SEOに関する実験やデータ分析などを公開します

SEOの疑問を実験で解明しブログ配信【SEOラボ】

Googleコアアップデートとは?2021年6月/7月概要や対策など徹底解説!

コアアップデートとは、「コアアルゴリズムアップデート」の略称で、Googleが検索アルゴリズムを見直して、検索結果を大幅に改善するためのアップデートのことです。
このアップデートは、Googleが公式に事前告知した後に実施されます。(年に2~4回程度実施)
ちなみに、最新のコアアップデートは、2部構成となっており、第一部が2021年6月3日~12日に行われ、第二部が2021年7月2日~13日に実施されました。

コアアップデートによって、SEOへの影響が懸念されます。
つまり、インデックスされてる各サイトのページ(ブログ記事)のキーワード順位が大幅に上昇したり、大幅に下落する(被弾)といった検索順位の入れ替わりが起きやすくなるということです。

とくに、検索順位が下落した場合は、適切なSEO対策を行うことが必要となります。

この点踏まえて、今回は、コアアップデートの定義、最新のコアアップデートや対策方法について中心に、初心者にもわかりやすくポイントをまとめて解説したいと思います。

Googleコアアップデートとは?2021年6月/7月概要や対策など徹底解説!

コアアップデートとは?

コアアップデートとは、「コアアルゴリズムアップデート」の略称で、Googleが検索アルゴリズムのベースとなる部分を大きく見直して更新することです。
検索アルゴリズムの小規模な更新は毎日行われますが、コアアルゴリズムアップデートによる大規模な(広範な)更新が年に数回(2~4回程度)実施されます。

このコアアップデートは、Google公式の事前アナウンスを機に、各データセンターに展開されます。
展開されることで、Google検索アルゴリズムに大きな調整が入るので、検索結果(検索順位)に大きな影響が及びます。
結果的に、順位変動が最大規模となるわけです。

ちなみにコアアップデートの展開は、基本的に3~4日程度で更新がほぼ完了し、徐々に緩和されていきます。
すべてが完了するまでには約2週間かかる場合があります。

コアアップデートの履歴(歴史)

コアアップデートの過去履歴(歴史)としては、2021年は6月3日が1回目。2020年は、1月14日、5月5日、12月4日の計3回となります。
ちなみに、2019年度は、3月12日、6月4日、9月24日の計3回にわたってコアアルゴリズムアップデートが行われました。
コアアルゴリズムアップデートのように大きなGoogleアップデートとして、パンダアップデートペンギンアップデートが過去に実施されてます。

ちなみにパンダアップデートとペンギンアップデートは現在、コアアルゴリズムに組み込まれてます。
つまり、定期的に行われるコアアルゴリズムアップデート(コアアップデート)のタイミングでまとめて更新されるというわけです。

コアアップデートの事前告知は、Google公式のTwitterでつぶやかれる

コアアップデートは、事前告知のアナウンスがあり、Google公式にTwitterでつぶやかれます。

翻訳:
本日後半に、年に数回行うように、広範なコアアルゴリズムの更新をリリースします。 2020年5月のコアアップデートと呼ばれます。このような更新に関するガイダンスは、これまでに説明したとおりです。詳細については、このブログ投稿をご覧ください。

2020年5月のコアアップデートがライブで公開されます。これらの更新の場合と同様に、完全に展開するには通常1〜2週間かかります。

このような事前告知のアナウンスが、2020年5月のコアアップデートの開始前につぶやかれました。
※ちなみに、事前告知制は、2019年6月4日のコアアルゴリズムアップデートから採用されてます。

2021年6月3日から12日のコアアップデートについて(第一部のコアアップデート)

2021年6月3日に、Google公式の事前告知があった後「コアアップデート(コアアルゴリズムアップデート)」が実施されました。

翻訳:
本日後半に、年に数回行っているように、広範なコア アップデートをリリースします。これは、2021 年 6 月のコア アップデートと呼ばれます。このような更新に関するガイダンスは次のとおりです。
これに 2021 年 7 月のコア アップデートが続きます。それについての詳細はこちら…

2021 年 6 月の更新で計画されている改善の一部は、まだ準備が整っていないため、現在の部分を進めており、残りは 2021 年 7 月の更新で引き続き行います。コア アップデートでは一般的であるように、ほとんどのサイトはこれらのアップデートのいずれにも気づきません….

