SEOに関する実験やデータ分析などを公開します

SEOの疑問を実験で解明しブログ配信【SEOラボ】

相互リンクとは~SEO効果とペナルティについて

2018/01/12 2018/01/12

「ただの相互リンク」は控え、ペナルティを回避しながら、Googleガイドラインに沿ってSEO対策を進めることが大切です。

今回は、相互リンクのSEO効果、相互リンクと相互リンク集のペナルティについて中心に解説したいと思います。

相互リンクとは~SEO効果とペナルティについて

相互リンクとは

相互リンクとは、お互いリンクを設置し、自分のサイトを掲載しあうことです。

相互リンクは、適切に行うことが大切です。
Googleガイドラインを無視した相互リンクは、逆にサイトの評価を下げ、ペナルティによる順位下落やインデックス削除を招く恐れがあります。

相互リンクのリスクが知れ渡った今、一昔前に横行したSEO手法である「相互リンク」や「相互リンク集ページの作成」を積極的に行うサイトはだいぶ減少したと思います。

相互リンクのSEO効果

相互リンクにより、以下のようなSEO効果が考えられます。

  • 検索順位が上がる
    Googleガイドラインに準拠した利便性の高い相互リンクにより、良質なリンクが増え、順位上昇のSEO効果が期待できる
  • 検索順位が下がる
    Googleガイドラインに違反した相互リンクにより、ペナルティを課され、順位下落のSEO効果を招く恐れがある
  • 検索順位が変わらない
    Googleガイドラインに準拠した相互リンクでも、リンクの質や数が伴わず、順位に変化がなくSEO効果が見られない

相互リンクが一方的にダメではなく、利便性の高い相互リンクを行うことで、良いSEO効果が期待できます。

良質なページからのリンクはプラス評価に働くことが考えられます。
なので、良質なページ同士がリンクし合えば、それなりのSEO効果が期待できるということです。

相互リンクと相互リンク集のペナルティについて

Googleガイドラインで定義されてる「相互リンク」と「相互リンク集」の取り扱い内容に違反することで、ペナルティを受ける可能性があります。

過剰なリンク交換、または相互リンクのみを目的としてパートナー ページを作成すること。
※引用元:リンク プログラム – Search Console ヘルプ

「過剰なリンク交換」は、関連性などの利便性を無視して、サイト同士のリンク交換(相互リンク)を過剰に行ってるサイトをさします。

「相互リンクのみを目的としてパートナー ページを作成」は、関連性などの利便性を無視して、外部サイトへのリンクのみ羅列掲載するような一覧ページ(相互リンク集)を持つサイトをさします。

このように、ユーザビリティを考慮せずに順位を操作しようとするリンク構築は、ガイドライン違反となり、ペナルティを受ける可能性が高まります。

さらに、相互リンクを行うことで、利便性を無視した相互リンク集からリンクを受けるケースが多くあります。
このような相互リンク集からリンクを受けることで、自分のサイトの価値も下がり、Googleペナルティを受ける可能性が高まります。

ペナルティを受けた場合は、相互リンクや相互リンク集があるサイトを見直し、リンクの削除や否認、相互リンク集自体の削除など行いながら、ペナルティを解除することが大切です。

相互リンク募集サイトについて

相互リンクを募集してるサイトがいくつかあり、以下のようなサイトで見つけることが可能です。

このように、「話題のキーワード」「発リンク」「ページランク」「サイトジャンル」「新着」「ランキング」「複数一括登録」などの特徴から、相互リンクを募集してるサイトを見つけることができます。

利便性が高いリンク先かどうかを慎重に検討しながら、相互リンク募集サイトを活用することが大切です。

相互リンクのやり方(依頼・お願いする方法)

相互リンクには、基本的に以下のようなやり方(方法)があります。

  • 相互リンク募集サイトを活用するやり方
  • 作成した自分のサイト同士で、相互リンクしあうやり方
  • 自力で他サイトに打診し、相互リンクを依頼(お願い)するやり方
  • 自動相互リンクツールを活用するやり方

相互リンク募集サイトで見つけたホームページや自分で他サイトに打診する場合、相手先に相互リンクを依頼(お願い)する必要があります。

相互リンクを依頼する場合は、以下ポイントに沿って依頼サイトを選定しましょう。

  • 関連性の高さ
  • 利便性の高さ

サイトが決まり、相互リンクを依頼(お願い)する場合、例えば挨拶を含めた以下のようなメールの文面を送ります。

●●様

いつもサイトを拝見させていただいております。
私のブログにて、貴サイトをリンク紹介させていただきました。
もし良ろしければ、質の高い貴サイトでも私のブログをご紹介いただけないでしょうか?

