SEOに関する実験やデータ分析などを公開します

SEOの疑問を実験で解明しブログ配信【SEOラボ】

Googleの検索順位を上げる方法について

2018/09/19 2018/11/20

検索エンジン「Google」で、Webサイトの検索順位を上げるには、SEO対策が必要であり、その対策の中でユーザーの利便性を考慮したコンテンツを作ることが大前提となります。
そして、その作成したコンテンツの内容が検索エンジン(Google)にしっかり認識されるように対策を施すことが重要となります。

このようにユーザーが求める情報を含んだ良質なコンテンツを提供して、そのコンテンツがしっかりクロールされて検索結果にインデックスされるように促すことが、Googleに評価されるためのポイントであり、検索順位を上げるために不可欠となります。

この点踏まえて、今回はGoogleの検索順位を上げる方法について中心に、初心者にもわかるようにポイントをまとめて解説したいと思います。

Googleの検索順位を上げる方法について

検索順位とは

Googleなどの検索エンジンで検索したときのサイト表示順位のこと

検索順位とは、GoogleやYahooなどの検索エンジンで、特定のキーワードで検索したときのサイト(ページ)表示順位のことです。

検索順位は、1位に近づくほどクリック率が高く、検索結果1ページ目(1位~10位)にランクインすることで、サイトへの検索流入が増えて、ホームページ集客の加速につながります。

Googleの検索順位を上げる前に意識しておくこと

Googleは、Webページのコンテンツとリンクを評価して、ランク付けする!

Googleの検索順位を上げる前に、Googleが何を基準にWebページ(ブログ記事)を評価して検索順位を引き上げるのか?といった検索順位の仕組みについて理解を深めておく必要があります。

Googleが評価するWebページ

  • ユーザーの利便性を考慮したコンテンツを持つWebページ
  • 良質なリンクが多く集まってるWebページ

このようなWebページとなるには、検索ユーザーを意識してそのユーザーにとって役立つ情報を含めたコンテンツを提供する必要があります。
そのようなユーザーにとって利便性の高いWebページは、参照されやすいのでリンクも多く集まり、Googleに評価されやすくなるというわけです。

これについては、実際にGoogle公式にも触れてることなので、Googleの検索順位を上げる前に必ず意識しておくポイントとなります。

関連記事Googleのサイト評価基準をもとにSEOするには?

Googleの検索順位を上げる方法について

検索順位を上げるために、ユーザーファーストのコンテンツをもとにリンクを集めよう!

先述した内容を意識したうえで、SEO対策を進めていくことが、Googleの検索順位を上げる方法となります。
実際にどうしたら良いか?その方法(SEOノウハウ)についてポイントをまとめながら手順を追って紹介していきます。

  1. ページのテーマとなるキーワードを選定する
  2. 選定したキーワードをもとにユーザーファーストのWebページを作る
  3. 検索エンジンへWebページの認識を促す
  4. SNSを活用してWebページを宣伝し、被リンクの獲得を促す(外部対策)
  5. キーワードの検索順位に応じて、リライトし、Webページの質を上げる
  6. コンテンツSEOを推し進めてドメインパワーを上げる

関連記事SEO対策とは?SEOの対策ポイントについて

ページのテーマとなるキーワードを選定する

ページのテーマを1つのキーワードに置き換えよう!

まずは、作成するWebページのテーマを1つのキーワードに置き換えて、そのキーワードに特化したコンテンツを作っていく形になります。
なので、どんなテーマでコンテンツを作成するか?をある程度明確にして、そのテーマの軸となるキーワードを1つ選定しましょう。

例えば、このページのテーマは、「Googleの検索順位を上げる方法について」で、このページのテーマの軸となるキーワードは「検索順位を上げる」です。
つまり、このページは「検索順位を上げる」というキーワードを選定したうえで、そのキーワードをもとにタイトル名やコンテンツ内容を作成しています。

このように、ページ単位でテーマの軸となるキーワードを1つ選定し、そのキーワードに特化したWebページを提供しながら、SEO対策を進めることが検索順位を上げるためのポイントとなります。

関連記事SEOキーワード選定方法と無料ツール活用事例

選定したキーワードをもとにユーザーファーストのWebページを作る

選定したキーワードをもとにユーザーファーストのWebページを作ろう

1つのキーワードを選定したら、そのキーワードをもとにユーザーファーストを考慮したWebページを作成します。
実際にどのようにWebページを作ったらよいか?ポイントをまとめて解説していきます。

ユーザーの検索意図を把握して、その内容をWebページに落とし込む

ユーザーの検索意図をWebページに落とし込もう!

選定したキーワードで実際に検索して表示される、競合上位サイトのタイトル名やコンテンツ内容から、ユーザーの検索意図を把握しましょう。
なぜかというと、上位表示されてるサイトはGoogleに評価されてるページであり、そのようなページにはユーザーの求める情報が含まれてるためです。

なので、それらの競合上位サイトでより多く表示されてる傾向を採用して、その傾向を自分のWebページのタイトルやコンテンツ内容に落とし込み、検索クエリと関連性のあるユーザーファーストのコンテンツに近づけることが検索順位を上げる(SEO効果を高める)ためのポイントとなります。

このときに注意したいのが、そのまま競合上位サイトのタイトル名やコンテンツ内容をコピペしないことです。
あくまでも傾向を採用して、独自性を盛り込みながら、自分のWebページを作成するようにしましょう。

タイトルとコンテンツにキーワードを含めて検索クエリとの関連性を強調する

タイトルとコンテンツにキーワードを含めて検索クエリとの関連性を高めよう!

