SEOに関する実験やデータ分析などを公開します

SEOの疑問を実験で解明しブログ配信【SEOラボ】

海外SEOとは?基礎知識から対策方法まで解説!

海外SEOとは、外国の検索ユーザー向けにサイトを最適化するための取り組みのことです。
「多言語SEO」とも呼ばれ、他の国(多地域)の言語に翻訳したWebサイト(ブログ記事)を検索エンジンに認識させたり、ユーザーに提供するための取り組みも含みます。

この海外SEOは、基本的に、海外への事業展開を視野に入れてる個人や企業のサービス(商品)を紹介するWebサイトに対して、行います。

海外SEOにうまく取り組めば、外国の検索ユーザーにアプローチできます。
そうなれば、自身のWebサイトにターゲットユーザーを引き込んで、さらに見込み客を増やすことができます。
結果的に、コンバージョン促進による売り上げ拡大から企業成長に繋がるでしょう。

一方、質の低いコンテンツをただ翻訳して提供するだけでは、Googleに最大限評価されないので、海外SEOの失敗につながります。
こうした状況を回避するために、まず、ベースとなる1コンテンツの品質を確保したうえで、多言語対応しながら海外SEO対策を進めましょう。

この点踏まえて、今回は、海外SEOの基礎知識から対策方法まで中心に、初心者にもわかりやすくポイントをまとめて解説したいと思います。

海外SEOとは?基礎知識から対策方法まで解説!

海外SEOとは?

外国の検索ユーザー向けに サイトを最適化するための取り組みのことを 「海外SEO」と呼ぶ!

海外SEOとは、外国の検索ユーザー向けにサイトを最適化するための取り組みのことです。
「多言語SEO」とも呼ばれ、他の国(多地域)の言語に翻訳したWebサイトを検索エンジンに認識させたり、ユーザーに提供するための取り組みも含みます。

この海外SEOは、主に、海外への事業展開を視野に入れてる個人や企業のサービス(商品)を紹介するWebサイトに対して行います。

海外SEOにうまく取り組めば、外国の検索ユーザーにアプローチできます。
そうすれば、国内のみならず、外国のターゲットユーザーを自身のWebサイトに引き込めます。
結果的に、見込み客の増加につながるので、コンバージョン促進による売り上げ拡大から事業成長に結びつくというわけです。

こうした良い成果につなげるには、Webサイトのコンテンツの質が重要となります。

日本国内のSEOと海外SEOの違いについて

ターゲットとなる国において、 日本国内のSEOと海外SEOに大きな違いがある!

日本国内のSEOと海外SEOでは、検索ユーザーに向けてWebサイトを最適化する点は同じですが、ターゲットとなる国が違います。

例えば、日本国内のSEOは、日本で検索するユーザー向けに、Webサイトを最適化するための取り組みのことです。
一方、海外SEOは、アメリカやヨーロッパなどの日本以外の国(外国)で検索するユーザー向けに、Webサイトを最適化するための取り組みのことです。

このように、ターゲットとなる国において、日本国内のSEOと海外SEOに大きな違いがあります。

海外SEOの必要性について

海外への事業展開を視野に入れてる サービス(商品)を提供していれば、 海外SEOの必要性が高い!

海外SEOは、海外への事業展開を視野に入れてるサービス(商品)を提供していれば、必要性が高いです。
例えば、ECサイトで販売してるTシャツを、アメリカやヨーロッパに住んでる外国のユーザーにも購入してほしいとします。
この場合、別途、翻訳したECサイトを別のURLで立ち上げたり、海外の検索エンジンに認識(インデックス)させるなどの多言語SEOを行うので、海外SEOが必要となります。

一方、国内のユーザーのみがターゲットであれば、Webサイトの多言語対応が不要なので、海外SEOに取り組む必要はありません。

ちなみに、海外SEOがうまくいけば、見込み客が増えるので、申し込みや問い合わせなどのコンバージョンも増えやすくなります。
そうなれば、その分のリソースが必要となります。
また、海外SEOによって、新規ページの数が増えるので、管理するための作業リソースが増えます。
このようなリソースを確保することまで視野に入れて、海外SEOの必要性を考慮するとよいでしょう。

海外SEOの考え方について

まずは、コンテンツの質を高めて、 そのコンテンツに対して多言語対応することが、 海外SEOにおいて重要な考え方!

