SEOに関する実験やデータ分析などを公開します

SEOの疑問を実験で解明しブログ配信【SEOラボ】

RankBrain(ランクブレイン)とは?ランクブレインの役割とSEO対策について

2018/08/24 2018/08/27

RankBrain(ランクブレイン)とは、検索クエリとコンテンツの関連性を判断するAIベースの検索アルゴリズムのことです。
もう少し言うと、この検索アルゴリズムが、コンテンツ内容とユーザーが検索窓に入力した語句(検索クエリ)に関連性があるか?を判断して、Webページのランク付け(検索エンジンへのインデックス)に寄与します。

ちなみにこのRankBrainは、Googleで重要視されてるためしっかり役割を理解したうえで、SEOを進めることが重要となります。

この点を踏まえて、今回はRankBrainの役割とRankBrainを意識したSEO対策について中心に初心者にもわかりやすくポイントをまとめて解説したいと思います。

RankBrain(ランクブレイン)とは?ランクブレインの役割とSEO対策について

RankBrain(ランクブレイン)とは?

RankBrainとは、検索クエリとコンテンツの関連性を判断する AIベースの検索アルゴリズムのこと

RankBrain とは、冒頭でも触れたとおり、検索クエリとWebページ(ブログ記事)のコンテンツ内容との関連性を判断するAI(人工知能)ベースの検索アルゴリズムのことです。
もう少し言うと、RankBrainは、2015年の初期に導入が開始され、機械学習(コンピューターが自身で学習するシステム)を取り入れたAI(人工知能)ベースの検索アルゴリズムとなります。

検索アルゴリズムには、被リンク(ペンギンアルゴリズム)やサイト速度(スピードアップデート)、コンテンツの質(パンダアルゴリズム)などを判断するものなどさまざまあり、200以上の検索アルゴリズム要素(検索ランキング要因)が存在するといわれてます。
この中の1つとして、検索クエリとコンテンツの関連性を判断する(評価する)検索アルゴリズム「RankBrain」があるとイメージしておくとよいでしょう。

このRankBrainは、Googleの検索アルゴリズムでも特に重要視されてるものです。
なので、しっかりRankBrainの役割を理解したうえで、SEO対策(検索エンジン最適化)を進めていくことがサイトパフォーマンスの向上につながり、かつWebマーケティングの成功率を高めるポイントとなります。

RankBrainの役割

検索クエリとコンテンツをつなぐ役割を担ってるのがRankBrain

RankBrainは、簡単に言うとコンピューターが言葉の意味を自動的に理解できるようにしたものです。

例えば、”野球の試合はどんな感じになるかな?”という話し言葉のようなクエリを、”試合結果 野球”と解釈することができ、それに近しい検索結果を出すといったイメージです。

つまり、検索ユーザーが検索窓に入力した語句の意味を理解して、その語句にマッチした検索結果(Webページ)を返すことがRankBrainの役割となります。
このように、RankBrainは、検索クエリとそれにマッチしたコンテンツをつなぐ重要な役割を担ってることになります。

実際に語句を検索してみることで、RankBrainの挙動を体感することができます。
例えば、「SEO対策のやり方」という語句を入力して検索した結果が以下になります。

検索語句「SEO対策のやり方」の検索結果

このように、「SEO対策のやり方」で検索したのに対して、「やり方」ではなく「方法」という語句を含むWebページを多く検索結果として返してることがわかります。
実際に赤枠で囲ったタイトル名の部分に「方法」が含まれてたり、ディスクリプション内容においては、「やり方」で検索したのに対して太字で「方法」がハイライトされてることもわかります。

このことから、「SEO対策のやり方」という検索クエリに対して、関連性の高いコンテンツが「SEO対策のやり方」だけでなく、「SEO対策の方法」について解説したWebページも含まれるということになります。
つまり、検索クエリとコンテンツの関連性を考慮する検索アルゴリズム「RanklBrain」が「やり方」と「方法」を同義と解釈してると言えます。

このように、似たような言葉も含めて解釈し、自動的に関連性の高い検索結果を返すのがRankBrainの特徴です。

上記の例で実践したように、興味のある語句で検索してみることでRankBrainの仕組みや役割を体感することができます。
これは、RankBrainを意識してSEO対策を行ううえでも重要な視点<なるので、これからその点について少し踏み込んで解説したいと思います。

RankBrainを意識したSEO対策について

RankBrainを意識したSEO対策のポイントは?

