SEOに関する実験やデータ分析などを公開します

SEOの疑問を実験で解明しブログ配信【SEOラボ】

BingのSEO対策はどうしたらいいの?

BingのSEO対策は、GoogleのSEO対策に比べてさほど重要視されていません。
なぜかというと、Bingの検索エンジンを使って検索する人の母数がGoogleよりも大幅に少ないため、Bingで上位表示しても、検索流入がそこまで見込めないからです。

ですが、自分のWebサイトのアクセス数を少しでも安定的に増やすために、GoogleだけでなくBingのSEO対策にも気を配って検索流入を促すように仕向けていくことも必要となります。
そのためには、例えば、Bingが用意してる独自のウェブマスターガイドラインやウェブマスターツールなど活用して、Bingの検索アルゴリズムや検索パフォーマンスを把握しながら、SEO対策を進めていくことが重要です。

この点踏まえて、今回は、BingのSEO対策はどうしたらいいか?について中心に、初心者にもわかりやすくポイントをまとめて解説したいと思います。

BingのSEO対策はどうしたらいいの?

BingのSEO対策の必要性について

Bingで上位表示すれば、少なからずターゲットユーザーの流入が見込めるので、 結果的に売り上げにつながる見込み客が獲得できる。 この点において、BingのSEO対策を行う必要性がある。

BingのSEO対策は、基本的に敬遠されがちであり、その必要性が問われることがあります。
なぜかというと、Bingよりも検索エンジンのシェア率が圧倒的に高いGoogleでSEO対策を行う方が、効率的にWeb集客を加速させることができるからです。
ちなみに、Googleの検索エンジンのシェア率が約92%であるのに対して、Bingは約2.4%、Yahooは約2.3%であり、世界的に利用するユーザーの割合には天と地の差があります。
日本国内においては、Googleが約75%、Bingが2.4%、Yahooが22%という検索エンジンシェア率であり、ここでもGoogleの割合が圧倒的に優っています。
ですが、Bingは、MicrosoftのOSであるWindows10の主要ブラウザ(Microsoft Edge)の検索エンジンとしてデフォルトで搭載されています。
なので、この点を考慮すると、少なからずBingを利用するユーザーは、一定数存在し続けることが読み解けるので、SEO対策による見返りもある程度期待できるといえます。

ですが、同じ労力を費やしてSEO対策を行って上位表示しても、最終的に見込める検索流入やそれによる相乗効果は圧倒的にGoogleが優れてるということになります。
ですが、Googleほどの検索流入が見込めないBingでも、先述したように一定の検索ユーザーが存在します。
なので、Bingの検索エンジンで上位表示すれば、少なからずターゲットユーザーを検索から引き込むことができるので、結果的に売り上げが期待できる見込み客の獲得につながります。

このような観点から、Bingの検索エンジンに対してSEO対策を行って、自サイトを上位表示させる必要性があると言えます。

BingのSEO対策を行うためのポイントについて

Bingの検索アルゴリズムに習ったSEO対策を行うことが 上位表示を目指すためのポイント

BingのSEO対策は、基本的にGoogleのSEO対策を行うことでそれなりに上位表示に必要なポイントを満たすことができます。
ですが、BingにもGoogleと同様に独自の検索アルゴリズムがあり、実際にBingとGoogleの検索順位を比較すると、その順位には違いがあります。
この検索順位の違いは、GoogleとBingの検索アルゴリズムが異なることを示しています。
なので、Bingでは、Bingの検索アルゴリズムに習ったGoogleとは別途異なるSEO対策が必要となりますので、その点踏まえて、BingのSEO対策を行うためのポイントについて触れていきたいと思います。

ウェブマスターガイドラインを考慮してサイトを最適化する

ウェブマスターガイドラインからわかる Bingが重要視する要素に注力してSEO対策を進めよう

Bingには「Bing Webmaster Guidelines」と呼ばれるウェブマスターガイドラインが提供されており、Googleのウェブマスター向けガイドラインと似たような仕様書があります。
このガイドラインでは、Bingの検索アルゴリズムで重要視してる要素が記載されており、これを考慮してWebサイトを最適化しながらSEO対策を進めることが上位表示を目指すためのポイントとなります。

Bingの検索アルゴリズムで重要視してる3つの要素

  1. Content(コンテンツ)
    明確で、深く、見つけやすいコンテンツがインデックスされやすい。
    コンテンツが少ない、ほとんどが広告やアフィリエイトリンクを表示している、または他のサイトへ訪問者を素早くリダイレクトするWebサイトは、うまくランク付けされない。
  2. Links(被リンク)
    被リンクはサイトの人気を示す合図である。
    信頼できるサイトや関連性のあるサイトからのリンクをより評価する。
    リンク購入、リンクスキームへの参加(リンクファーム、リンクスパム、過度のリンク操作)などのインバウンドリンクの数と性質を膨らませることを目的とした対策は、インデックス削除を招く可能性がある。
  3. Social(ソーシャル)
    ソーシャルメディアは、順位を上げるための役割を果たす。
    肯定的な情報が広く共有されることでよりよい評価を得れる。

※参考:Webmaster Guidelines – Bing Webmaster Tools

このように、コンテンツとリンクに関しては、Googleと同様にBingでも最重要視されてる要素です。
なので、すでにGoogle検索エンジンに対してSEO対策を遂行していれば、基本的には自然とBingでも上位表示されやすくなるでしょう。

