SEOの実験やデータ分析など公開

SEOの疑問を実験で解明しブログ配信【SEOラボ】

  • 運営情報
【2024年6月20日まで!先着3名】記事作成付きSEOコンサル【76%割引】キャンペーン中!SEO無料調査を申し込む⇒

インデックス数とは?SEOへの影響や調べ方など徹底解説!

SEO

インデックス数とは、Google等の検索エンジンのクローラーがWebサイトをクロールして、検索データベース(インデックス)に登録したページの総数のことです。
このインデックス数が多ければSEOへの良い影響が期待できます。

\申し込みは簡単!今なら、調査結果資料無料配布中!SEO無料調査を申し込む
\DLは簡単!今なら、SEOの基本丸わかり資料無料GET!イチから学ぶ「SEOの教科書」を無料ダウンロードする

一方、インデックス数がただ多ければ良いわけではありません。
具体的には、品質の低いページが多ければサイトの品質が下がります。
この場合、Googleから評価されづらくなります。
結果、検索順位が上がりづらかったり、検索流入が増えづらくなるというわけです。

こうした良くない状況を回避すために、インデックス数だけ重視せずに、質の高いページが多いサイトにしましょう。

この点踏まえて今回は、インデックス数の定義やSEOへの影響、インデックス数の調べ方など中心に、初心者にもわかりやすくポイントをまとめて解説したいと思います。

インデックス数とは?SEOへの影響や調べ方など徹底解説!

インデックス数とは?

インデックス数とは、Google等の検索エンジンのクローラーがWebサイトをクロールして、検索データベース(インデックス)に登録したページの総数のことです。
簡単に言うと、検索エンジンに登録されたサイトが所有してるページ数のことです。

例えば、ブログサイトを立ち上げてから毎月5記事投稿して、1年間(12か月)の月日が経ったとします。
この場合、合計60記事投稿してることになります。
合わせてTOPページや運営情報、プライバシーポリシーなどの基本的なページが5ページあるので、ブログサイト内のページ数は65ページ程あります。
実際にサーチコンソールのインデックス機能でカバレッジを見ると、インデックスに登録されてるページが65でした。
この65がインデックス数というわけです。

\申し込みは簡単!今なら、調査結果資料無料配布中!SEO無料調査を申し込む
\DLは簡単!今なら、SEOの基本丸わかり資料無料GET!イチから学ぶ「SEOの教科書」を無料ダウンロードする

インデックス数のSEOへの影響

インデックス数はSEOへの影響があります。

例えば、インデックス数が1ページのみだとします。
この場合、検索エンジンに認識されるキーワードの数は1ページ分だけです。
そうなれば、検索クエリに対して検索結果に表示される機会が限られます。
結果、検索ユーザーにクリックされづらいのでサイト訪問されづらいです。
つまり、検索流入が増えづらいというわけです。

一方、インデックス数が100ページだとします。
この場合、検索エンジンに認識されるキーワードの数は100ページ分になります。
そうなれば、検索クエリに対して検索結果に表示される機会が1ページだけのときよりも増えやすくなります。
結果、検索ユーザーにクリックされてサイト訪問されやすくなります。
つまり、検索流入が増えやすくなるというわけです。

このように、検索流入の増減に関わりやすいので、SEOへの影響があります。

ちなみに、インデックス数をただ増やすだけでは、それほどSEO効果が期待できないでしょう。
これについてGoogleも言及してます。

そんなに大量のコンテンツを検索で表示する必要がないように感じる。より多くのページをインデックスさせても検索順位は上がらない。インデックスする URLの数を自動生成コンテンツで増やすのではなく、その種のなかで最高のコンテンツを作ることに注力することを強く勧める。インデックスされうるURL の数をかなり減らすこともそうしたことには含まれるかもしれない。
※引用元:低品質ページを大量生産しても検索エンジンの評価は上がらない、高品質コンテンツだけを作る | 海外SEO情報ブログ

\申し込みは簡単!今なら、調査結果資料無料配布中!SEO無料調査を申し込む
\DLは簡単!今なら、SEOの基本丸わかり資料無料GET!イチから学ぶ「SEOの教科書」を無料ダウンロードする

インデックス数を調べる理由

インデックス数を調べる理由は、投稿したブログ記事や公開したWebページといった重要なページが、Googleなどの検索エンジンにちゃんと認識されて積み上がってることを確認する為です。

