SEOに関する実験やデータ分析などを公開します

SEOの疑問を実験で解明しブログ配信【SEOラボ】

SEOと文字数の関係について

SEOにおいて文字数は、直接検索順位に影響しません。
もう少し言うと、コンテンツ(ブログ記事)の文字数が多かったり、少ないというだけで、Googleに評価されて上位化もしくは順位下落には至らないということです。

一方、網羅性の高いコンテンツにすることで、SEO効果が見込めます。
例えば、ページのテーマに沿って、MECEを加味したユニーク単語数の多い目次をもとに広い知見を踏まえて文章を書きます。
そうすることで、関連する語句が多く盛りまれて、より豊富な専門知識を織り交ぜた網羅性の高いコンテンツとなるので、その分SEO効果が見込めて、順位上昇が期待できます。

こうした良いSEO効果を得るには、ユーザーの検索意図を考慮したコンテンツにすることが大前提です。

また、このような流れを汲んでコンテンツ作成することで、結果的に文字数も多くなります。

この点踏まえて、今回は、SEOと文字数の関係について中心に、初心者にもわかりやすくポイントをまとめて解説したいと思います。

SEOと文字数の関係について

SEOと文字数の関係について

ただ文字数が多くてもSEO効果は見込めない! 網羅性を考慮したコンテンツにすることが重要!

文字数が多くても、直接的なSEO効果は得られません。
もう少し言うと、ただ文字数を重視したコンテンツを作っても、そのコンテンツがGoogleに評価されて、検索上位化に至るわけではありません。

ですが、傾向として、文字数の多いコンテンツが上位化しやすいです。
なぜかというと、ページのテーマに沿ってユーザーが必要とする豊富な情報を提供してるコンテンツ(網羅性の高いコンテンツ)がGoogleに評価されやすいからです。

つまり、文字数が多いから上位化してるのではなく、ページのテーマに沿った網羅性の高い包括的な内容だから上位化しやすいということです。

文字数が多いことによる直接的なSEO効果はない

文字数が多い、少ないによって、 直接検索順位が上昇・下落することはない!

文字数が多いことで、直接検索順位の上昇・下落に寄与することはありません。
理由は、文字数の優劣を判断するアルゴリズムが無いからです。
なので、例えば、1記事の文字数が500文字、1000文字、3000文字、5000文字、10000文字、2万文字であろうが、その文字数の多い少ないことだけでGoogleはコンテンツを評価しないということです。

これについては、Googleのジョンミュラー氏が公式に言及してます。

原文:
we don’t have an algorithm that counts the words on your page and says Oh everything until 100 words is bad everything between 100 and 500 is fine and over 500
we don’t look at it like that we try to look at the pages overall and make sure that
this is really a compelling and relevant search results to users and if that’s the case then that’s perfectly fine if that’s long or short or lots of images or not that’s essentially up to you

翻訳:
私たちはあなたのページの単語を数えて100語までが悪い、100語から500語の間のすべてが大丈夫で500以上になるまでああすべてを言うアルゴリズムを持っていません
私たちは、ページ全体を見て評価してる
本当にユーザーにとって魅力的で関連性の高い検索結果(ページ)であれば、長いか短いか、またはたくさんの画像であったとしても、全く問題ない

※引用元:

このことからもわかるように、Googleは文字数(単語数)だけを評価せずに、検索クエリとの関連性を大前提としたうえでコンテンツを評価しています。

網羅性の高いコンテンツにすることでSEO効果が期待できる

ページのテーマに沿って豊富な情報を綴った コンテンツに仕上げれば、SEO効果が期待できる!

検索ユーザーが必要とする情報を満たした網羅性の高いコンテンツは、Googleに評価されて、SEO効果が見込めます。

例えば、ページのテーマに沿ってMECEを加味したユニーク単語数の多い目次を元にコンテンツ作成します。
そうすることで、ページのテーマに関連する専門情報(情報量)が豊富な網羅性の高いコンテンツに仕上がるので、その分SEO効果が見込めて、順位上昇が期待できるというわけです。

こうしたSEO効果を得るために、ユーザーの検索意図を考慮したコンテンツにすることが大前提となります。

また、こうした流れを汲んで、文字数が多くなったコンテンツがGoogleに評価されれば、あらゆる語句が検索エンジンに認識されるようになります。
そうなれば、メインキーワードの順位上昇だけでなく、ロングテールワードでインデックスされたり、順位上昇するなどのSEO効果が見込めます。

これに関連して、Googleで公式に言及してます。

テーマに応じた適切な量のコンテンツを提供する
高品質のコンテンツを作成するには、時間、労力、専門知識、才能 / スキルのうち少なくとも 1 つが十分にあることが必要です。コンテンツは事実として正確で、記述が明確で、内容が包括的であることを要します。したがって、たとえばページでレシピを紹介する場合は、食材のリストや料理の基本的な説明だけでなく、手順がよくわかる詳細な料理方法を説明します。

※引用元:検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド – Search Console ヘルプ「コンテンツを最適化する」

ちなみに、適切な量のコンテンツを判断する目安として、競合上位サイトのコンテンツの文字数を参考にするのも1つの方法です。
「SEO文字数(テキスト量)評価チェックツール」でそれが簡単に確認できます。

網羅性の高いコンテンツにしてSEO効果を得るための方法

専門知識や広い見解を踏まえて、 網羅性の高いコンテンツに仕上げよう!

