SEOの実験やデータ分析など公開

SEOの疑問を実験で解明しブログ配信【SEOラボ】

  • 運営情報
【2024年6月20日まで!先着3名】記事作成付きSEOコンサル【76%割引】キャンペーン中!SEO無料調査を申し込む⇒

ローカルSEOとは?MEOとの違いや対策、メリット・効果など徹底解説!

SEO

ローカルSEOとは、Googleなどの検索エンジンのローカル検索結果に、特定の企業情報や店舗情報(企業や店舗のWebサイト)が表示されるように最適化することです。「ローカルseo対策」や「地域SEO」とも呼ばれます。
このローカルSEO(Local SEO)は、SEOやMEOと異なります。
ローカルSEOをうまく行えば、検索流入が期待できます。

\申し込みは簡単!今なら、調査結果資料無料配布中!SEO無料調査を申し込む
\DLは簡単!今なら、SEOの基本丸わかり資料無料GET!イチから学ぶ「SEOの教科書」を無料ダウンロードする

一方、ローカルSEOを無視すれば、ローカル検索結果に表示されません。
具体的には、ユーザーが「地域名+キーワード」などの地域の影響を受けるキーワードで検索したときの検索結果(Google検索結果やGoogleマップの検索結果)に、自身の運営する企業情報や店舗情報(企業や店舗のWebサイト)がインデックスされなかったり、上位表示されません。
そうなれば、ローカル検索結果で表示機会が減るのでクリックされづらくなります。
結果、検索流入が滞って申込や問い合わせなどのコンバージョンが増えず、売上向上が見込めないでしょう。

こうした良くない状況を回避する為に、ローカルSEOの基本を押さえて、対策を促進しましょう。

この点踏まえて今回は、ローカルSEOの意味やMEOとの違い、ローカルSEO対策、ローカルSEOの効果など中心に、初心者にもわかりやすくポイントをまとめて解説したいと思います。

ローカルSEOとは?MEOとの違いや対策、メリット・効果など徹底解説!

ローカルSEOとは?

ローカルSEOとは、Googleなどの検索エンジンのローカル検索結果に、特定の企業情報や店舗情報(企業や店舗のWebサイト)が表示されるように最適化することです。「ローカルseo対策」や「地域SEO」とも呼ばれます。

例えば、起業した新しい会社(店舗)の情報をGoogleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)に登録します。
登録の際に「ビジネス名」だけでなく「住所」を正確に入力して、ユーザーが検索キーワードで指定した場所から会社(店舗)までの道のりがわかるように「距離」を考慮します。
また、選択した「カテゴリ」の属性と関るように会社の情報を詳しく入力して、ユーザーが検索するキーワード(検索クエリ)と会社の情報の「関連性」を高めるようにします。
さらに、オフラインでの知名度を上げる、オンラインでのクチコミ数を増やす、WebサイトのSEOを行って検索順位を上げるなどして、会社(店舗)の「視認性」を高めます。
このように最適化することが「ローカルSEO」です。

このローカルSEOがうまくいけば、Googleなどの検索エンジンのローカル検索結果(ユーザーが「地域名+キーワード」などの地域の影響を受けるキーワードで検索したときのGoogle検索結果やGoogleマップの検索結果)に、特定の企業情報や店舗情報(企業や店舗のWebサイト)が表示されやすくなるでしょう。

\申し込みは簡単!今なら、調査結果資料無料配布中!SEO無料調査を申し込む
\DLは簡単!今なら、SEOの基本丸わかり資料無料GET!イチから学ぶ「SEOの教科書」を無料ダウンロードする

ローカルSEOとSEOの違い

ローカルSEOとSEOの違いがいくつかあります。

  • 意味
  • 情報の掲載位置
\申し込みは簡単!今なら、調査結果資料無料配布中!SEO無料調査を申し込む
\DLは簡単!今なら、SEOの基本丸わかり資料無料GET!イチから学ぶ「SEOの教科書」を無料ダウンロードする