このように、本日未明(2021年6月3日)のコアアップデートは一部のみ展開されて、残りの部分は2021年7月のコアアップデートで展開予定とのことです。
つまり、初の2部構成となり本日と2021年7月、立て続けにコアアップデートが展開されるということです。

翻訳:
もちろん、コア アップデートによって、一部のコンテンツのドロップまたはゲインが発生する可能性があります。このリリースは 2 部構成になっているため、コンテンツのごく一部が 6 月に変更され、7 月に逆転する可能性があります。

このように、本日のコアアプデで順位下落して、2021年7月コアアプデで順位回復する可能性があります。一方、逆も然りとGoogle公式に付け加えてます。

翻訳:
2021 年 6 月のコア アップデートが公開されました。これらのアップデートによくあることですが、完全にロールアウトするには通常 1 週間から 2 週間かかります。

このように、今回も同様、本日(2021年6月3日)のコアアップデートが完全に展開完了するまで1週間~2週間かかります。
実際には、コアアップデートが展開されてから9日後(2021年6月12日)に展開完了したことを、Google公式にアナウンスしました。

翻訳:
2021年6月のコアアップデートのロールアウトは、2021年6月12日に完了しました。

つまり、コアアップデートの第1部(2021年6月3日~12日)が完了したということです。

ツールの順位変動状況

海外含めたツールの一部では、2021年6月3日からのコアアップデートによって、通常より大きな順位変動が確認できます。

namaz.jpの2021年6月3日からのコアアップデートによる順位変動

※出典:namaz.jp

MozCastの2021年6月3日からのコアアップデートによる順位変動

※出典:MozCast

SERPmetricsの2021年6月3日からのコアアップデートによる順位変動

※出典:SERPmetrics

SEMrushの2021年6月3日からのコアアップデートによる順位変動

※出典:SEMrush

キーワードジャンル別の順位変動幅状況

2021年6月3日からのコアアップデートによって、各キーワードジャンルの順位変動幅が軒並み大きくなってます。
とくに、「IT総合」や「暮らし・結婚・恋愛」のジャンルを筆頭に順位変動幅が大きいです。また「健康と医学」「財務、金融、法律」といったYMYL系キーワードの順位変動幅の大きさも目立ちます。
こうした状況から、通常よりも全体的に順位変動幅が増大してる状況です。

コアアップデート前後の平均順位変動幅(ジャンル別)

検索順位を上げたり、検索流入を増やすにはSEOが重要!

関連記事

【2021年版】SEOとは?基本や重要な対策など初心者にわかりやすく解説!

SEOの基本を押さえて対策しよう。とくにユーザーの利便性を考慮することが重要で、これを無視すればGoogleに評価されない(検索順位や検索流入が向上しない)…

続きを見る

検索への影響

2021年6月3日からのコアアップデートによって、日本や海外の検索に少なからず影響が及んでます。

国内サイト

2021年6月3日からのコアアップデートによって、当社が管理するキーワードや当ブログ「SEOラボ」といった国内サイトの検索パフォーマンスに少なからず影響が及んでます。

キーワード順位

2021年6月3日からのコアアップデートによる順位変動により、一部キーワードの検索順位にも以下のよう影響が出てます。

キーワードA:キーワードボリューム「1000~1万」、キーワードジャンル「IT系」、キーワード語数「単ワード」 54位から14位に上昇!
ずっと50位前後で推移してたが、コアアップデートにより2021年6月3日に54位から14位まで上昇中。

