SEOに関する実験やデータ分析などを公開します

SEOの疑問を実験で解明しブログ配信【SEOラボ】

ブログのカテゴリー分けのコツ!適切に分ける方法や注意点など徹底解説

WordPressで作成したブログなどのWebサイトでは、基本的にカテゴリー分けを行います。
このカテゴリー分けを適切に行えば、SEOの良い効果が期待できます。

一方、カテゴリー分けをしなければ、ユーザーやクローラーにコンテンツの属性が明示できません。
具体的には、作成したブログ記事(Webページ)をカテゴライズしなければ、パンくずリストに表示されなかったり、カテゴリー一覧ページに表示されません。
この場合、ユーザーは自身が訪問してるWebページの属性や位置がわかりません。また、クローラーはクローリングしてるWebページの属性がわかりません。
そうなれば、ユーザビリティやクローラビリティが低下します。
結果、ユーザーやクローラーにとってわかりずらいサイトになるので、Googleから評価されづらくなるというわけです。

こうした良くない状況を回避する為に、カテゴリー分けのコツを抑えて、適切にWebページを分類しましょう。

この点踏まえて今回は、カテゴリー分けのコツや適切に分ける方法(分け方)など中心に、初心者にもわかりやすくポイントをまとめて解説したいと思います。

ブログのカテゴリー分けのコツ!適切に分ける方法や注意点など徹底解説

カテゴリー分けすると、どんなSEO効果があるのか?

適切にカテゴリー分けすることで、検索エンジンやユーザーがより認識しやすいサイト構造となるので、SEO効果が高まる

新規サイトやすでに運用してる既存サイトでは、サイト内のWebページをカテゴライズして、カテゴリー分けをすることがあると思います。
カテゴリー分けをすることでカテゴリー構造を示すためのパンくずリストなどのナビゲーションが必要となり、そのナビゲーションコンテンツを付与することで、検索エンジンやユーザーが認識しやすいサイト構造(階層構造)となるので、サイト自体のパフォーマンスが上がり、SEO効果が見込めるようになります。
ですが、ただ自分本位で決めたカテゴリー名でカテゴリー分けをしたり、なんとなく類似ページをカテゴリーにまとめて分類するだけでは、そこまでのSEO効果が期待できません。

SEO効果を最大限高めるのであれば、1つのジャンルに絞った特化ブログのような専門性の高いサイトにするのが1番です。
このようなサイトにすることで、ページ同士だけでなく、カテゴリー同士の関連性も高まるので、内部リンクが最適化しやすく、そしてクリックされやすい内部リンクも多くなります。
そうなれば、最終的にサイト自体の価値がより高まりやすくなるので、予想以上のSEO効果が期待できるでしょう。

一方、雑記ブログであれば、カテゴリー同士の関連性は低くなるので、サイト自体の専門性という点ではSEO効果が上がりずらいです。
ですが、カテゴリー単位で関連性の高い良質なページを量産して、カテゴリー内での内部リンクを強化していけばカテゴリー自体の質を上げることができるので、最終的にサイト自体の質向上にもつながり、雑記ブログでも高いSEO効果が見込めます。

このように、カテゴリー単位で関連する高品質なページを増やして、ホームページ自体の品質を上げるようにカテゴリー分けを取り入れていくことがSEOにおいて重要であり、上位表示を目指す(検索順位を上げる)ためのポイントとなります。

カテゴリー分けのコツ・方法

カテゴリー名にSEOキーワードを含めたり、 カテゴリー名に関連する高品質なページをカテゴライズして、SEO効果を高めよう!

SEO効果を引き上げるために、サイト内の複数のWebページを適切にカテゴリー分けすることが重要となります。
もう少し言うと、ユーザーの利便性を考慮してカテゴリー名を決めたり、カテゴリー名とより関連性が高い高品質なWebページをカテゴライズしていくことがSEOにおいて重要であり、上位表示を目指すためのポイントとなります。

この点踏まえてここでは、カテゴリー分けのコツをいくつか紹介します。

サイトのテーマや既存ページの属性に合わせて必要なカテゴリーを増やす

必要なカテゴリーを増やして、増やしたカテゴリーを高品質なページにしよう!

根本的には、新規サイトを立ち上げる時に、そのサイトのテーマに関連する必要なカテゴリーをあらかじめ決めて、そのカテゴリーに沿った必要な高品質ページだけ作成することで、効率よくSEO効果を高めることができます。
ですが、既存サイトを運用していて、そのサイト内に既に複数のページが存在してる場合は、それらのページの属性に合わせてカテゴリーを作り、カテゴリー分けをしていく必要がでてきます。
このときに、低品質なページがあれば、あらかじめそのページをnoindexや削除を行って検索エンジンに認識させないようにしたり、低品質ページをリライトして高品質なページに書き換えておくとよいでしょう。
そうしておけば、質の低いページをカテゴライズしなくて済むので、効率よくカテゴリー分けでき、かつ良質なカテゴリーページだけが増えるので、SEO効果が上がりやすくなります。

このように必要なカテゴリーを増やして、そのカテゴリーの中身が関連する高品質ページのみで構成された良質なカテゴリーページとなるようにSEO対策を進めることが重要であり、上位表示を目指すためのポイントとなります。

検索キーワードを含めたカテゴリー名にする

カテゴリーページのタイトル名(カテゴリー名)にキーワードを含めて、 検索クエリとの関連性を高めよう!

