SEOに関する実験やデータ分析などを公開します

SEOの疑問を実験で解明しブログ配信【SEOラボ】

  • 運営情報

Webマーケティングとは?基礎知識や施策など初心者にわかりやすく解説!

SEO

Webマーケティングとは、Webサイトに人を呼び込んで、そのWebサイトに掲載された商品・サービスの販売やブランディングを促すためのマーケティング(活動)のことです。
このWebマーケティングは、主にSEOやWeb広告、SNSを活用します。

一方、Webマーケティングを疎かにすれば、Webサイトの集客が滞ります。
具体的には、SEO対策をしなかったり、リスティング広告やディスプレイ広告の出稿をしなかったり、TwitterやFacebookなどでWebサイトを宣伝しなければ、顕在顧客(見込み客)や潜在顧客が集客できません。
そうなれば、商品やサービスに興味関心の高いユーザーが増えないので、売り上げ向上が期待できないでしょう。

こうした良くない状況を回避する為に、Webマーケティングの基礎知識を深めて、適切な施策を行いましょう。

この点踏まえて今回は、Webマーケティングの定義といった基礎知識や施策など中心に、初心者にもわかりやすくポイントをまとめて解説したいと思います。

Webマーケティングとは?基礎知識や施策など初心者にわかりやすく解説!

Webマーケティングとは?

Webマーケティングとは、Webサイトに人を呼び込んで、そのWebサイトに掲載された商品やサービスの販売やブランディングを促すためのマーケティング(活動)のことです。

例えば、Web上で自社商品を販売するためのECサイトを運営してるとします。
このECサイトのドメイン配下に自社商品に関連するテーマのブログを立ち上げて、そのブログにSEO対策します。
また、そのブログをGoogle広告などWeb広告サービスやTwitter、FacebookなどのSNSで宣伝します。
そうすれば、自社商品と関連性がある検索ユーザーやSNSユーザーをブログに引き込んで、自社商品の存在を認知させたり、自社商品の購入につなげることができます。
このWebを使った一連のマーケティング活動が、Webマーケティングというわけです。

Webマーケティングとデジタルマーケティングの違い

Webマーケティングとデジタルマーケティングの違いは、マーケティングの区分です。

例えば、Webマーケティングは、Webサイトを主軸にWebの領域を活用したマーケティングのことです。
一方、デジタルマーケティングは、WebだけでなくAR、ビッグデータ、VR、デジタルサイネージ、IoT(Internet of Things)などの領域も活用したマーケティングのことです。
このデジタルマーケティングは、Webの領域を含むのでWebマーケティングも含みますが、Webマーケティングはデジタルマーケティングを含みません。
言い換えると、Webマーケティングはデジタルマーケティングの一種であり、デジタルマーケティングを内包しません。
つまり、マーケティングの区分が違うというわけです。

このように、マーケティングの区分が、Webマーケティングとデジタルマーケティングで違います。

ちなみに、Webマーケティングはデジタルマーケティングは、いずれも中心となる技術がインターネットでWebが関わるので混同されがちです。

Webマーケティングが必要な理由

Webマーケティングが必要な理由は、日本国内のBtoC-EC(消費者向け電子商取引)市場規模が拡大してるからです。

例えば、2020年3月11日に新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の「世界的大流行(パンデミック)」の宣言によって外出自粛やテレワークの実施、保育所の閉鎖で家での子供の世話などの巣ごもり生活が増えました。
こうした生活が長く続いてることで、パソコンやスマホ、タブレットを使ってインターネットを利用するユーザーが増えて、オンラインショップ(ECサイト)を訪問するユーザーも増えてます。
つまり、日本国内のBtoC-EC(消費者向け電子商取引)市場規模が拡大してるというわけです。

市場規模が拡大してるのでWebマーケティングの必要性が高い

※引用:電子商取引に関する市場調査の結果を取りまとめました (METI/経済産業省)

日本国内のBtoC-EC(消費者向け電子商取引)市場規模が拡大してるので、ECサイトのSEO対策をしたり、Web広告やSNSで宣伝してオンラインユーザーへのアプローチすれば、プランディングやより多くの見込み客を引き寄せて商品・サービスの購入を促進できるでしょう。

