「ブラックハットSEO」となります。

ブラックハットSEOの特徴

ブラックハットSEOの特徴として、ユーザーの利便性が低いことが挙げられます。
また、ウェブマスター向けガイドライン違反となり、その違反が判定されるまでには一定の時間を要します。

ユーザーの利便性が低い

ブラックハットSEOは、ユーザーの利便性が低いです。

例えば、外部サイトのコンテンツ内容をコピーして、全く同じコンテンツ内容のサイトを作成して公開します。
この場合、ユーザーは、それぞれのサイトを訪問して、一度見たコンテンツをもう一方でまた見ることになります。
そうなれば、同じ情報なので有用な知識が得れません。
結果的に、ユーザーにとって役立たないというわけです。

このように、ユーザーの利便性が低い点が、ブラックハットSEOの特徴の1つとなります。

ペナルティになる

ブラックハットSEOは、ペナルティになります。

例えば、特定のキーワードで上位表示したいとします。
このときに、その特定のキーワード(SEOキーワード)をタイトル名やコンテンツ内容に詰め込みます。
そうなれば、キーワードの詰め込みとなります。
結果的に、ウェブマスター向けガイドラインに違反するので、ペナルティを受けるというわけです。

このように、ペナルティになる点が、ブラックハットSEOの特徴の1つとなります。

検索エンジンが評価するまで一定時間要する

ブラックハットSEOは、検索エンジンが評価するまで一定時間要します。

例えば、外部サイトのブログ記事のコメント欄に自分のサイトへのリンクだけ投稿します。
これをいくつもの外部サイトのブログ記事で行います。
この場合、コメントスパムでガイドライン違反となるので、最終的にペナルティを受けます。
ですが、このコメントスパムをGoogleが検出するまで、数週間、数か月など一定の時間を要します。
つまり、コメントスパムを実施してからすぐにペナルティになるわけではないというわけです。

このように、検索エンジンが評価するまで一定時間要する点が、ブラックハットSEOの特徴の1つとなります。

上位表示させるための基本的対策をご紹介しています。

関連記事

【SEOとは?】SEO対策の基本知識や上位表示方法など解説

検索順位に悩んでいませんか?狙ったキーワードで上位表示させるためには基本的な対策に加え、検索意図に合致したコンテンツが必要となります。これらは…

続きを見る

一時的に良い評価を受けやすい

ブラックハットSEOは、一時的に良い評価を受けます。

例えば、専門サイトで被リンクを購入します。
この場合、自分のサイトに有料の被リンクが徐々に増えます。
そうなれば、徐々に評価されて、じわじわ検索順位が上昇したり、一気に検索順位が上昇します。
その順位がしばらく高止まりすることもあります。
ですが、購入した被リンクは基本的にガイドライン違反です。
そのため、最終的にはペナルティを受けて検索順位の下落につながるというわけです。

このように、一時的に良い評価を受けやすい点が、ブラックハットSEOの特徴の1つとなります。

ちなみに、購入した被リンクによって、必ず一時的に検索順位が上昇するわけではありません。

ブラックハットSEOとホワイトハットSEOの違い

ブラックハットSEOは、ユーザーや検索エンジンを欺くようにWebサイトを調整して、評価を得ることが目的です。
また、ユーザーの利便性が低い、ガイドラインに抵触してペナルティを受けるといった特徴があります。

一方、ホワイトハットSEOは、ユーザーや検索エンジンが理解しやすいWebサイトに仕上げて、評価を得ることが目的です。
また、ユーザーの利便性が高い、ガイドラインに準拠するので評価されやすい(ペナルティを受けない)といった特徴があります。

このように、目的や特徴において、ブラックハットSEOとホワイトハットSEOに大きな違いがあります。

ちなみに、ホワイトハットSEOについては、「SEOとは?SEO対策の基本や上位表示方法など徹底解説!」で詳しく解説してます。

ブラックハットSEOのやり方

ブラックハットSEOは、ガイドライン違反のリスクが高いので基本的にお勧めしません。
ですが、どのような行為が違反(違法)となるか?ウェブマスター向けガイドラインの「具体的なガイドライン」に一覧で詳しく書かれてます。
その具体的なガイドラインを参考にして、ブラックハットSEOのやり方の要点を紹介したいと思います。

低品質な被リンクを設置する

低品質な被リンクを設置するには、過剰な相互リンクをします。
また、専門サイトから購入した有料リンクや自分で作った低品質なサイトにリンク(自作自演リンク)を設置します。
さらに、ウィジェットリンクを配ったり、コメントスパム(他サイトのコメント欄に自サイトへのリンクだけ投稿する)など行います。
そうすれば、ガイドラインに抵触する低品質な被リンクが増えやすくなります。
結果、最終的にペナルティを受ける可能性が高まるというわけです。

こうして、低品質な被リンクを設置することが、ブラックハットSEOのポイントとなります。

ユーザーや検索エンジンに違うコンテンツを見せる

ユーザーと検索エンジンに違うコンテンツを見せるには、クローキングします。
また、隠しテキストや隠しリンクを設置して、ユーザーには見えないコンテンツを挿入します。
さらに、不正なリダイレクトや不正なマークアップ(構造化データのマークアップの悪用)を行います。
そうすれば、ユーザーや検索エンジンを欺く行為となるので、ガイドラインに抵触します。
結果、最終的にペナルティを受ける可能性が高まるというわけです。

