SEOに関する実験やデータ分析などを公開します

SEOの疑問を実験で解明しブログ配信【SEOラボ】

SEOに効果的なタイトルの文字数について

SEOの効果を最大化するために、タイトルの文字数を考慮してタイトルタグ(titleタグ)を最適化することが重要です。
もう少し言うと、SEOでの文字数は検索順位に直接関係ありませんが、検索結果で表示されるタイトルの文字数がある程度決まってるので、そのある程度決められた文字数の範囲内で前方に対策キーワード(SEOキーワード)を含むタイトルを作成する必要があります。

一方、ページのテーマを冗長な文章にすれば、タイトルの文字数が多くなります。
この場合、検索結果で重要な文言(SEOキーワード)が省略されて前方に表示されない可能性があります。
そうなれば、検索ユーザーの求める情報が含まれないので、レスポンス(検索でのクリック率)が減退します。
結果、検索ユーザーの流入の機会損失を招くので、SEOの効果が最大化できないというわけです。

こうした良くない状況を回避するために、タイトルの文字数とSEOキーワードを考慮して、ユーザーのクリックを誘いましょう。

この点踏まえて、今回は、SEOに効果的なタイトルの文字数について中心に、初心者にもわかりやすくポイントをまとめて解説したいと思います。

SEOに効果的なタイトルの文字数について

タイトルタグとは?

Webページのテーマを具体的な文言にしてタイトル化したものを、 マークアップするためのHTMLタグのことをタイトルタグと呼ぶ。 タイトルタグはSEOにおいて最も重要視すべき要素の一つ。

タイトルタグとは、Webページ(ブログ記事)のテーマを具体的な文言におこして記述するためのHTMLタグのことです。

そして、このタイトルタグは、SEOにおいて最も重要視されてる要素の1つとなります。
なので例えば、タイトルタグに囲まれたタイトルの文言を適切に調整して最適化することで、SEO効果による検索順位の上昇が見込めるようになります。

このようなSEO効果を引き出すためには、基本的にWebページごとにユニークなタイトルの文言にしたり、SEOキーワードを含めたタイトルの文言にするなどのSEO対策が必要となってきます。

また、タイトルタグの重要性については、Google公式にも以下のように言及されてます。

タイトルは、検索結果のコンテンツをユーザーが一目でわかるように表示し、クエリとの関連性が高い理由をはっきりと伝えるうえで不可欠です。どのサイトをクリックするかはタイトルで決定することが多いため、ウェブページには質の高いタイトルを付けることが重要です。

※引用元:検索結果に効果的なタイトルとスニペットを作成する – Search Console ヘルプ

このように質の高いタイトルを付けるためには、タイトルの文言の内容だけでなく、タイトルの文字数も意識することがSEO効果を最大限高めるうえで重要なポイントとなります。

SEOに効果的なタイトルの文字数について

PCやスマホの検索結果で表示されるタイトルの文字数を意識して、 検索クエリとの関連性を考慮したタイトルタグにしよう!

SEOの効果を最大限引き出すために、タイトルの文字数を考慮して、タイトルタグを最適化することがポイントとなります。
なぜかというと、検索結果に表示されるタイトルの文字数に制限があり、この制限に引っかかればタイトルの文言に含まれるSEOキーワードが省略される可能性があるためです。
そうなれば、検索クエリとの整合性が落ちるので、検索ユーザーの利便性(レスポンス)が低下し、タイトルのクリック率の減少による検索流入の最大化が見込めなくなる可能性があります。

このような状況を回避するために、あらかじめ決められたタイトルの文字数の範囲内に、SEOキーワードを含めた検索クエリと関連性のある文言を検索結果に表示させることがSEO効果をより高めるためのポイントとなります。
このタイトルの文字数の制限は、PCとスマホで異なるので、それぞれのデバイスに対応したタイトルの文言を作成するようにしましょう。

検索順位を上げたり、検索流入を増やすにはSEOが重要!

関連記事

【2021年版】SEOとは?基本や重要な対策など初心者にわかりやすく解説!