網羅性の高いコンテンツにしてSEO効果を得るには、まず専門知識が必要です。
例えば、まず、上位表示したいキーワード(SEOキーワード)における多くの情報を自分なりに解釈して、専門知識として蓄えておきます。
そうしたうえで、ユーザーの検索意図を考慮したページのテーマに沿って専門知識をフル活用し、MECEを考慮したユニーク単語数の多い目次を作成します。
最後に、その目次をもとに広い知見を踏まえながら、文章を書きます。

こうして、ユーザーが必要とする情報をより多く満たした網羅性の高いコンテンツにすることが、SEO効果を得るためのポイントとなります。

また、こうしたSEO効果を得るために、ユーザーの検索意図を考慮することが大前提となります。

専門知識を蓄える

勉強して、 SEOキーワードに関する専門知識を増やそう!

専門知識を蓄えるには、勉強します。
もう少し言うと、上位表示したいキーワードに関する書籍やWebサイト、ブログ、Twitter、Youtubeなどて発信してる情報を参考にして、勉強します。

例えば、「SEO 文字数」のキーワードで上位表示したければ、「SEOと文字数の関係について」書いてるブログやTwitterなどのメディアを見て情報を仕入れます。
そうすることで、「SEO 文字数」のキーワードで上位表示するために必要な専門知識を身に付けることができます。

こうして、SEOキーワードに特化した専門知識をより多く盛り込んだ網羅性の高いコンテンツが作成できるように、あらかじめ知恵を付けておくことが、SEO効果を得るためのポイントとなります。

ちなみに専門知識が無いと、その分ユーザーが必要とする情報(共起語など)が欠如して、網羅性の低いコンテンツとなります。
そうしたコンテンツとなれば、検索順位も上がりづらくなるでしょう。

また、専門知識の必要性について、Googleでも公式に言及してます。

  • この記事は専門家またはトピックについて熟知している人物が書いたものか? それとも素人によるものか?

※引用元:Google ウェブマスター向け公式ブログ: 良質なサイトを作るためのアドバイス

サイト内のコンテンツは、そのトピックの専門家が作成または編集するようにしましょう。たとえば、専門知識や豊富な経験を持つ情報発信者が書いた記事であれば、ユーザーは記事の専門性を理解できます。
※引用元:検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド – Search Console ヘルプ「コンテンツを最適化する」

MECEを考慮した目次を作る

ユニーク単語数を考慮して、ページのテーマに関連する より多く情報を目次化しよう!

MECEを考慮した目次を作るには、ユニーク単語数を考慮します。
例えば、ページのテーマ(タイトル名)に沿って考えられる項目を漏れなく重複無くリストアップして、細分化した目次を作成します。
そうすることで、ページのテーマに関連するユニークな単語がより多く盛り込まれた目次が出来上がります。

こうして、ページのテーマに関連したより多くの情報をあらかじめ目次化して、その目次をもとに網羅性の高いコンテンツを作成できるようにしておくことが、SEO効果を得るためのポイントとなります。

一方、文字数を増やす目的だけで、質の低い目次を追記することはやめましょう。
あくまでも、ユーザーにとって必要な情報を増やすために、目次を追加することが、SEO対策を進めるうえで重要となります。

広い見解を踏まえた文章を書く

目次のテーマに沿って、 広い見解を踏まえた文章を書こう!

広い見解を踏まえた文章を書くには、作成した目次を考慮します。
例えば、まず、作成した目次に対する結論を綴ります。
そして、その結論に対する例を述べたうえで、それまでに綴った文章を改めてまとめて書きます。
最後に、逆説や補足などして、さらに見解を広げながら、作成した目次のテーマからぶれないように文章を綴るようにします。

こうして、目次のテーマに沿って「結論 → 例 → まとめ → 逆説(補足)」のような構成を組んで広い見解で文章を書き下ろしながら、網羅性の高いコンテンツに仕上げることが、SEO効果を得るためのポイントとなります。

一方、文字数を増やす目的だけで、作成した目次のテーマから内容が大きくかけ離れた文章を綴れば、その分整合性が落ちたり、不要な情報が増えるので、ユーザーの利便性が低下します。
そうなれば、SEO効果も見込めないので、検索順位も上がりづらくなります。

また、広い見解を踏まえた文章を書くことに関して、Googleで公式にアドバイスしてます。

  • この記事は独自のコンテンツや情報、レポート、研究、分析などを提供しているか?
  • この記事は物事の両面をとらえているか?
  • 記事はしっかりと編集されているか? それとも急いで雑に作成されたものではないか?
  • 記事が取り上げているトピックについて、しっかりと全体像がわかる説明がなされているか?
  • 記事が、あたりまえのことだけでなく、洞察に富んだ分析や興味深い情報を含んでいるか?
  • 記事が雑誌、百科事典、書籍で読めるようなクオリティか?
  • 記事が短い、内容が薄い、または役立つ具体的な内容がない、といったものではないか?

※引用元:Google ウェブマスター向け公式ブログ: 良質なサイトを作るためのアドバイス

まとめ

ページのテーマに沿って網羅性を高めるようにコンテンツを作ることで、結果的に文字数が増えやすくなります。(結果的に長文コンテンツになりやすい。)
なので、重要なのは文字数ではありません。

重要なのは、ユーザーの検索意図を考慮したうえで、網羅性、独自性、信憑性を加味した、信頼性の高いンテンツを作成して提供することです。
さらに、専門性や権威性を踏まえて、より信頼できるサイトを築き上げながら、SEO対策を進めることが、上位表示を目指すためのポイントとなります。

SEOラボのおすすめ記事がLINEに届く!「SEOラボを友だち追加する」

カテゴリから記事を探す

SEO対策無料ご提案はこちら