SEOに関する実験やデータ分析などを公開します

SEOの疑問を実験で解明しブログ配信【SEOラボ】

Webライティングとは?基本やコツなど徹底解説!

Webライティングとは、Web上のユーザーに向けてコンテンツを提供するために文章を書くことです。
また、「SDS法」や「PREP法」といったWebライティングの基本形式があります。
このWebライティングがうまくいけば、コンテンツの質が高まります。

一方、Webライティングを誤れば、コンテンツの質が下がります。
そうなれば、ユーザー満足度が低下したり、検索エンジンから低評価を受ける可能性が高まります。
結果的に、アクセス数が増えず、見込みユーザーの獲得促進ができないので、売り上げ向上が期待できないでしょう。

こうした悪い状況を回避する為に、Webライティングの基本を理解して、文章の質を上げましょう。

この点踏まえて、今回は、Webライティングの意味や定義などの基本、コツなど中心に、初心者にもわかりやすくポイントをまとめて解説したいと思います。

Webライティングとは?基本やコツなど徹底解説!

Webライティングとは?

Webライティングとは、Web上のユーザーに向けてコンテンツを提供するために文章を書くことです。

例えば、ブログ記事を書くとします。
このときに、まずテーマを決めます。
そして、そのテーマに沿った構成を作って、構成通りに「SDS法」や「PREP法」など意識して文章を書きます。
そうすれば、要点を抑えたわかりやすい文章になります。
結果、Webライティングができるというわけです。

Webライティングの特徴

Webライティングには、いくつか特徴があります。

SEOライティングと関係がある

Webライティングは、SEOライティングと関係があります。
SEOライティングは、Webライティングの一種だからです。

例えば、Webライティングは、Web上のユーザーに向けて文章を書くことです。
もう少し言うと、ホームページやブログサイトを利用するユーザーに向けてコンテンツの文章を書くことが、「Webライティング」です。
こうしたユーザーは、検索エンジンや広告など経由してホームページやブログサイトを利用します。
とくに、検索エンジンを経由(利用)するユーザーに向けて文章を書くことが、「SEOライティング」と言います。
つまり、Webライティングという大枠の中に、SEOライティングというテクニックがあるというわけです。

このように、SEOライティングと関係がある点が、Webライティングの特徴の1つです。

「SDS法」と「PREP法」の型がある

Webライティングは、基本的に「SDS法」と「PREP法」の2つの型があります。

例えば、SDS法は、「Summary(要点)」「Details(詳細)」「Summary(要点)」の順に文章を書く方法です。
また、PREP法は、「Point(結論)」「Reason(理由)」「Example(実例・具体例)」「Point(結論)」の順で文章を書く方法です。

このように、「SDS法」と「PREP法」の型がある点が、Webライティングの特徴の1つです。

本で学べる

Webライティングは、本で学べます。

例えば、「沈黙のWebライティング」や「SEOに強い Webライティング 売れる書き方の成功法則64」などの専門書籍があります。
これらの本では、Webサイトで成果(集客や成約)を上げるための文章の書き方やライティングの手法や考え方、事例など内容を紹介してます。
この内容を読めば、Webライティングが学べるというわけです。

このように、本で学べる点が、Webライティングの特徴の1つです。

副業やバイトの求人案件が豊富

Webライティングは、副業やバイトの求人案件が豊富です。

例えば、求人検索サイト最大手のindeed(インディード)にアクセス後、検索窓にキーワード「Webライティング」と入力します。
すると、数多くのWebライターに関する求人情報が表示されます。
Webライターの仕事内容には、webメディアやwebコンテンツのライティング、SEOライティングといったWebライティングに関わる業務が記載されてます。