こうして、ユーザーや検索エンジンに違うコンテンツを見せることが、ブラックハットSEOのポイントとなります。

低品質なコンテンツを公開する

低品質なコンテンツを公開するには、ユーザーの利便性を無視したり、ユーザーの利便性が極めて低いコンテンツを公開します。

  • 重要なページへ誘導する(リンクする)ことだけを目的としたコンテンツ
  • 数行しかない内容希薄なコンテンツ
  • キーワードを不自然に詰め込んだユーザーが理解しづらい文脈のコンテンツ
  • 他のページと内容が全く同じコンテンツ
  • 悪意のある動作を伴うコンテンツ
  • 相互リンクのみのページを作成する

このようなコンテンツは、ガイドラインに抵触する低品質なコンテンツになります。
結果、最終的にペナルティを受ける可能性が高まるというわけです。

こうして、低品質なコンテンツを公開することが、ブラックハットSEOのポイントとなります。

ブラックハットSEOを避けるためにすべきこと

ブラックハットSEOすれば、最終的にはペナルティのリスクが高いです。
なので、ウェブマスター向けガイドラインに違反する行為を避けてSEO対策することをお勧めします。

ユーザーの利便性を考慮する

ユーザーの利便性を考慮するには、競合上位サイトの傾向を考慮します。

例えば、SEOキーワードで検索して、上位に表示される競合サイトのタイトル名やコンテンツ内容の傾向を見ます。
そして、その傾向を自身のWebページに盛り込みます。
そうすれば、ユーザーの求める情報(ユーザーの検索意図)が盛り込まれたWebページに仕上がります。
結果的に、ユーザーが満足しやすいコンテンツとなるので、ガイドライン違反の回避につながるというわけです。

こうして、ユーザーの利便性を考慮することが、ブラックハットSEOを避けるためのポイントとなります。

また、ユーザーに見えず、検索エンジンには検出できるコンテンツを挿入したページに仕上げます。(ユーザーと検索エンジンに異なるコンテンツを提供します)
これは、ユーザーの利便性を考慮した対策ではなく、検索エンジンに評価されることを重視した対策です。
つまり、ブラックハットSEOとなります。
これを回避する為に、ユーザーの利便性を最優先に考慮してコンテンツを仕上げることが重要です。

自然なリンクビルディングをする

自然なリンクビルディングをするには、SNSを活用します。

例えば、Twitterで集めたフォロワーに向けて、親和性のあるつぶやきを自身のWebページへのリンクを絡めて投稿します。
また、つぶやきの内容に関連するハッシュタグを付加して投稿します。
この場合、つぶやいたWebページへのリンクをクリックするユーザーが増えやすくなります。
そうなれば、リンク先ページの内容を熟読して、参照してくれる可能性が高まります。
結果的に、自然な被リンクが増えるので、違反行為の回避につながるというわけです。

こうして、自然なリンクビルディングをすることが、ブラックハットSEOを避けるためのポイントとなります。

ちなみに、Webページ内にSNSボタンを設置したり、自ら無料登録でリストを集めてそれらのリストへメルマガ配信するなどします。
これらも自然なリンクビルディングの促進に繋がります。

検索エンジンが検出/理解しやすいサイトにする

検索エンジンが検出しやすくするには、XMLサイトマップを設置します。
また、ページへのリンクをhref属性含むaタグでマークアップしたり、重複コンテンツ(重複URL)の正規化や検索意図を考慮するなどして品質の高いページを増やします。
さらに、ユーザーの需要があるキーワードや正確な語句や文脈を使ったり、タイトル名や階層構造などがわかりやすいコンテンツにします。
そうすれば、Googlebotのクロールを促進できます。
結果的に、クローラーに見つかりやすく、わかりやすいサイトになるというわけです。

こうして、検索エンジンが検出しやすく理解しやすいサイトにすることが、ブラックハットSEOを避けるためのポイントとなります。

まとめ:ブラックハットSEOを避けて、ユーザーに役立つサイト作りに注力しよう

ブラックハットSEOを避けて、ユーザーに役立つサイト作りに注力しましょう。
そのためには、薄っぺらいない内容のコンテンツや他サイトを全部コピーしたコンテンツを公開するなどの行為を避けます。
つまり、具体的なガイドラインに記載されてる行為を回避します。
そして、ウェブマスター向けガイドラインに準拠してSEO対策を進めます。
そうすれば、ユーザーの利便性が考慮されたサイトとなります。
結果的に、ユーザー体験が向上しやすいので、Googleに評価されやすくなるというわけです。

一方、ブラックハットSEOをすれば、ペナルティによってインデックス削除や検索順位の大幅下落に繋がるリスクが高まります。
こうした悪い状況をする回避するために、ブラックハットSEOを避けて、ユーザーに役立つサイト作りに注力しましょう。

検索順位が上がらない…と思っていませんか?

検索順位が上がらない…と思っていませんか?

思い通りの検索ワードで上位表示させるには、基本となる外部・内部の対策はもちろん、昨今の大きな変動・競合の強さも大きく影響するため、どういったキーワードで対策するのか?という点も重要となります。

ここを正しく理解しておかなければ上位表示させることは難しく、サイトを効果的に運用し、資産化することができません。

そこで、こちらでは上位表示に必要なSEOが正しく施されているかどうかを無料で調査し、問題点や改善点などのアドバイスを致します。

\ 効果的な改善方法を明確にしませんか? / サイト調査を依頼する
SEO対策無料ご提案はこちら