SEOに関する実験やデータ分析などを公開します

SEOの疑問を実験で解明しブログ配信【SEOラボ】

  • 運営情報

動画SEOとは?効果や基本的な対策など徹底解説!

SEO

動画SEOとは、Googleなどの検索エンジンが理解しやすいように自社(自分)の動画を最適化することです。
別名「VSEO(Video Search Engine Optimizationの略)」とも呼び、動画に対してSEO対策します。
この動画SEOをうまく行えば、GoogleやYouTubeなどの検索結果で上位表示されやすくなります。

一方、動画SEOを無視すれば上位表示が期待できません。
この場合、自身が作成した動画をクリックして訪問するユーザーが増えません。
そうなれば、見込み客が増えないので、動画経由の申込や問い合わせといったコンバージョンが促進できません。
結果、Webからの売り上げ向上が見込めないというわけです。

こうした良くない状況を回避する為に、動画SEOの基礎を把握して、効果的な対策をしましょう。

この点踏まえて今回は、動画SEOの定義や効果、基本的な対策など中心に、初心者にもわかりやすくポイントをまとめて解説したいと思います。

動画SEOとは?効果や基本的な対策など徹底解説!

動画SEOとは?

動画SEOとは、Googleなどの検索エンジンが理解しやすいように自社(自分)の動画を最適化することです。

例えば、選定したキーワードの検索意図を考慮した動画を作成します。
この場合、ユーザーの求める情報が盛り込まれた動画となります。
つまり、検索ユーザーのニーズを考慮して検索結果を表示してるGoogleやYouTubeなどの検索エンジンが理解しやすい動画となります。
このように、動画を検索エンジンが理解しやすいように最適化することが「動画SEO」というわけです。

動画SEOの効果

動画SEOの効果がいくつかあります。

  • 検索流入が増える
  • YouTube内での露出が増える

検索流入が増える

動画SEOの効果として、検索流入が増えます。

例えば、ユーザーの検索意図を考慮した動画を作成して公開します。
この場合、作成した動画がGoogleやYahooなどの検索結果の上位に表示される可能性が高まります。
そうなれば、検索でクリックされやすくなるので動画に訪問するユーザーが増えます。
つまり、検索流入が増えるというわけです。

このように、検索流入が増えることが動画SEOの効果です。

YouTube内での露出が増える

動画SEOの効果として、YouTube内での露出が増えます。

例えば、YouTubeで検索されてるキーワードとの関連性を考慮して動画を作成します。
この場合、ユーザーの検索意図が盛り込まれた動画になります。
そうなれば、動画が評価されてYouTube検索で上位表示されたり、関連キーワードで検索されたときにインデックスされやすくなります。
つまり、YouTube内での露出が増えるというわけです。

このように、YouTube内での露出が増えることが動画SEOの効果です。

ちなみに、視聴者維持率が高かったり、ポジティブなユーザーのフィードバック(評価やコメント、シェアなど)が多いことも動画が評価されることにつながるでしょう。

動画SEO対策

動画SEO対策がいくつかあります。

  • ページのテーマに沿った内容の動画を埋め込む
  • 信頼性の高い動画を埋め込む
  • ユーザビリティの高い動画を埋め込む
  • 動画のクローラビリティを高める

ページのテーマに沿った内容の動画を埋め込む

ページのテーマに沿った動画を埋め込んで、 検索クエリと関連性の高いページにしよう!

ページのテーマに沿った内容の動画を埋め込むには、ユーザーの検索意図を考慮します。
例えば、SEOキーワードで実際に検索して表示される競合上位サイトのタイトル名やコンテンツの傾向を把握します。
その把握した傾向を自分のWebページに落とし込んだうえで、補助的に動画コンテンツを盛り込むようにします。

そうすることで、ユーザーの検索意図を考慮したページのテーマに沿って動画を埋め込むことができます。

こうして、検索クエリと関連性の高い動画コンテンツをページに盛り込むことが、動画SEO対策のポイントです。

ちなみに、検索意図を考慮せずにページのテーマと関連性の低い動画を掲載すれば、そのページ自体の質を下げることに繋がるので、最終的に順位下落に寄与する可能性が高まります。

信頼性の高い動画を埋め込む

確かな情報が盛り込まれた信頼性の高い動画を埋め込んで、 より良質なページに仕上げよう!