また、クラウドワークスランサーズなどのクラウドソーシングと呼ばれるサービスでも、Webライティングの仕事案件が豊富に紹介されてます。

このように、副業やバイトなどの求人・案件が豊富な点が、Webライティングの特徴の1つです。

上位表示させるための基本的対策をご紹介しています。

関連記事

【SEOとは?】SEO対策の基本知識や上位表示方法など解説

検索順位に悩んでいませんか?狙ったキーワードで上位表示させるためには基本的な対策に加え、検索意図に合致したコンテンツが必要となります。これらは…

続きを見る

資格がある

Webライティングは、資格があります。

例えば、「Webライティング能力検定」や「WEBライティング技能検定」があります。
これらの検定に合格すれば、資格が取得できるというわけです。

このように、資格がある点が、Webライティングの特徴の1つです。

Webライティングのコツ

Webライティングのコツが、いくつかあります。

はじめに構成を書く

はじめに構成を書くには、まずリサーチします。

例えば、上位表示したいキーワード(SEOキーワード)で検索して表示される競合上位サイトのタイトル名やコンテンツ内容の傾向を見ます。
その傾向から、共通のテーマ(タイトルに使われてる文言)や見出しの文言を見つけます。
その共通の内容をタイトル名や目次として書きだします。
このときに、目次は、MECE(モレなく、ダブりなく)を考慮して書きだしましょう。
そうすれば、はじめに構成を書くことができるとうわけです。

こうして、はじめに構成を書くことが、Webライティングのコツです。

ちなみに、関連キーワードのリサーチも、はじめに構成を書くときに重要です。

一文を簡潔にする

一文を簡潔にするには、文字数を少なくします。
理由は、一文が長ければ読者の理解度が低下しやすくなるからです。

例えば、「SEO対策をしても順位が上がらないので、順位を上げるために専門業者を探してどれにしようか悩み、やっと良い業者が見つかったのでその業者に依頼しようと思います。」という一文があります。
この場合、一文が78文字で少し冗長、かつ情報が詰め込まれて理解しづらいです。
なので、句点(マル)を増やして、「SEO対策で順位がなかなか上がりません。順位を上げるために専門業者を探してどれにしようか悩みました。すると良い業者が見つかったのでその業者に依頼しようと思います。」とします。
そうすれば、一文が3つに分かれて、それぞれの一文の文字数がそれぞれ20文字、30文字、31文字となります。
結果、短文で理解しやすくなるので、一文が簡潔になるというわけです。

こうして、一文を簡潔にすることが、Webライティングのコツです。

わかりやすい言葉や表現にする

わかりやすい言葉や表現にするには、主語と述語のねじれを起こさないようにします。
また、口語表現は文章表現にしたり、てにをは(助詞)や接続詞を正しく使います。
そうすれば、意味的に正しく、理解しやすい文章になります。
つまり、わかりやすい言葉や表現になるというわけです。

こうして、わかりやすい言葉や表現にすることが、Webライティングのコツです。

文末表現に変化を付ける

文末表現に変化を付けるには、語尾の言葉を変えます。

例えば、「私は週末にキャンプに行きます。山キャンプ。そのために少しずつ準備します。」という文章があります。
この文章の2文目の語尾は、体言止めです。
つまり、文末表現に変化を付けてるとうわけです。

こうして、文末表現に変化を付けることが、Webライティングのコツです。

ちなみに、体言止め以外に「ません」「しょう」「から/ので/ため」「ください」などの語尾にして、文末表現を変えてもよいでしょう。

適切に句読点を打つ

適切に句読点を打つには、文章を読みやすくしたり、内容を正しく伝えることを考慮します。
これは、文化庁の国語表記の参考資料「くぎり符号の使ひ方」で定義されてます。

例えば、意味の区切りや文が切れる部分、誤読しそうな部分に読点を打ちます。
また、長い主語のあとや修飾関係を明確にする時、名詞を並列で書く時に読点を打ちます。
主語が短いときや接続詞のあとには、読点を打ちません。
さらに、文の終わりには句点を打ち、かぎ括弧や丸括弧の中の文末には句点を打ちません。
そうすれば、内容が理解しやすく、読みやすい文章になります。
結果、適切に句読点が打てるというわけです。