一方、インデックス数を調べなければ、投稿や公開した重要なページがどの程度検索エンジンに認識されてるかわかりません。
この場合、重要なページがインデックスされてないことを見落とす可能性が高まります。
そうなれば、ページごとの品質の低さによってサイトの信頼性が欠如してたり、クローラビリティが低いなどの原因を推測して改善に踏み切れません。
結果、評価されづらいサイトをそのまま放置することになるというわけです。

こうした良くない状況を回避する為に、インデックス数を調べる必要があります。

\申し込みは簡単!今なら、調査結果資料無料配布中!SEO無料調査を申し込む
\DLは簡単!今なら、SEOの基本丸わかり資料無料GET!イチから学ぶ「SEOの教科書」を無料ダウンロードする

インデックス数を調べる方法

インデックス数の調べるには、以下のような方法があります。

\申し込みは簡単!今なら、調査結果資料無料配布中!SEO無料調査を申し込む
\DLは簡単!今なら、SEOの基本丸わかり資料無料GET!イチから学ぶ「SEOの教科書」を無料ダウンロードする

サーチコンソールのGoogleインデックス>インデックスステータス機能を使う

①サーチコンソールにログイン後、Googleインデックス>インデックスステータス をクリックする
※サーチコンソールを使うには、登録が必要になります。(※サーチコンソール(Google Search Console)の登録方法)

サーチコンソールのインデックス数を調べる方法イメージ①

②主に、「基本・詳細データ」「インデックスに登録されたページの総数」「グラフデータのダウンロード」の3つの機能が確認できます。
「インデックスに登録されたページの総数」が実際のインデックス数なので、この部分でインデックス数を調べることができます。

サーチコンソールのインデックス数を調べる方法イメージ②

インデックスステータスには、「基本」「詳細」があります。
「詳細」タブをクリックすると、「インデックスに登録されたページの総数」のほか、「ロボットによりブロック済み」「削除済み」のページ数までチェックできます。

サーチコンソールのインデックス数を調べる方法イメージ③

Google検索で「site:ドメイン名」で検索する

①Google検索窓から「site:ドメイン名」を入力し、検索します。

サーチコンソールのインデックス数を調べる方法イメージ④

②入力したドメイン名のインデックス数が以下の赤枠部分で確認できます。

サーチコンソールのインデックス数を調べる方法イメージ⑤

サーチコンソールと少し違いますが、近いインデックス数を確認することが可能です。
手っ取り早く把握したい方は、この方法でインデックス数を確認するとよいでしょう。

\申し込みは簡単!今なら、調査結果資料無料配布中!SEO無料調査を申し込む
\DLは簡単!今なら、SEOの基本丸わかり資料無料GET!イチから学ぶ「SEOの教科書」を無料ダウンロードする

インデックス数の推移からわかること

インデックス数の推移からいくつかわかることがあります。

  • インデックス数が増えてる場合は、プラス要因が多い
  • インデックス数が減ってる場合は、様々な要因がある

インデックス数が増えてる場合は、プラス要因が多い

インデックス数が増えてる場合は、プラス要因が多いです。

例えば、サーチコンソールのインデックス機能のカバレッジを見ると、インデックスに登録されてるページ数が増えてるとします。
この場合、Googleに評価されてる可能性が高いです。
具体的には、ページごとに品質が良くてサイトの信頼性が高かったり、クローラビリティが良い可能性が考えられます。
つまり、プラス要因が多いというわけです。

このように、プラス要因が多いことが、インデックス数の推移からわかることです。

インデックス数が減ってる場合は、様々な要因がある

インデックス数が減ってる場合は、様々な要因があります。

例えば、サーチコンソールのインデックス機能のカバレッジを見ると、インデックスに登録されてるページ数が減ってるとします。
この場合、Googleから評価されづらくなってる可能性が高いです。
具体的には、ページごとに品質が悪くてサイトの信頼性が低かったり、クローラビリティが悪い、Googleからペナルティを受けてる可能性が考えられます。
また、noindexやrobot.txtなど活用して自ら検索エンジンに認識させない処理をしてる可能性も考えられます。
つまり、マイナス要因や意図的な要因などの様々な要因があるというわけです。

こうして、様々な要因があることが、インデックス数の推移からわかることです。

\申し込みは簡単!今なら、調査結果資料無料配布中!SEO無料調査を申し込む
\DLは簡単!今なら、SEOの基本丸わかり資料無料GET!イチから学ぶ「SEOの教科書」を無料ダウンロードする

