SEOに関する実験やデータ分析などを公開します

SEOの疑問を実験で解明しブログ配信【SEOラボ】

アクセス解析とは?

アクセス解析とは、Webサイトにアクセスしたユーザーの行動データを解析することです。
このアクセス解析をすれば、サイトパフォーマンスの改善につなげることができます。
結果的に、サイトへの有効なアクセスを増やして、申し込みや問い合わせといったコンバージョン増加が期待できます。

一方、アクセス解析をしなければ、サイトパフォーマンス改善の糸口が見つかりません。
そうなれば、コンバージョンが増加せず、売り上げ向上が見込めないでしょう。
こうした状況を回避するためにも、とくに、サーチコンソールやGoogleアナリティクスといった有効なツールの導入を怠ることは控えましょう。

この点踏まえて、今回は、アクセス解析の定義について中心に、初心者にもわかりやすくポイントをまとめて解説したいと思います。

アクセス解析とは?

アクセス解析とは?

アクセス解析とは、Webサイトにアクセスしたユーザーの行動データを解析することです。
このアクセス解析をすれば、サイトパフォーマンスの改善につなげることができます。
結果的に、有効なトラフィックが増えて、申し込みや問い合わせといったコンバージョン(CV)の増加が期待できます。

こうした良い状況にするためにも、まずは、目的や全体像を把握しておきましょう。

アクセス解析の目的

アクセス解析の目的は、主に「サイトの現状を把握すること」です。
例えば、SEO対策を行ったとします。
この場合、サイトの検索流入やコンバージョン数がどの程度増減したか?をGoogleアナリティクスで確認します。
そうすれば、効果測定やモニタリングができるので、サイトの現状が把握できるというわけです。

一方、サイトの現状を把握しなければ、パフォーマンスがわかりません。
結果的に、有効な施策を打つことができないので、売り上げ向上が見込めないでしょう。
こうした状況を回避するためにも、アクセス解析の必要性が高いと言えます。

アクセス解析でわかること

アクセス解析は、主にツールを活用します。
例えば、サーチコンソールやアナリティクスなどの有名なツールがあります。
こうしたツールがいくつかあり、ツールごとで解析できるデータも異なります。
つまり、ツールによってわかること(項目)が少し変わってくるというわけです。

サーチコンソールの場合:

  • 検索結果でのクリック率
  • 検索結果でのクリック数
  • 検索クエリ(検索キーワード)
  • 外部リンク(リンク元)

アナリティクスの場合:

  • セッション数、ユーザー数(ユニークユーザー数)、ページビュー
  • 直帰率、離脱率、滞在時間(平均滞在時間)
  • ユーザー属性
  • ランディングページ
  • リファラー(参照元)
  • ページ遷移(行動フロー/ナビゲーションサマリー)
  • コンバージョン(CV)

アクセス解析の前にやるべきこと

アクセス解析の前には、基本的に、WebサイトのHTMLソースコード内に専用のタグを設置します。
そして、タグの設置後に、正しくトラフィックデータが反映されてるか?確認しましょう。
また、コンバージョンを計測するために、目標設定も行いましょう。

タグ(トラッキングコード)を設置する

タグ(トラッキングコード)を設置するには、活用するツールで用意されてるコードをコピーします。
例えば、Googleアナリティクスであれば、専用のトラッキングコードが用意されてます。
そのコードをコピーして、Webサイトの全ページのHTMLソースコード内にそれぞれペーストします。(貼り付けます。)
結果的に、貼り付けたコードが認識されるようになるので、アクセス解析ができるというわけです。