海外SEOは、ただ単に翻訳したWebサイトを公開するだけではありません。
もちろん、翻訳して多言語対応することも最適化の1つですが、大前提として、コンテンツの質が重要となります。

例えば、翻訳した質の低いコンテンツを、海外の検索エンジンにインデックスさせます。
この場合、コンテンツの質が低いので、Googleに評価されづらくなります。(検索順位が上がりづらくなります。)
結果的に、海外の検索結果で上位表示されないので、海外SEOの失敗につながります。

一方、翻訳した質の高いコンテンツを、海外の検索エンジンにインデックスさせます。
そうすれば、コンテンツの質が高いので、Googleに評価されやすくなります。
結果的に、海外の検索結果で上位表示されやすくなるので、海外SEOの成功につながります。

このように、まずはコンテンツの質を高めて、そのコンテンツに対して多言語対応することが、海外SEOにおいて重要な考え方となります。

海外SEOのメリット

海外SEOがうまくいけば、 検索流入の増加が見込める点がメリット!

海外SEOがうまくいけば、外国の検索エンジンでの露出が増えるので、その分検索流入の増大が期待できます。

また、検索での露出が増えることで、ユーザーの目に触れる機会も増加します。
そうなれば、自身のサービス(商品)のブランディングがさらに加速するので、この点も海外SEOのメリットとなります。

検索流入が増える

外国から検索流入を獲得して、 管理サイト全体の検索流入、ターゲットユーザーの数を 増大できる点が、海外SEOを実施することのメ

海外SEOがうまくいけば、検索流入が増えます。
例えば、国内の良質なサイトをベースに多言語SEOを行って、アメリカやヨーロッパなどのいくつかの外国の検索ユーザーに向けたサイトを構築して公開するとします。
そうすれば、外国の検索エンジンでも評価されやすいサイトをインデックスすることができます。
これによって、上位化したり、より多く露出することにつながるので、構築した多言語サイトに検索ユーザーが流れ込みやすくなります。
結果的に、外国の検索ユーザーの流入(海外からの検索流入)が増えるので、その分自身が管理するサイト全体の検索流入の増加が期待できるというわけです。
ただ検索流入が増えるだけでなく、ターゲットユーザーの数も増えるでしょう。

このように、外国から検索流入を獲得して、管理サイト全体の検索流入、ターゲットユーザーの数を拡大できる点が、海外SEOを実施することのメリットの1つとなります。

付け加えると、検索流入を増やすために最も重要なのが、コンテンツの質です。
低品質なコンテンツに対して多言語SEOを行っても、Googleに評価されづらいです。
結果的に、検索流入が思ったように増えません。

ブランディングが加速する

ユーザーへの認知が拡大して、 ブランディングの強化につながる点が、 海外SEOを実施することのメリット!

海外SEOがうまくいけば、ブランディングが加速します。
例えば、国内の良質なサイトをベースに多言語SEOを行えば、外国の検索エンジンでも評価されやすくなります。
そうすれば、外国の検索結果で上位化したり、より多くの検索クエリでの露出が増えるので、その分ユーザーの目に触れる機会が増加します。
また、多言語サイトへ検索ユーザーが流入しやすくなるので、よく参照されやすくなります。
結果的に、自身のサービス(商品)がより認知されるので、ブランディングの加速につながるというわけです。

このように、ユーザーへの認知が拡大して、ブランディングの強化につながる点が、海外SEOのメリットの1つとなります。

ちなみに、よく参照されることで、サイテーションや被リンクの獲得に繋がります。
そうなれば、SEOの外部要因が強化されて、サイトのドメインパワー(権威性)が向上するので、検索流入の増加によるブランディングの強化につながります。
この点も海外SEOのメリットと言えるでしょう。

海外SEOのデメリット

海外SEOに取り組んでも、 失敗する可能性がある点がデメリット!