こうして、適切に句読点を打つことが、Webライティングのコツです。

トンマナやレギュレーションを統一する

トンマナ(トーン&マナー)やレギュレーションを統一するには、規則性を意識します。

例えば、表記ゆれ(「問い合わせ」「問合せ」など)や文体(「です/ます」「である」など)の混在を無くします。
また、ページ全体における規則的な装飾や画像の相違を無くします。
そうすれば、文調やデザインのリズムが乱れないので、スムーズに文章内容が読めます。
結果、トンマナやレギュレーションが統一できるというわけです。

こうして、トンマナやレギュレーションを統一することが、Webライティングのコツです。

見やすくする

見やすくするには、装飾や画像、改行、段落を使います。

例えば、文章に関連する画像を差し込んだり、重要な文章を赤太字にします。
また、長い一文の終わりで改行したり、話題の変わり目で段落を使います。
そうすれば、コンテンツ内の余白が増えたり、メリハリが出て、文章が強調されます。
結果、見やすくなるというわけです。

こうして、見やすくすることが、Webライティングのコツです。

Webライティングで避けたいこと

Webライティングで避けたいことが、いくつかあります。

他サイトのコンテンツをコピーする

他サイトのコンテンツをコピーすれば、重複コンテンツになります。

例えば、自分が書こうとしてるテーマと、全く同じテーマの外部サイトがあったとします。
その外部サイトのコンテンツ内容を全てコピーします。
コピーした内容をそのまま自分のコンテンツに貼り付けて公開します。
そうすれば、重複コンテンツになるので、Googleからペナルティを受けやすくなります。
結果、検索順位の下落や検索流入の減少のリスクが高まるというわけです。

こうして、他サイトのコンテンツをコピーすることが、Webライティングで避けたいポイントです。

敬体と常体を混在する

敬体と常体を混在すれば、文調(文章のリズム)が乱れます。

例えば、「僕は20歳だ。20歳になったのでお酒を飲むことができます。でも飲みすぎは厳禁である。」という文章があります。
この文章の場合、「です/ます」の敬体と「だ/である」の常体の両方を使ってます。
そうなれば、文調が乱れて、読みにくい可能性が高まるというわけです。

こうして、敬体と常体を混在することが、Webライティングで避けたいポイントです。

ちなみに、レトリック(修辞法、巧言のこと)や箇条書き、セリフ/会話などは、敬体と常体の混在が許される例外のケースと言われてます。

同じ文末表現を繰り返す

同じ文末表現を繰り返せば、語彙力が無く、幼稚な印象を与えます。

例えば、「私は週末にキャンプに行きます。山キャンプをしようと思います。そのために少しずつ準備します。」という文章があります。
この場合、「ます」という同じ語尾を3回連続で使ってるので、文末表現に変化がありません。
そうなれば、語彙力が無く幼稚な印象を与えます。
結果、単調さによって読者のストレス増加につながりやすいというわけです。

こうして、同じ文末表現を繰り返すことが、Webライティングで避けたいポイントです。

まとめ:Webライティングの基本を理解して、文章の質を上げよう

Webライティングの基本を理解して、文章の質を上げましょう。
そのためには、Webライティングの特徴を活かしたり、コツを抑えることが重要です。

一方、特徴を無視したりコツを抑えなければ、有効な文章が書けません。
そうなれば、読者の離脱が増えたり、Googleに評価されづらくなります。
結果的に、リピーターや検索流入が増えません。

こうした悪い状況を回避する為に、Webライティングの基本を理解して、文章の質を上げましょう。

検索順位が上がらない…と思っていませんか?

検索順位が上がらない…と思っていませんか?

思い通りの検索ワードで上位表示させるには、基本となる外部・内部の対策はもちろん、昨今の大きな変動・競合の強さも大きく影響するため、どういったキーワードで対策するのか?という点も重要となります。

ここを正しく理解しておかなければ上位表示させることは難しく、サイトを効果的に運用し、資産化することができません。

そこで、こちらでは上位表示に必要なSEOが正しく施されているかどうかを無料で調査し、問題点や改善点などのアドバイスを致します。

\ 効果的な改善方法を明確にしませんか? / サイト調査を依頼する
SEO対策無料ご提案はこちら