SEOに関する実験やデータ分析などを公開します

SEOの疑問を実験で解明しブログ配信【SEOラボ】

サーチコンソールの平均掲載順位とは?平均掲載順位の急下落事例について

2017/07/19 2019/01/04

2017年7月10日週あたりから、サーチコンソールの平均掲載順位データが急下落してる事例が多数報告され、バグの可能性もあるようです。
※参考:Google Search Console Average Position Metric Broken?

サーチコンソールの平均掲載順位とは?平均掲載順位の急下落事例について

サーチコンソールの平均掲載順位とは?

サーチコンソール自体は、サイトの管理・改善に役立つGoogleが提供する無料ツールです。
そのサーチコンソールに登録後、管理画面の左メニュー「検索トラフィック」から「検索アナリティクス」をクリックして、「掲載順位」にチェックを入れることで平均掲載順位が確認できます。

サーチコンソールの平均掲載順位とは イメージ

平均掲載順位は、検索キーワードの平均順位をグラフで確認することができる指標です。
例えば、「SEO」「SEO対策」「SEO効果」の3つの検索キーワードからユーザーがサイト訪問した場合、

  • SEO⇒自分のサイトの検索順位「3位」
  • SEO対策⇒自分のサイトの検索順位「10位」
  • SEO効果⇒自分のサイトの検索順位「5位」

(3位 + 10位 + 5位) / 3[検索キーワードの数] = 6位
上記例では、平均掲載順位が「6位」という具合になります。

今回の平均掲載順位の急下落事例について

2017年7月10日週あたりから、サーチコンソールの検索アナリティクス機能から確認できる「平均掲載順位」がさまざまなサイトで急下落してる事例が報告されてます。
Googleのウェブマスターヘルプフォーラムにも、以下のような質問が掲載されてます。

Is anyone notice changes in the average keyword position in webmaster tool? I recently notice some sharp changes in the average position from 13th July onwards but in same days number of impression improved. 

Googleのウェブマスターヘルプフォーラム サーチコンソール急下落事例

※引用元:Webmaster Central Help Forum

翻訳すると「誰かがウェブマスターツールの平均的なキーワードの位置に気づいていますか?私は最近、2017年7月13日以降の平均掲載順位の急激な変化に気付きましたが、同じ日に印象が改善されました。」と伝えています。

上記報告のように、弊社データでも2017年7月10日週末あたり同じような下落推移で、以下のようなグラフ状況が確認できました。

今回の平均掲載順位の急下落事例 イメージ

一緒に確認できる「クリック数」「表示回数」「CTR」のグラフは横ばいに推移し、「平均掲載順位」の急下落影響を受けてなさそうな感じに見えます。

今回の平均掲載順位の急下落事例 イメージ②

平均掲載順位の下落の仕方からすれば、「クリック数」「表示回数」「CTR」の指標ももう少し動きそうな気はしますが、そこまで影響受けてなさそうにも見えます。

見方を変えて、Googleアナリティクスで同じサイトの検索トラフィック推移をみてみると、以下のよう横ばいに推移し大幅な動きがないことが確認できます。

Googleアナリティクスの検索トラフィック推移 イメージ

今回の急下落の現象に出くわした方は、サーチコンソールの検索アナリティクスと合わせて、Googleアナリティクスの検索トラフィックを確認してみるといいかもしれません。

なんで平均掲載順位が急下落してるのか?

当初は、急下落してる原因の詳細が報告されておらず、バグではないかとの推測もありましたが、現在は原因がGoogle公式に解き明かされてます。
平均掲載順位の急下落原因は、サーチコンソールの検索アナリティクス改良によるもので、以下のようGoogleサーチコンソールヘルプ情報で確認できます。

July 14 – onward

An incremental improvement in Google’s logging system now provides better accounting for results in lower positions. This change might cause increase in impressions, but also a decrease in average positions. This change only effects Search Console reporting, not your actual performance on Google Search.

※引用元:Data anomalies in Search Console – Search Console ヘルプ

翻訳すると、
2017年7月14日以降

Googleのロギングシステムの段階的な改善により、より低い地位の結果をより正確に説明できるようになりました。この変化は、インプレッションの増加をもたらす可能性がありますが、平均掲載順位も低下します。この変更はSearch Consoleのレポートにのみ影響し、Google検索での実際の掲載結果には反映されません。

つまり、これからはより正確な平均掲載順位がサーチコンソール上で確認できるようになるようです。
今までは低い掲載順位の「検索クエリ」や「ページ」に対し、割とアバウトなデータが反映されていたということも言えそうです。

このことから、バグではなく、列記とした正確なデータであったと結論付けることが出来そうです。

まとめ

今回のように、取得される順位データの質が上がれば、より的確な対策が打てるようになります。

例えば、10位以内(検索結果1ページ目)であれば一応上位化を実現してるので対策せずに、様子を見る時間を増やします。
一方、11位~20位(検索結果2ページ目)であれば、上位化を実現するために対策を強化して、順位動向を注視するようにします。

このようにサーチコンソールをうまく活用して、サイトの検索パフォーマンスの改善に役立てながらSEO対策を進めることが、上位表示を目指すためのポイントとなります。

SEOラボのおすすめ記事がLINEに届く!「SEOラボを友だち追加する」

運営情報運営情報詳細へ

当ブログ「SEOラボ」は、北海道札幌市にあるSEO対策専門の会社「株式会社ディーボ」が運営してます。
もう少し言うと、2005年の創設以来、十数年培った精度の高い独自のSEOノウハウ(実験による分析データ等)を盛り込んだ最新のSEO情報を公開してるブログが「SEOラボ」となります。

SEO対策の無料ご提案はこちら

カテゴリから記事を探す

SEO対策無料ご提案はこちら