これまでにも少し触れた通り、RankBrainは、検索クエリと関連性の高いWebページを判断して、検索結果に返すための検索アルゴリズムです。
なので、検索ユーザーが入力した語句と関連性が高いコンテンツを含むWebページを提供することがSEO対策において重要と言えます。

もともと、RankBrainについては、Googleが重要視してると公言しており、昨今特にRankBrainによる検索クエリとコンテンツの関連性が再度注目を集めてます。
これは、SEOに敏感なユーザーたちがこぞって、検索クエリとコンテンツの関連性が上位化と強い相関があると言及しており、改めて重要なSEO対策として認識されてるためです。

弊社でも、実際にこの点を意識したSEO対策によって、上位化を実現してるため確かに欠かせない対策であると実感してます。
では、どのような点をポイントにRankBrainを意識したSEO対策をすればよいか?少し紹介していきたいと思います。

ユーザーファーストを考慮する

ユーザーがより満足するコンテンツを有するサイトにする

RankBrainは、検索クエリとコンテンツの関連性を考慮する検索アルゴリズムです。
もう少し言うと、検索ユーザーが何か語句を入力するというアクションがあってこそ機能するのがRankBrainという検索アルゴリズムです。
このように、ユーザーファーストを考慮した検索アルゴリズムがRankBrainです。

基本的にGoogleは、ユーザーの利便性を一番に考慮するサイト(ユーザーファーストのサイト)を評価することを公式に掲げてるので、RankBrainはそれに基づいて組み込まれた検索アルゴリズムであることが読み取れます。
なので、検索ユーザーがより満足するようなコンテンツを有するサイトを提供することがSEO対策を進めるうえでの最重要ポイントとなります。

検索クエリと関連性の高いコンテンツを提供する

検索クエリと関連性の高いコンテンツを提供する

実際に検索ユーザーがより満足するWebページに近づけるために、どうしたら良いのか?それは、まず検索意図を把握することから始まります。
もう少し言うと、上位化したいキーワードで実際に検索して、上位に表示されるWebページの傾向をまず見ることから始まります。

上位に表示されてるサイトは、実際にGoogleに評価されてるWebページであるとともに、RankBrainによって検索クエリと関連性が高いコンテンツ(ユーザーが求めてる情報を含むコンテンツ)として評価されたWebページでもあります。
なので、このようなWebページのタイトルやディスクリプション、コンテンツがどんな内容なのかを把握して、その内容を自分のコンテンツに落とし込んでくことが必要となります。
もちろんそのままコピーせずに独自性を担保したコンテンツ内容にする必要があります。

このように、オリジナル要素を含めながら、検索クエリと関連性の高いコンテンツを提供するようにコンテンツ対策を進めることが、RankBrainを意識したSEO対策を行う上で重要となります。

まとめ

当ブログでも重要項目としてよく取り上げる「検索クエリとコンテンツの関連性」は、RankBrainという検索アルゴリズムから来ています。
なので、RankBrainの意味や役割を理解したうえで、検索クエリと関連性の高いコンテンツを作成することが、SEO対策をスムーズに進めるポイントとも言えます。

ここで紹介したようなポイントを抑えたうえで、ユーザーがより満足するコンテンツを提供し、Googleに評価されやすい良質なサイトを運用しながら、上位化を目指すことが重要となります。

関連記事SEO対策とは?SEOの対策ポイントについて

SEOラボのおすすめ記事がLINEに届く!「SEOラボを友だち追加する」

カテゴリから記事を探す

SEO対策無料ご提案はこちら