このように、日本国内のBtoC-EC(消費者向け電子商取引)市場規模が拡大してるので、Webマーケティングが必要というわけです。

Webマーケティングの始め方

Webマーケティングの始め方を4つのステップに分けて紹介します。

  1. 戦略を練る
  2. 集客施策を行う
  3. 接客施策を行う
  4. CRM(顧客関係管理)施策を行う

戦略を練る

Webマーケティングを始めるには、戦略を練ります。

  • ターゲットユーザーを考える
  • 競合を確認する

ターゲットユーザーを考える

戦略を練るには、ターゲットユーザーを考えます。

例えば、ECサイトで「鉛筆」を売りたいとします。
この鉛筆は実体験やメディア上に基づけば、一般的に学校の授業や塾に通う男女学生(13歳から22歳の人)がよく使うことが考えられます。
また、資格勉強をする学生や社会人、仕事の職種が事務員や設計関係の社会人も鉛筆を使う機会が多いと考えられます。
つまり、マス媒体やインターネット媒体、セールスプロモーション(SP)媒体から情報を得て、年齢や性別、ライフサイクルなどからターゲットユーザーを考えるというわけです。
ターゲットユーザーが絞れれば、商品・サービスとより関連性の高いユーザーにアプローチできるので、Webマーケティングの成果が出やすくなるでしょう。

こうして、ターゲットユーザーを考えて戦略を練ることが、Webマーケティングの始め方です。

ちなみに、商品を購入する理由や商品に対する不安や悩みに関するアンケート調査を実施すれば、その調査結果をもとにターゲットユーザーを考えることもできるでしょう。

競合を確認する

戦略を練るには、競合を確認します。

例えば、ECサイトで「鉛筆」を売りたいとします。
この「鉛筆」や「鉛筆 メーカー」といった鉛筆に関連するキーワードで検索すると「三菱鉛筆株式会社」や「株式会社トンボ鉛筆」などの企業が検索結果に表示されます。
これらの企業のホームページやブログ、SNSを見て、商品・サービスの内容や宣伝方法など調べます。
つまり、競合を確認するというわけです。
競合を確認して自社と比較すれば、自社の強みや課題を見つけてその強みをホームページや広告、SNSで発信したり、商品やホームページの内容を見直せます。
結果、弱点を補って差別化したものを発信できるのでWebマーケティングの成果が出やすくなるでしょう。

こうして、競合を確認して戦略を練ることが、Webマーケティングの始め方です。

集客施策を行う

Webマーケティングを始めるには、集客施策を行います。

  • SEO対策する
  • Web広告を出稿する
  • SNS(ソーシャルメディア)を活用する

SEO対策する

集客施策を行うには、SEO対策します。

例えば、ECサイトで「鉛筆」を売りたいとします。
この鉛筆に関連するキーワード(「鉛筆 持ち方」「鉛筆 種類」「鉛筆 おすすめ」などのキーワード)を選定して、それぞれのキーワードごとに検索意図を考慮したWebページを作成します。
作成したWebページ同士をリンクしたり、WebページをSNSで宣伝して被リンク獲得の促進、Webページのスマホ対応やスピードの改善などをします。
つまり、SEO対策します。
そうすれば、サイトの品質が高まってGoogleに評価されやすくなるので、「鉛筆」などの商品・サービスに関連するキーワードで検索したときに自身のサイトが上位表示されやすくなります。
結果、検索でクリックされて検索ユーザーのサイト流入による集客が加速するので、Webマーケティングの成果が出やすくなるでしょう。

こうして、SEO対策して集客施策を行うことが、Webマーケティングの始め方です。

Web広告を出稿する

集客施策を行うには、Web広告を出稿します。

例えば、ECサイトで「鉛筆」を売りたいとします。
この鉛筆に関連するキーワード(「鉛筆 持ち方」「鉛筆 種類」「鉛筆 おすすめ」などのキーワード)を選定して、それぞれのキーワードごとに検索意図を考慮した情報喚起型のLP(記事LP)を作成します。
また、それぞれのキーワードで検索するユーザーの意図や自社サイトもしくは競合サイトに訪問するユーザーの意図に共通する内容を考慮して、コンバージョンさせることを最優先とする行動喚起型のLPを作成します。
これらのLPをリンク先として、Google広告やYahoo広告といったサービスで適切なターゲティング設定をしてリスティング広告やディスプレイ広告を出します。
つまり、Web広告を出稿するというわけです。
そうすれば、商品・サービスに興味関心のあるより多くのユーザーにアプローチできるので、見込み客の獲得が促進できます。
結果、Webマーケティングの成果が出やすくなるでしょう。

こうして、Web広告を出稿して集客施策を行うことが、Webマーケティングの始め方です。

SNS(ソーシャルメディア)を活用する

集客施策を行うには、SNS(ソーシャルメディア)を活用します。

例えば、自社で「鉛筆」を開発してその鉛筆を自社のECサイトで売りたいとします。
このECサイトもしくはECサイトの運営会社のTwitterアカウントを作成して、そのアカウント上で自社商品や鉛筆に関する最新のニュースをつぶやきます。
また、鉛筆に興味関心のあるユーザーの意図を考慮したブログ記事の概要とURLを添えてつぶやきます。
つぶやくときにハッシュタグを適度に付けます。
そうすれば、鉛筆に興味関心のあるユーザーの目に留まってサイトや会社の存在が認知されたり、クリックされてサイト訪問されやすくなります。
結果、見込み客の獲得が促進できるので、Webマーケティングの成果が出やすくなるでしょう。

