SEOに関する実験やデータ分析などを公開します

SEOの疑問を実験で解明しブログ配信【SEOラボ】

  • 運営情報

【2022年版】楽天市場のSEO対策で売上10倍にする方法!月商8000万の元店長に聞いた

SEO

楽天SEOとは、楽天市場の検索結果で自分の商品ページを上位に表示させるための取り組みのことです。別名「楽天内SEO」や「楽天検索エンジン最適化」とも呼ばれてます。
この楽天SEOがうまくいけば、楽天市場内の検索ユーザーをより多く引き込めます。
この点は、GoogleのSEO対策と似てる部分があります。

一方、楽天SEOの知識が乏しければ、売り上げ向上に繋がりません。
具体的には、検索アルゴリズムがわからないのでキーワード選定や内部対策など疎かにします。
この場合、検索クエリと商品ページの関連性が上がりません。
そうなれば、楽天市場で評価されづらくなります。(上位化されなかったり、より多くの検索クエリでインデックスされません。)
結果、クリックされず商品ページに流入する見込みユーザーが増えないので、売り上げ向上が期待できないというわけです。

こうした良くない状況を回避するために、楽天SEOの基礎を抑えて、効果的な対策に活かしましょう。

この点踏まえて今回は、楽天で月商8000万以上売り上げた元店長から聞いた楽天の検索エンジン最適化(楽天SEO)など中心に、初心者にもわかりやすくポイントをまとめて解説します。

【2022年版】楽天市場のSEOで売上10倍にする方法!月商8000万の元店長に聞いた

楽天SEOとは?

楽天SEOとは、楽天市場の検索結果で自分の商品ページを上位に表示させるための取り組みのことです。別名「楽天内SEO」や「楽天検索エンジン最適化」とも呼ばれてます。

例えば、実際の楽天市場の検索結果は「広告部分」と「自然検索部分」に分かれてます。

楽天市場の検索結果

広告部分は、ページの上部に色がついて検索キーワードごとに5件ほど表示されます。
表示するにはお金を払う必要があります。
一方、自然検索部分は、ページの下部に色が付かずに検索キーワードごとに45件表示されます。
45番以内に入らないと1ページ目に表示されません。
1ページ目に表示するために、商品ページのキーワード選定をしたり、内部対策など取り組みをします。
これが、楽天SEOというわけです。

楽天内のSEOは、自然検索の順位を如何にあげるかとどれだけ多くのキーワードで検索結果に出るかの2つが重要です。

楽天SEOの考え方

楽天SEOの考え方を、対策と効果に分けて解説します。

  • 対策の考え方
  • 効果の考え方

対策の考え方

楽天SEOの対策は、通常のSEOの内部対策と同じ考え方です。

例えば、Google検索では、Webページのタイトル名やディスクリプション(説明文)を最適化します。
これは、通常のSEOの内部対策です。
一方、楽天市場検索でも、商品ページの商品名や商品説明文などを最適化します。
これは、通常のSEOの内部対策と似た対策です。
つまり、楽天SEOの対策は、基本的に通常のSEOの内部対策と同じ考え方というわけです。

また、楽天SEOの対策も通常のSEO対策と同様に1度やったら終わりではありません。
楽天市場の検索アルゴリズムは、頻繁に変更になりますので、定期的に順位を確認して、売上と順位の相関を常に意識して楽天内SEO対策に取り組むべきでしょう。
楽天内のSEO対策は、いろいろなキーワードで上位に表示されるように対策し、定期的に売上と順位をチェックして必要なら再度対策するということを繰り返すのが重要です。

効果の考え方

楽天SEOの効果は、通常のSEOの効果と違う考え方です。

例えば、Google検索では、SEOの効果が出るまで通常は4か月から1年かかります。
具体的には、Google検索に自分のWebページがインデックスされたり、検索上位に表示されるまで時間がかかります。 一方、楽天市場検索では、Googleのようにインデックスされるまで時間がかかるわけではないので、すぐ効果が出ます。 具体的には、自分の商品ページを修正して変更した内容がすぐに反映されてインデックスされたり、検索上位に表示されやすいです。

つまり、楽天SEOの効果は、通常のSEOの効果と違う考え方というわけです。

楽天SEO対策

楽天SEO対策は、以下の順番で進めます。

  1. キーワード選定
  2. 商品名などの内部対策
  3. カテゴリ選択
  4. レビューを増やす

キーワード選定

楽天SEO対策は、まずキーワードを選定します。

例えば、メインとなるキーワードは商品によってすぐ決まると思います。
そのメインキーワードを含めた複合語を調査して、その中のどれを狙っていくかを選定する必要があります。
選定する為に専用の機能やツールを活用します。
これらの機能やツールで探したキーワードの中から、商品にマッチし、かつ検索からの流入が多いキーワードを選定するこが楽天SEO対策のポイントです。

