SEOに関する実験やデータ分析などを公開します

SEOの疑問を実験で解明しブログ配信【SEOラボ】

共起語の正しい使用方法と注意点について

ある単語と一緒に使用されることが多い語句を意味する“共起語(きょうきご)”をご存知ですか?

この共起語とは、単純に多様することによって上位表示されると勘違いされがちですが、コンテンツは主に文字ベースとなりますので、言葉をうまく使用することで表現力も上がり、閲覧ユーザーの理解度や内容をより深く知ってもらうために重要な要素となります。

そのため共起語を多く含めたコンテンツにすることで、よりSEO効果が期待できるというよりも…ユーザーファーストを優先させた内容に注力するべきで、単純に単語数を増やせば上位表示できるならスパムも横行しているはずです。

つまり共起語とは表現を豊かにするもので、わかりにくい内容で検索ユーザーがブラウザバックして他のページへ遷移してしまうことのないように、臨場感を高めるためのコンテンツにできるという点を念頭に置きましょう。

この辺りに関しては、実際に記事を書いたり、書籍を多く読むことによってある程度上達するはずですので、どんな文章だとすっと頭に入ってくるのか?もしくは読みにくいのか?といった点を考えながらユーザー目線で理解できるかどうか?満足できるかどうか?といった辺りに注意してコンテンツを作り込むべきです。関連キーワードとも意味合いが異なるということもわかりますね。

では今回は、ある単語と一緒に使用されることが多い“共起語”について意味や使い方、共起語の探し方・ツールなどを詳しくご説明していきたいと思います。

共起語の正しい使用方法と注意点について

共起語とは

特定の語句と合わせて一緒に使われやすい語句のことを「共起語」と呼ぶ

“共起語”とは、以下のように特定の語句と合わせて使用される頻度の高い語句(単語)を指し、特にコンテンツを作成する際にうまく活用するべき要素のひとつで、ユーザーの検索意図を満たすことにも繋がります。

ある単語がある文章(または文)中に出たとき、その文章(文)中に別の限られた単語が頻繁に出現すること。

引用元:共起 – Wikipedia

というのも、単純に“美味しい”と言ってもどんな味なのか?語彙力にもよりますが…より詳細に伝えた方がユーザーは深く理解し、あなたのページ・コンテンツを魅力的に感じられるでしょう。

つまり共起語とは、ある単語と一緒に使用される頻度の高い単語を利用して表現・イメージをより膨らませるためのもので、さらにその単語の共起語を使用することによって、よりリアルなコンテンツに際立たせることが可能となるわけです。

そのため、あくまで共起語は検索上位を目指すために使用するものではなく、ユーザーに離脱されないような質の高い内容にするためにうまく活用し、直接的なSEO効果があるとは言えませんが、ユーザー体験によって検索エンジンに評価されることがあれば、間接的に効果があると思われます。

また、上記にも記載されているように“共起する”といった言い方が正解で、共起語というのは造語のようなものと思ってください。

共起語を利用するメリット

この共起語を利用するメリットは、上記の通り表現を豊かにするという点が第一に挙げられます。
表現を豊かにするということは、その場の雰囲気や情景が文字を通してイメージしやすくなり、閲覧ユーザーにとっても納得・問題解決することによって検索行動を終えるだけの十分な理由となり得ます。(最近のSEOではこういった要素が特に重要視されています。)

他にも自然と単語数が増えるため、競合との差別化にも繋がりますし、コンテンツそのものが単調にならないといったメリットも考えられるでしょう。

そして、こういったメリットを最大限に活かすためには共起語だけにとらわれないということが重要で、あくまで高品質なコンテンツを作るためのものといった認識の元に文章・言葉で情報を正しく・詳しく伝えられるということです。

ということは、ある単語に共起するキーワードを活用することによって検索意図を満たすことにも繋がります。例えば「どこかへの行き方に関するコンテンツ」の場合だと…

  • 公共機関の時刻表
  • それまでにかかる料金
  • 気温による服装など
  • 注意しておきたいポイント

これらが「地名 行き方」といった単語に共起する語句に当たり、こういった共起語をコンテンツに落とし込むことによって検索意図を満たす質の高い内容にすることが可能となります。
※当然ユーザーの意図とは関係しない場合もありますので、リライトする場合はサーチコンソールなどから流入キーワードを確認しましょう。

上記の例の場合、本来の共起語とは若干使用方法が異なりますが、とある単語が出現すると頻繁に使用される語句といった意味では同等の扱いとしても有効であると考えられ、ユーザーの知りたい内容を先回りしてコンテンツ化することも可能です。