インデックス数が増えないときの対処法

インデックス数が増えないときの対処法がいくつかあります。

  • ページごとの品質を見直す
  • XMLサイトマップの設置を確認する
  • 被リンクを増やす
  • 内部リンクを最適化する

ページごとの品質を見直す

インデックス数が増えないときは、ページごとの品質を見直します。

例えば、上位表示したいキーワードで検索して、競合上位サイトのタイトル名やコンテンツ内容の傾向を確認します。
この傾向を自身のページに盛り込むようにリライトします。
そうすれば、ユーザーの求める情報が加味されたWebページに仕上がります。
これをサイト内の品質が低そうなページ(検索順位が低いページ)に対して行います。
つまり、ページごとの品質を見直すというわけです。
ページの品質が高ければ、基本的にクロールされやすくなるのでインデックス促進に繋がります。

こうして、ページごとの品質を見直すことが、インデックス数が増えないときの対処法です。

XMLサイトマップの設置を確認する

インデックス数が増えないときは、XMLサイトマップを設置を確認します。

例えば、XMLサイトマップがドメインルートに存在するか否か、アドレスバーにURL(例:seolaboratory.jp/sitemap.xml)を打ち込んで確認します。
打ち込んだURLにアクセスできなければ、XMLサイトマップが存在しない可能性が高いです。
この場合、「sitemap.xml Editor」などの専用ツールを使って生成したXMLサイトマップファイル(sitemap.xml)をドメインルートにアップロードしたり、WordPressであれば「Google XML Sitemaps」などのプラグインを導入してXMLサイトマップファイル(sitemap.xml)を生成しましょう。
そうすれば、アドレスバーにURL(例:seolaboratory.jp/sitemap.xml)を打ち込んだときに、XMLサイトマップの設置が確認できるというわけです。
設置したXMLサイトマップのURLをサーチコンソールから送信しておけば、インデックス促進に繋がります。

こうして、XMLサイトマップの設置を確認することが、インデックス数が増えないときの対処法です。

被リンクを増やす

インデックス数が増えないときは、被リンクを増やします。

例えば、TwitterやFacebookなどのSNSや有料広告、メルマガなどで自身のコンテンツの概要をURL付きで宣伝します。
この場合、URLをクリックしてコンテンツに訪問するユーザーが増えやすくなります。
そうなれば、コンテンツに満足して参照される機会が増えます。
つまり、被リンクが増えるというわけです。
被リンクが増えればクローラーがリンクを辿ってコンテンツを発見する機会が増えるので、インデックス促進に繋がります。

こうして、被リンクを増やすことが、インデックス数が増えないときの対処法です。

内部リンクを最適化する

インデックス数が増えないときは、内部リンクを最適化します。

例えば、ホームページから下層ページへリンクしたり、関連するコンテンツ同士をリンクします。
また、パンくずリストを設置したり、カテゴリ一覧ページやタグ一覧ページを作成するなどします。
そうなれば、リンクされてない孤立した記事が減ってサイト内でメッシュ型にリンク構築できます。
つまり、内部リンクを最適化できるというわけです。
内部リンクを最適化できれば、クローラーがリンクを辿ってサイト内のすべてのページをクロールしやすくなり、インデックス促進に繋がります。

こうして、内部リンクを最適化することが、インデックス数が増えないときの対処法です。

\申し込みは簡単!今なら、調査結果資料無料配布中!SEO無料調査を申し込む
\DLは簡単!今なら、SEOの基本丸わかり資料無料GET!イチから学ぶ「SEOの教科書」を無料ダウンロードする

まとめ:インデックス数だけ重視せずに、質の高いページが多いサイトにしよう

良質なページ(インデックス数)を増やして、SEO効果を高めることが大切です。

リンク・コンテンツを最適化して、サイト自体の質を上げながら、SEO対策で上位表示を目指しましょう。

SEO対策しても検索順位が上がらない…なぜ?

検索順位の推移

SEO対策しても検索順位が上がらない…なぜ?

検索順位が上がらない理由は、SEO対策の質が低いからです。

例えば、ユーザーの検索意図を無視したり、関連性の低いコンテンツを増やす、内部リンクの最適化など疎かにします。
この場合、SEO対策の質が下がります。
そうなれば、ページやサイト自体の品質が上がらないので、Googleに評価されづらくなります。
結果、検索順位が上がらないというわけです。

こうした悪い状況を回避する為に、サイトの欠点を調査して上位化に必要な対策をご案内します(無料)。

検索順位を上げたり、検索流入を増やすにはSEOが重要!

SEOラボのおすすめ記事がLINEに届く「SEOラボを友だち追加」