海外SEOに取り組んでも、多言語サイト自体の質が低い場合があります。
この場合、多言語サイトがGoogleに評価されづらいので、海外SEOの失敗につながる可能性が高まります。

また、多言語サイトを作成すれば、管理するサイトの数が増えるので、サイトを運用する手間が増えます。
この点も海外SEOのデメリットとなります。

失敗する可能性がある

質の低い多言語サイトを提供すれば、 失敗につながる点が、 海外SEOを実施することののデメリット!

海外SEOに取り組んでも、失敗する可能性があります。
例えば、質の低いページが多い国内のサイトをベースとして、多言語SEOを行います。
そうすれば、低品質な多言語サイトに仕上がります。
結果的に、Googleに評価されづらいので、失敗する可能性が高まるというわけです。

このように、質の低い多言語サイトを提供すれば、失敗につながる点が、海外SEOのデメリットの1つとなります。

一方、質の高い多言語サイトを提供すれば、失敗のリスクを減らすことができます。

コストがかかる

サイトの数が増える分、運用コストがかかる点が 海外SEOを実施することのデメリット!

海外SEOに取り組めば、コストも増えます。
例えば、国内のサイトをベースにして、多言語SEOを行います。
そうすれば、アメリカやヨーロッパなどの諸国の検索ユーザー向けに対応したサイトを作成するので、サイトの数が増えます。
結果的に、管理するサイト数が増えるので、その分運用コストがかかるというわけです。

このように、サイトの数が増える分、運用コストがかかる点が、海外SEOのデメリットの1つとなります。

一方、海外展開する国(外国の検索ユーザーのターゲット)を絞って、必要な多言語SEOを行えば、増やすサイト数を最小限に抑えることができます。
結果的に、不要なサイトを増やさずに済むので、その分コストを抑えることに繋がります。

海外SEO対策の方法について

できるだけ品質の高いコンテンツをベースにして 多言語SEOしながら、海外SEO対策を進めよう!

海外SEO対策では、まずベースとなるコンテンツの質を高めることが重要です。
例えば、質の高いコンテンツをベースに多言語SEOを実施したとします。
そうすれば、外国の検索ユーザー向けに翻訳された質の高いコンテンツがインデックスされるので、海外の検索エンジン(Google)に評価されやすくなるというわけです。

こうして、できるだけ品質の高いコンテンツをベースにして多言語SEOに取り組むことが、海外SEO対策をするためのポイントとなります。

一方、質の低いコンテンツをベースに多言語SEOを行えば、低品質コンテンツが海外の検索エンジンにインデックスされます。
結果的に、Googleに評価されづらくなるでしょう。

ベースとなるコンテンツの質を高める

ユーザーの検索意図を考慮して、 多言語SEOのベースとなるコンテンツの質を 高めるように、海外SEO対策しよう!

ベースとなるコンテンツの質を高めるには、国内サイトを最適化します。
例えば、まず、SEOキーワード(上位表示したいキーワード)で検索して上位表示される競合サイトの傾向を確認します。
その傾向をもとに、検索ユーザーが求める情報を盛り込んで、検索意図を考慮した品質の高いページを作成します。
また、検索ユーザーが求める情報の手に入れやすさ(簡便性)や網羅性、独自性、信ぴょう性まで加味したより品質の高いページに仕上げましょう。
さらに、E-A-Tやユーザビリティ、クローラビリティを考慮することも重要です。
そうして高品質ページを増やせば、サイト自体の品質が高まります。
結果的に、質の高い国内サイトとなるので、Googleに評価されやすくなるというわけです。