こうして、タグ(トラッキングコード)を設置することが、アクセス解析の前にやるべきポイントとなります。

一方、タグを設置しなければ、アクセス解析できません。
こうした状況を回避するためにも、コピペするコードの内容を間違えたり、コードの設置忘れなどは控えましょう。

ちなみに、ツールによっては、コードの貼り付け以外にも専用のファイルをあらかじめサーバーにアップロードすることでアクセス解析できます。

目標を設定する

目標を設定するには、まず、活用するツールで発行されてる専用タグを設置します。
例えば、Googleアナリティクスであれば、先述したように、申し込みや問い合わせの完了ページ含めてトラッキングコードを設置します。
そして、Googleアナリティクスの管理メニューから「目標」の項目を選択して、必要な設定を行います。
そうすれば、完了ページにランディングしたユーザーが認識できる(コンバージョンが計測できる)ようになるので、アクセス解析ができるといわけです。

こうして、目標を設定することが、アクセス解析の前にやるべきポイントとなります。

一方、目標設定しなければ、コンバージョンが計測できません。
つまり、申し込みや問い合わせなどの売り上げに関わるデータのアクセス解析できないということです。
こうした状況を回避するためにも、コピペするコードの内容を間違えたり、コードの設置や必要な管理画面設定を忘れないようにしましょう。

ちなみに、ツールによっては、別途、目標設定の専用タグの設置が必要な場合があります。

正しいデータを反映させる

正しいデータを反映させるには、自分のIPアドレスを除外します。
例えば、Googleアナリティクスであれば、管理メニューの「フィルタ」項目で設定します。
そうすれば、自身がアクセスしたときの不要な解析データが除外されます。
結果的に、必要なデータのみ計測できるようになるので、良いアクセス解析ができるというわけです。

こうして、正しいデータを反映させることが、アクセス解析の前にやるべきポイントとなります。

一方、不要なデータが反映されれば、アクセス解析の質が落ちます。
もう少し言うと、自身のPCのIPアドレスをフィルタせずに、自身がWebサイトにアクセスすれば、不要なデータがカウントされます。
結果的に、誤ったデータが反映されるというわけです。
こうした状況を回避するためにも、不要なアクセスのフィルタ設定を忘れないようにしましょう。

上位表示させるための基本的対策をご紹介しています。

関連記事

【SEOとは?】SEO対策について

検索順位に悩んでいませんか?狙ったキーワードで上位表示させるためには基本的な対策に加え、検索意図に合致したコンテンツが必要となります。これらは…

続きを見る

アクセス解析でサイトの課題を見つける方法

アクセス解析でサイトの課題を見つけるには、アクセス数の推移を調べます。
また、コンバージョンに関与してるページや被リンク数も調べます。

アクセス数の推移を調べる

アクセス数の推移を調べるには、主に、Googleアナリティクスを活用します。
例えば、Googleアナリティクスにログイン後、メニューから「ユーザー」→「概要」をクリックします。
そうすれば、ユーザー数やセッション数、ページビューがグラフの推移で確認できます。
結果的に、その推移から増加や減少具合が把握できるので、問題点が浮き彫りとなるわけです。

こうして、アクセス数を調べることが、アクセス解析でサイトの課題を見つけるポイントとなります。

一方、アクセス数を調べなければ、サイトの課題が明確になりません。
こうした状況を回避するためにも、アクセス解析ツールの導入を拒んだり、アクセス数の推移の無視や見落としは控えましょう。

コンバージョンに関与してるページを調べる

コンバージョンに関与してるページを調べるには、Googleアナリティクスを活用します。
例えば、Googleアナリティクスにログイン後、メニューから「行動」→「サイトコンテンツ」→「ランディングページ」をクリックします。
そうすれば、ページごとのコンバージョン状況が確認できます。
結果的に、コンバージョの多いページや少ないページがわかるので、問題点が浮き彫りとなるわけです。

こうして、コンバージョンに関与してるページを調べることが、アクセス解析でサイトの課題を見つけるポイントとなります。

一方、コンバージョンに関与してるページを調べなければ、サイトの課題が明確になりません。
こうした状況を回避するためにも、目標設定を忘れることは控えましょう。

ちなみに、Googleアナリティクスのメニューの「コンバージョン」からも、関与してるページを調べることができます。

被リンク数を調べる

被リンク数を調べるには、サーチコンソールを活用します。
例えば、サーチコンソールにログイン後、メニューの「リンク」をクリックします。
そうすれば、外部リンクの総数やページごとの外部リンク数が確認できます。
結果的に、外部リンクが少ないページが明確になるので、問題点が浮き彫りになるというわけです。

