SEOに関する実験やデータ分析などを公開します

SEOの疑問を実験で解明しブログ配信【SEOラボ】

Googleインデックス削除とは?方法や原因・改善策など徹底解説!

インデックス削除とは、Googleなどの検索エンジンの検索結果から自身のWebサイトを消すもしくは、消されることです。
このインデックス削除は、主にサーチコンソールで管理できます。
具体的には、サーチコンソールの機能の「URL削除ツール」を活用したり、「手動による対策」の通知内容を確認します。

一方、不用意なURL削除を控えたり、手動による対策でペナルティを受けなければ、インデックスされた状態が維持できます。
この場合、検索流入が継続的に期待できるので、見込みユーザーの流入が確保できます。
結果、問い合わせや申し込みといったコンバージョン獲得による売り上げ向上が目指せるというわけです。

こうした良い状況にするために、インデックス削除の基礎を理解して、適切にSEO対策しましょう。

この点踏まえて今回は、インデックス削除の定義や方法、原因や改善策など中心に、初心者にもわかりやすくポイントをまとめて解説したいと思います。

Googleインデックス削除とは?方法や原因・改善策など徹底解説!

インデックス削除とは?

インデックス削除とは、Googleなどの検索エンジンの検索結果から自身のWebサイトを消すもしくは、消されることです。
このインデックス削除は、「Googleペナルティ」や「GoogleへのURL・コンテンツ削除申請依頼」などのアクションによるものです。

インデックス削除の原因

インデックス削除には、以下のような原因があります。
※参考:Google から情報を削除する – Search Console ヘルプ

Googleペナルティ

SEOスパムなどのGoogleウェブマスターガイドラインに違反する行為でサイト作成したため、Googleペナルティを受け、インデックス削除される

URL削除ツールを使う

サーチコンソールの「URL削除ツール」でページを一時的にブロックしたため、インデックス削除される

サーチコンソールの「古いコンテンツの削除ツール」を使う

サーチコンソールの「古いコンテンツの削除ツール」で、古いキャッシュとスニペットを検索結果から削除するようにGoogle にリクエストしたため、インデックス削除される

ファイルやページをパスワードで保護

htaccess等を活用し、ファイルやページをパスワードで保護したため、インデックス削除される

ページやファイルを完全に削除

サーバー上にアップロードされてるファイルやページを完全に削除したため、インデックス削除される

ページにnoindexタグまたはヘッダーを追加

noindexメタタグをページのHTMLコードに挿入したため、インデックス削除される

インデックス削除の確認方法

インデックス削除の確認方法は、サイトコロン(site:)コマンドを活用して、Google検索します。

例えば、「site:https://seolaboratory.jp/91744/」のように、site:(サイトコロン)のあとにページURLを入力して検索します。
検索結果に、入力したページURLに該当するスニペットが表示されれば、インデックス削除されてません。
一方、表示されなければ、インデックス削除されてる可能性があります。

こうして、サイトコロン(site:)コマンドを活用することが、インデックス削除の確認方法です。

インデックス削除からの復活方法

インデックス削除から復活するには、SEOスパムや質の低いリンク・コンテンツを改善し、Googleガイドラインに準拠したサイト構築が必要となります。

Googleペナルティとは?チェックと解除方法について」では、質の低いリンク「不自然なリンク」を改善し、インデックス削除から復活した方法を紹介してますので、ぜひご参考ください。

インデックス削除する方法

インデックス削除する方法は、いくつか方法があります。

サーチコンソールの「インデックス」機能を使う

インデックス削除するには、サーチコンソールの「インデックス」機能を使います。

例えば、サーチコンソールにログイン後、メニューの「インデックス」>「削除」をクリックします。
そして、「一時的な削除」のタブで「新しいリクエスト」をクリックします。
「URLを一時的に削除する」タブで、URLを入力して、1つのURLを削除申請する場合「このURLのみを削除」を選択します。
サイト全体やディレクトリ全体、パラメータ違いのURLも含めて削除申請したいときは、「このプレフィックスで始まるURLをすべて削除」を選択します。
最後に、「次へ」ボタンを押せばインデックス削除することができるというわけです。

ちなみに、「URLを一時的に削除する」タブ以外に「キャッシュされたURLを消去する」のタブがあります。
このタブでは、Google検索結果のスニペット(ディスクリプション)部分のみを削除申請することができます。(URLやタイトルは削除されずに残ります。)

古いコンテンツの削除ツールを使う

自分でページを削除したり、サイトオーナーにページ削除してもらっても、依然としてGoogle検索結果に削除したページの情報が表示されてることがあります。
この場合に、「古いコンテンツの削除ツール」を使います。

古いコンテンツの削除ツールを使うには、Googleアカウントでログインします。
ログイン後、ページまたは画像のURLを所定の形式で入力して、送信します。
送信した内容が承認されれば、インデックス削除することができるというわけです。

サイトオーナーに直接削除を依頼する

インデックス削除するには、サイトオーナーに直接削除を依頼します。

例えば、該当するサイトの問い合わせフォームなどから連絡を取り、情報の削除依頼を申請します。
また、連絡先が明記されてなければ、そのサイトをホスティングしているサービス事業者に連絡を取って情報の削除依頼の申請を検討します。
こうして、検索結果にサイトの情報が表示されなくなれば、インデックス削除することができるというわけです。

法的な理由でコンテンツを報告する

インデックス削除するには、法的な理由でコンテンツを報告します。

例えば、「法的な理由でコンテンツを報告する」ページにアクセス後、「リクエストを作成」ボタンをクリックします。
そして、表示されるGoogleサービスから「Google検索」を選択して、順次該当の項目を選択して手順を進めます。
そうすれば、適切な案内や対処法が表示されます。
その案内や対処法に沿って対応して、承認されれば、インデックス削除することができるというわけです。

Bingの場合ウェブマスターツールの「URLのブロック」機能を使う

Bing検索の場合、インデックス削除するには、BIngウェブマスターツールの「URLのブロック」機能を使います。

例えば、Bingウェブマスターツールにログイン後、メニューの「構成」>「URLのブロック」をクリックします。
「ブロックするURLを追加」ボタンをクリックして、URLを入力したり、URLのタイプやブロックの種類を選択して、「送信」ボタンを押します。
そうすれば、Bing検索でインデックス削除することができるというわけです。

まとめ:インデックス削除の基礎を理解して、適切にSEO対策しよう

インデックス削除の基礎を理解して、適切にSEO対策しましょう。
具体的には、サーチコンソールでインデックス状況やコンテンツの品質を管理しながら、サイト運用することが重要です。

一方、ペナルティや不用意なURL削除によって、インデックス削除につながります。
この場合、検索流入が途絶えます。
そうなれば、見込みユーザーの流入が減って、問い合わせや申し込みといったコンバージョンの低下につながります。
結果、売り上げ向上が期待できないというわけです。

こうした悪い状況を回避する為に、インデックス削除の基礎を理解して、適切にSEO対策しましょう。

検索順位が上がらない…なぜ?

検索順位が上がらない…なぜ?

検索順位が上がらない理由は、SEO対策の質が低いからです。

例えば、ユーザーの検索意図を無視したり、関連性の低いコンテンツを増やして内部リンクの最適化を疎かにします。
この場合、SEO対策の質が下がります。
結果、検索順位が上がらないというわけです。

こうした悪い状況を回避する為に、サイトの欠点を調査して上位化に必要な対策を洗い出しましょう。

SEO対策無料ご提案はこちら