SEOに関する実験やデータ分析などを公開します

SEOの疑問を実験で解明しブログ配信【SEOラボ】

インハウスSEOとは?内製化のメリットなど徹底解説!

インハウスSEOとは、外部委託せずに自社完結型で社内のWeb担当者がホームページのSEO対策をすることです。
このインハウスSEOをうまく行えば、SEOの費用対効果を高めることができます。

一方、SEOの知識が乏しければ、効果的な対策ができません。
この場合、Googleに評価されづらいので、検索順位が上がったり、検索流入が増えません。
そうなれば、SEO効果を高めるために、SEO業者に依頼してコストを費やすことになります。
結果、費用対効果が高まらないというわけです。

こうした良くない状況を回避する為に、インハウスSEOの精度を高めて、良質なコンテンツを作りましょう。

この点踏まえて今回は、インハウスSEOの意味やメリット、デメリットなど中心に、初心者にもわかりやすくポイントをまとめて解説したいと思います。

インハウスSEOとは?内製化し自社でサイト運用する方法

インハウスSEOとは?

インハウスSEOとは、外部委託せずに自社完結型で社内のWeb担当者がホームページやブログのSEO対策をすることです。
このインハウスSEOは、「内製化によるコスト削減」と「自社の効果的なSEO対策」で、費用対効果向上が期待できます。

インハウスSEOのメリット

インハウスSEOのメリットがいくつかあります。

  • コストが削減できる
  • ノウハウが蓄積できる

コストが削減できる

インハウスSEOのメリットは、コストが削減できることです。

例えば、自社でSEO知識をある程度持ってるとします。
この場合、内部対策や外部対策、良質なコンテンツ制作を内製化できます。
そうすれば、外注の費用や外注先とのコミュニケーションにかかる時間を減らすことができます。
つまり、コストが削減できるというわけです。

こうして、コストが削減できることが、インハウスSEOのメリットです。

SEOノウハウが蓄積できる

インハウスSEOのメリットは、ノウハウが蓄積できることです。

例えば、自社でSEOを進めて検索流入や検索順位の動向を分析します。
この場合、検索流入や検索順位が低下すれば行ったSEO対策内容が悪い、上昇すれば良いと判断できます。
つまり、対策の良し悪しがわかります。
そうなれば、効果的な対策とそうでない対策を知ることができます。
結果、SEOノウハウが蓄積できるというわけです。

こうして、SEOノウハウが蓄積できることが、インハウスSEOのメリットです。

インハウスSEOのデメリット

インハウスSEOのデメリットがいくつかあります。

  • 豊富な専門知識が必要
  • 専門の担当者が必要

検索順位を上げたり、検索流入を増やすにはSEOが重要!

関連記事

【2021年版】SEOとは?基本や重要な対策など初心者にわかりやすく解説!

SEOの基本を押さえて対策しよう。とくにユーザーの利便性を考慮することが重要で、これを無視すればGoogleに評価されない(検索順位や検索流入が向上しない)…

続きを見る

豊富な専門知識が必要

インハウスSEOのデメリットは、豊富な専門知識が必要なことです。

例えば、検索順位を上げたいとします。
この場合、ユーザーの検索意図を考慮してコンテンツを作成する方法や、内部リンク最適化のやり方などのSEOに関する知識を持っておく必要があります。
つまり、豊富な専門知識が必要というわけです。

このように、豊富な専門知識が必要なことが、インハウスSEOのメリットです。

専門の担当者が必要

インハウスSEOのデメリットは、専門の担当者が必要なことです。

例えば、検索順位を上げるためにSEOの知識が必要です。 ですが、社内にSEOの知識を有する社員がいません。 この場合、特定の社員にSEOを学んでもらったり、SEO経験者を採用してSEOの専門スタッフを確保します。 つまり、専門の担当者が必要というわけです。

このように、専門の担当者が必要なことが、インハウスSEOのメリットです。

インハウスSEOの主な業務

インハウスSEOの主な業務が、いくつかあります。

  • コンテンツ制作
  • 内部対策
  • 外部対策
  • アクセス解析と検索順位チェック

コンテンツ制作

インハウスSEOの主な業務として、コンテンツ制作があります。

・良質なコンテンツを作る
テーマと関連性の高いオリジナルコンテンツを作りこみ、参照されやすい(リンクされやすい)ページにしながら、インハウスSEOする方法

・コンテンツを追加する
Googleサジェストツールやオートコンプリート機能など活用し、新鮮な(旬・話題の)キーワードで継続的にコンテンツ作成・追加しながら、インハウスSEOする

内部対策

インハウスSEOの主な業務として、内部対策があります。

・検索スニペット
検索スニペット(タイトルやディスクリプション)のSEOキーワード位置や文言の長さを調整し、検索クエリとの関連性やわかりやすさを高めながら、インハウスSEOする方法