ですが、BingではGoogleと異なり、「ソーシャル」の要素が明確に重要視されてます。
なので、積極的にFacebookやTwitterなど活用して、自サイトのコンテンツをより多くのユーザーに宣伝して認知させながら、BingのSEO対策を進めていくことが上位表示を目指すためのポイントとなります。
そして、肯定的な情報が広く共有されるように、コンテンツの質をできるだけ高めてユーザーがより満足するWebページ(Webサイト)を提供することが、Bingからより評価されるために重要となります。

さらに、このBingのウェブマスターガイドラインでは、Googleで言う、検索エンジン最適化(SEO)スターターガイドのようなWebサイトを最適化するための基本的なポイントやSEOスパム行為についての記載があります。
これらの記載を参考にして、Bingの検索アルゴリズムを考慮し、ユーザーの利便性を考慮したコンテンツを提供しながら、BingのSEO対策を進めていくことが上位表示を目指すためのポイントとなります。

ウェブマスターツールを活用して、サイトのインデックスを促す

ウェブマスターツールを活用して、Bingの検索エンジンに対し、 インデックス登録を促進しながらSEO対策を進めよう

Bingのウェブマスターツール(Webマスターツール)では、「サイトマップ」や「URLの送信」機能を活用することで、Webサイトのクロールを促進して、インデックス登録を促すことができます。
そうすることで、自分の作成したコンテンツが迅速にBingの検索エンジンにインデックスされやすくなるので、最終的にSEO効果を高めることに繋がります。

※Bingのウェブマスターツールにログインするために、Microsoft、Google、Facebookのサービスのいずれかのアカウントが利用できます。

サイトマップの送信方法

Bingのウェブマスターツールにログイン後、左メニューの「ダッシュボード」から「自分のサイトの設定」の「サイトマップ」をクリックします。
そして、「サイトマップの送信」で該当のサイトマップURLを入力して、送信ボタンをクリックしましょう。
そうすれば、サイトマップの送信が完了となるので、該当のWebサイトのクロールが促進されて、Bingの検索エンジンに自分のコンテンツがインデックスされやすくなります。

Bingのウェブマスターツールでサイトマップの送信する方法

サイトマップを送信しておかないと、Webサイトのクローラビリティの状況によっては、最悪自サイトの重要なコンテンツ(Webページ・ブログ記事)がクロールされずに、インデックスされない可能性があります。
そうなれば、せっかく作成したコンテンツが検索結果に表示されないので、Bingで上位表示させる以前の問題となります。
このような問題を軽減するためには、基本的にサイトマップを送信しておき、Webサイト自体のクローラビリティを高めてインデックスされやすい状態にしておくことが、BingのSEO対策を進めるうえで重要となります。

ちなみにこの機能は、Googleのサーチコンソールにも完備されてる「サイトマップ」機能と似た性能となります。

URLの送信方法

Bingのウェブマスターツールにログイン後、左メニューの「ダッシュボード」から「自分のサイトの設定」の「URLの送信」をクリックします。
そして、「URLの送信」で該当のWebページURLを入力して、送信ボタンをクリックしましょう。
そうすれば、URLの送信が完了となるので、該当のWebページのクロールが促進されて、Bingの検索エンジンにそのWebページがインデックスされやすくなります。

BingのウェブマスターツールでURLを送信する方法

この機能を使うケースとしては、新規ページを公開したときが主となります。
新しく公開したWebページは、どんなサイト状況においても基本的にクローラーが巡回するまで時間を要する可能性が高いです。
なので、このような場合は「URLの送信」機能を活用して、新規ページにBingbot(クローラー)を呼び込み、クロールを促進してインデックス登録を促すとよいでしょう。
そうして、自分のコンテンツを迅速に検索結果に表示させて、少しでも早く上位表示できるようにBingのSEO対策を進めることがポイントとなります。

ちなみにこの機能は、Googleのサーチコンソールにも完備されてる「URL検査ツール(Fetch as Google)」機能と似た性能となります。

まとめ

BingのSEO対策を行うのであれば、とりあえずはBingのウェブマスターツールに登録して、サイトマップを送信しておくとよいでしょう。
そうすれば、Bingの検索エンジンに認識されてなかったWebページがインデックスされて、インデックス数が増加するので、Bingからの検索流入が拡大する可能性があります。
そうなれば、自サイトのアクセス数を簡単に底上げすることができるので、Web集客の加速につなげることができるでしょう。

また、Bingでは「コンテンツ」「リンク」、そして、「ソーシャル」が明確に重要な要素となってます。
なので、積極的にSNSサービスを活用して、より多くのユーザーに良質なコンテンツを宣伝して、共有を促すことが、BingのSEO対策を進めるうえで重要であり、上位表示を目指すためのポイントとなります。

なにはともあれ、ユーザーの利便性を考慮したコンテンツを提供することをベースとしてSEO対策を進めることがGoogleだけでなく、Bingにおいても重要となります。

SEOラボのおすすめ記事がLINEに届く!「SEOラボを友だち追加する」

運営情報運営情報詳細へ

当ブログ「SEOラボ」は、北海道札幌市にあるSEO対策専門の会社「株式会社ディーボ」が運営してます。
もう少し言うと、2005年の創設以来、十数年培った精度の高い独自のSEOノウハウ(実験による分析データ等)を盛り込んだ最新のSEO情報を公開してるブログが「SEOラボ」となります。

SEO対策の無料ご提案はこちら

カテゴリから記事を探す

SEO対策無料ご提案はこちら