  • 楽天検索のサジェスト
  • 楽天検索の関連キーワード
  • 楽天検索のキーワード広告ツール

楽天検索のサジェスト

キーワード選定するには、「楽天検索のサジェスト」を活用します。
楽天検索のサジェストとは、楽天の上部の検索ボックスにキーワードを入れたときに出てくる検索候補のことです。

例えば、楽天で「iPhone」と検索します。
そうすれば、「iphone6 ケース」「iphone5 手帳型ケース」「iphone6 ケース 手帳」などのiPhoneを含めた複合キーワード(サジェスト)が表示されます。

楽天検索サジェスト

表示されるキーワード候補は、基本的にユーザーに多く検索されてます。
なのでそれらの中で商品ページに合うキーワードを選びます。
つまり、キーワード選定するとうわけです。

楽天検索の関連キーワード

キーワード選定するには、「楽天検索の関連キーワード」を活用します。

例えば、楽天で「iPhone6」と検索して、その検索結果の広告部分の上に「iPhone6 ケース」「iPhone6 ケース 手帳」「iPhone6 ケース シリコン」などの「関連キーワード」が表示されます。
さらに関連キーワードの並びにあるプラスの部分をクリックすれば「iPhone6 ケース ブランド」「iPhone6 ケース 手帳 ディズニー」「iPhone6 ケース キャラクター」などのキーワードが表示されます。

楽天検索関連キーワード

これらのキーワード候補の中から商品ページに合うキーワードを選びます。
つまり、キーワード選定するとうわけです。

楽天検索のキーワード広告ツール

キーワード選定するには、「楽天検索のキーワード広告ツール」を活用します。
このツールは、最初に説明した検索画面の色の付いた部分に広告を出すためのツールです。

例えば、キーワードに連動した広告を出すために、楽天検索のキーワード広告ツールを使います。
このツールから「サーチワード広告」と呼ばれているところに入ってキーワードを入力します。
そうすれば、入力したキーワードに関連した複数のキーワードやそれらのキーワードの検索ボリュームや広告単価などが確認できます。
これらのキーワード候補の中から商品ページに合い、かつ検索ボリュームが多く、単価が高いキーワードを選びます。
つまり、キーワード選定するとうわけです。

商品名などの内部対策

楽天SEO対策は、次に商品名などの内部対策をします。

例えば、選定したキーワードを「商品名」や「キャッチコピー」「商品説明文」「販売説明文」に入れます。
商品名は、基本的に、選定したキーワードを詰め込んでキーワードを羅列します。
このときに、キーワードを過度に詰め込むとスパム扱いになる可能性があるので、上位のサイトの商品名の傾向を真似するようにします。

「iPhone」で検索したときの1位の商品名:

【楽天市場】iphone検索結果1位

「iPhone」で検索したときの2位の商品名:

【楽天市場】iphone検索結果2位

また、キャッチコピー、商品説明文、販売説明文は、キーワードや単語の羅列ではなく文章形式にします。
文章にして自然な形で商品名よりも多くのキーワードを入れます。
キーワードの入れ方は、狙ってるキーワードで検索して表示される上位サイトのキャッチコピー、商品説明文、販売説明文の傾向を参考にします。
つまり、商品名などの内部対策をするというわけです。

こうして、商品名などの内部対策をすることが、楽天SEO対策のポイントです。

ちなみに一番重要なのは、「商品名」で商品ページのタイトル名になります。
なので、商品名にキーワードが含まれれば検索に出やすくなり、キーワードがないと検索に出づらくなります。

カテゴリ選択

楽天SEO対策は、次にカテゴリ選択をします。

例えば、自身の商品を登録する際に選択するカテゴリがあります。
このカテゴリから自分の商品とマッチしたものを選びます。
つまり、カテゴリ選択するというわけです。

こうして、カテゴリ選択することが、楽天SEO対策のポイントです。

ちなみに、選択したカテゴリ名で検索されやすくなります。
一方、商品にあったカテゴリをきっちり選ばなければ、検索で出てこないことがあります。

レビューを増やす

楽天SEO対策は、最後にレビューを増やします。

例えば、楽天でビックキーワードで検索したときに、上位の商品ページは1000件や10000件などのレビュー数が多くみられます。
一方、上位の商品ページの中には、100件前後のレビュー数もあります。
このレビューを集めるために、レビュー投稿を条件に次回のクーポンを付与したり、自動的にフォローメールを送る機能を追加するなどします。
そうすれば、ユーザーエンゲージメントが高まって、自身の商品に再度アプローチしてくれる可能性が高まります。
結果、きっかけが増えて商品の感想を書いてくれたり、評価してくれるユーザーが増えます。
つまり、レビューが増やせるとうわけです。