・内部リンク
内部リンクを増やし、対策ページへリンクを集め重要性を高めながら、インハウスSEOする方法

・内部リンクを追加する
増やした記事から、対策ページに向けた内部リンクを継続的に追加しながら、インハウスSEOする

・発リンク
発リンクを増やし、サイト内部・外部へ向けた良質なリンクを設置しながら、インハウスSEOする方法

・テキスト文章
テキスト文章を増やし、SEOキーワードに関連する語句でコンテンツを追加しながら、インハウスSEOする方法

・h1タグ
h1タグで強調し、webページ閲覧ユーザーやクローラーに大見出しを伝えながら、インハウスSEOする方法

・キーワード比率
キーワード比率を調整し、対策キーワード(検索順位を上げたいキーワード)の比率を高めながら、インハウスSEOする方法

・キーワード出現率を見直す
コンテンツ追加時に変わるSEOキーワードの数を見直し、対策キーワードの比率を上位に改善しながら、インハウスSEOする

・タイトル・ディスクリプションを見直す
競合上位やキーワードの傾向に合わせた検索スニペットにし、タイトル・ディスクリプションの文言・SEOキーワードの位置を改善しながら、インハウスSEOする

・発リンクを見直す
アンカーテキストの内容やリンク切れなどを改善し、発リンクの質を高めながら、インハウスSEOする

外部対策

インハウスSEOの主な業務として、外部対策があります。

・サイトを増やす
増やしたサイトやページからリンクし、被リンクを増やしながら、インハウスSEOする方法
関連性の高いサイトやページからリンクし、被リンクドメイン数を増やすことが大切です。

・SNSマーケティングをする
FacebookやTwitterなどのソーシャルメディアでサイトやページを拡散し、参照されやすく(リンクされやすく)しながら、インハウスSEOする方法

・アンカーテキスト分散する
SEOキーワード含むさまざまなアンカーテキストでリンクし、対策ページの重要性を高めながら、インハウスSEOする方法

アクセス解析と検索順位チェック

インハウスSEOの主な業務として、アクセス解析と検索順位チェックがあります。

例えば、Googleアナリティクスやサーチコンソールを導入します。
この場合、サイト全体やページ別のアクセス状況やキーワードの検索順位などの検索パフォーマンスが確認できます。
そうすれば、パフォーマンスの低い指標がわかるので、欠点が見出せます。
結果、欠点を改善するために必要な効果的なSEO対策ができるとうわけです。

このように、アクセス解析と検索順位チェックが、インハウスSEOの主な業務です。

「インハウスSEO 成功のための実践テクニック」の本・書籍について

インハウスSEO 成功のための実践テクニック」は、内部対策、コンテンツ対策、外部対策、サテライトサイト作成といった施策を行っていくノウハウを丁寧に解説した土井 まなぶさん著書のamazonでも発売されてるインハウスSEOの単行本書籍です。

インハウスSEOでキーワード検索すると、関連キーワードとして「インハウスSEO 成功のための実践テクニック」が出現し、話題の書籍であることが伺えます。

インハウスSEOミートアップ(Meetup)とセミナーについて

インハウスSEOミートアップ(In-house SEO Meetup)は、2010年11月からスタートした、インハウスでSEOを活用してるWeb担当者・マーケターのためのネットワーキングイベントです。

インハウスSEOミートアップは、年に4回程度定期的に開催され、最新のイベント情報がFacebookページでアナウンスされてます。

また、2016年度開催されたセミナーとして、「受給可能な助成金の種類と総額とインハウスSEOの説明会」を組み合わせた、経営者必見の「インハウスSEO助成金説明会セミナー」もあるようです。

インハウスSEOガイドやインハウスSEOビルダーについて

インハウスSEOでキーワード検索してると、インハウスSEOガイドやインハウスSEOビルダーなどの関連キーワードが出てきます。

これらのインハウスSEOを支援する資料やツールを活用しながら、対策を進める方法も一つかもしれません。

まとめ:インハウスSEOの精度を高めて、良質なコンテンツを作ろう

インハウスSEOの精度を高めて、良質なコンテンツを作りましょう。
そのためには、まずユーザーの利便性を考慮することが重要です。

一方、ユーザーの利便性を無視すれば、低品質なコンテンツに仕上がります。
この場合、Googleに評価されづらくなります。
結果、検索順位が上がらなかったり、検索流入が増えないというわけです。

こうした悪い状況を回避する為に、インハウスSEOの精度を高めて、良質なコンテンツを作りましょう。

検索順位が上がらない…なぜ?

検索順位が上がらない…なぜ?

検索順位が上がらない理由は、SEO対策の質が低いからです。

例えば、ユーザーの検索意図を無視したり、関連性の低いコンテンツを増やして内部リンクの最適化を疎かにします。
この場合、SEO対策の質が下がります。
結果、検索順位が上がらないというわけです。

こうした悪い状況を回避する為に、サイトの欠点を調査して上位化に必要な対策を洗い出しましょう。

SEO対策無料ご提案はこちら