SEOの基本を押さえて対策しよう。とくにユーザーの利便性を考慮することが重要で、これを無視すればGoogleに評価されない(検索順位や検索流入が向上しない)…

続きを見る

PC(デスクトップ)で検索した場合

Google検索結果例 PC(デスクトップ)で検索した場合 ブラウザのタブ例

PCのGoogle検索結果では、タイトルの文字数が「30~35文字程度」となります。

スマホ(モバイル)で検索した場合

Google検索結果例 スマホ(モバイル)で検索した場合

スマホのGoogle検索結果では、タイトルの文字数が「36~41文字程度」となります。

このことから、PCとスマホの両方のデバイスに同時に対応するためにタイトルの文字数を「35文字以内」にしながら、タイトルタグを最適化するとよいでしょう。
そうして、決められた文字数の範囲内に収まるように、ユーザーの利便性を考慮したタイトル名を作成することがSEO効果を最大限引き出すためのポイントとなります。

ちなみに当ブログ「SEOラボ」で提供してるタイトルタグ(title)評価チェックツールでは、タイトルの文字数を無料でチェックすることができるので、タイトルタグ最適化の際にぜひご利用ください。

SEOに効果的なタイトルタグの書き方について

文字数だけでなく、検索クエリとの関連性を考慮して、 SEOに効果的なタイトルタグ記述しよう!

ここまで触れたように、SEO効果を最大限に引き出すためには、タイトルタグの文字数を考慮してタイトルタグを最適化することが重要となります。
そして、タイトルタグを最適化する際にもっともベースとして考えておきたいのが、検索クエリとの関連性を考慮することです。
もう少し言うと、検索ユーザーが求めてる情報をタイトルの文言に盛り込んで作成することがタイトルタグの最適化において重要であり、SEO対策で上位表示を目指すためのポイントとなります。
なので、これらの要素を満たしたタイトルタグを作るには、まず上位表示したいキーワード(SEOキーワード)を前方に含めてタイトルの文言を作成します。
SEOキーワード以外の部分の文言については、実際に上位表示したいキーワードで検索して表示される、競合上位サイトのタイトル名の文言傾向から採用するようにします。

ちなみに、本ページのタイトル名も競合上位サイトのタイトル名の傾向を採用して作成しています。

  • 本ページのSEOキーワード:「seo タイトル 文字数」
  • 本ページのタイトル名:「SEOに効果的なタイトルの文字数について」

こうして、SEOキーワードを含むユーザーの検索意図を考慮したタイトル名を作成することで、Googleに評価されやすいタイトルの文言が出来上がります。
そして、出来上がったタイトルの文字数を「35文字以内」に収めて、重要な文言が省略されないように検索クエリとの関連性を維持しながら、タイトルタグを記述することが、SEOの効果を引き上げるためのポイントとなります。

また、このポイント以外にタイトルタグを記述する際に、念頭に入れておきたい点がいくつかあります。

  • 具体的でわかりやすいページタイトルを付ける。
  • キーワードを詰め込んだようなタイトルは避ける。
  • 同じタイトルや定型文を使用したタイトルは避ける。(各ページに固有の正確なタイトルを付ける)
  • 読みやすく、ページのコンテンツの主題が効果的に伝わるタイトルにする。(ハイフンやコロン、パイプなどでサイト名と区切り、ページ名を目立たせる ※記述例:SEOに効果的なタイトルの文字数について|SEOラボ)

※参考:検索結果に効果的なタイトルとスニペットを作成する – Search Console ヘルプ
※参考:検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド – Search Console ヘルプ

このような点を合わせて考慮して、検索エンジンやユーザーが認識しやすいタイトルの文言を作成しながら、SEOに効果的なタイトルタグを記述するようにしましょう。

まとめ

タイトルの文字数を考慮して、よりSEO効果が見込めるタイトルタグにしましょう。

そのためには、35文字以内を意識して、SEOキーワードを含めた検索クエリと関連性のあるタイトル名を作成することが大切です。
そうして、出来上がったタイトルに沿って見出しを作り、その見出しに合わせたコンテンツを作り込んでいくことが、SEO対策を進めるうえで重要であり、上位表示を目指すためのポイントとなります。

検索順位が上がらない…なぜ?

検索順位が上がらない…なぜ?

検索順位が上がらない理由は、SEO対策の質が低いからです。

例えば、ユーザーの検索意図を無視したり、関連性の低いコンテンツを増やして内部リンクの最適化を疎かにします。
この場合、SEO対策の質が下がります。
結果、検索順位が上がらないというわけです。

こうした悪い状況を回避する為に、サイトの欠点を調査して上位化に必要な対策を洗い出しましょう。

SEO対策無料ご提案はこちら