SEOに関する実験やデータ分析などを公開します

SEOの疑問を実験で解明しブログ配信【SEOラボ】

  • 運営情報

音声検索最適化(VSO)とは?傾向や対策など徹底解説!

SEO

音声検索とは、デバイスに対してユーザーが音や声を通して投げかけることで欲しい情報を得れる検索システムのことです。
この検索システムのために最適化することが「音声検索のSEO」であり、別名「音声検索最適化(VSO[Voice Search Optimizationの略])」とも呼びます。
このVSOは、基本的に通常検索のSEOを行えばカバーできます。

一方、通常検索のSEOを疎かにすれば、音声検索の検索結果に採用されづらくなります。
具体的には、スマホのマイクスピーカー(音声入力機能)で「OK Google」と言って調べたい言葉を投げかけたときの検索結果に、自身のサイトが採用されづらくなります。
そうなれば、自身のサイトへ訪問する検索ユーザーが減ります。
結果、見込み顧客が減るので、その分売り上げ向上が期待できないでしょう。

こうした良くない状況を回避する為に、音声検索最適化(VSO)の基礎を把握して、ポイントを押さえましょう。

この点踏まえて今回は、音声検索最適化(VSO)の傾向や対策など中心に、初心者にもわかりやすくポイントをまとめて解説したいと思います。

音声検索最適化(VSO)とは?傾向や対策など徹底解説!

音声検索とは?

音声検索とは?

音声検索とは、デバイスに対してユーザーが音や声を通して投げかけることで欲しい情報を得れる検索システムのことです。

例えば、iPhoneやiPadなどのiOSが搭載されているデバイスの設定で、[Siri]をオン(有効)にします。
この状態で、iPhoneやiPadに向けて「Hey Siri(ヘイシリ)」と言葉を投げかけたあとに、調べたい言葉を投げかけます。
そうすれば、調べたい言葉(質問)に対する検索結果を返してくれます。(欲しい情報を得ることができます。)
この検索システムが、音声検索というわけです。

音や声をデバイスに投げかける

また、最近では音声検索に特化したスマートスピーカー(AIスピーカー)が有名で、Googleからは「Google Home」、Amazonからは「Alexa」が発売されてます。
さらに、iPhoneに搭載されてる「Siri」、Android端末の「Google Assistant(Gogoleアシスタント)」、マイクロソフトの「Cortana」などの音声検索システムを搭載した機器を総称して、デジタルアシスタントとも呼びます。
これらのデジタルアシスタントは、通常の検索機能にもあるようなユーザーごとのニーズをくみ取って検索結果を返すこともできます。

音声検索のメリット

音声検索のメリットがいくつかあります。

  • 入力スピードが速い
  • ながら検索ができる

入力スピードが速い

音声検索のメリットは、入力スピードが速いことです。

例えば、スマホのGoogle検索アプリを開いて表示される検索窓のマイクアイコンをタップした後、そのスマホのマイクに向かって「サッカー速報」としゃべりかけます。
しゃべりかけた約1~2秒後にはGoogle検索窓に「サッカー速報」という語句が既に入力されてると同時に、入力された語句の検索結果も表示されます。
つまり、入力スピードが速いというわけです。

こうして、入力スピードが速いことが、音声検索のメリットです。

ながら検索ができる

音声検索のメリットは、ながら検索ができることです。

例えば、スマホのGoogle検索アプリを開いて表示される検索窓のマイクアイコンをタップした後、そのスマホのマイクに向かって「チャーハンの作り方」としゃべりかけます。
しゃべりかけながら手を動かして調理器具や食材の準備をしたり、調理器具や食材に目線を配りながら「チャーハンの作り方」が検索できます。
つまり、スマホを凝視して手で文字をタップし、目で文字の場所や入力内容を確認しなくても、何か他のことをしながら検索できるというわけです。

こうして、ながら検索ができることが、音声検索のメリットです。

音声検索の市場規模

音声検索の市場規模は、2020年までにはすべての検索の約50%を占めるとも言われてました。(※ComScoreの調査データ)

また、世界の音声・言語認識市場規模は、2015年から2020年の間に力強く成長したと報告されてます。
2021年から2026年にかけては、19.5%のCAGRで拡大すると予測されていて市場に前向きな見通しとなってるようです。(※IMARC Services Private Limitedの調査データ)

音声検索の利用における国民性

音声検索の利用における国民性は、実際のところ、日本国民は音声検索の利用が恥ずかしく消極的なため、利用者が少ないというのが現状のようです。(※70%以上が人前で音声検索が恥ずかしい)
つまり、国民性が変わらない限り、日本の音声検索市場の拡大はそこまで見込めないため、集客できるユーザーは限られる可能性があります。

日本国内において人前での音声検索利用は恥ずかしい(調査結果)

※出典:「文字入力による情報検索『面倒』」は半数 「人前での音声検索は『恥ずかしい』」7割超、家電などの音声操作、4割が「『自宅に人がいなければ』利用したい」 | 2017年 | KDDI株式会社

音声検索最適化(VSO)とは?