意味

ローカルSEOとSEOの違いは、意味です。

例えば、ローカルSEOとは、Googleなどの検索エンジンのローカル検索結果に、特定の企業情報や店舗情報(企業や店舗のWebサイト)が表示されるように最適化することです。
一方、SEOとは、Googleなどの検索エンジンのオーガニック検索結果(自然検索結果)で、特定のWebサイトをインデックスさせたり上位表示させるためにそのWebサイトを改善することです。

このように、意味がローカルSEOとSEOで違います。

情報の掲載位置

ローカルSEOとSEOの違いは、情報の掲載位置です。

例えば、ローカルSEOによって、企業の情報がGooge検索エンジンの検索結果のローカルパックやナレッジパネルに表示されます。
また、「飲食店」などの地域の影響を受けるキーワードで検索したときにローカルパックには、検索したユーザーの現在地付近の飲食店の店舗情報が表示されます。そしてオーガニック検索には、検索したユーザーの現在地付近の飲食店の情報を掲載したWebサイトが表示されます。
一方、SEOによって、企業の情報(Webサイト)がGooge検索エンジンの検索結果のオーガニック検索のみに表示されます。

このように、情報の掲載位置がローカルSEOとSEOで違います。

\申し込みは簡単!今なら、調査結果資料無料配布中!SEO無料調査を申し込む
\DLは簡単!今なら、SEOの基本丸わかり資料無料GET!イチから学ぶ「SEOの教科書」を無料ダウンロードする

ローカルSEOとMEOの違い

ローカルSEOとMEOの違いは、ほぼありません。

例えば、ローカルSEOとは、Googleなどの検索エンジンのローカル検索結果に、特定の企業情報や店舗情報(企業や店舗のWebサイト)が表示されるように最適化することです。
一方、MEOとは、Map Engine Optimizationの略称で「マップエンジン最適化」を意味します。具体的には、Googleマップの検索(ローカル検索)結果で特定の企業情報や店舗情報をインデックスさせたり、上位表示させるために最適化することです。
つまり、ローカルSEOとMEOはともに、ローカル検索結果に表示されるように最適化するという点で同じ意味です。
なので、ローカルSEOとMEOの違いはほぼありません。

\申し込みは簡単!今なら、調査結果資料無料配布中!SEO無料調査を申し込む
\DLは簡単!今なら、SEOの基本丸わかり資料無料GET!イチから学ぶ「SEOの教科書」を無料ダウンロードする

ローカルSEOの検索結果の種類

ローカルSEOの検索結果の種類がいくつかあります。

  • ローカルパック
  • ナレッジパネル

ローカルパック

ローカルSEOの検索結果の種類に、ローカルパックがあります。

例えば、「地域系ワード+キーワード」のように地域情報に影響を受けるキーワードで検索したときに、検索結果の上部に地図情報とともにテキスト文章中心でお店の情報(通常のローカルパック)が表示されます。
また、「セブンイレブン」「セイコーマート」のように複数の店舗があるブランドチェーン店やジャンル名で検索したときに、検索結果の上部に地図情報とともにABC表記でお店の情報(ローカルABCパック)が表示されます。
さらに、「札幌 レストラン」「ニセコ スキー場」のように飲食や娯楽などのサービスをカテゴリで検索したときに、検索結果の上部に地図情報やお店の雰囲気がわかる写真とともにお店の情報(ローカルスナックパック)が表示されます。

ローカルSEOの検索結果の種類「ローカルパック」

これらの表示されたお店の情報は、すべてローカルSEOによって表示される検索結果です。
この検索結果のタイプが、ローカルパックというわけです。

ナレッジパネル

ローカルSEOの検索結果の種類に、ナレッジパネルがあります。

例えば、「任天堂」や「トヨタ自動車」などの企業名や店舗名で検索したときに、検索結果の右側のエリアに会社の所在地などのビジネス情報がボックスで表示されます。

ローカルSEOの検索結果の種類「ナレッジパネル」

この表示されたボックスは、ローカルSEOによって表示される検索結果です。
この検索結果のタイプが、ナレッジパネルというわけです。

\申し込みは簡単!今なら、調査結果資料無料配布中!SEO無料調査を申し込む
\DLは簡単!今なら、SEOの基本丸わかり資料無料GET!イチから学ぶ「SEOの教科書」を無料ダウンロードする