こうして、レビューを増やすことが、楽天SEO対策のポイントです。

ちなみに、レビューの数の楽天SEOのアルゴリズムについては詳しくわかっていません。
なのでレビューの数が多ければ上位にくるというものではありません。
ですが基本的には、レビューが多ければ有利になります。

楽天SEOで重要な裏要素

楽天SEOで重要な裏要素は、「商品の売上」です。
具体的には、楽天の担当者から実際に聞いたときに教えてくれた検索で上位に入るための要素が「商品の売上」です。
この要素は、商品IDに売上が紐付けられてるようで、その売上が多いと上位に入りやすいとのことです。
商品ID単位での売上なので、1個と6個入りが別な商品IDになっていたり、キャンペーンのときなどに別なIDでキャンペーン商品を作ってしまうと別にカウントされます。

この商品の売上は、ある一定期間と累計の両方が関係してるらしく、ある一定期間の売上の方が影響は大きいとのことです。
新商品などを他の店よりも早く売れば、その分売上が多くなって他社よりも検索で上位に表示されるという事例もあるようです。

このように、「商品の売上」が楽天SEOで重要な裏要素というわけです。

ちなみに、実際に現在も効果があるかどうかは検証してませんが、基本的な楽天SEO対策以外に楽天の担当者から聞いた検索で上位に入るための要素となります。

楽天SEOの最新要素

楽天SEOの最新要素は、「動画」です。
具体的には、最近、現役で楽天に出店している店長に話を聞く機会があってそこで新しい要素として、話に出てきたのが「動画」があるかどうかです。
この動画がある商品ページの方が、ない商品ページよりも順位が高い傾向にあるようです。

この傾向は他の要素との関係もあるので、一概に動画だけで順位が高くなるとは言い切れません。
ですが、ショッピングサイトでは、動画での商品説明で実際の購入が増えるというアメリカの調査結果もあるようです。

このように、「動画」が楽天SEOの最新要素というわけです。なので、動画での商品説明を増やしてみてはいかがでしょうか。

まとめ:楽天SEOの基礎を抑えて、効果的な対策に活かそう

楽天SEOの基礎を抑えて、効果的な対策に活かしましょう。

一方、楽天SEOの基礎を知らなければ、効果的な対策ができません。
具体的には、検索アルゴリズムにがわからなかったり、キーワード選定や内部対策など疎かにして効果的な対策ができません。
この場合、検索クエリと商品ページの関連性が上がりません。
そうなれば、楽天市場で上位化されなかったり、より多くの検索クエリでインデックスされません。
結果、クリックされず商品ページに流入する見込みユーザーが増えないので、売り上げ向上が期待できないというわけです。

こうした悪い状況を回避する為に、楽天SEOの基礎を抑えて、効果的な対策に活かしましょう。

ちなみに楽天SEOとは違いますが、8000万を売り上げた元店長の話では、楽天の担当者と仲良くなって売上を伸ばせば伸ばすほどいろいろと情報を教えてくれるようです。
具体的には、余った広告枠を無料で提供してくれたり、競合店の情報を教えてくれたりと色々と便宜を図ってくれるようです。

また、楽天の担当者は、自分が担当してる店の売上が自分の成績になります。
とくに複数の店の売上を少しづつ伸ばすよりも、1社の売上をドーンと伸ばすほうが担当者の成績が良くなるようです。
ぜひ楽天の担当者と仲良くなって、売上を伸ばしましょう。

SEO対策しても検索順位が上がらない…なぜ?

検索順位の推移

SEO対策しても検索順位が上がらない…なぜ?

検索順位が上がらない理由は、SEO対策の質が低いからです。

例えば、ユーザーの検索意図を無視したり、関連性の低いコンテンツを増やす、内部リンクの最適化など疎かにします。
この場合、SEO対策の質が下がります。
そうなれば、ページやサイト自体の品質が上がらないので、Googleに評価されづらくなります。
結果、検索順位が上がらないというわけです。

こうした悪い状況を回避する為に、サイトの欠点を調査して上位化に必要な対策をご案内します(無料)。

検索順位を上げたり、検索流入を増やすにはSEOが重要!