こうして、ユーザーの検索意図を考慮して、多言語SEOのベースとなるコンテンツの質を高めておくことが、海外SEO対策をするためのポイントとなります。

一方、ベースとなるコンテンツの質が低ければ、多言語サイトの質も低くなります。
もう少し言うと、質の低いコンテンツをベースに多言語SEOを行えば、ユーザー体験(UX)が満たせない多言語サイトを提供することになります。
結果的に、Googleに評価されづらくなるでしょう。

多言語SEOを実施する

検索エンジンが理解しやすい多言語サイトとなるように 海外SEO対策をしよう!

ベースとなるコンテンツをただ翻訳したサイトを公開するだけが、多言語SEOではありません。
例えば、コンテンツの内容をわかりやすく翻訳したり、HTMLやURL、リンクを最適化するなどします。

  • 地域が認識しやすいURLにする(hreflangアノテーションを使用)
  • hreflang やサイトマップで言語や地域を明示する
  • ページ内容の言語を明確にする(自動翻訳[機械翻訳]はしない)
  • 他の言語のバージョンへリンクする
  • 最寄りのサーバーを利用する
  • 重複ページを処理する(rel=canonical要素とhreflangタグを活用)
  • サーチコンソールで地域ターゲティング[ジオターゲティング]を設定する(ジェネリックトップレベルドメインの場合)

このような点を実施すれば、検索エンジンが認識(理解)しやすくなるので、Googleに評価されやすい多言語サイトに仕上がるというわけです。

こうして、サイト構造や内容を最適化して、検索エンジンが理解しやすい多言語サイトとなるようにSEOに取り組むことが、海外SEO対策をするためのポイントとなります。

一方、多言語SEOを実施しなければ、多言語サイトが海外の検索エンジンにうまく認識されません。
もう少し言うと、多言語サイトが海外の検索エンジンで表示(インデックス)されなかったり、Googleから評価されづらくなります。

まとめ

国内のみならず、海外でのサービス(商品)展開を視野に入れてる場合、海外SEOに取り組む価値があります。
海外SEOにうまく取り組めば、さらなる事業成長が見込めます。
もう少し言うと、海外の検索エンジンから外国の見込み客を取り込んだり、さらなるブランディングの加速につながります。
結果的に、ターゲットユーザーの増大につながるので、WebサイトからのCV増加による売り上げ拡大が見込めるというわけです。

こうした良い成果を上げるには、多言語SEOの実施が必要です。
ですが、ただ多言語SEOを実施するだけでは、最大限Googleから評価されません。
Googleから最大限評価されるためには、根本として、ユーザーの検索意図を考慮したページを作成する必要があります。
具体的には、ユーザーの検索意図を考慮したページを作成する必要があります。
さらに、ユーザーの求める情報の量(網羅性/包括性)や手に入れやすさ(簡便性)、信憑性、独自性まで加味して良質なページに仕上げます。

こうした良質なページを増やして、専門性や権威性(E-A-T)、クローラビリティ、ユーザビリティを織り交ぜた、より信頼できるサイトをベースに多言語SEOを実施することが、海外SEO対策で上位表示を目指すためのポイントとなります。

検索順位が上がらない…と思っていませんか?

検索順位が上がらない…と思っていませんか?

思い通りの検索ワードで上位表示させるためには、基本となる外部・内部の対策はもちろん、昨今の大きな変動・競合の強さも大きく影響するため、どういったキーワードで対策するのか?という点も重要となります。

ここを正しく理解しておかなければ上位表示させることは難しく、サイトを効果的に運用し、資産化することができません。

そこで、こちらでは上位表示に必要なSEOが正しく施されているかどうかを無料で調査し、問題点や改善点などのアドバイスを致します。

\ 効果的な改善方法を明確にしませんか? / サイト調査を依頼する

カテゴリから記事を探す