ローカルSEOのメリット(効果)

ローカルSEOのメリットがいくつかあります。

  • 競合性が低い
  • 費用対効果が高い

競合性が低い

ローカルSEOのメリットは、競合性が低いことです。

例えば、「札幌市 中央区 美容室」というキーワードで検索したときにローカル検索結果に表示されるのは、札幌市中央区の美容室だけです。
つまり、日本全国のあらゆる美容室の中の特定の美容室だけが表示されるので、競合性が低いというわけです。
競合性が低ければ競い合う店舗が少ないので、ローカルSEOによってローカル検索結果で上位表示が狙いやすいでしょう。

こうして、競合性が低いことが、ローカルSEOのメリットです。

費用対効果が高い

ローカルSEOのメリットは、費用対効果が高いことです。

例えば、Googleビジネスプロフィールにビジネス情報を無料で登録できます。
登録すれば、ローカル検索結果にWebサイトのURLや電話番号などの店舗情報(企業情報)が掲載できるので、そこから検索流入(集客)や申し込みや問い合わせ(コンバージョン)が期待できます。
つまり、無料で売り上げ向上につながるので、費用対効果が高いというわけです。

こうして、費用対効果が高い点が、ローカルSEOのメリットです。

\申し込みは簡単!今なら、調査結果資料無料配布中!SEO無料調査を申し込む
\DLは簡単!今なら、SEOの基本丸わかり資料無料GET!イチから学ぶ「SEOの教科書」を無料ダウンロードする

ローカルSEOで検索順位が決まる仕組み

ローカルSEOで検索順位(ローカル検索結果のランキング)が決まる仕組みは、3つの要因が関わってます。

  1. 関連性
  2. 距離
  3. 視認性の高さ(知名度)

関連性

ローカルSEOで検索順位が決まる仕組みとして、関連性があります。

例えば、福岡県内で「ラーメン店」というキーワードで検索します。
この場合、福岡県内のラーメン店がローカル検索結果に表示されます。
このローカル検索結果には、福岡県でラーメン店を営んでることをGoogleマイビジネスのビジネス情報(プロフィール)に書いてる経営店が優先的に表示されます。
なので、「検索語句」と「ビジネス情報(プロフィール)」の関連性によって掲載順位が決まるというわけです。

このように、関連性が、ローカルSEOで検索順位が決まる仕組みの1つです。

付け加えると、充実したビジネス情報(プロフィール)を記載すれば、検索語句との関連性を高めることができます。

距離

ローカルSEOで検索順位が決まる仕組みとして、距離があります。

例えば、大阪市内で「お好み焼き店」というキーワードで検索します。
この場合、検索した現在地付近からより近い「お好み焼き店」が、優先的にローカル検索結果に表示されます。
つまり、距離によって掲載順位が決まるというわけです。

このように、距離が、ローカルSEOで検索順位が決まる仕組みの1つです。

視認性の高さ(知名度)

ローカルSEOで検索順位が決まる仕組みとして、視認性の高さ(知名度)があります。

例えば、「博物館」というキーワードで検索します。
この場合、オフラインやオンラインでの視認性の高さ(知名度)が関わります。

  • オフラインでの知名度
  • ビジネスについてのウェブ上の情報(リンク、記事、店舗一覧など)
  • Googleでのクチコミ数やスコア
  • ウェブ検索結果での掲載順位

これらを加味して、Googleでのクチコミ数が多かったり、評価が高い、ウェブ上の情報量が多い、自然検索の順位が高ければ、よりユーザーの目を惹くのでより有名になりかつ魅力的になります。
より有名かつ魅力的な「博物館」が優先的にローカル検索結果に表示されます。
つまり、視認性の高さ(知名度)によって掲載順位が決まるというわけです。