こうして、被リンク数を調べることが、アクセス解析でサイトの課題を見つけるポイントとなります。

一方、被リンク数がわからなければ、サイトの課題が明確になりません。
こうした状況を回避するためにも、アクセスやコンバージョン関連の指標だけ解析することは控えましょう。

アクセス解析ツール10選

アクセス解析ツールは、「AIアナリスト」‎などの有料のものであればより多機能で高度なサイト分析が実現しやすいです。
一方、無料のものでも、Googleアナリティクスのような高機能なツールも提供されてるので、十分必要なアクセス解析ができます。

ここでは、その無料のアクセス解析ツールをピックアップしておすすめの10ツールを比較・評価しながら、初心者にもわかりやすくポイントをまとめて解説したいと思います。

  1. Googleアナリティクス
  2. 忍者アクセス解析
  3. アクセス解析研究所
  4. アクセス解析 [AccessAnalyzer.com]
  5. User Local(スマートフォン解析ツール)
  6. QLOOKアクセス解析
  7. Yahoo!アクセス解析
  8. FC2アクセス解析
  9. 無料アクセス解析 ace-analyzer
  10. アクセス解析 i2i.jp

Googleアナリティクス

Googleアナリティクス

Googleアナリティクス
評価 ★★★★★
Googleアナリティクスは、広告の投資収益率の測定や、Flash、動画、ソーシャル ネットワーク(facebook/twitterなど)のサイトやアプリケーションのトラッキングができるGoogle提供の最も有名な無料アクセス解析ツールです。
売り上げやコンバージョン数に加え、ユーザーの行動や訪問経路を解析できるのが特徴です。
インターフェイスも見やすく、webマスターであれば、一度は導入し効果を確かめたいアクセス解析ツールの一つです。

忍者アクセス解析

忍者アクセス解析

忍者アクセス解析
評価 ★★★★☆
忍者アクセス解析は、簡単設置で携帯電話に対応、ログは4ヶ月間保存できる無料のリアルタイム・アクセス解析ツールです。
基本無料で利用でき、広告非表示の有料版でアクセス解析をスムーズにすることが可能です。
アクセス解析初心者から本格的な企業様まで幅広く使えるのが特徴的です。

アクセス解析研究所

アクセス解析研究所

アクセス解析研究所
評価 ★★★☆☆
アクセス解析研究所は、最高水準のアクセス解析が無料で利用できるツールです。
GPSでビジターの居場所を解析したり、相互リンクの損得バランスをサイトごとに分析したりと、他社にはない新機能が利用てきるのが特徴です。
広告が表示されないので、使いやすく、アクセス解析しやすい点も魅力です。
きれいなデザインですが、少し見ずらい印象を受けました。

アクセス解析 [AccessAnalyzer.com]

アクセス解析 [AccessAnalyzer.com]

アクセス解析 [AccessAnalyzer.com]
評価 ★★☆☆☆
アクセス解析 [AccessAnalyzer.com]は、無料の高性能レンタルアクセス解析サービスです。
アクセスログ、アクセス統計、アクセス元統計、システム統計、訪問者統計が解析できます。
アナログチックなインターフェイスで、数値のみを重視してチェックしたい方におすすめです。
広告を非表示にする有料サービスの提供もあります。

User Local(スマートフォン解析ツール)

User Local(スマートフォン解析ツール)

無料スマートフォン解析ツール PCガラケーも対応
評価 ★★★☆☆
User Local(スマートフォン解析ツール)は、iPhone、Android スマホ、ガラケー、PCに対応したアクセス解析ツールベンダーです。
無料で利用でき、1アカウント3サイトまで登録可能です。
PC版アクセス解析ツール「うごくひと2」、モバイル版アクセス解析ツール「なかのひと」の次期バージョンにあたり、機能を大幅に向上してるのが特徴です。
インターフェイスデザインは見やすい印象を受けました。