こうして、SNS(ソーシャルメディア)を活用して集客施策を行うことが、Webマーケティングの始め方です。

ちなみに、FacebookやYouTube、Instagram、LINE、TikTokなどのアクティブユーザーが多いSNSもうまく活用するとよいでしょう。

接客施策を行う

Webマーケティングを始めるには、接客施策を行います。

  • LPO(ランディングページ最適化)を実施する
  • EFO(入力フォーム最適化)を実施する

LPO(ランディングページ最適化)を実施する

接客施策を行うには、LPO(ランディングページ最適化)を実施します。

例えば、リスティング広告をクリックして自社のWebサイトに訪問してくれるユーザーは多いが、そのユーザーからの問い合わせや商品申し込み(コンバージョン)がなかなか増えません。
コンバージョンを増やすために、広告の文言とランディングページ(LP)のファーストビューの文言内容を合わせたり、LP内のリンクを減らします。
また、LPをストーリー性のあるコンテンツ内容にします。
つまり、LPOを実施するというわけです。
そうすれば、訪問ユーザーの意図に沿った内容になってユーザー満足度が上がるので、問い合わせや商品申し込みされやすくなります。
結果、コンバージョン促進につながるので、Webマーケティングの成果が出やすくなるでしょう。

こうして、LPOを実施して接客施策を行うことが、Webマーケティングの始め方です。

EFO(入力フォーム最適化)を実施する

接客施策を行うには、EFO(入力フォーム最適化)を実施します。

例えば、リスティング広告をクリックしてランディングページに訪問してくれるユーザーの滞在時間が長いので、そのユーザーはランディングページを熟読してくれてます。
ですが、そのユーザーからの問い合わせや商品申し込み(コンバージョン)がなかなか増えません。
コンバージョンを増やすために、ヒートマップを導入して申込フォーム内で寒色系になってる入力項目を見つけます。
その項目を削除したり、必須項目であれば任意項目にしたり、文言の変更や入力アシスト機能など付けて簡略化し改善します。
つまり、EFOを実施するというわけです。
そうすれば、ユーザーの項目入力時のストレスが軽減されるので、問い合わせや商品申し込みされやすくなります。
結果、コンバージョン促進につながるので、Webマーケティングの成果が出やすくなるでしょう。

こうして、EFOを実施して接客施策を行うことが、Webマーケティングの始め方です。

CRM(顧客関係管理)施策を行う

Webマーケティングを始めるには、CRM(顧客関係管理)施策を行います。

例えば、商品購入や問い合わせ、ホワイトペーパーを無料ダウンロードなどして自社の商品・サービスに興味関心を持ってくれたユーザーがいるとします。
このようなユーザーに向けて新商品・サービスのお知らせや商品・サービスに関連するブログ記事の案内、業界内の最新動向、限定コンテンツや割引クーポンなどの役立つ内容やお得な情報を掲載したメルマガを定期的に配信したり、ユーザーの悩みや疑問などの問い合わせにメールやチャット、電話等で対応してフォローアップします。
つまり、CRM施策を行います。
そうすれば、既存顧客との良い関係を継続できたり、自社のブランド力を高めて他社の商品と差別化できるので自社のファンとなり既存顧客のリピーター化につながります。
結果、ユーザーに同様の商品群から自社の商品・サービスを選んでもらいやすくなるので、Webマーケティングの成果が出やすくなるでしょう。

こうして、CRM施策を行うことが、Webマーケティングの始め方です。

Webマーケティングに有効なツール

Webマーケティングに有効なツールがいくつかあります。

  • MA(マーケティングオートメーション)
  • CMS
  • アクセス解析ツール
  • ABテストツール

MA(マーケティングオートメーション)

Webマーケティングに有効なツールは、MA(マーケティングオートメーション)です。

例えば、MAとは、マーケティング活動を自動化するツール(プラットフォーム)のことです。
このツールを使えば、見込み顧客管理やWebアクセス解析、メール配信、顧客行動や属性のスコアリング、フォーム作成などを自動化してWebマーケティング施策が仕組み化できます。
結果、効率的な顧客管理や適切な顧客アプローチ、工数削減につながるでしょう。