2021年6月3日からのコアアップデートによるキーワードAの順位への影響

キーワードB:キーワードボリューム「1万~10万」、キーワードジャンル「IT系」、キーワード語数「単ワード」 33位から9位に上昇!
30位から50位付近を推移してたが、コアアップデートにより2021年6月3日に33位から9位まで上昇中。

2021年6月3日からのコアアップデートによるキーワードBの順位への影響

キーワードC:キーワードボリューム「1000~1万」、キーワードジャンル「IT系」、キーワード語数「2語の複合キーワード」 15位から7位に上昇!
10位から15位まで徐々に下落傾向だったが、コアアップデートにより2021年6月3日に15位から7位まで上昇中。

2021年6月3日からのコアアップデートによるキーワードCの順位への影響
当ブログ「SEOラボ」

当ブログ「SEOラボ」の検索順位、検索トラフィックへの影響について紹介します。

当ブログ「SEOラボ」のキーワード順位を、サーチコンソールの検索パフォーマンス「掲載順位」から見ると、コアアップデート前(2021年5月27日)が「12.0位」に対して、コアアップデート後(2021年6月3日)は「11.1位」です。
なので、掲載順位が上昇してます。

サーチコンソールの検索パフォーマンスからコアアップデートによるSEOラボの「掲載順位」推移を確認

掲載順位の上昇も絡んで、検索でのクリック数が増えてます。(コアアップデート前(2021年5月27日)は「5215」に対して、コアアップデート後(2021年6月3日)は「6990」なのでクリック数が増加)

サーチコンソールの検索パフォーマンスからコアアップデートによるSEOラボの「検索でのクリック数」推移を確認

このように、検索クリック数の推移が大幅に増加してます。
つまり、2021年6月のGoogleコアアップデートでSEOラボは良い評価を受けたと言えるでしょう。

海外サイト

また、2021年6月3日からのコアアップデートによる検索への影響が、海外サイトでも複数報告されてます。

2021年7月2日から13日のコアアップデートについて(第ニ部のコアアップデート)

2021年7月2日に、Google公式の告知によって「コアアップデート(コアアルゴリズムアップデート)」が実施されました。

翻訳:
以前に発表された2021年7月のコアアップデートが現在展開されています。

これらは通常、完了するまでに1〜2週間かかります。このような更新に関するガイダンスは次のとおりです。
更新を通じて検索を改善する方法の詳細は次のとおりです。

つまり、本日(2021年7月2日)のコアアップデートは、第二部。2021年6月3日から12日に一部が展開されて、今回の二部で残りが展開されたというわけです。
一部と同様に、完全に展開完了するまで1~2週間かかります。
実際に、11日後の7月13日に第二部のコアアップデートの展開が完全に完了しました。

翻訳:
これで、2021年7月のコアアップデートのロールアウトが事実上完了しました。

ツールの順位変動状況

海外含めたツールの一部では、2021年7月2日からのコアアップデートによって、通常より大きな順位変動が確認できます。

MozCastの2021年7月2日からのコアアップデートによる順位変動

※出典:MozCast

SERPmetricsの2021年7月2日からのコアアップデートによる順位変動

※出典:SERPmetrics

SEMrushの2021年7月2日からのコアアップデートによる順位変動

※出典:SEMrush

キーワードジャンル別の順位変動幅状況

2021年7月2日からのコアアップデートによって、各キーワードジャンルの順位変動幅が軒並み大きくなってます。
とくに、「健康と医学」や「財務、金融、法律」のYMYLジャンルを筆頭に順位変動幅が大きいです。
こうした状況から、通常よりも全体的に順位変動幅が増大してる状況です。

コアアップデート前後の平均順位変動幅(ジャンル別)

検索への影響

2021年7月2日からのコアアップデートによって、日本や海外の検索に少なからず影響が及んでます。

国内サイト

2021年6月3日からのコアアップデートによって、当社が管理するキーワードや当ブログ「SEOラボ」といった国内サイトの検索パフォーマンスに少なからず影響が及んでます。

