SEOに関する実験やデータ分析などを公開します

SEOの疑問を実験で解明しブログ配信【SEOラボ】

  • 運営情報

PPC広告とは?メリット・デメリットや費用など徹底解説!

SEO

PPC広告とは、クリック数に応じて課金される広告(クリック課金型広告)のことで、PPCは「Pay Per Click」の頭文字をとった略称です。
このPPC広告は、主にリスティング広告やディスプレイ広告が該当します。
またPPC広告を出稿することによる直接的なSEOへの影響はありません。

一方、PPC広告を出稿することで間接的なSEO効果が期待できます。
具体的には、出稿したリスティング広告経由で流入したユーザーが自身のサイトをブログで参照してくれたとします。
この場合、被リンクになるのでGoogleに評価されやすくなります。
結果、検索順位が上がりやすくなるというわけです。

こうした良い状況にするために、PPC広告の基礎を抑えて、より効果的な運用につなげましょう。

この点踏まえて今回は、PPC広告の定義やメリット・デメリット、費用など中心に初心者にもわかりやすくポイントをまとめて解説したいと思います。

PPC広告とは?メリット・デメリットや費用など徹底解説!

PPC広告とは?

PPC広告とは、クリック数に応じて課金される広告(クリック課金型広告)のことで、PPCは「Pay Per Click」の頭文字をとった略称です。

例えば、Google広告やYahoo!広告といったサービスを活用してリスティング広告を出稿したとします。
この場合、GoogleやYahooの検索結果の上部にリスティング広告が表示されます。
表示された広告がクリックされれば費用が発生し、クリックされるほど費用が掛かります。
つまり、クリック課金型の広告です。
これが、PPC広告というわけです。

PPC広告とリスティング広告の違い

PPC広告とリスティング広告に、違いはありません。

例えば、PPC広告とは、クリック数に応じて料金が課金される広告(クリック課金型広告)のことです。
一方、リスティング広告とは、検索エンジンの検索結果ページ表示されるテキスト広告(検索連動型広告)のことです。
このリスティング広告は、検索ユーザーにクリックされるたびに費用が発生します。
つまり、クリック数に応じて料金が課金される広告なので、PPC広告の一種というわけです。

このように、課金される仕組みにおいて同じカテゴライズなので、PPC広告とリスティング広告に違いはありません。

PPC広告以外のWeb広告の課金タイプ

PPC広告以外のWeb広告の課金タイプがいくつかあります。

  • 枠掲載型
  • 成果報酬型
  • インプレッション保証型

枠掲載型

PPC広告以外のWeb広告の課金タイプとして、枠掲載型があります。

例えば、あるWebメディアのブログの右カラムの広告枠の広告掲載を募集してるとします。
この広告枠の広告掲載は、1ヶ月に1万円(月額10000円)の費用が掛かります。
つまり、掲載期間や料金が予め決まっているので一定の広告費が発生するタイプです。
この課金タイプが、枠掲載型というわけです。

成果報酬型

PPC広告以外のWeb広告の課金タイプとして、成果報酬型があります。

例えば、自身のサイトに提携したアフィリエイトの商品リンクを掲載したとします。
その商品リンクがユーザーにクリックされて、商品が購入されたとします。
この場合、成果として商品の売上額の数パーセントがアフィリエイトサービスの会社を通じて自身に支払われます。
つまり、成果が発生した時のみ広告費(報酬)が発生するタイプです。
この課金タイプが、成果報酬型というわけです。

インプレッション保証型

PPC広告以外のWeb広告の課金タイプとして、インプレッション保証型があります。

例えば、あるWebメディアのブログの右カラムの広告枠の広告掲載を募集してるとします。
この広告枠の広告掲載は、1000回表示されるごとに費用が掛かります。
なので、2000回、3000回と表示回数が増えればその分かかる料金が増えます。
つまり、広告の表示回数によって広告費が発生するタイプです。
この課金タイプが、インプレッション保証型というわけです。

PPC広告のメリット

PPC広告のメリットがいくつかあります。

  • 臨機応変に停止や修正ができる
  • 効果測定がしやすい
  • 費用対効果が高い

臨機応変に修正や停止ができる

PPC広告のメリットは、臨機応変に停止や修正ができることです。

例えば、Google広告で出稿したリスティング広告のクリック率が悪いので、その広告の文言を修正したいとします。
この場合、Google広告にログイン後、メニューから「検索キャンペーン」>「広告と広告表示オプション」をクリックして、該当のリスティング広告を編集すれば文言が修正できます。
また、Google広告で出稿したディスプレイ広告のパフォーマンスが思わしくないので、その出稿を取り急ぎ停止したいとします。
この場合、Google広告にログイン後、メニューから「ディスプレイキャンペーン」>「広告と広告表示オプション」をクリックして、該当のディスプレイ広告の最初に表示されるステータスから「一時停止」を選択すれば出稿が停止できます。
つまり、管理画面から臨機応変に停止や修正ができるというわけです。