このように、MAがWebマーケティングに有効なツールです。

CMS

Webマーケティングに有効なツールは、CMSです。

例えば、CMSとは、Content Management System(コンテンツマネジメントシステム)の略で、ホームページのコンテンツ作成・更新・運営ができる管理システムのことです。
このシステムで有名なWordPressを使えば、ホームページの作成・更新・運営の手間を省いて効率化できたり、専用のテーマやプラグインをインストールしてSEOが強化できます。
結果、コンテンツの管理と運用の質が良くなって集客やコンバージョンの促進につながるでしょう。

このように、CMSがWebマーケティングに有効なツールです。

アクセス解析ツール

Webマーケティングに有効なツールは、アクセス解析ツールです。

例えば、アクセス解析ツールとは、Webサイトにアクセスしたユーザーの行動データを解析するツールのことです。
このツールで有名なサーチコンソールやGoogleアナリティクスを使えば、サイトに訪問したユーザーの検索クエリ、サイトに訪問したユーザーの参照元や直帰率、滞在時間、コンバージョンされやすいページなどのユーザー行動のデータがわかります。
これらのデータから欠点を見つけて必要なWebマーケティング施策ができます。
結果、サイトの品質を高めてGoogleから評価されやすくしたり、ランディングページを最適化してコンバージョン率の向上につなげることができるでしょう。

このように、アクセス解析ツールがWebマーケティングに有効なツールです。

ABテストツール

Webマーケティングに有効なツールは、ABテストツールです。

例えば、ABテストツールとは、AパターンとBパターンという文言やデザインが異なる2つのページを用意して、それらのページのクリック率やコンバージョン率の高さを測定して比較しテストするツールのことです。
このツールで有名なGoogleオプティマイズを使えば、簡単にABテストを実装して自動で効果測定したデータに基づいて良いパターンを採用し運用できます。
結果、効率的にクリック率やコンバージョン率を改善できるでしょう。

このように、ABテストツールがWebマーケティングに有効なツールです。

Webマーケティングの特徴

Webマーケティングの特徴がいくつかあります。

  • 未経験だと仕事内容が限られる
  • 資格がある
  • 本で勉強して独学できる

未経験だと仕事内容が限られる

Webマーケティングは、未経験だと仕事が限られます。

例えば、異業種からWebマーケターに転職したばかりでWebマーケティングの知識が皆無だとします。
この場合、戦略を練ったり、集客施策や接客施策、CRM(顧客関係管理)施策がほぼできないので、これらの施策の補助をする業務を行います。
つまり、未経験だと仕事が限られるというわけです。

このように、未経験だと仕事が限られる点が、Webマーケティングの特徴の1つです。

資格がある

Webマーケティングは、資格があります。

例えば、「マーケティング・ビジネス実務検定」や「IMA検定」「ネットマーケティング検定」「Web検定」「ウェブ解析士」などのWebマーケティング関連の検定試験や認定試験があります。
つまり、資格があるというわけです。
これらの資格は、各試験に合格すれば取得できます。

このように、資格がある点が、Webマーケティングの特徴の1つです。

本で勉強して独学できる

Webマーケティングは、本で勉強して独学できます。

例えば、「マンガでわかるWebマーケティング 改訂版 Webマーケッター瞳の挑戦!」や「沈黙のWebマーケティング -Webマーケッター ボーンの逆襲- アップデート・エディション」などの書籍があります。
これらの書籍を購入して学びWebマーケティングの知識を身に付けます。
つまり、本で勉強して独学できるというわけです。

このように、本で勉強して独学できる点が、Webマーケティングの特徴の1つです。

まとめ:Webマーケティングの基礎知識を深めて、適切な施策を行おう

Webマーケティングの基礎知識を深めて、適切な施策を行いましょう。

一方、Webマーケティングを疎かにすれば、集客滞ってコンバージョンが増えません。
具体的には、SEO対策やWeb広告の出稿、SNSの活用などしなければ、検索流入や参照流入によるサイトへのユーザー訪問が増えません。
この場合、見込み客が増えないので商品の申込や問い合わせも増えません。
結果、売り上げが停滞もしくは減退する可能性が高まるでしょう。

こうした悪い状況を回避する為に、Webマーケティングの基礎知識を深めて、適切な施策を行いましょう。

SEO対策しても検索順位が上がらない…なぜ?

検索順位の推移

SEO対策しても検索順位が上がらない…なぜ?

検索順位が上がらない理由は、SEO対策の質が低いからです。

例えば、ユーザーの検索意図を無視したり、関連性の低いコンテンツを増やす、内部リンクの最適化など疎かにします。
この場合、SEO対策の質が下がります。
そうなれば、ページやサイト自体の品質が上がらないので、Googleに評価されづらくなります。
結果、検索順位が上がらないというわけです。

こうした悪い状況を回避する為に、サイトの欠点を調査して上位化に必要な対策をご案内します(無料)。

検索順位を上げたり、検索流入を増やすにはSEOが重要!