キーワード順位

2021年7月2日からのコアアップデートによる順位変動により、一部キーワードの検索順位にも以下のよう影響が出てます。

キーワードA:キーワードボリューム「1000~1万」、キーワードジャンル「IT系」、キーワード語数「単ワード」 2位から7位に下落!
ほぼ2位前後で推移してたが、コアアップデートにより2021年7月3日に2位から7位まで下落中。

2021年7月2日からのコアアップデートによるキーワードAの順位への影響

キーワードB:キーワードボリューム「1万~10万」、キーワードジャンル「IT系」、キーワード語数「単ワード」 4位から24位に下落!
4位から10位付近を推移してたが、コアアップデートにより2021年7月3日に4位から24位まで下落中。

2021年7月2日からのコアアップデートによるキーワードBの順位への影響

キーワードC:キーワードボリューム「1万~10万」、キーワードジャンル「IT系」、キーワード語数「単ワード」 33位から21位に上昇!
第一部のコアアップデートで下落後、徐々に回復してコアアップデートにより2021年7月3日に33位から21位まで上昇中。

2021年7月2日からのコアアップデートによるキーワードCの順位への影響
当ブログ「SEOラボ」

当ブログ「SEOラボ」の検索順位、検索トラフィックへの影響について紹介します。

当ブログ「SEOラボ」のキーワード順位を、サーチコンソールの検索パフォーマンス「掲載順位」から見ると、コアアップデート前(2021年6月25日)が「10.6位」に対して、コアアップデート後(2021年7月2日)は「12.1位」です。
なので、掲載順位が下落してます。

サーチコンソールの検索パフォーマンスからコアアップデートによるSEOラボの「掲載順位」推移を確認

掲載順位の下落も絡んで、検索でのクリック数が減ってます。(コアアップデート前(2021年6月25日)は「5172」に対して、コアアップデート後(2021年7月2日)は「3299」なのでクリック数が減少)

サーチコンソールの検索パフォーマンスからコアアップデートによるSEOラボの「検索でのクリック数」推移を確認

このように、検索クリック数の推移が減少してます。
つまり、2021年7月のGoogleコアアップデートでSEOラボは低評価を受けたと言えるでしょう。
付け加えると、第一部のコアアップデート前の掲載順位や検索でのクリック数の水準まで戻ったというわけです。

海外サイト

また、2021年7月2日からのコアアップデートによる検索への影響が、海外サイトでも複数報告されてます。

コアアップデートの対策方法

コアアップデートの対策は、Google公式に言及してます。
主に、E-A-TやUX、ユーザーが求める情報を提供するといったコンテンツに関するアドバイスを中心に言及してます。
なので、これらの要素を考慮してコンテンツを最適化することが、コアアップデートの対策に必要となるわけです。

E-A-Tを高める

E-A-Tを高めるには、専門性を考慮します。
例えば、トピックに関して充分な知識を持った専門家がコンテンツを作成したとします。
この場合、専門性が高くなりやすいので、その分Googleから評価されやすくなるというわけです。

また、専門性だけでなく、権威性や信頼性を考慮することもE-A-Tを高めるうえで重要です。

こうして、E-A-Tを高めるようにコンテンツを最適化することが、コアアップデートの対策を進めるためのポイントとなります。

一方、E-A-Tが低ければ、その分Googleから評価されづらくなるでしょう。

UX(ユーザーエクスペリエンス)を高める

UXを高めるには、モバイルでの使いやすさを考慮します。
例えば、スマホでサイトを見たときに、ブラウザの横幅から画像やテキストがはみ出ずにコンテンツがちゃんと収まってるとします。
この場合、モバイルユーザーの利便性が高まるので、その分Googleから評価されやすくなるというわけです。

