SEOに関する実験やデータ分析などを公開します

SEOの疑問を実験で解明しブログ配信【SEOラボ】

SEMとは?SEOとの違いなど徹底解説!

SEMとは、「Search Engine Marketing(サーチエンジンマーケティング)」の略称で、インターネットの検索エンジン利用ユーザーに対して行うマーケティングのことです。
このSEMは、主にSEOとリスティング広告の2つの施策があり、ともに検索エンジンを活用したものです。
これらの施策をうまく行えば、検索流入やコンバージョン(申し込みや問い合わせ)が増加して、Webからの売り上げ向上につながります。

一方、SEMをしなければ、売り上げ向上が見込めません。
こうした良くない状況を回避する為に、SEMをうまく実施して、Webマーケティングの質を上げましょう。

この点踏まえて、今回は、SEMの定義やSEMとSEOの違いなど中心に、初心者にもわかりやすくポイントをまとめて解説したいと思います。

SEMとは?SEOとの違いなど徹底解説!

SEMとは?

SEMとは、「Search Engine Marketing(サーチエンジンマーケティング)」の略称で、インターネットの検索エンジン利用ユーザーに対して行うマーケティングのことを意味します。
このSEMは主に、SEO(検索エンジン最適化)とリスティング広告(検索連動型広告)の2つの施策があります。

例えば、ウェブマスター向けガイドラインに準拠してSEOを行います。
また、リスティング広告を出稿します。
そうすれば、検索ユーザーにアプローチできます。
結果的に、検索ユーザーを自身のサイトに引き込んでコンバージョンに導くことができます。

このように、検索エンジンを活用して売り上げ向上を目指すマーケティング施策が「SEM」というわけです。

SEMとSEOの違い

SEMは、先述したように、SEOやリスティング広告の施策を含めた検索エンジンマーケティングのことです。
つまり、SEOはSEMの施策の一つです。
なので、施策の枠組みにおいて、SEMとSEOに大きな違いはありません。

また、SEMの目的は、検索ユーザーを自身のWebサイトに引き込んでコンバージョンさせ、売り上げ向上につなげることです。
一方、SEOの目的は、ユーザーの利便性を考慮したサイトをインデックスさせて上位表示を目指すことです。
このように、目的が異なる点が、SEMとSEOの大きな違いと言えます。

SEMの特徴

SEMの特徴を把握すれば、施策実施の判断材料になります。

検索ユーザーに訴求できる

SEMは、検索ユーザーに訴求できます。
例えば、自身のWebサイトに対してSEOを実施したとします。
このSEOがうまくいけば、サイトを上位表示させることができます。
そうなれば、検索結果の1ページ目に表示されて、検索ユーザーの目に触れる機会が増えます。
結果的に、検索ユーザーに訴求できるというわけです。

このように、検索ユーザーに訴求できる点が、SEMの特徴の1つとなります。

上位表示させるための基本的対策をご紹介しています。

関連記事

【SEOとは?】SEO対策の基本知識や上位表示方法など解説

検索順位に悩んでいませんか?狙ったキーワードで上位表示させるためには基本的な対策に加え、検索意図に合致したコンテンツが必要となります。これらは…

続きを見る

検索パフォーマンスに影響する

SEMは、検索パフォーマンスに影響します。
例えば、リスティング広告を出稿して運用します。
このときに、クリック単価を上げたり、広告文や広告先のランディングページを最適化します。
そうすれば、品質スコアが改善されます。
結果的に、掲載順位が上がりやすくなるので、検索結果の広告枠でクリックされやすくなるというわけです。

このように、検索パフォーマンスに影響する点が、SEMの特徴の1つとなります。

費用がかかりやすい

SEMは、費用がかかりやすいです。
例えば、自身でSEO対策しても検索結果で上位表示できないことがよくあります。
この場合、SEO業者への依頼を検討します。
また、リスティング広告を出稿するには、基本的にGoogle広告やYahoo広告などのサービスを利用します。
この場合、出稿するために入金が必要となります。

このように、費用がかかりやすい点が、SEMの特徴の1つとなります。

施策によって効果の出方が違う

SEMは、施策によって効果の出方が違います。
例えば、SEO対策した後に、その成果が出るまで通常は4か月から1年かかります。
もう少し言うと、上位表示されて、検索ユーザーが自身のサイトに流入するまでにそれなりの長い期間を要します。
なので、即効性が低く、集客までに時間を要します。

一方、リスティング広告は、出稿すればすぐに検索結果の上部の有料広告枠に表示されます。
表示されれば、その広告リンクをクリックして、すぐに検索ユーザーが自身のサイトに流入します。
なので、即効性が高く、集客までに時間がかかりません。

このように、施策によって効果の出方が違う点が、SEMの特徴の1つとなります。

売り上げに影響する

SEMは、売り上げに影響します。
例えば、売りたい商品と関連性あるキーワードでSEO対策したり、リスティング広告を出稿します。
そうすれば、商品に興味関心のあるユーザー(見込み顧客)が、自身のサイトに流入しやすくなります。
結果的に、申込や問い合わせが促進されるので、売り上げ向上につながるというわけです。