署名

このように、相互リンクのやり方はいくつかありますが、過剰なリンク交換は控え、ポイントを抑えて質の高いサイトを選定しながら相互リンクすることが大切です。

相互リンクと検索エンジンスパムについて

相互リンクは、Googleガイドライン(品質に関するガイドライン)違反項目として挙げられる検索エンジンスパムの一種になります。

検索エンジンスパムとは、検索エンジン(Google)をだまして掲載順位を上げようとする行為を指します。
このような行為はGoogleガイドライン違反となり、対象サイトはペナルティを課され、順位下落・インデックス削除を招く恐れがあります。
※参考:相互リンクと相互リンク集のペナルティについて

自動相互リンクツールについて

自動相互リンクツールはいくつか存在し、「相互リンク ツール」などと検索すればヒットします。

自動相互リンクサイト

※参考:自動相互リンクサイト

上記は、自動相互リンクツールです。

例えば、利用しようと思ってる自動相互リンクサイトのURLが自サイトに存在する場合、自動で相互リンクされる仕組みです。

中には、一度設置すると退会ができない危険な自動相互リンクツールもあるようなので、慎重な使用を心がけましょう。

重要なのは、不適切な相互リンクがペナルティになることを理解しながら、ツールの活用を検討することです。

相互リンクとrel=nofollowについて

相互リンク含め、自サイトのリンクの質を管理する場合に「rel=nofollow」を使うことがあります。

とくに相互リンクにより雑多なサイトと多くリンク交換してた場合、「rel=nofollow」を使って、低品質な(関連性・利便性の低い)リンク先との関係を断ち切ることが可能です。

また、相互リンクの場合、リンク先に自サイトのリンクが張られてると思います。
この場合は、リンク先に「rel=nofollow」の設定を依頼するか、リンクを削除するように依頼しましょう。

相手先から応答がない場合は、リンク否認ツールを活用する手段もあります。

相互リンクなどの低品質なリンクを見直し、「rel=nofollow」の設定や、リンクの否認・削除を検討しながら、自サイトのリンクの質を管理することが大切です。

相互リンクと検索順位について

不適切な相互リンクは、Googleガイドライン違反となり、ペナルティが課されて、サイトの検索順位が下落する可能性があります。
※参考:相互リンクと相互リンク集のペナルティについて

一方、利便性の高い相互リンクはプラスに働き、サイトの検索順位上昇に起因する可能性が考えら、最終的にはアクセスアップ(アクセス数増加)が期待できます。
※参考:相互リンクのSEO効果

相互リンクが一方的にダメという傾向が強いようですが、良質なサイト同士がリンクしあえば、利便性の高い相互リンクとなり検索順位にも良い影響があると思われます。

ブログの相互リンクについて

ブログの相互リンクの方法や効果については、「相互リンクのやり方(方法)」や「相互リンクのSEO効果」で解説してますので、ご参考ください。

相互リンクのメリット・デメリット

相互リンクには、以下のようなメリットとデメリットがあります。

メリット

  • 外部サイトから自サイトへのアクセス流入が期待できる
  • 利便性の高い相互リンクにより、順位上昇に起因するようなSEO効果が期待できる

デメリット

まとめ

適切に相互リンクしないと、サイト評価が下がり、検索順位に悪影響を及ぼします。

「ただ相互リンクする」ではなく、ユーザビリティを考慮したリンク構築を心がけながら、SEO対策を進めることが重要です。

SEOラボのおすすめ記事がLINEに届く!「SEOラボを友だち追加する」

カテゴリから記事を探す

SEO対策無料ご提案はこちら