こうして、臨機応変に停止や修正ができる点が、PPC広告のメリットです。

効果測定がしやすい

PPC広告のメリットは、効果測定がしやすいことです。

例えば、Google広告で出稿したリスティング広告のパフォーマンスが知りたいとします。
この場合、Google広告で用意されてる専用のタグを対象のWebサイトのHTMLソースに設置します。
設置すれば、Google広告にログイン後、メニューから「検索キャンペーン」>「広告と広告表示オプション」をクリックして、該当のリスティング広告のクリック数や表示回数、クリック率、コンバージョンなどのパフォーマンスが簡単に確認できます。
つまり、効果測定がしやすいというわけです。

こうして、効果測定がしやすい点が、PPC広告のメリットです。

費用対効果を高めやすい

PPC広告のメリットは、費用対効果が高めやすいことです。

例えば、Webメディアの枠掲載型を契約して出稿したバナー広告のクリック単価を下げてより多くのクリック数を獲得するには、バナー自体の文言やデザインを変更するしか方法ありません。 つまり、施策が限られるので費用対効果を高めづらいです。

一方、Google広告で出稿したリスティング広告(PPC広告)のクリック単価を下げてより多くのクリック数を獲得するには、バナー自体の文言やデザインを変更します。
また、リスティング広告の文言とランディングページの親和性を高めたり、競合性の低いキーワード(ロングテールキーワード)でリスティング広告を出稿します。
さらに、ユーザー属性を細かくセグメントして無駄なクリックを減らします。
これらによって、クリック単価を下げながらより多くのクリック数が期待できます。
つまり、打てる施策が豊富なので費用対効果を高めやすいというわけです。

こうして、費用対効果を高めやすい点が、PPC広告のメリットです。

PPC広告のデメリット

PPC広告のデメリットがいくつかあります。

  • 運用の手間がかかる
  • 採算が取れやすいキーワードのクリック単価が高い

運用の手間がかかる

PPC広告のデメリットは、運用の手間がかかることです。

例えば、Google広告でリスティング広告を出稿したとします。
出稿したリスティング広告のクリック数や表示回数、クリック率、コンバージョンなどのパフォーマンスを日々確認します。
確認してクリック数が少なければ、文言を修正したリスティング広告を再度出稿します。
また、コンバージョンが少なければ、リンク先のランディングページの内容を修正します。
こうした改善を成果が出るまで繰り返します。
つまり、運用の手間がかかるというわけです。

こうして、運用の手間がかかる点が、PPC広告のデメリットです。

採算が取れやすいキーワードのクリック単価が高い

PPC広告のデメリットは、採算が取れやすいキーワードのクリック単価が高いことです。

例えば、アフィリエイトをやっていて、併用してGoogle広告で「クレジットカード おすすめ」というキーワードでリスティング広告を出稿したとします。
このキーワードは金融系なので、高いアフィリエイト報酬が見込める利益が大きいキーワードです。
こうしたキーワードは人気で魅力的なので多くの広告主が競い合って多額のお金を投じます。
この場合、キーワードの価値が高まってそのキーワードのクリック単価が上がります。
つまり、採算が取れやすいキーワードのクリック単価が高いというわけです。

こうして、採算が取れやすいキーワードのクリック単価が高い点が、PPC広告のデメリットです。

PPC広告の費用

PPC広告の費用は、クリック数×クリック単価で計算されます。

  • PPC広告料金(費用)例:リスティング広告の場合
    100(クリック)×150(円)=15000円
  • PPC広告料金(費用)例:ディスプレイ広告の場合
    100(クリック)×30(円)=3000円

上記のよう、リスティング広告とディスプレイ広告でかかる料金が変わってきます。
それぞれの広告の特徴を生かし、PPC広告をうまく運用しながら、料金(費用)を調整しましょう。

まとめ:PPC広告の基礎を抑えて、より効果的な運用(やり方)につなげよう

PPC広告の基礎を抑えて、より効果的な運用につなげましょう。

一方、PPC広告を無視すれば、見込み客を逃す可能性があります。
具体的には、Google広告やYahoo!広告といったサービスで出稿できるリスティング広告やディスプレイ広告の特徴を知らなければ、より多くの良質なユーザーにアプローチできません。
そうなれば、見込み客を逃す可能性があるというわけです。

こうした良くない状況を回避する為に、PPC広告の基礎を抑えて、より効果的な運用につなげましょう。

SEO対策しても検索順位が上がらない…なぜ?

検索順位の推移

SEO対策しても検索順位が上がらない…なぜ?

検索順位が上がらない理由は、SEO対策の質が低いからです。

例えば、ユーザーの検索意図を無視したり、関連性の低いコンテンツを増やす、内部リンクの最適化など疎かにします。
この場合、SEO対策の質が下がります。
そうなれば、ページやサイト自体の品質が上がらないので、Googleに評価されづらくなります。
結果、検索順位が上がらないというわけです。

こうした悪い状況を回避する為に、サイトの欠点を調査して上位化に必要な対策をご案内します(無料)。

検索順位を上げたり、検索流入を増やすにはSEOが重要!