信頼性の高い動画を埋め込むには、信憑性を考慮します。
例えば、公式サイトが提供してる真実味のある動画コンテンツをWebページに埋め込みます。

また、チャンネル登録者数や再生回数が多かったり、評価の高い動画を埋め込みます。

そうすることで、ユーザーの利便性が向上するので、Webページ自体の質を高めることにつながります。

こうして、より確かな情報が盛り込まれた信頼性の高い動画コンテンツを埋め込んで、より良質なWebページに仕上げることが動画SEO対策のポイントです。

ちなみに、ただ再生時間が長い動画を埋め込んでも、信頼性の担保に繋がらないので、間接的なSEO効果も期待できません。
これは、文字数の考え方と同じです。
ただ文字数が多くても、ユーザーにとって必要な情報が不足して中身が伴ってなければ、コンテンツの信頼性は高まらないので、順位上昇も見込めないということです。

ユーザビリティの高い動画を埋め込む

ユーザーが見つけやすく閲覧しやすいように 動画を埋め込んで、 ユーザビリティを考慮したページに仕上げよう!

ユーザビリティの高い動画を埋め込むには、汎用的なファイル形式の動画を採用します。
例えば、GoogleやYouTubeでもサポートしてる「MOV」「MPEG4」「AVI」などのファイル形式の動画をページに埋め込みます。
そうすることで、より多くのユーザーに対して、より確実に動画コンテンツを表示することができます。

また、「適度な大きさで表示する」「適切な場所に表示する」「高画質で表示する」「適切なファイルサイズにする」ことを考慮して、動画を埋め込みましょう。

こうして、動画を見つけやすく閲覧しやすいようにして、ユーザビリティを加味したページに仕上げることが動画SEO対策のポイントです。

ちなみに、再生時間が極端に長い動画を埋め込めば、ユーザーの離脱が高まります。
もう少し言うと、動画の尺が長い分、動画内の適切な言及を見つけるまで時間を要したり、環境によってはファイルサイズの負荷で動画が閲覧できない可能性もあるので、結果的にユーザーのストレスとなり、そのユーザーがページを去ってしまいます。
そうなれば、低品質な動画によるユーザビリティの低下で、ページ自体の質を下げることにつながるので、最終的に順位下落の可能性が高まるでしょう。

動画のクローラビリティを高める

動画のクローラビリティを高めて、 より検索エンジンが認識しやすいページにしよう!

動画のクローラビリティを高めるには、構造化データを活用します。
例えば、JSON-LDの記述方式で、VideoObjectのプロパティを使って動画コンテンツを構造化データマークアップします。

また、「動画サイトマップを利用する」「Googleでクロール可能な動画ファイル形式にする」「動画の前後に関連するテキスト文章を記述する」ことも、動画をクロールしやすくする手段です。

こうして、動画のクローラビリティを高めてよりGoogleが認識しやすいWebページに仕上げることが、動画SEO対策のポイントです。

ちなみに、良質な動画に差し替えてもその動画がクロールされなければ、Googleに再評価されません。
そうなれば、古いコンテンツが評価対象のままなので、Webページ自体の評価が滞ってSEO効果が見込めない状況が続きます。

こうした状況を回避するために、動画コンテンツのクローラビリティを少しでも高めておきましょう。

まとめ:動画SEOの基礎を把握して、効果的な対策をしよう

動画を副次的に活用して、SEO効果を引き出しましょう。
例えば、ユーザーの検索意図を考慮したテキスト文章を綴ったうえで、その文章の解読を手助けするように適所で動画コンテンツを差し込みます。
そうすることで、ユーザーの利便性が向上するので、Googleに評価されやすいWebページに仕上がります。

こうして、Googleに評価されやすくするために、まず1ページ1キーワードを選定しましょう。
そして、検索意図や信憑性、関連性、網羅性、独自性、クローラビリティ、ユーザビリティを考慮した良質なWebページを作成します。

こうした品質の高いページを増やして、専門性や権威性を加味しながら、より信頼できるサイトにすることが、SEO対策で上位表示を目指すためのポイントとなります。

SEO対策しても検索順位が上がらない…なぜ?

検索順位の推移

SEO対策しても検索順位が上がらない…なぜ?

検索順位が上がらない理由は、SEO対策の質が低いからです。

例えば、ユーザーの検索意図を無視したり、関連性の低いコンテンツを増やす、内部リンクの最適化など疎かにします。
この場合、SEO対策の質が下がります。
そうなれば、ページやサイト自体の品質が上がらないので、Googleに評価されづらくなります。
結果、検索順位が上がらないというわけです。

こうした悪い状況を回避する為に、サイトの欠点を調査して上位化に必要な対策をご案内します(無料)。

検索順位を上げたり、検索流入を増やすにはSEOが重要!