音声検索とは、デバイスに対してユーザーが音や声を通して投げかけることで欲しい情報を得れる検索システムのことです。
この検索システムのために最適化することが「音声検索のSEO」であり、別名「音声検索最適化(VSO[Voice Search Optimizationの略])」とも呼びます。

例えば、通常検索向けにWebサイトの最適化を行います。
具体的には、通常検索向けにWebサイトの内部施策や外部施策、コンテンツ制作やページエクスペリエンス最適化など行います。
そうすれば、自身のサイトが通常検索で上位表示されやすくなって、かつ音声検索でも採用されやすくなります。
つまり、通常検索のSEOをすれば、音声検索のSEOにもなります。
こうして基本的には通常検索と同じ最適化をすることが、「音声検索最適化(VSO)」です。

音声検索に採用されやすいサイトの傾向

音声検索結果に表示されやすいサイトの傾向は?

音声検索に採用されやすいサイトの傾向は、実際に「Google Home」を使った1万件の音声検索の検索結果の傾向からわかります。

  • ページ表示速度がSEOに大きな役割を果たしてる
  • 音声検索で表示されるサイトは主にHTTPSサイトである
  • 音声検索クエリの回答には簡潔なものが選ばれやすい(シンプルで読みやすいコンテンツ)
  • 構造化データはあまり関与してない
  • オーソリティが高いサイトが採用されやすい
  • ソーシャルで人気のコンテンツが採用されやすい
  • titleタグに検索クエリが無くても採用される
  • 文字数が多いコンテンツから回答を抜き出して採用するケースもある
  • PC検索で上位表示されてるコンテンツが採用されやすい
  • 強調スニペットに表示されてるサイトが採用されやすい

※参考:Voice Search SEO: How to Optimize in 2018

これらの傾向は、通常の検索と似た傾向です。
とくに、ページの読み込み速度が、音声検索アルゴリズムにおいて重要な要素といえそうです。

音声検索のSEO対策(VSO対策)

音声検索結果の傾向からSEO対策を進める

音声検索のSEO対策は、通常検索と同様のSEO対策をしたうえでとくに「ページの読み込み速度」の改善に注力します。

例えば、音声検索のアルゴリズムは通常検索のアルゴリズムと似た傾向であり、かつページ表示速度がSEOに大きな役割を果たしています。
このことを踏まえてまず内部対策や外部対策、コンテンツ制作、ページエクスペリエンス最適化をして通常検索と同様のSEO対策を行います。
これらの対策の中でとくにページエクスペリエンス最適化でのコアウェブバイタルのLCPの改善に注力します。
具体的には、AMP対応しますが、AMP対応が難しければ、負荷の原因となる無駄なリソースを省いたり、画像やJS・CSSファイルなどのサイズを縮小して負荷を軽減するなどします。
つまり、通常検索と同様のSEO対策をしたうえでとくに「ページの読み込み速度」の改善に注力するというわけです。

こうして、通常検索と同様のSEO対策をしたうえでとくに「ページの読み込み速度」の改善に注力することが、音声検索のSEO対策です。

まとめ:音声検索最適化(VSO)の基礎を把握して、ポイントを押さえよう

音声検索最適化(VSO)の基礎を把握して、ポイントを押さえましょう。

一方、音声検索最適化(VSO)の基礎を知らなくても、通常検索のSEOの基礎を抑えていれば基本的に大丈夫です。
具体的には、通常検索のSEO対策を行えば、音声検索でも自然と自身のWebサイトが採用されやすくなります。
より音声検索で採用されやすくするために、「ページの読み込み速度」の改善に注力するとうわけです。

こうした良い状況にするために、音声検索最適化(VSO)の基礎を把握して、ポイントを押さえましょう。

SEO対策しても検索順位が上がらない…なぜ?

検索順位の推移

SEO対策しても検索順位が上がらない…なぜ?

検索順位が上がらない理由は、SEO対策の質が低いからです。

例えば、ユーザーの検索意図を無視したり、関連性の低いコンテンツを増やす、内部リンクの最適化など疎かにします。
この場合、SEO対策の質が下がります。
そうなれば、ページやサイト自体の品質が上がらないので、Googleに評価されづらくなります。
結果、検索順位が上がらないというわけです。

こうした悪い状況を回避する為に、サイトの欠点を調査して上位化に必要な対策をご案内します(無料)。

検索順位を上げたり、検索流入を増やすにはSEOが重要!