記事ページのタイトル名に検索キーワード(上位表示させたいキーワード [対策キーワード] )を含めることで、SEO効果が高まり、上位表示が期待できることは承知かと思います。
これと同様に、カテゴリーページのタイトル名(カテゴリー名)に上位表示したいキーワードを含めることで、そのキーワードでSEO効果を高めることができるので、カテゴリーページの上位化が期待できます。
なので、これから新規サイトを運用する場合は、必要なカテゴリーを決めるときに、キーワードを含めたカテゴリー名を作成するとよいでしょう。
一方、すでにサイトを運用してる場合は、サイト内にある既存ページの属性に合わせたキーワードを含めてカテゴリー名を作成するとよいでしょう。

こうして、記事ページだけでなく、リンク一覧ページになりがちなカテゴリーページのタイトル名(カテゴリー名)にもSEOキーワードが含まれるようにカテゴリーを作成して、検索クエリと関連性を高めながらSEO対策を進めることが重要であり、上位表示を目指すためのポイントとなります。

また、カテゴリー名に含めるキーワードを決める際には、キーワードプランナーを活用して、キーワードの競合性を加味したキーワード選定を行えば、よりSEO効果を高めることができます。

ちなみに、当ブログ「SEOラボ」のカテゴリー名もSEOキーワードを含めた内容にして、そのキーワードで上位化してるカテゴリー一覧ページがあります。
なので、SEOラボのカテゴリーの記事一覧ページがどんな構造となってるか?(カテゴリーごとに属する記事ページのタイトル名やコンテンツ内容等)を参考にSEOに効果的なカテゴリー分けを行ってみてください。

カテゴリー名と関連性の高い良質なページをカテゴライズする

カテゴリー名に関連する高品質なページをカテゴライズして、 カテゴリーページの質を上げよう!

SEO効果を上げるために、高品質、かつ関連性の高いWebページをカテゴライズして、カテゴリー分けすることが重要となります。
もう少し言うと、例えば、「SEOとは?SEO対策についてについて」というタイトル名の記事ページなら関連性の高い「SEO」というカテゴリー名に、カテゴライズするという具合です。
そして、「SEOとは?SEO対策についてについて」という記事ページは、ユーザーの利便性を考慮した高品質ページ(質の高いコンテンツを持つWebページ)である必要があります。

このようにカテゴリー名と記事ページのタイトル名に含まれるキーワードをマッチさせて、関連性の高い良質なページをカテゴライズしていくとよいでしょう。
そうすれば、カテゴリー自体の質が高まってGoogleに評価されやすくなるので、カテゴリー名に含まれたキーワードでカテゴリーページが上位化しやすくなります。
また、カテゴライズしたページ同士の関連性も高くなるので、内部リンクが最適化しやすくなり、その点でもSEO効果が見込めます。

こうして、カテゴリーごとに品質を上げて、サイト自体の質を高めるようにSEO対策を進めることが重要であり、上位表示を目指すためのポイントとなります。

カテゴリー分けするときに避けたいこと

カテゴリー分けするときに避けたいことは、細かく分類することです。

例えば、「SEO」という大カテゴリーの中に「SEO対策」「被リンク」「コンテンツ制作」などのような子カテゴリーを作って細かく分類します。
この規則に則ってブログ運用し続けます。
そうすれば、将来的にカテゴリーの数がどんどん増えることになります。
また、カテゴライズするときに迷ったり、不適切なカテゴライズをする可能性が高まります。
結果、貴重な作業コストをロスしたり、ユーザーやクローラーがわかりずらいサイト構造になりやすいというわけです。

このように、細かく分類することが、カテゴリー分けするときに避けたいことです。

ちなみに、細かく分類するときはタグ付けしてカテゴリーとタグを使い分けます。
そうすれば見やすいサイトになり、かつわかりやすいサイト構造になるでしょう。

まとめ:カテゴリー分けのコツを抑えて、適切にWebページを分類しよう

高品質なページを適切にカテゴリー分けすることで、最終的にSEO効果を高めることができます。

なので、もしカテゴリー名にキーワードを含めてなかったリ、関連性の低い低品質ページがカテゴライズされてれば、本ページで紹介したポイントを見直してSEO対策を進めるとよいでしょう。
こうして、カテゴリーごとに質を高めて、サイト自体の質を上げながら、Googleに評価されやすいサイトにすることがSEOにおいて重要であり、上位表示を目指すためのポイントとなります。

SEO対策しても検索順位が上がらない…なぜ?

検索順位の推移

SEO対策しても検索順位が上がらない…なぜ?

検索順位が上がらない理由は、SEO対策の質が低いからです。

例えば、ユーザーの検索意図を無視したり、関連性の低いコンテンツを増やす、内部リンクの最適化など疎かにします。
この場合、SEO対策の質が下がります。
そうなれば、ページやサイト自体の品質が上がらないので、Googleに評価されづらくなります。
結果、検索順位が上がらないというわけです。

こうした悪い状況を回避する為に、サイトの欠点を調査して上位化に必要な対策をご案内します(無料)。

検索順位を上げたり、検索流入を増やすにはSEOが重要!

SEO対策無料ご提案はこちら