また、主要コンテンツの閲覧を妨げるような広告を無くしたり、ページの読み込み速度を速めることも、UXを高めることに繋がります。

このように、UXを高めるようにコンテンツを最適化することが、コアアップデートの対策を進めるためのポイントとなります。

一方、UXが低下すれば、その分Googleから評価されづらくなるでしょう。

ユーザーが求める情報を提供する

ユーザーが求める情報を提供するには、競合上位のWebページを考慮します。
例えば、SEOキーワード(上位表示したいキーワード)で検索して表示される競合上位サイトのタイトル名やコンテンツ内容を採用して、自身のページを作成します。
このときにタイトル名には、SEOキーワードを必ず含めます。
そうすれば、ユーザーの求める情報が盛り込まれたページとなるので、Googleから評価されやすくなるというわけです。

こうして、ユーザーの検索意図を加味してコンテンツを最適化することが、コアアップデートの対策を進めるためのポイントとなります。

一方、ユーザーの検索意図を考慮しなければ、その分Googleから評価されづらくなるでしょう。

コアアップデートの対策事例

2021年6月3日から、Googleコアアップデートが実施されました。
このコアアップデートによって、弊社株式会社ディーボが運営するブログサイト「SEOラボ」のアクセス数が大幅に増加してGoogleから良い評価を受けました。

このSEOラボが実施した具体的なSEO対策の事例(サイトの欠点や欠点に対する具体的な対策内容、結果など)を、無料レポート(コアアップデートの対策事例【2021年6月版】)にまとめました。

コアアップデートの対策事例【2021年6月版】

レポートは、メールアドレスを登録することで無料で閲覧いただけます。
その他、100本以上複数公開してるSEOレポートが同時にご覧いただけますので、この機会にご覧ください。
コアアップデートの対策事例【2021年6月版】

コアアップデートの対策を何もしないとどうなるか?

コアアップデートによって、検索順位や検索流入が下落することがあります。
この状況で、先述したGoogleが推奨してるようなコアアップデート向けの対策を何もしないと、検索順位や検索流入の回復が期待できません。

そうなれば、見込みユーザーが減ったままとなる可能性が高まります。
結果的に、申し込みや問い合わせといったコンバージョン数も減ったままとなり、売り上げ減退の傾向を辿るでしょう。

こうした状況を回避するために、積極的に必要なSEO対策を行うことが重要です。
そうすれば、定期的なコアアップデートで悪影響を免れたり、評価されやすくなる機会が増えるでしょう。

まとめ:定期的なコアアップデートに備えて、常時サイトの品質を見直そう

コアアップデートは、サイト運営者が抑えておくべきアップデートです。
なぜかというと、Google検索にインデックスされてるサイト全般に大きな影響を及ぼす定期的なアップデートだからです。
具体的には、検索順位が大幅に下落して、検索流入を大きく失うことがあります。
そうなれば、サイトへのアクセス流入が減るので、Webからの問い合わせや申し込みといったコンバージョンの低下につながります。
結果的に、売り上げの減退に直結する可能性が高まるというわけです。

こうした悪影響に対応するためにも、常時コンテンツの品質を見直して、Googleに評価されやすいサイトを運用しましょう。

もし、コアアップデートで検索順位や検索トラフィックが下がったり、回復に至ってない、SEO対策しても上がらない、SEO対策する時間がない等の悩みがある場合は、 弊社でサイトの欠点を調査して、上昇に必要な対策をご案内します(無料)
ぜひお気軽にご相談ください。

ご相談SEO対策無料ご提案はこちら⇒

検索順位が上がらない…なぜ?

検索順位が上がらない…なぜ?

検索順位が上がらない理由は、SEO対策の質が低いからです。

例えば、ユーザーの検索意図を無視したり、関連性の低いコンテンツを増やして内部リンクの最適化を疎かにします。
この場合、SEO対策の質が下がります。
結果、検索順位が上がらないというわけです。

こうした悪い状況を回避する為に、サイトの欠点を調査して上位化に必要な対策を洗い出しましょう。

SEO対策無料ご提案はこちら