先述したようにユーザーの検索意図を考慮し、かつ、選定したキーワードをタイトル名とコンテンツのテキスト文章内に必ず含めたWebページを提供することが検索順位を上げるために重要なポイントとなります。

例えば、タイトルやメタディスクリプションの文言、Webページのリード文、コンテンツの見出し文や、セクションごとの冒頭文、文末など中心に、選定したキーワードを含めて行きます。
このようなタイトルやコンテンツ内容にすることで、検索クエリと関連性の高いWebページにすることができるので、Googleに評価されて上位表示が期待できるようになります。

関連記事SEOキーワードの設定方法をわかりやすく解説

内部対策を施して検索エンジンへWebページの認識を促す

内部対策して、検索エンジンに認識されやすいWebページ(サイト)にしよう!

作成したWebページがGoogleのクローラーに巡回されやすく、検索エンジンにインデックスされやすいものにするために、内部対策を施すことが重要です。
例えば、先述したように、Webページにキーワードを含めることもそうですが、XMLサイトマップの設置や内部リンクの構築などの内部対策(内部施策)を行い、重要なWebページがしっかりクロールされて、検索エンジンに認識されるようにすることが、検索順位を上げるうえでの大前提となります。

このような内部対策を中心に行い、ユーザーファーストを考慮したWebページがGoogleの検索結果にまず表示されるようにしながら、SEO対策を進めることが検索順位を上げるために必要となります。

SNSを活用してWebページを宣伝し、被リンクの獲得を促す(外部対策)

SNSでWebページを宣伝して、被リンク獲得を促そう!

先述のようにユーザーファーストを考慮して作成したWebページを、FacebookやTwitterなどのSNSサービスを活用して、宣伝し、興味・関心のあるユーザー(フォロワー)などより多くの人に作成したWebページを認知させましょう。
そうすることで、共感・共有(シェア)されやすくなり、そのWebページが参照されやすくなるので、最終的に被リンク(外部リンク)の獲得に繋がります。

被リンクは、コンテンツと並んで検索順位を上げるための重要なSEO要素となります。
なので、ユーザーファーストを考慮した共感・共有されやすい良質なコンテンツをもとに、より多くのユーザーにその高品質なWebページを宣伝・認知させて、被リンクの獲得を促すこと(外部対策)がSEOにおいて重要であり、検索順位を上げるためのポイントとなります。

キーワードの検索順位に応じて、リライトし、Webページの質を上げる

キーワード順位を追いながら適宜リライトして、Webページの質を上げよう!

作成したWebページのキーワード順位を管理するために、そのWebページごとに選定したキーワードを検索順位チェックツールに登録して、順位推移を追っていく(管理していく)必要があります。
なぜ順位を管理するかというと、キーワードの順位が下がったときにそのキーワードをもとに作成したWebページをリライトして改善し、検索順位を上げるためです。

なので、まず作成したWebページのキーワード順位を管理することが重要となります。
順位管理できるおすすめのツールとして有名なのが、検索順位が自動でチェックできる「BULL」や「GRC」、サーチコンソールの検索アナリティクス機能です。

このようなツールを活用して、作成したWebページごとのキーワード順位の推移を追いながら、順位が上がらないキーワード、順位が下がったキーワードを中心に該当するWebページをリライトして、検索順位を上げるようにSEO対策を進めることが重要なポイントとなります。

コンテンツSEOを推し進めてドメインパワーを上げる

コンテンツSEOで良質なWebページを増やして、ドメインパワーを上げよう!

先述のように、作成したWebページ(過去記事)をリライトして改善したり、関連キーワードで良質な新規Webページを増やしながら、コンテンツSEOを推し進めることが、最終的に検索順位を上げるためのポイントとなります。
つまり、高品質なWebページが多いサイトを運用することが順位を上げるために重要となります。

もう少し言うと、高品質なWebページを増やして、かつ検索品質評価ガイドラインで定義されてる「E-A-T」や「YMYL」を考慮したサイト構成にすれば、サイト自体の信頼性が高まるのでGoogleから評価されやすいサイトとなり、ドメインパワーが向上します。
このような状態になれば、新規ページのキーワード順位が付きやすかったり、既存ページの順位が上昇して上位にランク付けされやすくなります。

関連した話をすると、サイト立ち上げ段階における話ですが、雑多なジャンルではなく、1つのジャンルに絞ってコンテンツSEOを進めることで、サイトの専門性が高まりGoogleに評価されやすくなので、検索順位も上がりやすくなります。
また、雑多なジャンルのサイトでも、カテゴリ分けするなどして関連するWebページをわかりやすく固めて増やしながらコンテンツSEOを進めれば、Googleに評価されて順位も上がりやすくなるでしょう。

ちなみにコンテンツSEOはコンテンツマーケティングの一種で、その中でもWeb集客における重要な対策の1つです。
なので、Webマーケティングを強化してビジネス成長を狙うのであれば、今回紹介したコンテンツマーケティングのコンテンツSEO対策でホームページの集客をまず加速させることがポイントとなります。

まとめ

検索順位を上げるために、ユーザーファーストを考慮したWebページが欠かせません。
なので、上位表示したいキーワード(選定した1つのキーワード)で実際に検索して、表示される競合上位サイトからユーザーの検索意図を読み取り、その検索意図を考慮したタイトル名やコンテンツを作ることが重要です。

このようなタイトル・コンテンツを含む良質なWebページを提供して、被リンクが集まるような仕組みを構築しながら、上位表示を目指すことがSEO対策のポイントとなります。

関連記事SEO対策とは?SEOの対策ポイントについて

SEOラボのおすすめ記事がLINEに届く!「SEOラボを友だち追加する」

カテゴリから記事を探す

SEO対策無料ご提案はこちら