SEOに関する実験やデータ分析などを公開します

SEOの疑問を実験で解明しブログ配信【SEOラボ】

SEOに効果的なHTMLタグの書き方について【調整して構造を最適化しよう】

SEOで重要なタグを調整して、HTML構造(ページの内部)を最適化しながら、サイト運用することが大切です。

今回は、SEOに効果的なHTMLタグの書き方について中心に、初心者にもわかりやすくポイントをまとめて解説したいと思います。

SEOに効果的なHTMLタグの書き方について【調整して構造を最適化しよう】

SEOで重要なHTMLタグとは?

SEOで重要なHTMLタグとは、「titleタグ」「metaタグ」「hタグ」の主に3つのHTMLタグを意味します。

Googleの検索エンジンに対して、HTML構造(ページの内容)をわかりやすく伝えるためにこれらの3つのタグを中心に最適化することが大切です。

わかりやすいHTML構造にするためには、内部対策が必要となります。
内部対策は、SEOにおいて最も重要な対策の1つとなります。

主な内部対策

  1. W3Cで定義されてる用途に習い適切なHTMLタグを使ってマークアップを行う
  2. SEOで重要視されるHTMLタグを最適化

このようにHTMLタグの最適化を中心とした対策が、SEOに適したHTMLの構造を作り上げるポイントとなります。

また、HTMLタグの最適化は、コンテンツ対策とも関わりが深いです。
つまり、HTMLタグとテキスト文章の両方を同時に最適化することがSEOを行ううえで多くなるということです。

SEOに効果的なHTMLタグを書くためのポイントについて

「titleタグ」「metaタグ」「hタグ」は、Google公式サイトでも記載さ入れてるとくに重要なHTMLタグです。

titleタグ

titleタグは、SEOにおいて最も重要なタグであり、以下のようなポイントに沿って記述します。

  • 前方にキーワードを含めて、検索クエリとの関連性を強調する
  • コンテンツの内容とマッチするようなタイトルの文言にする
  • 短く簡潔な文言にする

これらのポイントに沿ってtitleタグを調整することが、SEO効果を高めるうえで最低限必要です。

また、SEO対策で最初に行うキーワード選定で、1ページに対して 1つの対策キーワードを決めておくことがtitleタグを調整するうえでも重要になってきます。
キーワード選定がしっかりできてれば、titleタグの文言に重要なキーワードを含めることができるので、SEO効果を上げることができます。

metaタグ(ディスクリプションタグ)

metaタグは、主に「メタディスクリプションタグ(meta description)」のことを指します。
ディスクリプションは、ページの概要を記述しますが、合わせて以下のようなポイントを抑えることでSEO効果が期待できます。

  • 前方にキーワードを含めて、検索クエリとの関連性を強調する
  • ページの概要を簡潔に記述する
  • コンテンツの内容にマッチするような文言を記述する

このようなポイントを抑えてディスクリプションタグを記述することがSEO効果を上げるうえで、最低限必要となります。

見直すポイントはtitleタグとほぼ同様で、ディスクリプションタグとtitleタグは1セットとして修正することが必要となります。

例えば、ページのタイトルを変更したら、その内容に合わせてディスクリプションの文言も変更しなければいけません。
つまり、タイトルとディスクリプションの内容の整合性をとることが、重要となります。

タイトルとディスクリプションの内容の整合性をとる

hタグ(見出しタグ)

hタグは、見出しタグのことです。
h1~h6タグまでの見出しタグを適切に使い分けることが重要です。

最も重要な見出しタグにh1タグを使用して、その次に重要な見出しをh2タグでマークアップします。
このように重要性に応じて見出しタグを使い分けることで、検索エンジンに認識されやすいコンテンツに仕上げることができるので、SEO効果が期待できます。

また、見出しにキーワードを入れることで検索クエリとの関連性を強調できるのでSEO効果が期待できます。
この考え方は、タイトルタグやディスクリプションタグと同様になります。

canonicalタグ

canonicalタグは、URLを正規化するタグです。
同じコンテンツに複数URLでアクセスできる場合に、canonicalタグで1つのURLを指定して評価を統一ながらSEO効果を高めることができます。

これは、Googleが最も重要視する被リンク評価が分散してしまうため、canonicalタグの設定が必要となります。

よくあるケースとしては、PCとスマホでURLが異なるが同じコンテンツ内容というケースです。

PCサイトのURL:http://seolaboratory.jp/
スマホサイトのURL:http://seolaboratory.jp/m/

このような場合に、スマホサイトのURLにcanoniclタグを設定しておくことが必要となります。

リストタグ(ul/ol/liタグ)

リストタグは、「ul/ol/liタグ」のことを指します。
箇条書きやリスト形式の項目などに対してリストタグでマークアップすることで、コンテンツが検索エンジンに認識されやすくなり、SEO効果が期待できます。

このように、リストタグなどのHTMLタグは、「W3C HTML5 仕様書」に基づいて適切にマークアップすることで検索エンジンが理解しやすいページ内容にすることができます。
良く使われるPタグやstrongタグ、divタグやspanタグ、tableタグなども定義されてる用途に沿って使うことが重要です。

また、hタグもそうですが、コンテンツの中身を構成するHTMLタグの中にはキーワードやキーワードに関連する語句を散りばめて、タイトルや検索クエリとの関連性を高めることがSEO効果を高めるポイントとなります。

HTML構造とサイト構造という観点

HTML構造とサイト構造はSEO観点で関わりが深いです。

なぜかというと、HTML構造は「HTMLソース最適化」、サイト構造は「内部リンク最適化」であり、内部対策で共通してるためです。

例えば、HTML構造はHTMLタグを中心に最適化します。
サイト構造は、パンくずリストやグローバルメニューなどの内部リンクを中心に最適化します。

サイトの質を上げるために内部リンクの最適化が重要です。
内部リンクの最適化は、ページ単位でHTMLの修正が必要となります。

つまり、ページごとにHTML構造を調整して、サイト構造を最適化すること(サイトの質を上げること)が、SEOにおいて重要となります。

まとめ

SEOでは、今回紹介したような重要なHTMLタグを調整することがポイントとなります。
調整して、HTML構造化最適化できれば、ページの品質を高めることにつながるでしょう。

とくに、タイトルタグには必ずキーワードを含めて、検索クエリとの関連性とコンテンツとの整合性を高めることが重要となります。

SEO効果が期待できる重要なHTMLタグを調整して、ページの質を高めながら、上位化を目指しましょう。

検索順位が上がらない…と思っていませんか?

検索順位が上がらない…と思っていませんか?

思い通りの検索ワードで上位表示させるためには、基本となる外部・内部の対策はもちろん、昨今の大きな変動・競合の強さも大きく影響するため、どういったキーワードで対策するのか?という点も重要となります。

ここを正しく理解しておかなければ上位表示させることは難しく、サイトを効果的に運用し、資産化することができません。

そこで、こちらでは上位表示に必要なSEOが正しく施されているかどうかを無料で調査し、問題点や改善点などのアドバイスを致します。

\ 効果的な改善方法を明確にしませんか? / サイト調査を依頼する

カテゴリから記事を探す