つまり後ほどご説明する注意点を踏まえ、正しく利用することでデメリットはあまり考えられないというわけですね。

上位表示させるための基本的対策をご紹介しています。

関連記事

【SEOとは?】SEO対策で上位表示する方法について

検索順位に悩んでいませんか?狙ったキーワードで上位表示させるためには基本的な対策に加え、検索意図に合致したコンテンツが必要となります。これらは…

続きを見る

なぜ共起語が重要視されているのか

共起語を活用することによって、単純に文字数・単語数を増やすことが容易にできます。
これは長文SEOと呼ばれている文字数が多ければ専門性が高いと検索エンジンが判断し、上位表示されていたことによって重要視されたものと思われ、最近では文字数も当然十分なコンテンツのために重要ではありますが、決してそれが全てではありません。(あくまで検索クエリに対して“答え”を完全に満たしている記事は文字数が多い傾向であるというだけです。)

すなわち共起語だけで肉付けしたコンテンツは、ユーザーにとって役立つ情報を優先していないということにもなり、ただ文字数が多いだけで実は内容の薄いページである可能性が高く、ただただ回りくどい言い方をしているせいで読みにくくなってしまします。

これは少し前なら効果的だったのかもしれませんが、検索エンジンの度重なるアップデートによってユーザーニーズが満たされているコンテンツを評価する方へ流れが変わってきているため、共起語だけを重要視しても質の高いコンテンツとは言えませんよね?

こういったことを加味すると、文字数は検索クエリを解決・満たす十分な量が適切で、これからは文字数よりもピンポイントで狭く深堀りした内容が理想となります。

他にも、あまりにも共起語に頼りすぎるとサイト内の記事同士が似通ってしまうケースも考えられます。これは特に特化ブログにありえることで、特化した内容ということは共起語も似通っている可能性が高くなってしまいますから、当然テーマの際立たせとしては内容がぶれてしまう・重複してしまうといったことが考えられるでしょう。

共起語の使い方

共起語は、上記の通り文章など文字ベースのコンテンツを表現豊かにする要素のひとつですので、例えば何かの使い方などのコンテンツを作成する場合はもちろん、どのような検索クエリに対しても有効的ですので、検索意図を考慮して競合よりも詳しく丁寧に伝えるために使うことが大切です。

そのため、文字校や推敲など何度も読み返した際に、少しでも伝わりにくいと感じた箇所をよりわかりやすく補助するように付け加え、閲覧ユーザーがあなたの記事を読んだ後、実際行動に移してもらうくらいの気持ちでコンテンツを作り込みましょう。

よく調べ物をしていてわかりにくい…と感じたWebページに遭遇した経験はありませんか?そんな場合は検索結果ページに戻って違うページを探す、もしくは新たに検索キーワードを変えて検索するといった行動に移すと思われます。

そうさせないためにもコンテンツは深堀りし、より詳しく・わかりやすく表現するべきで、恐らく広く浅くといった網羅的な記事よりも狭く深く専門的な印象を持たれるくらいに作り込んだコンテンツの方が自然と文字数や使用する単語数も多い傾向となり、ユーザーの満足度にも大きく影響してくるはずです。

ツールを活用する

この共起語を探すには、もちろんこれまで培ってきた語彙力やライティング技術によって自然と身に付くものでもありますが、ツールを利用するというのもひとつの手です。

そして、こういった共起語を簡単に調べることができるツールもいくつか公開されていたんですが、中にはサービス自体終了してしまったものや機能していないツール、さらにユーザー登録が必要なものなどがあり、おすすめできるのは今回ご紹介する“共起語検索ツール”といった無料で利用できるツール一択かと思われます。

共起語検索ツール

こちらは、調べたいキーワードを入力して「検索」をクリックするとGoogleの検索結果30位までのサイトから共起語を抽出することができ、リクエスト制限はあるものの、気軽に共起語を検索するには大変便利なツールとなっています。

そもそも多くのインプットがなければ豊富なアウトプットはできません。そのため、こういった共起語を含む読みやすく理解しやすいライティング技術というのは常に様々な書籍やWebページを読むことも非常に重要な経験となるので、共起語検索ツールも活用しつつ、上位表示されているページがどのようにしてコンテンツの質を上げているのか?といったことを読み解いていくことも大切です。

共起語のSEO効果

また、気になるSEO効果についてですが、まず直接的な効果は得られないと考えるべきです。

例えばひとつのテーマで何文字書けるか?と考えた場合、共起語をうまく活用することによって文字数は増えますが、何度も言うように文字数(単語数)が多ければ検索エンジンに評価されるというわけではありません。

これは同じ検索クエリの場合でも5,000文字で書く人もいれば10,000文字書く人もいます。
ただし、狭く深く掘り下げて書くとするとかなり難しくなってくるでしょう。

