SEOに関する実験やデータ分析などを公開します

SEOの疑問を実験で解明しブログ配信【SEOラボ】

emタグとは?HTMLでの使い方とSEO効果について

emタグを適切に使い、テキスト文章にメリハリをつけながら、ユーザビリティを高めることが可能です。

今回は、emタグのHTMLでの使い方、emタグとstrongタグの違い、emタグのSEO効果について中心に解説したいと思います。

emタグとは?HTMLでの使い方とSEO効果について

emタグとは?

emタグとは、際立たせたい(アクセントを付ける)箇所を表す際にHTMLファイルに記述するタグのことです。
※参考:<em>-HTML5タグリファレンス

emタグは、HTML4.01からHTML5に移行したことで、もともとの「強調」の定義から意味合いが変更されてます。

emタグは、「エム」「イーエム」タグ といった読み方があります。

emタグは、strongタグと用途が似てますが、テキストの重要性を伝えるものではありません。

emタグとstrongタグの違い

emタグとstrongタグは、共にテキストを強調するタグですが、意味合いが違います。

先述のとおり、emタグは、強勢する(アクセントを付ける)テキストを示すことができます。
strongタグは、emタグよりも強調度合いが強く、テキストの重要性を検索エンジンに示すことができます。

上位表示させるための基本的対策をご紹介しています。

関連記事

【SEOとは?】SEO対策で上位表示する方法について

検索順位に悩んでいませんか?狙ったキーワードで上位表示させるためには基本的な対策に加え、検索意図に合致したコンテンツが必要となります。これらは…

続きを見る

emタグの非推奨について

emタグは非推奨ではありませんが、適切に使うことが大切です。

例えば、emタグ乱用で不適切な使用を繰り返せば、ペナルティを受け、サイト評価の下落につながる可能性があります。

必要な箇所だけにemタグを使い、ユーザー・クローラーにとって見やすく・わかりやすいテキスト・HTMLソースを目指しましょう。

emタグの廃止について

emタグは、廃止されておらずHTML5でも残ってます。

emタグは、HTML4.01からHTML5に移行で廃止されるとの噂もありましたが、そのまま使われ「意味の変わるHTMLタグ」として紹介されてます。
※参考:HTML5から意味の変わる要素 <b>、<i>、<em>、<strong>、<small>、<hr>-HTML5リファレンス

emタグとCSSで使うサイズ単位「em」との違い

emタグとCSSで使う単位「em」の用途は、全く違います。

先述したように、emタグ(<em>~</em>)は、際立たせたいテキストを囲む際に使用するHTMLファイルに記述するタグです。

一方、CSS(スタイルシート)で使う単位「em」は、font-size(文字の大きさ)、letter-spacing(文字間隔)といったCSSプロパティに以下のように指定できるサイズの単位です。

記述例:

emタグのHTMLでの使い方

emタグの使い方として、以下のようHTMLファイルに記述します。

記述例:

上記のよう、<em>~</em>で囲い、際立たせアクセントをつけたい箇所を太字斜体で表示することができます。

また、以下のようemタグを入れ子にし、際立たせ度合いを強める使い方もあります。

記述例:

emタグのSEO効果について

emタグ、strongタグやCSS等で際立たせ、メリハリによりテキストが読みやすくなれば、ユーザービリティが高まり、間接的なSEO効果が期待できるかもしれません。

ちなみに用途が似てるとされる「strongタグ」は、直接的なSEO効果がほぼ期待できないことが言及されてます。
※参考:strongタグのSEO効果

まとめ

emタグ等でテキストにメリハリをつけ、コンテンツの質を高めましょう。

読みやすく、わかりやすい内容にし、ユーザービリティを高めながら、順位上昇を目指すことが重要です。

検索順位が上がらない…と思っていませんか?

検索順位が上がらない…と思っていませんか?

思い通りの検索ワードで上位表示させるには、基本となる外部・内部の対策はもちろん、昨今の大きな変動・競合の強さも大きく影響するため、どういったキーワードで対策するのか?という点も重要となります。

ここを正しく理解しておかなければ上位表示させることは難しく、サイトを効果的に運用し、資産化することができません。

そこで、こちらでは上位表示に必要なSEOが正しく施されているかどうかを無料で調査し、問題点や改善点などのアドバイスを致します。

\ 効果的な改善方法を明確にしませんか? / サイト調査を依頼する

カテゴリから記事を探す

SEO対策無料ご提案はこちら