QLOOKアクセス解析

QLOOKアクセス解析

QLOOKアクセス解析
評価 ★★★☆☆
QLOOKアクセス解析は、業界最高水準の高機能・高精度、ブログ・個人サイト・ショッピングサイトなどで絶大な解析能力を発揮する新しい無料アクセス解析サービスです。
簡単初期設定、アクセス数を永久保存、ページ数無制限、完全リアルタイムの他、さまざまな特徴があります。
他より、アナログチックなインターフェイスデザインで、数値を重視する確認におすすめです。

Yahoo!アクセス解析

Yahoo!アクセス解析

Yahoo!アクセス解析
評価 ★★★★☆
Yahoo!アクセス解析は、スマートデバイス・ソーシャル時代に対応した、最先端の無料リアルタイムアクセス解析サービスです。
原則無料で使え、ユーザー属性分析、リアルタイム分析、組織分析、広告・コンバージョン分析が主な機能です。
グラフィカルなインターフェイスで、見やすく、使いやすいのが特徴的です。

FC2アクセス解析

FC2アクセス解析 - 無料アクセス解析レンタル/SEO対策

FC2アクセス解析
評価 ★★★☆☆
FC2アクセス解析は、リアルタイムに解析結果を表示し、検索キーワードチェックやリンク元解析でSEO対策にも最適な無料アクセス解析ツールです。
検索キーワードチェック、リンク元解析、携帯対応、120ページ解析、など他さまざまな機能が搭載されてます。
他より、アナログチックなインターフェイスで、すっきり見やすい、管理画面が特徴的です。

無料アクセス解析 ace-analyzer

無料 アクセス解析 ace-analyzer

無料 アクセス解析 ace-analyzer
評価 ★★★☆☆
無料アクセス解析 ace-analyzerは、多彩な高機能満載の無料アクセス解析ツールです。
目的達成率、広告効果、ユーザー分析、検索キーワード等が基本機能として備わってます。
デザイン的にきれいで見やすいインターフェースですが、文字の大きさ、グラフ部分で少し見ずらさを感じました。

アクセス解析 i2i.jp

i2i.jp スマホも分析可能!無料の高性能アクセス解析

アクセス解析 i2i.jp
評価 ★★★☆☆
i2i.jpは、スマホも分析可能な無料の高性能アクセス解析ツールです。
アクセス除外設定、アクセス数、検索ワード、リピーター、リンク元など中心とした分析機能が備わってます。
広告が非表示にできる有料版を活用することで、より快適なアクセス解析が実現可能です。

まとめ

アクセス解析をして、サイトパフォーマンスの改善につなげましょう。

そのためには、主に、Googleアナリティクスやサーチコンソールなどの専用のツールを導入します。
そして、ツールの分析データをもとに、ホームページを改善します。
ホームページが改善できれば、良質なアクセスが集まるので、コンバージョンの増加が期待できるでしょう。

こうして、Webサイトからの売り上げを改善するためのヒントとして、アクセス解析をすることがポイントとなります。

検索順位が上がらない…と思っていませんか?

検索順位が上がらない…と思っていませんか?

思い通りの検索ワードで上位表示させるには、基本となる外部・内部の対策はもちろん、昨今の大きな変動・競合の強さも大きく影響するため、どういったキーワードで対策するのか?という点も重要となります。

ここを正しく理解しておかなければ上位表示させることは難しく、サイトを効果的に運用し、資産化することができません。

そこで、こちらでは上位表示に必要なSEOが正しく施されているかどうかを無料で調査し、問題点や改善点などのアドバイスを致します。

\ 効果的な改善方法を明確にしませんか? / サイト調査を依頼する

カテゴリから記事を探す

SEO対策無料ご提案はこちら