ここで文字数が足りないからといってテーマからそれたコンテンツを追加してしまえば当然検索意図を満たす記事にはなりませんし、順位も思い通り上昇していきません。

というのも、ひとつのコンテンツにいくつかのテーマが混在していれば、検索エンジンも何に対しての記事なのかわからなくなってしまうためで、文字数だけが重要というわけではなく、網羅するべき内容をしっかりと調査し、共起語を活用してわかりやすく伝えることに注力することによってSEO効果にも期待できるということです。

このように共起語を活用して文章の内容を濃くしつつ、深堀りして競合よりもより詳しいコンテンツを作り込む方が重要で、要は検索クエリに対して閲覧ユーザーを納得させるということに尽きます。

それによって検索順位にも良い影響を及ぼす可能性も十分あると考えられますが、SEO効果を狙って活用するものではないということです。

共起語の注意点について

共起語を利用する際の注意点としては、上記のようにまず検索順位を上げるために使用しないという点が挙げられます。

まず検索順位の根底にあるのはユーザーファーストです。これはGoogleが掲げている昔から変わらない考え方ですので、検索順位を上げたければユーザーの検索意図だけでなく、検索行動そのものをあなたのページで終わらせることを目標に詳しいコンテンツ・検索クエリに対して完全に問題解決できるコンテンツを目指してください。

多くのユーザーに支持されるWebページは恐らく各SNSでも拡散されるでしょうし、何度も訪問されます。そういったユーザー行動が検索順位にも良い影響を及ぼすと思われますので、共起語を使えば順位が上がるという直接的な考えはいったん捨てましょう。

また、後ほどご紹介しますが、共起語を探すツールもいくつか公開されており、そういったツールを活用した共起語の詰め込みをリライトとは呼びません。恐らくそういった単語を増やすだけの対策をしても順位は上がってきませんし、むしろユーザーに対して読みにくい文章になってしまう可能性すら十分考えられます。

この辺りに関してはライティングの話にもなってくるんですが、上手に文章を書けば良いというものでもなく、わかりやすく丁寧な文章を心がけることが重要で、共起語はそういったコンテンツを作り込む際に効果的なひとつの要素であることと強く認識しておくべきです。

共起している=検索意図とは限らない

上記の通り、共起語を利用することによってコンテンツを表現豊かにすることは可能ですが、共起した語句全てが検索意図に関連しているとは限りません。

というのも共起語とは関連キーワードやサジェストとは全く意味合いが異なり、同時に使われる頻度が単純に高いだけであって必ずしも共起語を含めることが上位表示に効果的というわけではないということです。

つまり、新規記事を作成する際は、書きはじめる前にしっかりと検索意図を調査しておかなければ検討違いのコンテンツとなってしまい、検索ユーザーが満足する内容にはなりません。

また、これら共起語・サジェスト・関連キーワードは意味合いがかなり似ているせいもあって混同しやすいかと思われますので、それぞれしっかりと理解しておきましょう。

  • サジェストキーワード…よく検索されているキーワード候補を提案(検索窓に表示)
  • 関連キーワード…他に多く検索されている関連するキーワード(結果ページ下部に表示)

このことから、上位表示させるために楽な方法はないということが言えます。単純にこれらを盛り込めばユーザーが満足するか?と言えば決してそうとは言えませんし、関連語を含め共起語などを機械的に詰め込んでも何の役にも立ちません。

しかし、共起語をうまく活用することによって言葉だけで臨場感高くイメージを伝えられるということは間違いありませんから、事細かく内容を表現するライティングには必須とも言える要素と言えます。

まとめ

今回は、ある単語と一緒に使用される頻度が高い語句を意味する“共起語”について、意味や効果的な使い方、そして注意点や共起語を探すためのツールなどを詳しくご説明しました。

このように共起語とは、これからのコンテンツマーケティングを行うために必要となる要素のひとつで、基本的にはユーザーに対して検索クエリを満たす十分な文字数と深堀りした詳しい内容が必要であり、そういった質の高いコンテンツを作り込むために活用するべきものです。

そのためあまり共起語ばかりに拘らず、第一にユーザーに役立つコンテンツを心がけることが大切で、それを補うために活用するものであると認識して、伝わる情報コンテンツを作り込む際の要素のひとつとしてうまく取り入れましょう。

検索順位が上がらない…と思っていませんか?

検索順位が上がらない…と思っていませんか?

思い通りの検索ワードで上位表示させるには、基本となる外部・内部の対策はもちろん、昨今の大きな変動・競合の強さも大きく影響するため、どういったキーワードで対策するのか?という点も重要となります。

ここを正しく理解しておかなければ上位表示させることは難しく、サイトを効果的に運用し、資産化することができません。

そこで、こちらでは上位表示に必要なSEOが正しく施されているかどうかを無料で調査し、問題点や改善点などのアドバイスを致します。

\ 効果的な改善方法を明確にしませんか? / サイト調査を依頼する

カテゴリから記事を探す

SEO対策無料ご提案はこちら