SEOに関する実験やデータ分析などを公開します

SEOの疑問を実験で解明しブログ配信【SEOラボ】

SEOスパムとは?行為を知ってペナルティを避けよう!

SEOスパムとは、過剰なSEOを行って検索エンジン側から不正と見なされる行為のことです。
別名「検索エンジンスパム」とも呼ばれます。
このSEOスパムを行えば、ペナルティを受けて検索順位が下がったり、インデックス削除される可能性が高まります。

一方、ウェブマスター向けガイドラインに準拠してSEOすれば、Googleに評価されやすくなります。
そうなれば、検索順位が上昇したり、検索流入が増えやすくなるというわけです。

こうした良い状況にするために、SEOスパムの行為を把握して、適切なSEO対策をしましょう。

今回は、SEOスパムの種類やSEOスパムサイトのチェックすべき行為を中心に解説したいと思います。

SEOスパムとは?行為を知ってペナルティを避けよう!

SEOスパムとは?

SEOスパムとは、過剰なSEOを行って検索エンジン側から不正と見なされる行為のことです。
別名「検索エンジンスパム」とも呼ばれます。

例えば、許可を得ずシンジケーションせずに、他のWebサイトのコンテンツ内容を丸々コピーして、Webページを作成します。
このページがインデックスされれば、検索ユーザーは全く同じページを見る可能性が高まります。
つまり、ユーザーの利便性が低下します。
ユーザーの利便性を故意に低下させる行為は、Googleウェブマスター向けガイドラインに違反します。
結果、SEOスパムになるというわけです。

SEOスパムの種類

SEOスパムの種類・行為として、主に以下のようなものがあります。
※参考:ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン) – Search Console ヘルプ

リンクプログラムに参加してるサイト

PageRankを転送するリンク、相互リンクなど、検索結果でのサイトのランキングに悪影響を与える可能性のあるリンクプログラム使用する行為

オリジナルのコンテンツがほとんどまたはまったく存在しないページを作成してるサイト

自動生成されたコンテンツ、無断複製されたコンテンツ、誘導ページ、実質のないアフィリエイトサイトなど、ユーザーにとって価値のないページの検索エンジン掲載位置を上げようとする行為

検索順位を上げたり、検索流入を増やすにはSEOが重要!

関連記事

【2021年版】SEOとは?基本や重要な対策など初心者にわかりやすく解説!

SEOの基本を押さえて対策しよう。とくにユーザーの利便性を考慮することが重要で、これを無視すればGoogleに評価されない(検索順位や検索流入が向上しない)…

続きを見る

予想した結果と異なる結果を提供してるサイト

人間のユーザーと検索エンジンに対しそれぞれ異なるコンテンツまたはURLを表示(クローキングや不正なリダイレクト)や、悪意のある動作(フィッシングや、ウイルス、トロイの木馬、その他のマルウェアのインストールなど)を伴うページの作成する行為

隠しテキストや隠しリンクがあるサイト

コンテンツに隠しテキストや隠しリンクを含める行為

ページへのコンテンツに関係のないキーワードの詰め込んでるサイト

ウェブページにキーワード(SEOキーワード)や数字を詰め込む行為(キーワードの乱用)

リッチ スニペット マークアップを悪用してるサイト

ユーザーエクスペリエンスを阻害するような誤解を招きやすい内容でマークアップする行為
※参考:Google ウェブマスター向け公式ブログ: リッチ スニペットに関するガイドラインを公開しました

Google への自動化されたクエリの送信

自動化されたクエリの送信でGoogle検索ランキングを調べるなどの、自動化された手段で許可なく Googleにアクセスする行為

ブログのコメントスパム

他のブログサイトのコメント投稿欄に、自サイトへの広告リンクを含むコメントを大量に投稿する悪質な行為

SEOスパムで良く見受けられる行為とその改善方法

とくにチェックしておきたい良く見受けられる3つのSEOスパム行為があります。この行為を改善する方法まで紹介します。

①オリジナルのコンテンツがほとんどまたはまったく存在しないページを作成
⇒競合サイトのコンテンツを参考し、オリジナルのテキストや画像含むコンテンツの割合を高めながら、ページ作成する

②隠しテキストや隠しリンク
⇒text-indent:-9999px、display:noneなどの隠しテキスト、隠しリンクの原因となるCSS(スタイルシート)を見つけ、記述を改善する

③ページへのコンテンツに関係のないキーワードを詰め込む(キーワードの乱用)
⇒テーマに関連するキーワードをコンテンツに適切に含めながら、ページ作成する

SEOスパムの報告・通報

SEOスパムの報告・通報の基準としては、Googleの品質に関するガイドラインに準拠していないと思われるサイトを見つけた場合です。
見つけた場合、スパム報告としてGoogleに知らせることが可能です。

SEOスパムの判定

Googleでは、ユーザーへの影響度を加味して報告されたSEOスパムに優先順位をつけます。
SEOスパムと判定されたサイトは、場合によって検索結果から完全に削除する一番重いGoogle手動ペナルティが課せられることがあります。

このGoogleペナルティを受けないために、ウェブマスター向けガイドラインに準拠したSEO対策が重要です。

まとめ:SEOスパムの行為を把握して、適切なSEO対策をしよう

SEOスパムの行為を把握して、適切なSEO対策をしましょう。
そのためには、Googleのウェヴマスター向けガイドラインを考慮することが重要です。

一方、ウェブマスター向けガイドラインの内容を知らなければ、偽装行為や不正行為がわかりません。
そうなれば、誤ったSEO対策や過剰なSEO対策をする可能性が高まります。
結果、ウェブマスター向けガイドラインに違反して、ペナルティを受けるというわけです。

こうした悪い状況を回避する為に、SEOスパムの行為を把握して、適切なSEO対策をしましょう。

検索順位が上がらない…なぜ?

検索順位が上がらない…なぜ?

検索順位が上がらない理由は、SEO対策の質が低いからです。

例えば、ユーザーの検索意図を無視したり、関連性の低いコンテンツを増やして内部リンクの最適化を疎かにします。
この場合、SEO対策の質が下がります。
結果、検索順位が上がらないというわけです。

こうした悪い状況を回避する為に、サイトの欠点を調査して上位化に必要な対策を洗い出しましょう。

SEO対策無料ご提案はこちら