このように、視認性の高さ(知名度)が、ローカルSEOで検索順位が決まる仕組みの1つです。

\申し込みは簡単!今なら、調査結果資料無料配布中!SEO無料調査を申し込む
\DLは簡単!今なら、SEOの基本丸わかり資料無料GET!イチから学ぶ「SEOの教科書」を無料ダウンロードする

ローカルSEOの基本対策【ローカルSEO対策】

ローカルSEOの基本的な対策がいくつかあります。

  • ビジネス情報を詳しく入力する
  • オーナー確認をする
  • 口コミに返信する
  • WebサイトのSEO対策をする

ビジネス情報を詳しく入力する

ローカルSEOの基本的な対策は、ビジネス情報を詳しく入力することです。

例えば、Googleビジネスプロフィールを登録するときに、ビジネス名やカテゴリ、サービス提供地域、営業時間、電話番号、ウェブサイトURLなどの店舗情報を正しくしっかり入力します。
つまり、ビジネス情報を詳しく入力します。
そうすれば、「ビジネス情報」と「検索語句」の関連性が高まってローカル検索結果で上位表示されやすくなるでしょう。

こうして、ビジネス情報を詳しく入力することが、ローカルSEOの基本的な対策です。

ビジネス情報を入力するときには、Name(ビジネス名)、Address(住所)、Phone(電話番号)といった「NAPの表記」を統一してサイテーション獲得の促進を考慮したり、「Google に掲載するローカル ビジネス情報のガイドライン」を考慮しましょう。

オーナー確認をする

ローカルSEOの基本的な対策は、オーナー確認をすることです。

例えば、Googleマップの検索窓で「店舗名」+「地名」を入力して検索後、画面左側のパネルに表示される自身の管理・運用する店舗をクリックします。
クリック後、パネル内の情報に「ビジネスオーナーですか?」という文言が表示されれば、その文言をクリックします。
クリック後、表示される「管理を開始」ボタンをクリックします。
クリック後、表示される「確認方法をお選びください」の画面で、「通話」「メール」「郵送」いずれかを選んで、確認コード(オーナー確認コード)の取得方法を選択します。
確認コード(オーナー確認コード)が取得できたら、Googleビジネスプロフィールにログイン後に表示される「オーナー確認を行う」もしくは「今すぐオーナー確認」をクリックして、その確認コード(オーナー確認コード)を入力します。
つまり、オーナー確認をします。
オーナー確認が完了すれば、オーナーの権限で店舗情報(営業時間や所在地、外観やメニュー写真、店舗の商品など)を編集して、「店舗情報」と「検索語句」の関連性を高めることができます。また、口コミの返信をして視認性の高さを向上させることもできます。さらに、検索クエリや店舗の閲覧数などのユーザー行動が分析できるので、その分析結果をもとにビジネス情報を改善できます。
結果、ローカル検索結果のパフォーマンス向上に繋げることができるでしょう。

こうして、オーナー確認をすることが、ローカルSEOの基本的な対策です。

ちなみに、Googleビジネスプロフィールにログイン後、「お店やサービス」の一覧で該当のビジネスのステータスが「確認済み」になっていればオーナー確認が無事に完了してるということになります。

口コミに返信する

ローカルSEOの基本的な対策は、口コミに返信することです。

例えば、Googleビジネスプロフィールの口コミのほか、店舗の公式サイトや店舗が紹介されてるブログ・ポータルサイトの口コミ、口コミサイト、SNSの口コミなどがあります。
これらの口コミすべてに丁寧に返事を行います。
つまり、口コミに返信します。
そうすれば、「口コミの内容」と「検索語句」の関連性が高まります。
また、口コミ返信の割合が多ければユーザーのアクション率が上昇して、星評価や店舗サイトへの流入促進による参照(リンク)が増えやすくなり、視認性の高さ(知名度)の向上が期待できます。
結果、ローカル検索結果に表示されやすくなるでしょう。