このように、売り上げに影響する点が、SEMの特徴の1つとなります。

SEM対策の方法

SEM対策をうまくすれば、検索パフォーマンスの向上に繋がります。
結果的に、売り上げ向上につながるでしょう。
こうした良い状況にするために、有効なSEM対策の方法を紹介します。

SEO対策する

SEO対策するには、ユーザーの検索意図を考慮します。
例えば、まず上位表示したいキーワード(SEOキーワード)で表示される競合上位サイトのタイトル名やコンテンツ内容の傾向を見ます。
そして、その傾向を自身のコンテンツに盛り込みます。
このときにタイトル名にSEOキーワードを含めます。
そうすれば、ユーザーの求める情報が盛り込まれたWebページに仕上がります。
結果的に、Googleに評価されて、検索順位上昇やインデックス促進につながるというわけです。

こうして、SEO対策することが、SEM対策のポイントとなります。

ちなみに、E-A-Tやページエクスペリエンスを高めれば、よりサイトの品質が高まります。
そうなれば、さらにGoogleに評価されやすくなるでしょう。

リスティング広告を運用する

リスティング広告を運用するには、まずGoogle広告やYahoo広告などの専用広告サービスを活用します。
例えば、Google広告を利用して、検索広告を表示したい検索キーワードを選定して設定します。
また、その検索キーワードと関連性のある広告文やバナー、ランディングページを作成して設定します。
最後に、Google広告に入金して広告をアクティブにします。
そうすれば、狙ったキーワード(検索クエリ)の検索結果に自分の広告が表示されます。
その広告の検索パフォーマンスを随時見ながら、クリック単価や広告文、LPなどを最適化を繰り返します。
結果的に、Googleに評価されれば品質スコアが上がるので、費用対効果を高めることができるというわけです。

こうして、リスティング広告を運用することが、SEM対策のポイントとなります。

SEM対策で避けたいこと

SEM対策をしても、不適切に調整すれば逆効果です。
結果的に、検索流入やコンバージョンが増えないので、Webからの売り上げ向上につながらないでしょう。

ブラックハットSEOをする

ブラックハットSEOをすれば、ペナルティを受ける可能性が高まります。

例えば、他のサイトのコンテンツをコピーしてページを作成して公開します。
この場合、無断複製されたコンテンツ、または、オリジナルのコンテンツがほとんどまたはまったく存在しないページとしてGoogleに認識されやすいです。
そうなれば、ウェブマスター向けガイドライン違反で、ペナルティのリスクが高まります。
結果的に、インデックス削除や検索順位の大幅下落で検索流入が減るので、売り上げの減退につながるというわけです。

こうして、ブラックハットSEOをすることが、SEM対策で避けたいポイントとなります。

ちなみに、不正なリダイレクトやマークアップ、クローキング、隠しテキストや隠しリンクなどでユーザーと検索エンジンに異なるコンテンツを提供することもガイドライン違反です。
さらに、キーワードを詰め込んだコンテンツや誘導ページなどの低品質コンテンツの提供もペナルティに繋がりやすいでしょう。

広告ポリシーに違反する

広告ポリシーに違反すれば、広告掲載が停止されます。

例えば、Google広告を作成するときに、商品に関する情報を故意に掲載しなかったり、商品やサービス、ビジネスについて誤解を招く情報を表示します。
この場合、不実表示で、Google広告ポリシーに違反する可能性が高まります。
そうなれば、最悪、広告掲載停止となって、検索広告やディスプレイ広告などからの流入が減ります。
結果的に、Webからの売り上げ減退につながるでしょう。

こうして、広告ポリシーに違反することが、SEM対策で避けたいポイントとなります。

ちなみに、ここで触れた以外にも禁止されてる手法や禁止コンテンツ、制限付きコンテンツがあります。
なので、そうした手法やコンテンツにも合わせて配慮しましょう。

まとめ:SEMをうまく実施して、Webマーケティングの質を上げよう

SEMをうまく実施して、Webマーケティングの質を上げましょう。
そのためには、SEMのポイントを押さえて対策することが重要です。
例えば、SEO対策ならユーザーの検索意図やE-A-T、ページエクスペリエンスを考慮してサイト運用します。
また、リスティング広告なら広告のクリック単価や広告文、LPなどを最適化を繰り返して品質スコアを上げるように運用します。

一方、SEMのポイントを押さえて対策しなければ、効果が見込めません。
結果的に、検索流入やコンバージョンが促進できないので、Webからの売り上げ向上が期待できないというわけです。
こうした悪い状況を回避する為に、SEMをうまく実施して、Webマーケティングの質を上げましょう。

検索順位が上がらない…と思っていませんか?

検索順位が上がらない…と思っていませんか?

思い通りの検索ワードで上位表示させるには、基本となる外部・内部の対策はもちろん、昨今の大きな変動・競合の強さも大きく影響するため、どういったキーワードで対策するのか?という点も重要となります。

ここを正しく理解しておかなければ上位表示させることは難しく、サイトを効果的に運用し、資産化することができません。

そこで、こちらでは上位表示に必要なSEOが正しく施されているかどうかを無料で調査し、問題点や改善点などのアドバイスを致します。

\ 効果的な改善方法を明確にしませんか? / サイト調査を依頼する
SEO対策無料ご提案はこちら