SEOに関する実験やデータ分析などを公開します

SEOの疑問を実験で解明しブログ配信【SEOラボ】

メタキーワードとは?SEOで不要な理由など徹底解説!

メタキーワード(meta keywords)を書いても今現在SEO効果がほぼ無いと言われてます。

今回はメタキーワードの書き方とSEOで不要な理由を中心に解説したいと思います。

メタキーワードとは?SEOで不要な理由など徹底解説!

メタキーワードとは?

メタキーワード(meta keywords)とは、HTMLファイルの<head>タグ内に記述するmetaタグの一つです。

メタキーワードを記述しても今現在SEO上効果はありません。
一昔前は、メタキーワードに上昇させたいキーワードを記述し、実際にそのキーワードで検索上位化した事例もありました。

検索順位を上げたり、検索流入を増やすにはSEOが重要!

関連記事

【2021年版】SEOとは?基本や重要な対策など初心者にわかりやすく解説!

SEOの基本を押さえて対策しよう。とくにユーザーの利便性を考慮することが重要で、これを無視すればGoogleに評価されない(検索順位や検索流入が向上しない)…

続きを見る

メタキーワードの書き方

メタキーワードはHTMLソースに以下のように記述します。

メタキーワードは、検索エンジンに認識されたいキーワードをカンマ区切りで記述し、対象ページのコンテンツに登場する主要単語を記述するのが一般的です。

メタキーワードの数

メタキーワードの数が多すぎると、キーワードの乱用といったGoogleガイドライン違反でペナルティを受ける可能性があります。 決まった数は無いですが、ページで主要な単語を絞り、適切な数だけ記述しましょう。

Googleが言及するメタキーワードの不要な理由

すでにGoogleは公式に、Google Webmaster Central Blogで「meta keywordsを検索順位を決める要因としては、利用していない」と言及しています。
※参考:Official Google Webmaster Central Blog: Google does not use the keywords meta tag in web ranking

またメタキーワードは、Googleサポート外のmetaタグです。
メタキーワードを記述しても、Googleがサポートするメタタグのみを処理し、残りは無視されます。
※参考:Google がサポートしているメタタグ – Search Console ヘルプ

さらに、Googleウェブマスターフォーラムにて、「metaタグ”keywords”は追加した方がいいでしょうか?」と言う質問に対し、以下言及がありました。

meta keywordsは、全く必要ありません。
Googleが何をしたいかを考えれば必要性は見えてきます。

検索エンジンに渡すキーワードは、検索エンジン側が判断します。

keywordsは、Google検索では、使用されません。記事の内部からキーワードになる単語を抽出、選択するようです。Google側の推奨は、「keywordsを利用するサービスのために設定しておきましょう」です。

全く不要です。
むしろ私としては使わないことを推奨です。時間の無駄だし、他の競合サイトが「このページはどのキーワードの上位表示を狙っているのだろうか?」という調査に使うこともあるからです。

まとめ

このように、Googleがすでメタキーワードをランキング要因に使用しないことから、間違った使用を避けるために無理に記述しないことをおすすめします。

上位化に最も重要なリンクとコンテンツ(テキスト文章や流れ)に注力し、ページの価値を高めながら、SEO対策を進めましょう。

検索順位が上がらない…なぜ?

検索順位が上がらない…なぜ?

検索順位が上がらない理由は、SEO対策の質が低いからです。

例えば、ユーザーの検索意図を無視したり、関連性の低いコンテンツを増やして内部リンクの最適化を疎かにします。
この場合、SEO対策の質が下がります。
結果、検索順位が上がらないというわけです。

こうした悪い状況を回避する為に、サイトの欠点を調査して上位化に必要な対策を洗い出しましょう。

SEO対策無料ご提案はこちら