こうして、口コミに返信することが、ローカルSEOの基本的な対策です。

WebサイトのSEO対策をする

ローカルSEOの基本的な対策は、WebサイトのSEO対策をすることです。

例えば、Googleビジネスプロフィールに店舗情報を登録していて、その店舗の公式サイトを保有してるとします。
店舗の公式サイトの各ページを検索意図を考慮して作成します。
つまり、SEO対策します。
そうすれば、店舗の公式サイトがGoogleに評価されやすくなってウェブ検索結果の掲載順位が上がりやすくなります。
ウェブ検索結果の検索順位は、ローカル検索結果の検索順位に考慮されます。

ウェブ検索結果での掲載順位も考慮に入れられるため、検索エンジン最適化(SEO)の手法も適用できます。
※引用元:Google のローカル検索結果のランキングを改善する方法 – Google ビジネス プロフィール ヘルプ

このことから、SEOによってMEOなどのローカルSEOへの相乗効果が期待できます。
結果、Googleビジネスプロフィールに登録した店舗情報がローカル検索結果で上位表示されやすくなるでしょう。

こうして、WebサイトのSEO対策をすることが、ローカルSEOの基本的な対策です。

\申し込みは簡単!今なら、調査結果資料無料配布中!SEO無料調査を申し込む
\DLは簡単!今なら、SEOの基本丸わかり資料無料GET!イチから学ぶ「SEOの教科書」を無料ダウンロードする

ローカルSEOで避けたいこと

ローカルSEOで避けたいことは、ポリシーとガイドラインに違反することです。

例えば、Googleの「ビジネスプロフィールに関連するすべてのポリシーとガイドライン」では、「Googleに掲載するローカル ビジネス情報のガイドライン」や「投稿内容に関するポリシー」「写真、動画、クチコミに関するポリシー」などのルールが定義されてます。
これらのルールを犯します。
つまり、ポリシーとガイドラインに違反します。
そうすれば、Googleビジネスプロフィールにログイン後に表示されるビジネスのステータスが「停止中」になって、ローカル検索結果に掲載されてたビジネス情報が非表示になります。
結果、ローカル検索結果からの流入が途絶えるので、集客力の低下を招くでしょう。

このように、ポリシーとガイドラインに違反することがローカルSEOで避けたいことです。

\申し込みは簡単!今なら、調査結果資料無料配布中!SEO無料調査を申し込む
\DLは簡単!今なら、SEOの基本丸わかり資料無料GET!イチから学ぶ「SEOの教科書」を無料ダウンロードする

まとめ:ローカルSEOの基本を押さえて、対策を促進しよう

ローカルSEOの基本を押さえて、対策を促進しましょう。

一方、ローカルSEOを無視すれば、ローカル検索結果に表示されません。
具体的には、Googleビジネスプロフィールに登録しなければ、ローカルパックやナレッジパネルに自身の店舗(企業)情報が表示されません。
つまり、ユーザーが「地域名+キーワード」などの地域の影響を受けるキーワードで検索したときの検索結果で、表示機会を失います。
結果、ローカル検索結果からの流入が促進できないので、集客が停滞しやすくなるでしょう。

こうした悪い状況を回避する為に、ローカルSEOの基本を押さえて、対策を促進しましょう。

SEO対策しても検索順位が上がらない…なぜ?

検索順位の推移

SEO対策しても検索順位が上がらない…なぜ?

検索順位が上がらない理由は、SEO対策の質が低いからです。

例えば、ユーザーの検索意図を無視したり、関連性の低いコンテンツを増やす、内部リンクの最適化など疎かにします。
この場合、SEO対策の質が下がります。
そうなれば、ページやサイト自体の品質が上がらないので、Googleに評価されづらくなります。
結果、検索順位が上がらないというわけです。

こうした悪い状況を回避する為に、サイトの欠点を調査して上位化に必要な対策をご案内します(無料)。

検索順位を上げたり、検索流入を増やすにはSEOが重要!

SEOラボのおすすめ記事がLINEに届く「SEOラボを友だち追加」