SEOに関する実験やデータ分析などを公開します

SEOの疑問を実験で解明しブログ配信【SEOラボ】

alternateタグ(link rel=”alternate”)でスマホサイトをGoogleに伝える方法とSEO効果

alternateタグとは、スマホサイトの存在をGoogleに伝えるためにHTMLファイルのheadタグ内に記述するhtmlタグの一つです。
読み方は「オルトネイト」のようで、alt(オルト)の「代用」という意味が関係してます。
このalternateタグ(link rel=”alternate”)は、link要素のrel属性で属性値として使用します。

一方、alternateタグを使わなければ、スマホ専用のURLがある場合にそのURLの存在が明示できません。
言い換えれば、Googleがスマホサイトを認識しづらくなります。
もしモバイルファーストインデックスが適用されていれば、スマホサイト(重要なページ)が評価されないことになるのでSEOへの悪影響が懸念されます。
こうした良くない状況を回避する為に、alternateタグを適切に使って、サイト内の重要なURLを明示しましょう。

ちなみに、alternateタグは、スマホサイトの存在をGoogleに伝えるだけでなく、ページのローカライズ(ページに言語や地域ごとの複数のバージョンがある場合)にも使用されます。
ですが、今回は、スマホサイトの存在をGoogleに伝える場合のalternateタグについて取り上げます。

この点踏まえて今回は、alternateタグの意味・読み方、alternateタグが必要なケース、使い方、SEO効果など中心に、初心者にもわかりやすくポイントをまとめて解説したいと思います。

alternateタグ(link rel="alternate")でスマホサイトをGoogleに伝えるSEO効果

alternateタグとは?

alternateタグとは、HTMLファイルの<head>~</head>内に記述するhtmlタグの一つで、link要素のrel属性で属性値として使用します。
読み方はオルトネイトのようで、alt(オルト)の「代用」という意味が関係してるようです。
このalternateタグは、スマホやフィーチャーフォンサイトURLの存在をGoogle検索エンジンに伝えるのに役立ちます。

記述例①

media属性を使い、PCと別に、スマホサイトのURLが存在することをGoogle検索エンジンに伝えることができます。
また、alternateタグは、canonical属性と合わせて、サイトのURL正規化時に活用されるケースが多いです。

記述例②

また、今回のテーマとは関係ありませんが、hreflang属性を使って、複数言語・地域別webサイトを運営してるときに使用する別の方法もあります。

alternateタグが必要なケース

alternateタグは、PCサイトとスマホサイトのURLがそれぞれ違う以下のような場合に必要となります。

  • PCサイトURL:http://sample.com
  • スマホサイトURL:http://sample.com/sh/

上記のよう、2つのURLが存在し、サイトにアクセスできる場合、alternateタグの設置を検討しましょう。

検索順位を上げたり、検索流入を増やすにはSEOが重要!

関連記事

【2021年版】SEOとは?基本や重要な対策など初心者にわかりやすく解説!

SEOの基本を押さえて対策しよう。とくにユーザーの利便性を考慮することが重要で、これを無視すればGoogleに評価されない(検索順位や検索流入が向上しない)…

続きを見る

alternateタグの使い方 ※スマホサイトをGoogleに伝える方法

alternateタグを使い、スマホサイトをGoogleに伝える方法は以下のようになります。

①スマホサイト・PCサイトでURLが違うことを確認します。

  • PCサイトURL:http://sample.com
  • スマホサイトURL:http://sample.com/sh/

②PCサイトとスマホサイトそれぞれのファイルに、ソースコードを記述します。PCサイトのソースコードには、スマホページがあることをGoogleに認識させるため alternateタグ を指定します。

スマホサイトのソースコードには、スマホサイトであることを伝えるため、canonical を指定します。

③ソースコードを記述したファイルをサーバーにアップロードすれば完了です。
複数ページある場合、サイトマップを使ってalternateタグを記述する方法が便利でしょう。
※参考:別々の URL | 検索 | Google Developers

alternateタグのSEO効果

alternateタグとcanonical属性で、PC、スマホサイトの存在を統一(URL正規化)し、SEO効果を高めることが可能です。

検索エンジンにインデックスさせるURLを一つにし、サイトの価値を高めながら、順位上昇を目指しましょう。

同じサイトのURLが2つ存在すれば、リンク評価の分散・重複コンテンツによるペナルティでサイトが評価されずらく、順位上昇しずらい原因となります。

alternateタグとcanonical属性

先述したように、PCサイトとスマホサイトのURLが別々の場合、alternateタグを使用します。
このalternateタグを使うときは、canonical属性も合わせて使用することが大切です。

PCサイトのファイルに、alternateタグで、スマホサイトのURLを指定し、スマホサイトの存在をGoogle検索エンジンに伝えましょう。
スマホサイトのファイルに、canonical属性でPCサイトのURLを記述し、検索エンジンにインデックスさせるURLをPCサイトに正規化しましょう。

関連記事canonicalタグとは?意味や書き方・設定方法など徹底解説!

alternateタグとGoogle

PC、スマホサイト別々のURL時に使用する、alternateタグにおいてGoogleは以下のように言及してます。

  • 2 つの URL の関係を タグと rel=”canonical” および rel=”alternate” 要素で伝えます。
  • ユーザー エージェント文字列を検出して正しくリダイレクトします。

※引用元:別々の URL | 検索 | Google Developers

また、フィーチャーフォン(ガラケー※スマホが流行る前の携帯)のalternateタグ(link rel=”alternate”)使用に関するGoogleの言及もご参考ください。
※参考:その他のデバイスでのモバイル SEO | 検索 | Google Developers

まとめ:alternateタグを適切に使って、サイト内の重要なURLを明示しよう

alternateタグを適切に使って、サイト内の重要なURLを明示しましょう。
とくにスマホサイトのURLが別に存在する場合、そのURLを明示することが重要です。

一方、alternateタグを使わなければ、スマホサイトの専用のURLが明示できません。
明示しないと、モバイルファーストインデックスが適用されてる場合に、SEOへの悪影響が懸念されます。

こうした悪い状況を回避する為に、alternateタグを適切に使って、サイト内の重要なURLを明示しましょう。

検索順位が上がらない…なぜ?

検索順位が上がらない…なぜ?

検索順位が上がらない理由は、SEO対策の質が低いからです。

例えば、ユーザーの検索意図を無視したり、関連性の低いコンテンツを増やして内部リンクの最適化を疎かにします。
この場合、SEO対策の質が下がります。
結果、検索順位が上がらないというわけです。

こうした悪い状況を回避する為に、サイトの欠点を調査して上位化に必要な対策を洗い出しましょう。

SEO対策無料ご提案はこちら